アーバンガレージ さん プロフィール

  •  
アーバンガレージさん: UGメンテナンスブログ
ハンドル名アーバンガレージ さん
ブログタイトルUGメンテナンスブログ
ブログURLhttp://ug-jpn.com/
サイト紹介文アメ車をメインにベンツ等のヨーロッパ車のメンテナンスブログです アーバンガレージ サービス部門
自由文輸入車全般(アメ車/ヨーロッパ車)の販売及びメンテナンス/チューニング
各種テスター完備 大阪茨木市より 072-638-5579
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/07/20 19:30

アーバンガレージ さんのブログ記事

  • ESCL不具合によるエンジンストール/クライスラー300C
  • キーレスゴースタートボタンを押すと、エンジンは一度始動するがすぐにストンとエンストする症状の、2013yクライスラー300Cの診断作業です。 すぐにエンストするので走行不能…ですが、始動した直後にアクセルをあおると何事も無かったようにアイドリングを維持し、かかってしまえばエンストすることはありません。上記症状だけでの想像だと、例えば電子スロットルの制御不良等を疑わしく思いがちですが、 アクセルをあおらずにス [続きを読む]
  • エンジンストールの原因/クライスラー300C
  • 信号待ちやシフト操作時に、エンジンが時折りストールしてしまう症状で入庫お預かりした、06yクライスラー300C5.7HEMIの診断です。 特にチェックエンジン等の警告が点灯している状態では無く、wiTECH2.0(ワイテック2)によるDTC診断では、エンジンを制御するPCMにエラーは入力されていません。しかしABSモジュールには、上記症状が発生したことを予測出来るDTCである「トルク要求信号拒否」が入力されています。これはエンジンマ [続きを読む]
  • カムシャフトとバルブリフターの磨耗/クライスラー300C SRT8
  • エンジン不調及び異音で作業中の、2011yクライスラー300C/6.4SRT8。修理に必要なパーツ類がUSAより届いたので、作業の開始。 今回の原因である、No8シリンダーのバルブリフター。 正常なリフターのローラー部と比較すれば、その過大な磨耗状態が一目瞭然。 それによってNo8シリンダーのバルブリフト量が減少し、必要とされる吸/排気が行えないのでミスファイヤー状態。もちろん磨耗によって適切なクリアランスも保てず、その駆動 [続きを読む]
  • 近年多いパワーウインドトラブルのパターン/ベンツS500
  • 右フロントドアのパワーウインドが作動しなくなった、W221型ベンツS500の診断です。 パワーウインドが動かない原因として、真っ先に思い浮かぶ症例としてモーターの不具合やレギュレター破損等によるものですが、近年の車両ではECUトラブルによる症例がかなり多いです。 実作業による診断では、DASを接続して該当するドアモジュールにアクセスし、制御実測等を確認/診断していきます。 案の定、今回のW221も、最近の定番であるドア [続きを読む]
  • プログラム済みPCMの入手/ダッジチャージャー
  • 2010y以降のクライスラー/ダッジ系のエンジンを制御するECUであるPCM(パワートレインコントロールモジュール)。この辺りの年式では、不具合にて交換が必要な場合、車両のVIN(シリアルナンバー)登録により固有化されているので、基本的に中古(他車VIN登録されたPCM)は使用できません。 そのため、不具合等により交換が必要な際は、新品のPCMを入手して交換となるのですが、新品部品のECU使用時はプログラム等が必要になります [続きを読む]
  • 冷却水漏れによるラジエター交換/ダッジマグナム
  • エンジンがかからなくなったということで、連休前にお預かり作業をしていた、07yダッジマグナムです。マグナムは牽引フックが存在しないので、不動車をローダーに引き上げる為、現地にてフロントフェイスを取外してウインチをかけて引き取り。エンジンが始動しない原因は、単純にフューエルポンプの寿命により作動しなくなったので、燃料が供給されずに発生したトラブル。 しかし、それとは別にリフトにあげて下回りを確認すると、 [続きを読む]
  • 通常営業開始のご案内
  • 8/12から8/17までの6日間 夏季休暇にてご迷惑をおかけしましたが、本日8/18PM12時より通常通り業務を再開します。なお連休明けのため、特にサービス業務においては混雑する可能性がございますが、迅速な対応を心がける所存でございますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。 有限会社UG/アーバンガレージ スタッフ一同〒567-0865 大阪府茨木市横江1丁目15-52  TEL 072-638-5579/FAX 072-638-5828 e-mail:info@ug-4y.c [続きを読む]
  • 夏季休業のお知らせ
  • 誠に勝手ながら、8/12(日)〜8/17(金)まで、夏季休業とさせていただきます。8/18(土)PM12:00より、通常通り営業いたします。(平日10:00〜20:00 土/日/祝 12:00〜18:00 定休日/毎週水曜日)ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いします。 UG/スタッフ一同弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談くださいまた業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備2018y以降 [続きを読む]
  • 裂断されたポンプシャフト/シボレーアストロ
  • 走行中、突然パワステとブレーキが効かなくなったということで、レッカー入庫してきた97yシボレーアストロの作業です。 アストロではハイドロリックポンプでパワーステアリングへの油圧供給の他、ブレーキのブースターをも制御しているので、ポンプが働かなくなると制動力にも影響し大変危険です。 今回のトラブルの原因箇所である、ハイドロリックポンプ。ポンプのシャフトが内部で裂断し、プーリーだけが空回りしている状態。シ [続きを読む]
  • フューエルポンプ不具合の注意点/シボレーアストロ
  • エンジンがかからないということで、レッカー入庫してきた96yシボレーアストロの作業です。エンジンが始動しない原因は、結論から言えば燃料供給不良…フューエルポンプへの電源供給は正常だけども、ポンプが作動せずにガソリンが送れないという「定番トラブル」。 フューエルポンプが組み込まれているタンクユニット脱着の為、ガソリンタンクを車両より取り外します。 ガソリンタンク内に装着されているフューエルユニットを取外 [続きを読む]
  • スペアキーの登録/クライスラー300C
  • スペアキーの追加登録にて、この度初めてUGにお越しいただいた、2005yクライスラー300Cのクイック作業です。 新しく取り寄せた純正のベースキーを、現車のシリンダーに合うようにキーカット。しかしキーカットしただけでは、イモビライザーが装備されているので、キーを廻せてもエンジンは始動できません。 未登録の新品キーで現車のイグニッションオン状態にして、wiTECH2.0(ワイテック2)によるキープログラムの実行をすること [続きを読む]
  • ステアリングコラムモジュールの変更/ベンツG550
  • 運転していると ある時突然ウインカー機能が不良になる、W463フェイスリフトモデルのベンツG550の診断です。その症状が発生すると、ウインカーレバーを操作しても全くウインカーは作動しませんが、ハザードスイッチの操作は可能。またエンジンをかけ直すと、その症状は改善され 機能が復帰します。 XENTRYによる診断をすすめた結果、今回の不具合箇所は、ステアリングコラムモジュール(MRM)の内部不良と判断。 MRM(ステアリン [続きを読む]
  • 足回り異音の原因箇所/ベンツB170
  • この度初めてUGにて車検整備でお預かりさせていただいた、W245型のベンツB170の点検作業です。各油脂類をはじめ消耗部位のチェック等を行い、DASによるECU診断をした後にロードテストを行うと、足回り付近から時折りゴトゴトと異音が発生。 お客様は日常的に乗っておられて慣れてしまっている?のか、その異音が気になられていない(気付いていない?)様子でしたが、明らかに正常な245の足回りでは無いので、再度リフトにあげて点 [続きを読む]
  • エアコンガス漏れ箇所の検査/クライスラー300C
  • エアコンが効かないということで、点検お預かりさせていただいていた、07yクライスラー300C/6.1SRTの作業です。ゲージをガス圧力を測定すると、明らかにガスが少ない=ガス漏れの疑い。 ガス漏れ箇所を目視で確実に判断するために、蛍光剤の検査ガスを注入します。これで暫くエンジンをかけてエアコンを作動させると、ガス漏れしてきている箇所が蛍光色に反応して確認ができます。 今回のLXでは漏れ方がそれほど派手では無かったの [続きを読む]
  • 車検整備とMaxiPROの実力/ポルシェマカン
  • 月日の経過は早いもので…リリースから3年が経過した、ポルシェマカンの車検整備です。メーカーケア期間ということもあり、特に不具合も無く、メインは油脂類といった定期消耗品交換作業の実施。 マカンに搭載されるV6エンジンでは、エンジンオイルパンが樹脂製になっており、 オイルを排出するドレンも、プラスチック製品のコックになっています。 そのため、オイル交換時の再使用による劣化損傷を考慮し、新品のドレンコックを入 [続きを読む]
  • アイドラアームとピットマンアーム…/ハマーH2
  • 車検整備にて作業中の、05yハマーH2です。各オイル類やベルトといった消耗品交換の他、今回のH2では足回りにガタが発生していたので修理です。 ガタの発生源は、サイドロッドを支えるアイドラアームのボールジョイント部。 そしてアイドラアーム交換時にはメーカー同時交換指定とされている、ピットマンアームの双方を交換します。 これらのアームは、左右のタイロッドを繋ぐセンターロッドを支える状態で装着されています。今回の [続きを読む]
  • アクティブエンジンマウントの交換/アウディRS6
  • 点検整備にて業者様よりお預かりした、4G型のアウディRS6の作業です。クラス最強のパワーを誇るV8DOHCツインターボを搭載し、最高速は300Km/hオーバーと言うスパルタンな1台。 しかしリフトに上げて点検すると、そのパワーを支えるエンジンマウントのハイドロリックが漏れてしまっています。 内部に封入されているハイドロオイルが漏れてしまうと、マウントとしての機能は期待できないので、新しいマウントを取り寄せて交換作業で [続きを読む]
  • ヒーターパイプの腐食…/GMCサバナ
  • 冷却水漏れ その他諸々…で修理お預かりした、98yGMCサバナの作業です。 冷却水が漏れている箇所は、車両の右側ちょうど中央部に位置する、リアヒーター用の配管を伝って漏れてきています。 その上部にはホースのジョイントで互いの配管を繋いでおり、位置的にもこのホースが怪しいと思い交換してみたけれども、圧力がかかるとやはり漏れてきます。どうも その先の配管部から漏れてきている様子なのですが、車両の右側から左側へ [続きを読む]
  • 定番のABSセンサー不良による警告点灯/ダッジチャージャー
  • ABS及びトラクションの警告ランプ点灯のため、点検修理にてご来店いただいた、2012yダッジチャージャーです。 wiTECH2.0(ワイテック2)によるDTC(故障コード)診断では、左リアホイルスピードセンサーの不具合が入力。実測を点検しても、確かに左リアの車速信号が検知していません。 各車軸には、回転数を検知する為のセンサーが備わっています。これらセンサーの検知不良は、センサー自体の不具合の他、車軸側に問題がある場合 [続きを読む]
  • ツインターボの冷却水漏れ/ベンツS600
  • 冷却水漏れ修理にて業者様よりお預かりした、W221型ベンツS600です。エンジンはV12気筒の6リッター&ツインターボの為、Sクラスといえどもエンジンルーム内は殆ど隙間がありません。 リフトにあげて冷却水が漏れてきている箇所を確認すると、エンジンの左側面より水漏れ痕が伺えます。 更にライトを照らして奥まで確認すると、左バンクのタービン上部周辺よりフレームを伝って垂れてきているのが分かります。 エンジンの上からはタ [続きを読む]