スカピッピパパ さん プロフィール

  •  
スカピッピパパさん: 日本の歴史を知って自信を持てる日本人のためのブログ
ハンドル名スカピッピパパ さん
ブログタイトル日本の歴史を知って自信を持てる日本人のためのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bscpppp/
サイト紹介文日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解 してもらうためのブログです。
自由文先人に習い、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。
現在の閉塞した日本社会を打開するためにも、日本人が日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。

自己紹介: やさしい右翼を標榜するブロガーのスカピッピパパと申します。普通の学校では教えてくれないけど、日本人の大人なら当然知っていなければならない知識を、まとめていこうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/07/20 12:31

スカピッピパパ さんのブログ記事

  • またまた、アラブ料理を食べる会に参加してきました
  • 前回参考「リビア料理の話のはずが、琉球民族と大和民族の話です」に続き、またまた、アラブ料理を食べる会に参加してきました。前回、大変勉強になったので。今回は、ヨルダン料理とのことでした。初めに、簡単なアラブ語の説明が書かれた紙が配られました。そこには、一人一人自分の名前をアラブ文字で綴るとどうなるかが書かれていました。僕の琉球人風の名前(^_^)は、こんなだそうです。 なんでも、アラブ語には母音が「あいう [続きを読む]
  • オクトーバーフェストに行ってきました
  • 横浜赤レンガ倉庫の脇で開催されている、 オクトーバーフェストに行ってきました。 ドイツでやっている、 ビールを飲んで盛り上がるお祭りの日本版 です。 いや、すごい人。入場するだけで随分並びました。ビールを買うのも大変だし、段取り悪くて、ビールと料理持って、席を探して、随分うろうろしてしまいました。その後も、席をキープしつつ、料理とビールを買いに行かなきゃならないし、常に誰かが何かを買いに行ってる状態で [続きを読む]
  • 社会人に一番必要なスキル4
  • さらに続き。今回が最後かな。参考「社会人に一番必要なスキル」参考「社会人に一番必要なスキル2」参考「社会人に一番必要なスキル3」 この第1回目に出てくるバカ男は、「そういう態度に出たら、相手がどう感じるかが分からない。」言い換えると、「自分がそれをされたらどう感じるかを考える、自我のポータビリティに欠陥がある。」ってことだ。だから、今にして思えば、こいつもまたこれであったということだと思う。参考「隠 [続きを読む]
  • 社会人に一番必要なスキル3
  • さらに続きです。参考「社会人に一番必要なスキル」参考「社会人に一番必要なスキル2」僕だって、下手(したて)に出て教えてもらうことは、出来ればしたくない。だから、プログラムのスキルとか、コンピュータの仕組みとか市販の本を読めば分かることは、極力独学をした。業界特有の知識、あるいは、その会社特有の知識ってことであれば、社内に残されているドキュメントを読んで一生懸命考えた。でも、それでも分からないことは、 [続きを読む]
  • 社会人に一番必要なスキル2
  • 前回の続きです。参考「社会人に一番必要なスキル」そんなわけで、第一線のエンジニアだったころの僕は普段は、 「俺の仕事の邪魔をするな!」 オーラを出しまくっていた。そんな僕がオフィスで働いていたら、若くて可愛い女の子が現れて、「いつもお世話になっています。〇〇です。近くに伺ったので、ご挨拶に来ました。これからもよろしくお願いします?」と、その子は地方にある子会社の子で、今まで電話で何度か話したことのあ [続きを読む]
  • 社会人に一番必要なスキル
  • 社会人に一番必要なスキルは、問題解決力である。つまり、困った問題が発生した時に、それを解決する方法をまとめる力である。部下がヤクザみたいなのに絡まれているという話であれば、土下座をしてでも問題収束が計れる奴が、本当に優秀な奴である。それが出来ずに問題を放置しちゃう奴が、無能な奴である。それほど極端な例はまれではあるが、つまりは、それをする方法を知る奴がいるってことであれば、例えそいつがいけ好かない [続きを読む]
  • テキストエディターをインストールしました
  • 最近このブログあるいはメルマガを、Macで作っていることは、前に書いた。参考「パソコンが壊れました」公開する日付のフォルダーを作って、そこに必要なデータを格納するようにしていることは、linuxでも、Macでも変わりがない。参考「ブログ作り 〜 僕はブログをどう管理しているか?」記事ファイルの拡張子に".txt"、それから作ったhtmlファイルに".html"をつけている。また、一応僕はメルマガもやっている。読める記事(=僕の [続きを読む]
  • Ameba公式ジャンルについて思うこと
  • なんかよう分かっていないので、間違っていたらすいません。最近Ameba公式ジャンルというのが、リリースされたみたいなんだけど、これ、移行しないとならないんでしょうか?で、それに移行すると、スタッフのチェックが入って、ジャンルに合わない記事書くとはねられるってことになるんでしょうか?僕は今このブログのジャンルを、政治・経済学び・教育にしています。大きな意味では、概ねこれにマッチした記事書いてきたとは、思 [続きを読む]
  • 難しくて断念、無念!
  • 先日、bookoffに本を売りに行った。待ち時間に妻が、こんな本 服を着るならこんなふうに(1)【電子書籍】[ 縞野やえ ]価格:1058円 (2017/9/17時点) を見つけてきて、「これ読んで、こっち方面も勉強せい!」みたいなことを言って、渡してきた。なんでも、オシャレな服の着方と選び方を書いた漫画のようだった。あんまり興味の無い話題なんだけど、最近歳をとって丸くなり、自分に凝り固まらず、人の話に耳を傾けることの重要性を [続きを読む]
  • 僕なら出来る!
  • 思わず、この本読んでしまいました。 戦争と平和 (新潮新書) [ 百田 尚樹 ]価格:820円(税込、送料無料) (2017/9/17時点) 本当は読む気無かったのに、かみさん、わざわざ買ってきて、枕元に置いていくんだもん。彼の作品は、今までに3つ読んだ。 カエルの楽園 (新潮文庫) [ 百田 尚樹 ]価格:561円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)参考「カエルの楽園を読んでみました」 と、 永遠の0 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]価格 [続きを読む]
  • リヒ゛ア人との会話
  • さらに続きです。参考「リヒ゛ア料理の話て゛す」脱線を繰り返しつつも、第3話、最終回に突入です。その後、その方を含めて、日本人数人とお話ししたんですが、これがすごかった。 その人、あんまり日本語が喋れない。ので、英語と、日本語と、アラブ語のチャンポン。僕は、アラブ語なんて、全然わからないから、喋るときは英語。日本語が通じなくてアラブ語に変わった時は、返ってきたアラブ語を通訳してもらうか、表情から推察す [続きを読む]
  • リヒ゛ア料理の話て゛す
  • 前回、脱線しまくりで終わってしまいました。参考「リヒ゛ア料理の話のはす゛か゛、琉球民族と大和民族の話て゛す」脱線しまくりですが、話を元に戻すと、リビア料理です。出来た料理は、これです。 写真の右上にあるアラビア語が多分メニューです。料理を簡単に説明すると、左上がブリックだそうです。春巻きの皮みたいなのに、ジャガイモ、ツナ、粉チーズをまぜ、丸ごと卵一個と一緒に包んで揚げたものです。右上が、サラダです [続きを読む]
  • リヒ゛ア料理の話のはす゛か゛、琉球民族と大和民族の話て゛す
  • あるセミナーで知り合った女の子が主催する、リビア料理を作って食べる会に参加してきました。女の子つったって、とっくに成人はしてる。けど、多分僕の娘であっても不思議でない年齢じゃないかと思う。その子はアラビア語が堪能で通訳とか教師、あるいはアラブと日本の交流を促進する活動をやっている日本人で、その子に頼まれて、メルマガの読者になった。そのメルマガ見て、熱いハートを持った子だと思ったから共感メールを送っ [続きを読む]
  • 「海賊とよばれた男」を読みました
  • 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]価格:810円(税込、送料無料) (2017/9/3時点) 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]価格:810円(税込、送料無料) (2017/9/3時点) を読みました。著者1作目の作品である 永遠の0 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]価格:946円(税込、送料無料) (2017/9/3時点) と対をなす作品ですね。出光興産創業者の、出光佐三さんの生涯をたどりながら、日本の戦前、戦中、戦後 [続きを読む]
  • 逆上が、、、下がり上がり
  • 妻が、「たまには、誕生日のプレゼントに、バラの花束くらい買ってきてもいいんだよ!」と言うから、「いい歳して、花束もないもんだ。」とか思いつつも、VUITTONだ、GUCCIだ言われるより良いかと思いつつ、誕生日前日、出かけたついでに買って帰った。 誕生日当日、たまたま家族3人で話した。娘:「私、逆上がりできないんだよね。」ママ:「私は、出来るよ!」と言うから、僕:「「出来た。」でしょ。この歳で出来るわけがない!」 [続きを読む]
  • 『韓国人に生まれなくてよかった』を読みました
  • 韓国人に生まれなくてよかった なぜいま文在寅なのか!開いた口がふさがらない! [ 武藤正敏 ]価格:1350円(税込、送料無料) (2017/8/26時点)です。この著者は、元駐韓国大使です。この本韓国人に読んでもらった方が良いですよ。韓国社会の問題点を、冷静かつ的確に指摘しています。でも、著者は、「この本の韓国語に翻訳したいというお話も3件ありました。しかし断りました。」とのことです。参考 武藤元駐韓大使、「嫌韓本」批 [続きを読む]
  • タバコに耐性のある人の優先席
  • 先日また1人で、近所のファミレスに行った。また、手早く済ませたかったので、喫煙に関しては、「どちらでも良い」に丸をした。参考「喫煙席ナウ!」そうしたら、すぐに呼ばれた。店員は、申し訳なさそうな顔をして、「すいませんねぇ。」と言いながら、僕を喫煙席に案内した。これで喫煙席も満席になった。見れば、僕のテーブルと同じ様に灰皿が置かれておらず、連れ全員が非喫煙者と思われる席が、いくつかあった。特に、隣の席 [続きを読む]
  • それは、現代日本もまったく変わっていません〜まとめ
  • 以下の続きです。参考「それは、現代日本もまったく変わっていません6」これが、一連の記事の最後になります。今まで、僕が見て来た現代日本の会社の状況を説明して来た。僕の今回の一連の話は、僕が見てきた現代社会のあり方を事実として書いただけである。この本 永遠の0 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]価格:946円(税込、送料無料) (2017/8/26時点) は、大東亜戦争、つまり、日本が負けた戦争を題材にした物語だ。だから、日本人 [続きを読む]
  • 日本人の比較優位性
  • 日本人は、 黄色人種で唯一先進国を作り出すことに成功した民族である。だから、日本人が優秀な民族であることは、 間違いないことと思う。では、何故、日本人は優秀なのであろうか?僕は、「日本人は、他の民族に比べて、卓越して手先が器用である。」からだと分析している。つまり、知識、知能は人並みなんだけど、手先の器用さが卓越しているため、ものづくりの場面で、突出した製品を作り出してしまうのである。鉄砲伝来時の [続きを読む]
  • パソコン環境復活!
  • 先に、僕が使っていた、linuxベースのパソコンが壊れて、せっかくだからMacの勉強兼ねて、Macで環境構築をしていることを書いた。参考「パソコンが壊れました」で、やっと、概ね完成した。メール環境、資産投資環境、ブログ開発環境に関して、その使い方を定型業務に落とし込むことが出来ました。そして、毎月月初に行っているバックアップも、11日までずれ込んじゃいましたが、完了出来ました。これで、通常通りコンテンツ(内容 [続きを読む]
  • それは、現代日本もまったく変わっていません6
  • この話の続きです。参考「それは、現代日本もまったく変わっていません5」そんなわけで、僕が辞めたあと、会社はどうなったか?こうなった。参考「これで潰れない方が不思議」国内にある同業社3つが、1つにくっついた。そこ潰したら、それ作れる会社は、国内になくなる。これは放置できない。ということになった。産業再生機構、並びにユーザー企業(トヨタとか)が支援に乗り出すことになった。屋台骨が傾くなか、多くの下請け [続きを読む]
  • 「共産中国はアメリカがつくった」を読みました
  • 【中古】 共産中国はアメリカがつくった G・マーシャルの背信外交 / ジョゼフ・マッカーシー / 成甲書房 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】価格:3478円(税込、送料別) (2017/8/6時点)を読みました。「アメリカ人政治家のマーシャルという人の政治判断や活動を見ると、ソビエト及び共産主義者の利益にかなうように、裏からコントロールをしていたとしか、考えられない。」という、当時政治的な敗者となった、マッカーシ [続きを読む]
  • それは、現代日本もまったく変わっていません5
  • それは、現代日本もまったく変わっていません4の続きです。ベンチャー企業に移った僕は、そこで製品設計の準備を始めた。製品の製造方法は、最新技術や色々な工夫を加えていたけど、製品自体の機能に関しては、僕がいた古巣とは競合関係にあった。先ずは、市販品のCADプログラムを導入して、それで設計出来るかを、検討することにした。ベンチャーだから金はあんまり出せないこと、大化けする可能性もあることを伝え、半分投資目的 [続きを読む]
  • 田母神俊雄を応援する会に参加して来ました
  • 7/22(土)、ホテルグランドパレスで行われた、「田母神俊雄を応援する会」に参加して来ました。 当初、会費1万円だったのですが、大口のスポンサーが付いたのか、結局ただ飯、ただ酒にありついて来ました(^_^)田母神さんは、元気でした。有罪が確定してしまうと、年齢的に国会議員になるのは難しいと思われているようですが、目的遂行のために、後進の育成を積極的に行う旨、力強くおっしゃっておられました。説得力もあるし [続きを読む]
  • それは、現代日本もまったく変わっていません4
  • 「それは、現代日本もまったく変わっていません3」の続きです。結果は、全くキャッチアップ出来なかった。 あきらめの空気が流れる中、僕の所属していた部署は何と僕の異動前の部署と合体することになった。まあ、今後はCAD開発をあきらめ、外販プログラムの導入にむけて、協力しなさいとのことだろう。そこでは、移動前に仕上げておいた僕が作り上げたCADシステムが、見事にぶち壊されていた。折角、後はメンテナンスさえ継続し [続きを読む]