アーバンガレージ さん プロフィール

  •  
アーバンガレージさん: UGメンテナンスブログ
ハンドル名アーバンガレージ さん
ブログタイトルUGメンテナンスブログ
ブログURLhttp://ug-jpn.com/
サイト紹介文アメ車をメインにベンツ等のヨーロッパ車のメンテナンスブログです アーバンガレージ サービス部門
自由文輸入車全般(アメ車/ヨーロッパ車)の販売及びメンテナンス/チューニング
各種テスター完備 大阪茨木市より 072-638-5579
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/07/20 19:30

アーバンガレージ さんのブログ記事

  • スパークプラグの劣化/AMG S63クーペ
  • チェックエンジンの警告ランプが点灯したということで、点検/修理でお預かりした、W217型AMGのS63クーペの作業です。 エンジンはAMGチューンドモデルである、V8/DOHCツインターボのM157型エンジンとAMGスピードシフトMCTミッションをドッキング。 XENTRYによるDTC(故障コード)診断では、アトランダムにミスファイヤ(失火)の検知が履歴で存在。 しかし、厄介なことに…現状での実測診断では、全気筒ロスも無くスムーズに…全く [続きを読む]
  • Mパフォーマンスブレーキのメンテナンス/BMW M6
  • 車検整備でお預かりしている、F12型のBMW M6の作業です。丁寧に乗られているようで、特に大きな不具合も無く、各油脂類の交換と消耗した前後のディスクパッドの取替作業です。 ただし、電動式パーキングブレーキを採用しているモデルなので、リアのディスクパッド作業をする際は、メンテナンスモードへの移行処置を行います。 テスターを接続して駐車ブレーキのコントロールユニットへアクセスし、作業内容の選択によりメンテナン [続きを読む]
  • ベルト交換とフリクションホイール/BMW116i
  • 車検整備でお預かりしている F20型BMW116iの 整備内容のひとつ、ファンベルトの交換作業のご紹介です。 ご存知のとおり、ファンベルトはエンジンのクランクプーリーの回転を、他の補機類(パワステやオルタネーター等)のプーリーに伝える為の重要な部品で、定期的な交換が必要とされる代表的な消耗部品のひとつです。 そのベルトの張りを調整するテンショナーは、近年の多くの車両では機械式のオートテンショナーが一般的に使用さ [続きを読む]
  • オイル消費とブローバイ/キャデラックエスカレード
  • エンジンのオイル消費により ミスファイヤーが発生する、07yキャデラックエスカレード。この車両は 右バンク側がオイル消費によりスパークプラグがかぶってしまい、エンジン不調&チェックランプが点灯し、特に朝一番の始動時には 白煙も発生しています。 こういったオイル消費の原因は一般的に、バルブシールの劣化や バルブガイドのガタによる シリンダーヘッド側の原因である「オイル下がり」や、ピストンリング(オイルリング) [続きを読む]
  • フェラーリの車検メンテナンス/フェラーリカリフォルニア
  • 車検及び点検整備にてお預かりした、フェラーリカリフォルニアの作業です。V8エンジンをFRレイアウトで搭載した2+2クーペモデルで、フェラーリとしては日常的な乗りやすさと快適性を兼ね備えたモデル。 走行距離も少なく、テスター診断を含む定期点検の結果では、特に不具合的な要素は皆無であったので、油脂類をはじめとした消耗部品の交換作業です。 とは言え、車両の下部一面を覆うフェラーリのアンダーカバーパネル…特にFRモ [続きを読む]
  • 継続する冷却水漏れトラブル…/ベンツCL550
  • 冷却水が漏れているということで ご入庫いただいた、W216型のベンツCL550の作業です。ちなみにオドーメーターの数字は、既に17万キロオーバー… 実はこのCL、10日ほど前にラジエターにクラックが発生して大量に水漏れを起こしたので、新品ラジエターに交換して日も浅い…のですが、また 突然どこからともなく 大量に水漏れが発生。 水を補充して漏れてくる箇所を追いかけると、ワイパーカウル内にあるヒーターバルブが破損してし [続きを読む]
  • ESP点灯による車両構成の回復処置/ダッジチャージャー
  • ESP等の警告ランプが点灯して、クリアすることが出来ない…ということで、業者様よりお預かりした、07yダッジチャージャーの診断です。ランプが点灯したタイミングをお聞きすると、どうもバッテリーを交換した後に点灯してしまい、その後に消去できなくなったというもの。 wiTECH2.0(ワイテック2)によるDTC(故障コード)の診断では、ESP等の警告ランプを点灯させているABSのモジュールに「車両配置の不一致」(VehicleConfigura [続きを読む]
  • ドライブシャフトとボールジョイントと…/ベンツA170
  • 車検整備でお預かり作業中の、W169型ベンツA170です。 リフトに上げて下回りを確認すると、右フロントドライブシャフト周辺に、おびただしい量の飛び散ったグリス痕。 もちろんこの状態では、検査に合格しないばかりか、そのまま乗り続けるとグリス切れによる等速ジョイント損傷の危険性もあるので、車両よりドライブシャフトAssyを取外して修理です。 ドライブシャフトのインナー側のブーツが劣化により割れてしまい、そこから駆 [続きを読む]
  • エアコンのガス漏れ修理/フォードエクスペディション
  • エアコンが効かないということで業者様より修理お預かりさせていただいた、2002yフォードのエクスペディションです。エアコンが効かない理由は、エアコンガスの不足=エアコンガス漏れの点検/修理です。 テスト用のガスと共に、リーク検査用のUV剤を注入すると、ガス漏れ箇所が専用のライト照射に対して蛍光色に反応します。今回のエクスペディションは、エアコンの高圧ガスを冷却するコンデンサーコア部よりリーク反応が確認でき [続きを読む]
  • 8速ATオイル漏れ修理とリーガルディスクレーマー/BMW640
  • 車検整備にてお預かりしている、F12型モデルBMW640の作業です。オドメーター約60000Km弱走行しており、ブレーキパッドの磨耗といった各消耗パーツの交換や、各所オイル漏れ等の修理作業といったメニュー。今回はその中で、ATミッションのオイル漏れ修理の作業内容です。 ZF製の電子制御式8速オートマチックミッションが搭載されているのですが、樹脂製のオイルパン部よりATFが滲んできています。この症状では、ガスケットだけを交 [続きを読む]
  • V12のエンジンマウント&ファンベルト交換…/ベンツCL600
  • エンジンマウント及びファンベルト交換作業にて、業者様よりお預かりしている、W216型ベンツCL600です。共に消耗品として基本的な部品ですが、SクラスのエンジンルームといえどもV型12気筒&ツインターボを搭載した600の整備性…。昔からベンツは整備性を考慮した設計が為されていますが、さすがに600のエンジンルームでは一筋縄ではいきません。 タービンの下に位置するエンジンマウントは、他のエンジンに比べ熱による影響が大き [続きを読む]
  • エンジン始動不能の定番トラブル/フォードエクスプローラー
  • エンジンが始動しなくなったということで、レッカー入庫でお預かりしている、2002yフォードのエクスプローラーです。キーを廻すとセルモーターは駆動するが、全くかかる気配が無く… 点検した結果、エンジンがかからなくなるトラブルでは定番のひとつ、フューエルポンプの不具合によりガソリン供給不良。 しかし国内欠品のため、USAにオーダーして数週間…無事に届いた、フューエルポンプとフィルターの交換です。 異常に長いフュ [続きを読む]
  • エンジンパワー低下によるスロットル交換/シボレーコルベット
  • エンジンパワー低下のメッセージが表示され、エンジンが吹けなくなったというトラブルで入庫した、C6型シボレーコルベットです。 Tech2による診断では、スロットルの開度位置を検知するポジションセンサーの相関状態に対するエラーが入力。 スロットルポジションセンサーは、スロットルボディに内蔵されています。スロットルコントロール等のエンジン不具合を検知すると、トラクションコントロール機能に影響を及ぼす為、チェッ [続きを読む]
  • ESP点灯修理による中古ユニットの選択/ベンツC200
  • ESPの警告ランプが点灯するということで、業者様より修理ご入庫いただいた、W204型ベンツC200の作業です。 XENTRYによる診断では、結論から言えばステアリングアングルセンサーの機能不良。ESPの制御を行ううえで、ステアリングの位置情報(現在のハンドルの左右切れ角度)をコラムモジュール(MRM)からCAN受信するのですが、MRM内部不良にてアングルセンサーのデーターが得れない状態です。 この型のアングルセンサーは、MRM( [続きを読む]
  • ミスファイヤーとオイル消費/キャデラックエスカレード
  • チェックエンジンが点灯し、エンジン不調で診断/作業中の、07yキャデラックエスカレード。 TECH2によるECUの診断では、エンジンミスファイアを検出し、実測状態でも失火が発生。 特に酷い失火カウントを起こす気筒のプラグを確認すると、オイル消費が発生していると考えられる状態。 実際、レベルゲージでのオイル量測定ではローレベル…しかも、放置した後の始動直後は、マフラーより白煙。エンジン始動中は常に白煙が出る訳では [続きを読む]
  • カスタムコーディングによる各種設定変更/ベンツV220
  • カスタムコーディングのご依頼にて、ご入庫いただいた、W447型ベンツV220の作業です。カスタムコーディングとは、オーナー様の希望に合せて、各種設定変更を行うECUプログラミングの施工です。 こういったカスタムコーディングは、例えばベンツで言えば純正テスターであるXENTRY/DASでは行うことが現在では出来ません。専用のテスターを使用して、該当するECUのプログラムを書き換えることにより可能です。特に欧州車では、輸出先 [続きを読む]
  • コマンドコントローラーの弱点/ベンツC200
  • 地味に多いベンツの定番トラブルのひとつ、コマンドコントローラーの操作機能不良。 例えばW204系のCクラスやW212系のEクラス等で、ナビ操作で地図画面の拡大/縮小が出来なくなるトラブルの大半は、コマンドコントローラーの不良というケースが多いです。 このコマンドコントローラー、純正部品ではAssy供給のみで、今回作業をしているW204型C200で約4万オーバーと地味に高い部品代。 しかし、そのトラブル原因の多くはコマンドコ [続きを読む]
  • CAN Bバスエラーの原因/ダッジマグナム
  • 各部点検依頼にて遠方よりUGをご指名頂き、この度初めてのご入庫をいただいた、06yダッジマグナムSRTの作業です。点検すると時折り、エンジン始動直後に各種警告ランプが点灯/点滅する症状が発生しており、再度かけなおしたりすると正常に戻ります。 以前からその不具合が発生しているらしく、各種点検作業と合せて診断の実施。wiTECH2.0(ワイテック2)による診断では、その症状が発生した際はCAN-Bバスのエラーに伴い数個のECUが [続きを読む]
  • AdBlueセンサーのトラブル/ベンツE350
  • チェックエンジン警告点灯修理にて、この度初めてご来店いただいた、W212型ベンツE350ブルーテックの作業です。 エンジンの警告ランプを点灯させている今回の原因は、アドブルー(AdBlue)レベルセンサーの不具合によるもの。 新世代クリーンディーゼルエンジンであるブルーテックエンジンには、尿素SCRシステムが採用され、尿素水溶液であるAdBlue(アドブルー)のタンクがトランクフロア下部にマウントされています。SCRとはSel [続きを読む]
  • RSのブレーキメンテナンス/アウディRS5
  • 業者様より修理依頼でお預かりした、アウディRS5の作業です。A5をベースにクワトロ社がチューニングを施し、手作業によって組み立てられた高回転型直噴V8/4.2Lエンジンは、450psを発揮するパフォーマンス。 しかし、そのパワーを受け止めるブレーキは、ディスクパッドが磨耗してしまっているので交換作業です。 しかし気をつけなければいけないのは、リアのディスクブレーキは電動サイドブレーキ用のモーターが備わっているので、 [続きを読む]