アーバンガレージ さん プロフィール

  •  
アーバンガレージさん: UGメンテナンスブログ
ハンドル名アーバンガレージ さん
ブログタイトルUGメンテナンスブログ
ブログURLhttp://ug-jpn.com/
サイト紹介文アメ車をメインにベンツ等のヨーロッパ車のメンテナンスブログです アーバンガレージ サービス部門
自由文輸入車全般(アメ車/ヨーロッパ車)の販売及びメンテナンス/チューニング
各種テスター完備 大阪茨木市より 072-638-5579
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/07/20 19:30

アーバンガレージ さんのブログ記事

  • バックアップバッテリーの故障/ベンツC200
  • 定期点検及び「バックアップバッテリー故障」メッセージの点灯点検にてご来店頂いた、W205型ベンツC200の作業です。 ベンツではW211系以降、様々な目的でサブバッテリーが配置されるようになり、車種によりその装着場所や形状等に多くの種類が存在します。 このW205型C200では、助手席の足元に装着されており、フロアカーペットを捲って足元のボードを取外せば、縦置きに配置されているバックアップバッテリーが目視できます。 こ [続きを読む]
  • 定期点検によるATF交換/BMW740
  • 定期点検のご依頼でお預かり整備中の、E65型BMW740です。E65ともなると、最終モデルでも既に10年近く経過しているので、気になる箇所が数点存在…。今回は、その整備内容のひとつである、ATF交換のご紹介です。 E65モデルから6速ATが採用され(現在は8速AT)、オイルパンが樹脂製になっています。経年劣化にてオイルパン部からATF漏れが発生してきている場合は、樹脂製のオイルパンAssyを交換することになります。(歪み等により) [続きを読む]
  • 謎のエンストトラブル…/ダッジマグナム
  • 車検整備でお預かりしていた、2005yダッジマグナムの作業です。このマグナム…一般的な車検整備とは別に、ひとつ大きなトラブルが存在しており、その診断修理も兼ねて点検です。 そのトラブルとは、稀にエンジンが勝手に止まるというもの。酷いときは走行中にも一度エンストが発生したらしく、危険な状態なので、原因の探求です。とは言っても、症状の再発確認がなかなかとれず、原因を確定するのに時間が過ぎ… 更に絞り込んで診 [続きを読む]
  • PCVのオイル漏れ/ダッジグランドキャラバン
  • 車検のご依頼を頂き、この度 初めてUGへご来店/ご入庫いただいた、2013yダッジグランドキャラバンの整備です。定期点検項目に基づいて点検、及びwiTECH2.0(ワイテック2)によるECU診断等を順番に実施。 V6の3.6リッターVVTエンジンが搭載されているのですが、下回りを確認するとオイル漏れが発生しているのが判明。 その原因箇所は、このエンジンでは比較的多いオイルエレメントハウジング部と、 奥側バンク後方に位置する、PCVバ [続きを読む]
  • ABS点灯とミッション変速不良/ダッジマグナム
  • ABS及びエンジンのチェックランプが点灯し、ミッションも変速しなくなったということで修理お預かりしていた、2005yダッジマグナムの作業内容です。 wiTECH2.0(ワイテック2)を接続してECU診断を実施すると、多くのDTCが入力されている状態。 その中でも、今回の不具合に直接関与している元凶は、ABSモジュールの通信喪失。ABSを制御するECUがwiTECH2.0と全く通信せず、ユニットがスリープしている状態です。 エンジンルームの右 [続きを読む]
  • デイライトのカスタムコーディング/ベンツC200
  • ご好評を頂いている専用テスターによるカスタムコーディング、今回はW205型ベンツC200のデイライトコーディングのご紹介です。 カスタムコーディングとは、オーナー様の希望に合せて、各種設定変更を行うECUプログラミングの施工です。こういったカスタムコーディングは、例えばベンツで言えば純正テスターであるXENTRY/DASでは行うことが現在では出来ません。専用のテスターを使用して、該当するECUのプログラムを書き換えること [続きを読む]
  • エアサスコンプレッサーの潰れる原因…/ポルシェパナメーラ
  • 業者様より修理依頼でお預かりさせていただいた、97A型のポルシェパナメーラです。 故障内容は…車を見れば一目瞭然…車高が全く上がらない状態。 現車はV8/4WDの4Sで、ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)による可変減衰力機能と、エアサスによるレベルコントロールが備わったモデルとなります。 テスターを接続してPASMにアクセスし、レベルコントロール機能に対するDTC(故障コード)及び実測診断を行った [続きを読む]
  • 改善されたオルタネーター/ダッジチャレンジャー
  • エンジンが停止してかからなくなった…ということで修理お預かりさせていただいていた、2014yダッジチャレンジャーの作業です。現車を診断すると、とりあえずバッテリーが完全にあがってしまっている状態。 交換履歴の無いバッテリーを新品に交換し、更に診断を進めた結果、オルタネーターの不良と判明。チャレンジャーに限らず同年代の300Cやチャージャー等では、周期的負荷による熱疲労により、早期にオルタネーター内部のダイオ [続きを読む]
  • 7G-tronicの定期的なフルード交換/AMG E63
  • 点検整備にて作業中の、W212型AMG E63です。今回は、その整備作業内容のひとつ、ATミッションフルード交換のご紹介です。 W212型に搭載されていたATミッションは、電子制御式7速ミッション(後退2速)の722.9型7G-tronicと呼ばれていたものです。この7速ATは2003y発売の一部のモデルより採用され始め、現在では9G-tronicへと移行しています。 ここ数年、この7G-tronicミッションのバルブボディトラブルをよく耳にするのですが、そ [続きを読む]
  • 経年劣化に伴う冷却系の寿命/クライスラー300C
  • 遠方より車検整備のご依頼でお越し頂き、お預かり作業していた、06yクライスラー300C/5.7HEMIモデルです。オドメーターは既に20万キロオーバーですが、丁寧に乗られているせいか内外装共に大変綺麗で、足回りも既にリフレッシュ済みでしっかりしており、下回りを確認しても油脂類の漏れなどは皆無状態。 しかしwiTECH2.0にてDTCを点検すると、サーモスタットの不具合が存在しています。特に水温的に不具合は無いのですが、それにも [続きを読む]
  • ラジエターの不安…/ベンツ S63 AMG
  • 車検整備でお預かり整備中の、W221型ベンツのS63AMGの作業です。 リフトに上げて、アンダーパネル類を取外して下回りを確認すると、ラジエターの右サイドタンク周辺に冷却水の漏れ痕を確認。ラジエターサブタンクの冷却水量は、未だそれ程減ってはいませんが、AMGのパフォーマンスを考慮すると不安な状態なので、ラジエター交換作業の実施です。 車両のフロント周りを分解し、古いラジエターを取り外します。 取外したラジエターを [続きを読む]
  • オルタネーターの内部ショート/ダッジナイトロ
  • エンジンが始動しないということで、レッカー業者よりUGへ入庫してきた、08yダッジナイトロの修理です。入庫してきた時点では、バッテリーが完全に上がってしまっている状態。 レッカー業者様が現地でブースターケーブルを接続しても、全くセルが廻らない…という内容。入庫してきた時点でバッテリーを接続してみると、異常なスパークが発生…明らかに何処かでショートが発生していると考えられる状態です。 電気ショートが発生し [続きを読む]
  • ECMの交換とプログラミング/GMCサバナ
  • エンジンを制御するECM(エンジンコントロールモジュール)の内部不良にて、1時間程度アイドリングで放置しておくとエンストしてしまうということで、業者様よりお預かりした2012yGMCサバナの作業です。 ECM内部不良=ECM交換となるので、業者様より持ち込まれた新品のモジュールへと交換します。 エンジンルームの左側にECMが装着されているのですが、そのまま交換しただけではECMは起動しません。 Tisオンラインにより、現車に [続きを読む]
  • 始動不能のエンジン/ベンツSL500 6.0AMG
  • 業者様より修理お預かりした、R129型ベンツSL500/6.0AMGです。 エンジンはV8/DOHCのM119型5リッターをベースに、AMGチューンにて6リッターまでスープアップされたM119/6.0AMG。電子制御のLHコントロールを使用せずに、敢てKEジェトロニクスで制御。ひとたびアクセルを踏めば、ノーマルとは明らかに違う吹け上がりと、独特の重低音のエキゾーストノート… ですが、今回のSLは、残念ながらエンジンが全く始動せず…。その原因は、フ [続きを読む]
  • PCM不良によるO2センサーエラーとエンスト/ダッジマグナム
  • 業者様よりお問い合わせを頂き、この度UGに初めて修理ご入庫いただいた、2005yダッジマグナムR/Tの作業です。 不具合内容は、チェックエンジンの警告ランプが点灯し、エンジンも不安定。始動直後は頻繁にエンストが発生する状態です。 まずは簡易的にAUTELにて、チェックエンジン警告を点灯させているDTC(故障コード)を確認。すると、全てのO2センサーのヒーター回路にエラーが現在値で発生しています。これは各O2センサー/ヒー [続きを読む]
  • スペアキーの登録/ダッジチャレンジャー
  • スペアキーのご注文を頂いた、2016yダッジチャレンジャーのキーFOB追加登録です。 USAにオーダーを入れて届いた、新品のキーFOB(リモコンキー)。 しかし、そのままの状態では、キーとしての機能は全く果たしません。 現車をご入庫いただいて、wiTECH2.0(ワイテック2)を接続して、現車に対する新品キーFOBの追加登録処置をしなければ、キーとしては使用できません。 時間にして、ほんの数分お待ち頂ければ、いつでもスペアキー [続きを読む]
  • カムアクチュエーターのオイル漏れ/ベンツE250
  • 車検整備でお預かり点検中の、W211型後期ベンツE250の作業です。 このEクラスに搭載されているM272系エンジンでは、V8のM273系エンジン同様、経年劣化でエンジンフロントカバー周辺から、オイル漏れの症状が発生してきている車両が多いです。 その多くは、シリンダーヘッドのフロントカバーに設けられた、可変カム用のアクチュエーター並びにセンサー部から発生しているケースです。 アクチュエーター及びセンサー部のシール機能 [続きを読む]
  • スパークプラグの劣化/AMG S63クーペ
  • チェックエンジンの警告ランプが点灯したということで、点検/修理でお預かりした、W217型AMGのS63クーペの作業です。 エンジンはAMGチューンドモデルである、V8/DOHCツインターボのM157型エンジンとAMGスピードシフトMCTミッションをドッキング。 XENTRYによるDTC(故障コード)診断では、アトランダムにミスファイヤ(失火)の検知が履歴で存在。 しかし、厄介なことに…現状での実測診断では、全気筒ロスも無くスムーズに…全く [続きを読む]
  • Mパフォーマンスブレーキのメンテナンス/BMW M6
  • 車検整備でお預かりしている、F12型のBMW M6の作業です。丁寧に乗られているようで、特に大きな不具合も無く、各油脂類の交換と消耗した前後のディスクパッドの取替作業です。 ただし、電動式パーキングブレーキを採用しているモデルなので、リアのディスクパッド作業をする際は、メンテナンスモードへの移行処置を行います。 テスターを接続して駐車ブレーキのコントロールユニットへアクセスし、作業内容の選択によりメンテナン [続きを読む]