アーバンガレージ さん プロフィール

  •  
アーバンガレージさん: UGスタッフブログ
ハンドル名アーバンガレージ さん
ブログタイトルUGスタッフブログ
ブログURLhttp://ug-jpn.com/
サイト紹介文アメ車をメインにベンツ等のヨーロッパ車等、ハイパフォーマンス車のメンテナンス等 アーバンガレージ
自由文輸入車全般(アメ車/ヨーロッパ車)の販売及びメンテナンス/チューニング
各種テスター完備 大阪茨木市より 072-638-5579
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/07/20 19:30

アーバンガレージ さんのブログ記事

  • 2ドア車の宿命…?/フェラーリ348
  • 業者様より修理でお預かりした、フェラーリ348です。 今回の修理内容のひとつ、助手席側のパワーウインドが作動しないトラブルの診断。 ドアトリムを分解して配線を測定すると、モーターに電気が供給されていません。年式的にも、その回路自体は複雑なものでは無いので、スイッチから順番にアナログ診断。 運転席側に装着される、メインのパワーウインドスイッチ。結論から言えば、メインスイッチ側からの信号断線にて、助手席側の [続きを読む]
  • メンテナンス期限に対するXENTRY診断/ベンツC200
  • 定期点検にてご入庫いただいた、W204型のベンツC200です。ベンツをはじめ近年の車両では、CANバスシステムの進化によって実に多くのECUが存在しています。そのため従来の点検記録簿項目だけの点検では不十分で、必ずテスターを使用したECU診断が必要不可欠な項目となります。 ベンツのCクラスで言えば、このW204型よりベンツの診断機も、従来のDASよりXENTRYによる対応となります。 というのも、より高度化されたCANシステムによ [続きを読む]
  • TPMS警告の診断/フォードマスタング
  • 警告ランプが点灯しているので、テスター診断にてご来店いただいた、2010yフォードマスタング/シェルビーGT500です。 点灯している警告ランプを確認すると、タイヤプレッシャーモニターの警告。もちろん、各タイヤの空気圧は、正常です。 フォード純正診断機であるIDSを接続して、DTC及びECUの実測測定による診断です。 警告ランプを点灯させているDTCは、タイヤプレッシャーセンサーの不具合に対するコードが入力。 タイヤプレッ [続きを読む]
  • ReducedEnginePowerの原因/シボレーカマロ
  • チェックエンジンをはじめ各種警告ランプが点灯している、2013yシボレーカマロの診断です。 エンジンの始動性が極端に悪く、まともにアイドリングも出来ない状態。そしてメーターディスプレイには、エマージェンシーモードに陥っていることを示す「EnginePower is Reduced」の警告メッセージ。 GDS2(次世代GM診断アプリケーション)を起動して診断すると、燃料レールプレッシャーセンサー回路の高電圧による不具合と判明。 現車 [続きを読む]
  • テールランプの日本仕様改善/ダッジチャージャー
  • 車検でお預かりした、2012yモデルのLD系ダッジチャージャー6.4SRT8のテールランプ改善作業です。既にご存知のように、ブレーキとウインカーが同回路の「レッド点滅ウインカー」であるチャージャーは、もちろんこの状態では検査に合格することは不可能です。また、「レッドウインカー」に起因する事故等の報告も度々発生し、警察の街頭取り締まりも以前にも増して多くなってきているので、安全の為にもアンバー点滅のウインカーで [続きを読む]
  • 定番のミスファイヤー/BMW320
  • エンジン不調でお預かり作業させていただいた、E90型のBMW320です。 アイドリング時の振動が酷く、エンジンの吹けあがりもかなり悪く、何れかの気筒が失火しているのは明白。テスターによる実測測定では、2気筒がミスファイヤーをカウントしており、No2及びNo4シリンダーが失火状態。 診断した結果、今回の失火原因は、単純にイグニッションコイルの不良と判明。 E90の320は4気筒なので、半分の2気筒しか機能していなかった状態。 [続きを読む]
  • タイミングベルトに対する注意点/VWニュービートル
  • 車検整備でお預かりした、ニュービートルのタイミングベルト交換作業です。 オドメーターは7万弱、正直それなりに劣化はしていますが、未だ切れるという危険度は低い状態です。誤解を恐れずに言えば、例えば「タイミングベルト/10万キロ毎交換」と指定しているエンジンでも、10万キロを越えたからといってベルトの劣化で切れるということは少ないです。 しかし、タイミングベルトトラブルでもっとも多いのは、タイミングベルトで駆 [続きを読む]
  • 開かないフード…/フェラーリ458イタリア
  • 納車前点検整備中の、2011yフェラーリ458イタリアです。各油脂類の点検/交換の他、各部消耗部位や機能等チェックを行い、特に大きな問題も無いのですが… ひとつだけ、フェラーリでは比較的よくあるトラブルのひとつである、フロントフードがスイッチ操作で開かない症状発生。 通常スイッチを押すと、電子アクチュエーターの作動によりロックが解除する構造ですが、万が一(例えばバッテリーあがり等)にて解除しない時は、エマー [続きを読む]
  • 冷却水漏れの点検と修理/ベンツC55
  • パワーステアリングのオイル漏れ修理にて、業者様よりお預かりした、W203型のベンツC55/AMGです。パワステオイルの漏れ箇所は、ラジエター前部に装備されているP/Sフルードクーラー部より漏れているのがすぐ判明したのですが、それとは別にクーラントの異臭がエンジンルーム内より発生していると判明。 気になったので、併せて調べてみると、ウォーターポンプ部位より冷却水漏れが発生している痕跡を発見。まだ漏れている量として [続きを読む]
  • LIVE PAINT/シボレーインパラ
  • ベースはUG在庫の、64yシボレーインパラ。ほぼ不動車状態から、蘇らせたカスタムカー。 …正直、あまりアートには詳しくないですが、ちょっと特殊な缶スプレーにて UG前にて躊躇することなく(笑)、COOK氏による下準備スプレー。 見事なグラデーションのファイヤーパターンまで、缶スプレーだけでペイント。 下準備の仕上げに、フードに投影したキャラクター。 そして昨日アメ村にて、COOK氏によるLIVE PAINT。 いつもはメン [続きを読む]