主の僕 さん プロフィール

  •  
主の僕さん: 新しい皮袋
ハンドル名主の僕 さん
ブログタイトル新しい皮袋
ブログURLhttps://ameblo.jp/shunosimobe/
サイト紹介文聖書の神の御言葉、イエスキリストの御言葉を考えるサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/07/20 19:40

主の僕 さんのブログ記事

  • EUの真ん中で、世界最年少の首相誕生!!
  • 「ブンダーブッチ」、水の上を歩ける人、奇蹟を起こす人などというニックネームが国民から?マスコミから?付けられたこの人、就任すれば、世界で最年少となる首相の誕生、オーストリア。 今、物凄い支持を集めていて人気がある。 抜粋『クルツの国民党に投票した主婦イングリッド・ルンガルディアさん(58)は「クルツは投票したこの小学校で学んだのよ。両親もこの近くに住んでいる。この地域はトルコやムスリムの移民が多く、 [続きを読む]
  • 祈りの家
  • 祈りの家  歌 長沢崇史     私の 住まいは 主よ     あなたの臨在     御前に四六時中 あなたに     祈りを捧げる     あなたの家は 祈りの家     神の教会は 祈りの家     絶え間なく 絶え間なく     臨在が満ちる場所      あなたの家は 祈りの家     神の教会は 祈りの家     絶え間なく 絶え間なく     臨在が満ちる場所 [続きを読む]
  • 千年王国と現在の文明の違いはどのように変わるか?
  • キリストの統治が開始される千年王国では、人の人生や社会はどのように変革するだろうか? 今までの文明は、経済を中心に据えてきた文明です。そして、国や世界がそのようなシステムを採用しているので、個人も否応無しに皆このシステムの中で生きることを余儀なくされて、受け入れるしかない状態で生きるようにされてきたと思います。共産主義にしろ資本主義は論外ですが、 今の人類が採用しているこの貨幣流通の社会システム以外 [続きを読む]
  • 備えるについて考える
  • 世の終わりが近くなってきたので、キリスト教境界では、それに備えなさいということが、よく言われるようになった。 これはどういうことか? 携挙や再臨の知識を持たないといけない、そしてそれを待ち望みなさいという意味なのだろうか? それを念頭に置き、いつも忘れることがないようにという意味だろうか? 目を覚ましなさい、そして、死にかけている他の人たちを力づけなさい。 とは、そういう意味だろうか?  無論違うと私 [続きを読む]
  • 新しい時代に目を向け舵を切ることが今必要。Ⅰ
  • 古い今のこの世界はもうすぐ終わるところに今来ている。 クリスチャンは、この次にどんな世界が来るのか知っているので、もう心の上では、この世界からはおさらばし、次の世界に舵を切っていくのが本当に良いと思う。 神を知らないでこの世に疲れている人々は、この世界の終わりを喜ぶかもしれない。 今この世界は、サタンが毒し汚して、社会を汚染しサタンの開発したビジネス、教育、社会のシステムを構築しているところがその殆 [続きを読む]
  • 弟子訓練の意味?!
  • サタンに奪われ、サタンの支配下に置かれ、激しく痛みつけられていたなかから、キリストによって救い出され、神の王国で、神の王の血を引く血筋の者であるというアイデンティテイーを取り戻し、痛み破壊された魂の傷を癒して、王国で生きることを学んでいく、身に着けていく、神の子になること、回復すること、神の王国の子であることを知ること、これが弟子訓練の意味であるということ。そんなことをこの動画は教えてくれました。 [続きを読む]
  • 太陽と月 しるし!?
  • 昨日、皇室からおめでたいお知らせが日本の国中に流れました。 秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんが、御婚約を発表されました。 同じ日の0時30分ごろ北朝鮮が水素爆弾の地下核実験を行ったという報道が全世界を駆け巡った。 夜にゆっくり御婚約の報道を見ていると、眞子さまと圭さまが、互いの表現で、太陽のような明るい笑顔です、月のように静かに見守る存在です。という言葉が出てきました。皇室から、このタイミングで!! この [続きを読む]
  • 絆、繋がりは、愛で造られる。
  • この現代の社会の中で生きることの中心になっているもの、目的と思わされているもの刷り込まれたものは、お金を得ること。 経済を、人間が生きることの中心であるという思想をこの社会は、人間に刷り込んで植えつけた。と思う。 人間と人間同士の絆を造り上げる唯一方法は、愛の繋がりによってしか築き上げられない。 しかし、この思想が、その唯一の方法であり真理である真理を人間の中から打ちこわし、破壊し、人々を暗闇と迷走 [続きを読む]
  • 行いは人格を産む!!
  • 行いは人格を産み落とし、性質を産み落とし、性格を産み落とす。 人は、行いから産まれてきたのではないか? 人は、行いから造られてきたのではないか? 人類の初めの親、アダムとエバもまさに行いによってその不従順の性質、性格、罪の人格を己たちの中に産ませてしまった!! 自分の今身についている性格、性質、人格などは、小さい時に親が躾として教え、それを何度も何度も繰り返し、繰り返し従い続けていった結果、気が付いて [続きを読む]
  • 主イエスの血の力
  • 幾度も主の十字架の力を振り返ることがあるのですが、こればかりは、何度振り返っても振り返り過ぎるということは決してないのだと思います。なぜなら救いはそこから達成されたのだから。 救われる前と後とで、人間が一変してしまう場合もあれば、ゆっくりの場合もあります。自分個人においては、初めの時期に一変してしまうチャンスはあったと思いますが、その機会をしっかり掴むことができなかったんではないかな〜と思ったりし [続きを読む]
  • 進化する人口知能
  • 昨日NHKで放送された人口知能の第2弾 世界はこぞってその精度を上げようと競争しているもよう。 株式取引や為替取引の計算、犯罪者の再犯の計算、企業などでの職員の離職の可能性の高い社員を見つけ出そうとする計算、タクシー業界で、どこを流せばお客さんを拾えるかの計算、これまた本当にびっくりなのが、政治の分野にまで人型人工知能が研究されている。 これを見て本当に強く感じてしまったのは、 あまりに人口知能を凄いと [続きを読む]
  • それ故、男はその父母を離れ、妻と結びあい一体となるのである。
  • 最近、新宿シャロームチャーチHPから見つけた名古屋のニューレベレーションチャーチの澤口周一牧師の説教。 律法や御言葉の奥義を、ヘブライ語から解き明かしていく説教。沖縄にも何度か来られているようですが、非常に勉強になり、心の奥が開けられていく感じがします。 神である主は、アダマー(土地のちり)から、人を形造り、その鼻に命の息を吹き込まれた。そこで、人は、生きた者となった。 この生きた者となったというとこ [続きを読む]
  • 大きな気付きを!!ダウン症の子供を持つ親
  • たった今、夜9時のNHKニュースで、ダウン症の子供を持っている母親とその子供との親子の写真を、モノクロで撮影して、東京のどっかの駅のホームに展示している写真のニュースをしていました。 写真家の意図は、多くの苦労を抱えながらその子育て奮闘する親子の内面の現れ出た写真を撮ることができたら、ということだった。ですから、まずお母さんに、笑顔を作ろうと思わないでください、考えないでください、これまで育ててきたな [続きを読む]
  • 神の偉大な業、十字架の業、1罪の清算、2新生、3悪魔を滅ぼす。
  • 第一ヨハネ3章「 だれでもキリストのうちにとどまる者は、罪を犯しません。罪を犯す者はだれも、キリストを見てもいないし、知ってもいないのです。 子どもたちよ。だれにも惑わされてはいけません。義を行う者は、キリストが正しくあられるのと同じように正しいのです。 罪を犯している者は、悪魔から出た者です。悪魔は初めから罪を犯しているからです。神の子が現れたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。」 この御言葉は [続きを読む]
  • 聖絶を考える記事の補足
  • 律法としては、主イエスは、罪が無いので、死の為の罪状は条件は、本来無い。 しかし、神としては、その御心の中に主イエスに人類の罪を被って死んでもらいたいという思いがありそのようにキリストに命令しておいた。 サタンは、キリストを殺し、キリストの支配の国を来させないようにしたいという思いがある。 神は、サタンがキリストを殺したいという思いを利用し、サタンは、その神の智慧に負けて、罪の無い者を殺してはならな [続きを読む]
  • 聖絶を考える
  • 「聖絶」という言葉は新改訳の訳語で、ヘーレムというヘブル語が「神の御前にのろわれたものとされたものを、絶滅したり徹底的に破壊したりして、再び回復することができない形で主にささげることや、そのようにして主にささげられたもの」を表わすときに用いられています。「聖絶する」はその動詞の形です。 ↑こちらからhttp://www.hat.hi-ho.ne.jp/ists1970/cherem.html玉川上水キリスト教会 清水牧師 イスラエルがカナンの地 [続きを読む]
  • 2017年の御挨拶
  • ハレルヤ!!  2017年 明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします。  夜が深けて、日が昇るのが近くなったという御言葉もあったと思いますが、また、夜明け前が一番暗いなどという言葉もあったと思いますが、 そのような感じに一段となっていくのだと思いますが、互いに励ましあいながら支えあうという事もきっとまた強くなるのだと思います。 今、世界のあちこちで起きているリバイバルがどうか日本 [続きを読む]