主の僕 さん プロフィール

  •  
主の僕さん: 新しい皮袋
ハンドル名主の僕 さん
ブログタイトル新しい皮袋
ブログURLhttps://ameblo.jp/shunosimobe/
サイト紹介文聖書の神の御言葉、イエスキリストの御言葉を考えるサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/07/20 19:40

主の僕 さんのブログ記事

  • 5月10日滝元順先生の聖会から打ち破りの最高の賛美!!!
  • 霊的に覚醒させられたようなメッセージを聞きました。ポイントを書きたいと思います。 ご本人達の教会での経験から、街の上に毛布のようにかかった空中の支配者(悪霊)どもを追い出すということが、リバイバルには欠かせないということ。 また、イスラエルが、年に一回雄やぎ二頭とって、一方は、神への生贄に、一方は、荒野に住んでいると考えられていた悪魔アザゼルに向かって放します。頭に祭司が民族全体の罪を乗せます。これ [続きを読む]
  • Power and love japan 2018行ってきました。
  • 淀橋教会で行われたパワー&ラブに参加させて頂きました。仕事の都合上、水と木の2日間だけでしたが、超自然の神の業ができる人の、また、リバイバルのための実践(路傍伝道)を兼ね備えたこのような聖会に出るのは初めてでありましたが、もの凄く恵まれました。また、伝道時の臆病風邪や、恥や体裁を焼き滅ぼし尽くす火のバプテスマを、通常は聖会の最後にやるのが、二日も前倒しになり、自分達の帰る前の前日に行われ、それを受 [続きを読む]
  • 神が、あなた、私を造った。
  • 自分が何者なのか? この答えに終止符を打てるのは、聖書のみ。 命を得るとは、その事実を知ることと同じです。 神を見る時、あなたも私も、自分の造り主を見ることになります。 全ての答えである方、万物の創造主を見ることになります。 自分の主を見ることになります。 その時、同時に永遠の命を理解します。 自分の主を得ること、これが永遠の命です。 神の喜びと、私達の喜びとは完全に一致することができます。ですから、本当 [続きを読む]
  • 神の国は、どのような事を中心にして回転しているのだろう?
  • 例えば、現在の我々人類の文化と文明では、経済の富の豊かさをおおよそ中心にし回っている。科学技術も、農業も、学問の領域でも、食べていくために、その経済性を量り、成り立たせるために、その経済的生産力を無視できない状況にある。 音楽活動、芸術活動、スポーツ、自分の好きな事で、生活を成り立たせることができる人は、ほんの一握りである。故に多くの人が、その道を諦め、夢”ではなく、食物を得るための手段を考える人 [続きを読む]
  • 神の国とは
  • 神の国とは、第3の天、第2の天、第1の天という区別がなくなり、ただ一つだけ、第3の天だけになることだと、そう思いますがどうでしょうか。 ヨハネ黙示録21章  「わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。 また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。 また、御座から大きな声が [続きを読む]
  • 社会を変える努力を払うべきか否か?
  • 神の国を建設するために、今現在の社会の仕組みを変えようとする努力と行動をクリスチャンは、積極的に取るべきであろうか? 国を形作る政治や憲法法律、官僚機構の域から、クリスチャンは、その支配の手を伸ばし、抜本的に造り変えてしまうことを思想展開させて、政治運動を行っていくべきであろうか? そのように、正面からいくのではなく、あなた方の光を人々の前で輝かせて、天におられるあなた方の父が、崇められるようにしな [続きを読む]
  • 信仰の強化
  • ヘブル人への手紙11章1〜6「 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。 昔の人々はこの信仰によって称賛されました。 信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。 信仰によって、アベルはカインよりもすぐれたいけにえを神にささげ、そのいけにえによって彼が義人であることの証明を得 [続きを読む]
  • 主イエス様は、最後のアダム
  • 人類の出発は、アダムという一人の男から出発しました。アダムの中からエバという妻となる女性も取り出されました。全ての人類の種は、このアダムを種としています。 イエス様は、最後のアダムともよく言われています。パウロも、初めのアダムから人類が始まったその形、型を、その後のアダムになるイエスの型であるとも言っています。 主イエスは、人類を新生させるために、その罪を負って苦しみ、十字架の上で死なねばなりません [続きを読む]
  • ユダヤ人とクリスチャンとの一体化が加速している。
  • 久しぶりに記事を書きますが、昨日は、礼拝の後、BFPからのDVDで、ハイナイト イスラエルの執成し会を行いました。そのDVDの中であったのですが、今は、イスラエルの政府の中にも、クリスチャンは我々の最大の友だとし、彼らともっと仲良くし連携していこう、というユダヤ人の人々も組織だって多く出てきて拡大してきており、ネタニヤフ首相もクリスチャンは、私達の最大の理解者であるということを表明している。という報告があ [続きを読む]
  • イエス様に出会う年に!!
  • 2018年新年 明けましておめでとうございます。 今年は、個人的目標は、主に出会う年にしたいと考えています。 え?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、詳しく申し上げますと、これまでも勿論、主に出会っていたと勿論おもいますけども、 そう、例えて言いますと、イエス様が、ペテロらの舟に乗り込んでいき、深みへと漕ぎ出しなさいと言われ、深みに行き、網を降ろし、大量の魚を取りました。ペテロは、そんなイエス様 [続きを読む]
  • 預言の成就
  • こちらの聖書の預言、神の御言葉の成就する時が、目の前に近づいてきたと思われる。 イザヤ17章「1 ダマスコに対する宣告。見よ。ダマスコは取り去られて町でなくなり、廃墟となる。」 https://www.youtube.com/watch?v=Ob7A2pHx1ZA [続きを読む]
  • EUの真ん中で、世界最年少の首相誕生!!報ステ追加
  • 「ブンダーブッチ」、水の上を歩ける人、奇蹟を起こす人などというニックネームが国民から?マスコミから?付けられたこの人、就任すれば、世界で最年少となる首相の誕生、オーストリア。 今、物凄い支持を集めていて人気がある。 抜粋『クルツの国民党に投票した主婦イングリッド・ルンガルディアさん(58)は「クルツは投票したこの小学校で学んだのよ。両親もこの近くに住んでいる。この地域はトルコやムスリムの移民が多く、 [続きを読む]
  • 祈りの家
  • 祈りの家  歌 長沢崇史     私の 住まいは 主よ     あなたの臨在     御前で 四六時中 あなたに     祈りを捧げる     あなたの家は 祈りの家     神の教会は 祈りの家     絶え間なく 絶え間なく     臨在が満ちる場所      あなたの家は 祈りの家     神の教会は 祈りの家     絶え間なく 絶え間なく     臨在が満ちる場所 [続きを読む]
  • 千年王国と現在の文明の違いはどのように変わるか?
  • キリストの統治が開始される千年王国では、人の人生や社会はどのように変革するだろうか? 今までの文明は、経済を中心に据えてきた文明です。そして、国や世界がそのようなシステムを採用しているので、個人も否応無しに皆このシステムの中で生きることを余儀なくされて、受け入れるしかない状態で生きるようにされてきたと思います。共産主義にしろ資本主義は論外ですが、 今の人類が採用しているこの貨幣流通の社会システム以外 [続きを読む]
  • 備えるについて考える
  • 世の終わりが近くなってきたので、キリスト教境界では、それに備えなさいということが、よく言われるようになった。 これはどういうことか? 携挙や再臨の知識を持たないといけない、そしてそれを待ち望みなさいという意味なのだろうか? それを念頭に置き、いつも忘れることがないようにという意味だろうか? 目を覚ましなさい、そして、死にかけている他の人たちを力づけなさい。 とは、そういう意味だろうか?  無論違うと私 [続きを読む]
  • 新しい時代に目を向け舵を切ることが今必要。Ⅰ
  • 古い今のこの世界はもうすぐ終わるところに今来ている。 クリスチャンは、この次にどんな世界が来るのか知っているので、もう心の上では、この世界からはおさらばし、次の世界に舵を切っていくのが本当に良いと思う。 神を知らないでこの世に疲れている人々は、この世界の終わりを喜ぶかもしれない。 今この世界は、サタンが毒し汚して、社会を汚染しサタンの開発したビジネス、教育、社会のシステムを構築しているところがその殆 [続きを読む]
  • 弟子訓練の意味?!
  • サタンに奪われ、サタンの支配下に置かれ、激しく痛みつけられていたなかから、キリストによって救い出され、神の王国で、神の王の血を引く血筋の者であるというアイデンティテイーを取り戻し、痛み破壊された魂の傷を癒して、王国で生きることを学んでいく、身に着けていく、神の子になること、回復すること、神の王国の子であることを知ること、これが弟子訓練の意味であるということ。そんなことをこの動画は教えてくれました。 [続きを読む]