猫家コロッケ さん プロフィール

  •  
猫家コロッケさん: 今日のやる気も休んでる主婦のブログ
ハンドル名猫家コロッケ さん
ブログタイトル今日のやる気も休んでる主婦のブログ
ブログURLhttp://www.nekoyakorokke.site
サイト紹介文やる気がでない主婦が描く絵日記ブログです。
自由文やる気がでない主婦が描く
絵日記ブログです。
本やドラマの感想、芸能人、
日々のことなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/07/21 01:02

猫家コロッケ さんのブログ記事

  • 自分の性格はよくわからない
  • 今、読んでる阿川佐和子さんの『阿川佐和子の世界一受けたい授業』は、1993年からスタートした週刊文春の対談の中から14人の話をピックアップした対談集。臨床心理学者の河合隼雄さんの「心理学」についての話がまた面白くて、(河合さん亡くなられたよね)夢分析を勉強することで自分がどういう人間かわかってきたそうだ。自分がどういう人かって実は自分が一番わからないよね。私は未だにイマイチ自分の性格がわかんないもん [続きを読む]
  • 『獣になれない私たち』 ⑤ 感想
  • 自分は呉羽と関係を持ったのに晶が恒星とキスした事を責める京谷のクズっぷりが、すごい!(自分の事を棚にあげて人を責めるクズっぷり。私みたい)「都合よく使ってる方は気づかないんだよ相手の気持ちを」なるほど。恒星の事言ってたけどこれて京谷の事だよね。京谷は晶をずっと都合よく使ってたんだね。「路チューのカップル訳わからない何、自分の世界に浸ってるんだよ」30代の知り合いがUSJで彼と大ゲンカして一人行動したらし [続きを読む]
  • 『僕らは奇跡でできている』② 感想
  • 『僕らは奇跡でできている』6話は「破れギョーザは涙の味」の回で偶然だけど、夕飯の仕込みでギョーザを包みながら録画を観てた。すると、「本当はどうしたいんですか?」「自分をいじめてしまうんですね」一輝が言った育美(榮倉奈々)への言葉!ぐうの音もでない。私の方が落ち込んだ( ;∀;)そして、そんな一輝の言葉に心動かされた育美は、「あの時、本当は彼と別れたくなかった」「あの時、彼を試すような言葉を言わなければ [続きを読む]
  • 『中学聖日記』 ⑤ 感想
  • 「先生、あの頃僕は頭がおかしくて勝手にイライラして盛り上がって周りとか自分の事が見えなくなるぐらいそれぐらい・・・」冒頭の晶の日記の言葉に笑った。だってそれ、私だもん。何に対してもそんな感じ。「感情を抑えきれないよね」「こんな性格とは思わなかった」いろんな人から呆れたようによく言われ続けてた。「だから、それ性格だよ晶くん。ずっと変わらないから」て、ツッコミ入れてしまった。そしてそれに続く塩谷先生( [続きを読む]
  • 素敵な大人
  • 「雑談の中に本質があるのだと思います。コミュニケーションの基本。雑談。何気ない会話というものは、何気ないだけにその人のパーソナリティーな部分をそっと伝えてくれます」これ、星野源さんの言葉なんだけどその通りだな〜て思う。角田光代さんの『月夜の散歩』は角田さんと、どうでもいい雑談を延々としてるような感じのエッセイでほんと面白かった。角田さんが飼ってる表紙の猫のトトちゃんの可愛い写真が満載なのもいい。す [続きを読む]
  • 『結婚の嘘』 感想
  • 夫、弘兼憲史さんとの37年間の結婚生活を書いてる、柴門ふみさんの『結婚の嘘』面白かった。友達に夫の愚痴を言うと「でも、幸せだよね」「ご主人良い人だもの」と追い込まれ、「あなたは我儘」だと遠回しに指摘されるが結婚生活はそんなに単純なものじゃない。これ、本当にわかる!大体、人に話してる事は「氷山の一角」で全てじゃない。だから諭されてもイラっとするよね。(でも、そういう事たくさん言ったから「何も知らない [続きを読む]
  • 『忘却のサチコ』③ 感想
  • 職場の後輩の橋本(逢沢りな)に誘われて初めて合コンに行ったサチコ(高畑充希)は小学校の同級生の梶くん(清原翔)と再会する。そして梶くんは、昔からサチコの事を好きだったと告白。俊吾さん(早乙女太一)の事を忘れたいサチコは梶くんと動物園デートをする。・・・今回、出てきたグルメは揚げパンとナポリタン。両方、美味しそうだった!「ナポリタン」の発祥地て「横浜」なんだ。「トルコライス」が、「トルコ」じゃなくて [続きを読む]
  • 『獣になれない私たち』 ④ 感想
  • 「その時決めてた。この人と行く。反対側の知らない海に行く」京谷(田中圭)の母の千春と旦那さんの出会いの話に涙出てきた。「何年経っても色褪せないんだお互い年取っていろんなこと変わっちゃったけど私は克己さんと一緒にいたい」「辛いより、そっちが勝っちゃってる」旦那さんの介護を一人で背負っている千春(田中美佐子)時が経って全てが変わって辛いことはあるけど若い頃、旦那さんと出会った思い出がいつも変わらず自分 [続きを読む]
  • 『変態紳士』 感想
  • 今日はアダルトな話なのでイヤな方は読まないでね。高嶋政宏さんのSMとシルビアさんへの愛を綴った『変態紳士』面白かった。「誰も自分なんて見てないんだから自分が面白いと思うことを何でもやろう」エリザベートの舞台に立った時ふと思った高嶋さん。そして仕事の為に勉強しようとSMの世界に触れたらその世界に、どんどんハマっていく。高嶋さんが、緊縛初級講座に行ったら人の身体に縄を縛るのは折り紙を折るように順序もあるし [続きを読む]
  • 『中学聖日記』 ④ 感想
  • 「このドラマ、道徳的にどうなのか?」という意見がどうでも良くなったぐらい5話は凄く面白かった。登場人物の気持ちがよくわかって観ながら笑ったり泣いたりキュンキュンしたり、意外な展開に「うぎゃ〜〜」て叫んだりして観てたら最後は声が枯れてた。晶とキスをした事が発覚して学校に呼び出された聖(有村架純)。「あなたには淫行の疑いがあります」「え!それって淫行てこと」「淫行!」いろんな人が「淫行」て言葉を簡単に [続きを読む]
  • 映画『バッドジーニアス』 感想
  • 『バッドジーニアス』めちゃくちゃ面白かった!私の癖は、映画の途中で腕時計を見る事だけどすっかり忘れてたぐらいハラハラドキドキ、夢中になって観た。奨学生として進学校に転入した天才少女のリン。ある日、友達のグレースを助ける為に試験中に回答を教える。その事をきっかけにリンのカンニングビジネスが始まる。「私たちは生まれた時から負け犬なの。誰よりも努力しないといけないの」タイの貧しい家庭に生まれた頭の良いリ [続きを読む]
  • 本当に「ありがとう」
  • 前も書いたけど福岡に住んでる私は「福岡の食べ物は美味しい」「福岡に行くと、いろいろ美味しいからお腹いっぱい食べてしまう」と言われても未だにピンとこない。だって極端な例だけど東京と名古屋では味付けが違うし、北から南まで微妙に好みの味が違う。食材の美味しさと言われても日本全国、海に囲まれてる県も山に囲まれてる県もあるからあまり変わりないような気がする。あと「福岡は、食べ物の値段が安い」から「美味しく」 [続きを読む]
  • 『ここは退屈迎えに来て』感想
  • 『ここは退屈迎えに来て』は地方が舞台の短編小説。幹線道路に並ぶブックオフ、TSUTAYA、洋服の青山、マックスバリュー、ダイソー、ユニクロ、ジャスコ、スタバ、ニトリ、ドンキホーテ、マクドナルド・・そして、たくさんのパチンコ店。こういった景色を「ファスト風土」と呼ぶ。「上手い事言うな〜〜」て笑ってしまった。自分が住んでる街は素晴らしいと疑わない地元の人。「自分は違う」とブランド物を着て周りの皆が読まないよ [続きを読む]
  • 『大恋愛  僕を忘れる君と』③ 感想
  • お風呂の水を入れたりやかんに火をかけてうっかり忘れてる事てあるよね??でも私と病気の尚の違いは「そうだった!」て思えるかどうかなんだろうね。火事になるのか?部屋が水浸しになるのか?見ててハラハラした。大体、あんな古そうなアパートだとすぐ部屋がダメになりそうだし。しかし最初は、松岡昌宏さん、ムロさん、戸田恵梨香ちゃんの三角関係なんてイマイチ、パッとしないて思ってたけど、今では3人共最後は幸せになって [続きを読む]
  • 男性は「すごいね」と言われる言葉に弱い
  • 「コンビニのくじで当たったアイスを食べながら自分で買うより美味しいね別に同じだろ文句を言うならあげないよてにらんでる」今はbacknumberの歌にハマっててレンタルした『アンコール』のアルバムをよく聴いてるんだけど、「その中でも好きなのは『光の街』だよ」と昨日、backnumberのファンの友達に話してた。いかに清水依与吏さんが作る歌がステキなのか、backnumberの歌は聴いてたら情景がぱ〜っと浮かぶような歌が多いから本 [続きを読む]
  • 『中学聖日記』 ③ 感想
  • 今回は観てて疲れた〜。それは、慣れないテグスを使ってビーズの指輪作りながら観てたからかもしれない。(しかし30分でできるて説明書には書いてあったけど書いてる事を、すぐ読み取れないから時間がかかりすぎた。疲れた)私が見てるドラマ感想掲示板では相変わらず、このドラマが気持ち悪いて書いてあって、そりゃ本物の中学生の鈴木福くんと有村架純ちゃんの恋愛ドラマだったら気持ち悪すぎるけど、実際は19歳の岡田健史く [続きを読む]
  • バカな女は強い
  • 「わかんない!意味わかんない!私バカだから、わかんない!」「やっぱりバカだから嫌いになったんだ!」「だってバカなんだもん!」「万里江とは合わない」と行(長谷川博己)に離婚を告げられてとうとう暴れだした『セカンドバージン』の万里江(深田恭子)。行の仕事も、るいとの関係も何もかもめちゃくちゃにして、犯罪のような事ばかりしてるのに自分が悪いとは全く思わない。とにかく、「行くんのせいだからね!」と言い続けて [続きを読む]
  • 人の出会いには順番がある
  • 今、大石静さん脚本の『セカンドバージン』を観てる。45歳の中村るい(鈴木京香)は新海社の専務。ワイン会で17歳年下のエリート官僚の鈴木行(長谷川博己)と出会い二人は恋に落ちていく。「逢いたい!逢いたいんです!」「僕だって怖いですよこんなことに直面したのは初めてのことなんですから」「いやだ!まだ始まったばかりじゃないか別れたくない!」行の熱い台詞を聴くたびにクッション握りしめて「きゃ〜きゃ〜」盛り上 [続きを読む]
  • 『忘却のサチコ』② 感想
  • 3話は、サチコのいる文芸編集部に新人の小林(葉山奨之)が入ってきた話。電話が鳴ってるのに出ない。仕事の下調べもメンドクサイからしない。でも口だけは達者で周りを傷つけまくる、「悪気が無いから質が悪い」あだ名『悪気なし』の小林の教育係になったサチコ。「小林さん。忙しいのは皆同じです。忙しさを理由にするのは自らが無能だと宣言するのに等しいかと」サチコよく言った!そして私が反省した。ごめんなさい。昔、よく [続きを読む]
  • 『フェイクニュース  後編』 感想
  • 後編も面白かった。「コメント欄には罵詈雑言が溢れてました」「それもまた表現の自由です。大事でしょう」前に、あるドラマに関連する記事を読んでたら、コメント欄にいろんなコメントが書いてあって、(否定的な感じが多かったかな)「そこまで罵倒しながら観続ける意味がわからない。ドラマの内容が嫌だったら観なければいいのに」て書いてる人がいたらその後に、「これは罵倒じゃなくて『表現の自由』嫌だったら観ない。嫌でも [続きを読む]
  • 『大恋愛 僕を忘れる君と』② 感想
  • 「耐えられない。私この頃、凄く楽しい事があると凄く悲しくなってしまってこのまま死んでしまいたくなるんです。病気が進行する前に心が壊れてしまうんじゃないかて思います」「もう生きてるのがやだって思ったら先生、殺してくれますか?」記憶を失くした老人の姿を見て怖くなり佑市(松岡昌宏)に泣きながら訴えた尚(戸田恵梨香)尚の気持ちわかる。私も、あまりにも幸せな事があると、悲しくなる。病気の尚なんて何倍も悲しい [続きを読む]
  • 『僕らは奇跡でできている』 感想
  • 動物行動学を教える大学講師の相川一輝(高橋一生)は、世間の常識に囚われない少年のような心の持ち主。3話は、一輝が小学生の虹一を動物園に連れていき大騒ぎになってしまう。他人の子供を動物園に連れていくのに直接、お母さんに許可を取らなかったり、動物園内で何が起こるかわからないのに虹一を一人で行動させたり、案の定、虹一が迷子になり閉園後も動物園内のスタッフや歯科医の育実(榮倉奈々)達に散々、迷惑をかけるが [続きを読む]
  • 『獣になれない私たち』 ③ 感想
  • 京谷(田中圭)の家には元彼女の朱里(黒木華)が住んでいるという事でギクシャクし始めた二人。二人とも優しすぎるからか気持ちがすれ違ってて。でも、やっぱり京谷(田中圭)と晶(新垣結衣)はお似合い。そして、バーで今後の事を話してたら呉羽(菊地凛子)が、いきなり介入してきて「オッス。呉羽きました!ようは、どうしたいかって話。」「責任取れてないでしょうが!」何も事情を知らないくせに急に正義感ぶって言い出した [続きを読む]
  • 中学聖日記 ② 感想
  • 昨日のグレートコレクション凄く面白かったね。イギリスのタワーマンションに住んでいる女性はMI6(007に出でくる情報機関)の人達と知り合いで、その秘密話が楽しくて、ロスチャイルド家では2004年まで金の相場を決めていたという話をしてくれて、(ほんと、ロスチャイルドて言葉だけでテンション上がるんだけど)イタリアの騎士団のパーティー潜入と王家サヴォンナ家の王子のバチカンの案内も豪華すぎてウットリして。( [続きを読む]
  • 『まんぷく』③ 感想
  • 昨日の『まんぷく』ドキドキした。東京の空襲空からばらまかれるビラ福子の夢に出る咲の「大阪から逃げて」そんな感じで世の中はどんどん物騒になっていくのに、蚊帳の中の萬平(長谷川博己)と福子の二人のイチャイチャの世界に「うぎゃ〜〜!何この場面?」てwww(朝ドラウケ観てないけど華丸さんは汗かいてなかった?)なんかね、蚊帳の中てのがハッキリ言ってエロい!「ここだけ、大石静さんが書いてるんじゃ?」とか思っち [続きを読む]