あなたと心を通わせたい さん プロフィール

  •  
あなたと心を通わせたいさん: あなたと心を通わせたい
ハンドル名あなたと心を通わせたい さん
ブログタイトルあなたと心を通わせたい
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mikods1211
サイト紹介文・趣味の粘土細工、陶芸、パソコン画、   詩などの紹介をしたい  ・友達づくり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/07/21 10:40

あなたと心を通わせたい さんのブログ記事

  • 〜幸せって何〜
  •           幸せを ココロに  描きながら  幸せの音を 聴いても  何も聴こえては 来ない  だから  そっと言葉で 呟いてみたけど  何が 言いたいのか  何を 求めているのか  わからない   幸せって 見えない           気づかない       掴めない      届かない          きりがない   不確かで 不安定で 不明瞭  探していたいもの   追いかけたい [続きを読む]
  • 〜嫌いな雨〜
  •          何となく 目覚めた朝を 宥めるような 密やかな雨が 好きだったけど あの 豪雨災害の日から 大嫌いになってしまった  降って 降って 降らして 何もかも 奪い取ってしまい 多くの人を 苦しめた雨 元には戻せそうにない・・・・雨 さりげなく 雨音がして 何かを 語りかけている 慰められているような 硝子戸への 響きも まだ とても 心が治まりそうにないから  そっと 風を呼んだら ”何 [続きを読む]
  • 〜不思議な彼岸花〜
  •        何故だか 気になってしまう 彼岸花 野辺でも あぜ道でも  何処にでも 咲いて 待っていてくれる 真っ赤な紅の色は 鮮やかで  線香花火のように  繊細で素朴だけど  妖しげな雰囲気と 鬼火ともいわれる怖さも 醸し出しているから 見る人によっては どのようにでも映り 変化してしまう 不思議さがある 風に揺れながら 雨に叩かれながら   陽射しを浴びて 背いっぱいに 野草と 戯れながら [続きを読む]
  • 〜コスモスが揺れる〜
  •          ほら ほら もう 野原でコスモスが 揺れているよ 何処からか  秋風が吹いて ゆら ゆら 揺れながら 薄桃色の花は 季節を待って 季節に咲いた やっと いつもの広場に     いつものように     可憐さを発揮し     可愛いくて  繊細なような葉も茎も 案外強くて 雨にも 風にも  負けない  涼やかな 勢いと 香りで 辺り一面を 秋色で 染めてしまったら 我が物顔で しば [続きを読む]
  • 〜何気ない、ひととき〜
  •          何気ない お喋り 何気ない 珈琲タイム 何気ない 平穏な 変化ない 何気ない 日常生活 だけど ひとときの     安らぎがある やっと 気づかされた ようで・・・・   秋の夜長 小窓を開けて  何故だか  眺めてもいるけど〜 [続きを読む]
  • 〜雨の窓辺で〜
  •           いまは  雨音だけが 聴こえて来る窓辺 薄黒い灰色で 塗られたような空が 山並みを隠して 広がり もう しばらくは 止みそうにない雨   待っていても 何も 始まらないから 木斛の小葉 ほんの小さな 水晶の珠 雨の雫とお喋り 見上げても 見つめても つぶらな 可愛い珠は 落ちたり  落とされたり 転がされ ひっつき また 落ちての 繰り返しで    それでも 束の間    白い [続きを読む]
  • 〜まだ、空を眺めて〜
  •       まだ 眺めている まだ どうにもならない  なのに  いつもの 曇り空に 大きな 溜め息  あんなに 待ち望んでいた雨 乾いた地 樹木 草木を 潤して欲しかったけど たたみつけるように 激しく いつまでも 降られたら また 何処かで 泣く人が出来る もう いい加減に  止んで欲しいけど 勝手な 言いぐさに 雨が怒って 降らしているようで… 止まない 止みそうにない 陽射しを望めない 藍 [続きを読む]
  • 〜いつもと違う雨〜
  •       いつもと違う 何かが違う 朝 灰色で染めつくした天は 静やかに 雨を降らし 梢の雫が 透き通った  水晶のような珠が 僅かに  光って 輝いても 濡れた葉が 緑で 光らせ 輝いても 何かが違う  この空が  何処までも続くから 遠くの 地震の被災地 どんな想いで 雨を眺めているのか もう 秋色で 何もかもが 少しづつ 変わり始め 山並み 田園 野道 小川 息づいていたけど  突然に襲っ [続きを読む]
  • 〜秋の気配に〜
  •        いつの間にか 庭の樹木が 色づき始め 少しづつ 黄色や薄茶 赤茶に 変身しょうとしている どうしたい どうなりたい 今朝は すっかり 秋風に吹かれているよう そよぐような 仕種で 冷気に驚かされ 揺れているのか 季節の恵みを受けて 緑葉が秋色で染まっても その後は 枯れ葉色で 寂しさを演出しながら 舞い落ちる 草木も 野花も 小鳥も 虫たちも もうすぐ 乾いた風から 涼風のなかへ 仲 [続きを読む]
  • 〜先程、北海道で地震発生〜
  •        何気なく 夜中に画面の スイッチを入れたら   大型最強台風のあとは 北海道の地震の発生だった いま この時間  停電した暗闇の中で 大変なことが 起こっているのに 何も わからない   不気味な 時間の流れ  助けを求めている人が居る 余震が頻回におこる 停電で情報が分かりにくい  何も出来ない もどかしさ 画面のニュースを 遠くから  眺めているだけ  停電 道路亀裂、陥没 家屋 [続きを読む]
  • 〜台風の去った後に〜
  •         何処かへ  昨日の大嵐が  去ってしまい 窓辺には 待っていたように 大空が 遠くまで広がり 透き通るような 青さが目に染みて 眩しいほどの 陽射しが揺れる 秋の虫だろうか  怖かった日を 忘れたように 涼やかな声で 鳴いている 風に吹かれて  飛び交った枯れ葉が 重なり合い 固まり 散らばって  クルクル パラパラ カラカラ  舞いながら  飛びながら 落ち着く場所を 捜して 庭 [続きを読む]
  • 〜だから風〜
  •        木立ちに留まる 風が好き 流れる雲を追いかける 風が好き 陽だまりを遠慮している 風が好き 待っても届かない気配の 風が好き いつでも 何処でも 自分のペースを 守り 動じず 揺るがない  最強で 細心で 平常で 誰をも寄せ付けない 思い通りにさせない その 強さが好き だけど  吹いて欲しくても どうにもならず ひとたび 暴れ出すと 手が付けられない 凄さに 怯えたり 嫌いになった [続きを読む]
  • 〜いつか・・・〜
  •        いつか… ”いつか”の言葉に ただ ひとことに 何かが 隠されている 何かが 潜んでいる ひたすら ただ ひたすら 待っていた から いつか… そのあと そのあとを 息を凝らして 聴いている  ほら 木立の合間 僅かな 陽だまり 僅かに 陽炎みたいに 揺れながら 風が 通りぬけ わずかな ほんの小さな 吐息が 行き場を無くし 飲み込まれて  いつか… 漂うように 言葉が 響いて 消え [続きを読む]
  • 〜心のバロメーター〜
  •         いつもの朝は 珈琲タイムから始まる しっかりと 目覚めたい訳ではない 淹れたての 香り ほろ苦さ 旨み が 何となくスッキリ シャキっと 出来る いいえ  そうではなく 気持ちが 落ち着く 気持ちが 穏やかで いられる 不思議さが気にいって…  飲まない日は  からだが受け付けない 病んだ日かな?  それと 辛いことがあると 飲めないから 心のバロメーターになっている これから始ま [続きを読む]
  • 〜咲かない向日葵〜
  •           いつもの野道に  いつものように 咲いている  向日葵に会えない  どうしたのか 何故なのか  野草に 聞いてみたけど  わからなて 空を見上げる  あまりにも   乾いた熱さに  太陽を追いかけられない  それとも  季節を違えたのか  季節を変えるのか  真夏の陽射しが 似合って  熱さに 強くて  雨も 風も 雲も 仲良しで  誰からも好かれる 強い花が  今年は咲かない [続きを読む]
  • 〜窓辺の碧空〜
  •      何かを 表現したいと 心を 覗いて見ても 何故だか 何も 伝えるものがなくて ふと 窓辺で 遠くの 碧空 何処までも 続く 果てしなく 掴めない 無限をみる 刺激がない 湧き出るものがない 高められない 潜むものがない きっと 泣き言では 碧空は掴めない 窓を開けて 何かを 届けられると 澄んだ空に 思いっきり 話しかけて 永遠を感じたら 何かが 始まるのか  留まってばかりの 足踏みば [続きを読む]
  • 〜その人の恋(どうにかしたい)〜
  •               その人は   まだ恋している  報われないのに 恋している  ”何時かは”と想い続け  ”何時かは”のなかに わずかな  ほんの わずかな希望、期待?を  抱いている    どうしたいのか  どうしたらいいのか  解かっていて   何も出来ないから  何もしないから  見ていて 歯痒い    その人は きっと  純粋で 臆病で 怖がり  想いを 受け身だけで   冒険が [続きを読む]
  • 〜チョッと愚痴かな?〜
  •         チョッとだけ 夏休みの わたしのブログ マイページ マイハート 変化のない 平凡な生活だから  それとも  思いのほか暑くて 気が乗らないから 書けない? いいえ  感情も 気持ちも  抑揚が 起伏が 緊張が 無いから 起こらないから と 言うより 書けない時がある どうしても どうなっても…  書けない だから 休んでみたけど 誰も その訳を聴いてくれなくて 何だか 愚痴ってる  [続きを読む]
  • 〜心の窓〜
  •             何もしたくない  何も考えられない  そんなとき   そっと窓辺で 空を見上げる  誰かが”心に空がある”と  言ったから  気持ちを問うてみたけど  何処に潜んでいるのか  何処に隠れているのか  わからない  だから   あの 碧空   いつもより 青くて 蒼い天  雲も 風も 陽も 雨も 誰でも  どんなときも   寛大さ 優しさで  受け入れる  見守ってくれるから [続きを読む]
  • 〜夕焼け色の空〜
  •               あまりにも 幻想的で 現実とは思えないほどの 瀬戸内の夕景 散歩道から 何を伝えられるだろう   オレンジ色で薄く塗られた空 幾重にも色を重ねながら 雲が 夕焼け色に染まっていき 雲間の蒼空 何とも言い表せないグラデーションに 圧倒させられてしまう  いつの間にか 夕日は沈んでしまい 隠したのか 遠くで 山並みが邪魔をして もう 何も見えない   ただ  白い月も 星も [続きを読む]
  • 〜秋風を追いかけて〜
  •        何処ともなく  秋風が吹いて 焼けつく熱さの 季節が 変わろうとしている 昨夜の窓辺 珍しく  鈴虫だろうか 騒がしく 鳴いて 何か 居場所を アピールしているよう もう 庭の蝉は 遠慮して 退散かどうか  わからない  柔らかな涼に 魅かれてしまう ほら 今朝は とっておきの青空  ふんわり雲が浮かんで 吐息が透き通って 誰かが呼んでいる けや木の 枝垂れるような葉も 木斛の 小さ [続きを読む]
  • 〜膝が泣いている〜
  •         確かに  きっと 何故だか 膝が泣いている  長年 こっき使い ケアもせず ほっときぱなしで  今になって 痛くて 歩きにくいだ何て  誰が言っているの? 老化現象か なるべくして痛めたのか わからないけど 最近とても 歩きにくい 歩けない 以前まで 膝が調子悪くなる  などと 想像もしてなかったけど 確実に ゆっくり 標的で やっぱり 痛めてしまった ようだ  歩きにくい 曲げら [続きを読む]
  • 〜今朝の窓辺〜
  •        今朝の窓辺 名前はわからないけど 小鳥が大声あげて 珍しく 鳴いているから 蝉が 遠慮したのか それとも まだ目覚めてないのか いつもの 鳴き声がまだ 聴こえて来ない  昨日 台風の影響で雨が 激しく降ったのに もう  雲間に青空が覗いて 今日の暑さ  暗示している  お盆も終わり 少しだけ 気が抜けてしまい 淹れたての珈琲 静かに飲みながら 柔らかな味に ホッとする ひととき  庭 [続きを読む]
  • 〜風にひとり〜
  •        風に吹かれて 風のなかに...いるけど 触れている 確かめている だけで つかまえられない つかめない  そよぐ 風なのか ただの 吐息なのか 流れる 空気のようなものか わからない 確かに 風が吹いて 誰かに 呼ばれている 確かめられなくて 風に聴いてみる だから 風 風に吹かれながら いつも 彷徨って 迷い道 とてつもなく 巨大な 抵抗出来ない 反抗すらもない 言いなりしかない 逸れ [続きを読む]
  • 〜束の間の雨〜
  •           いつの間に降り始めたのか  思わぬ雨は 久しぶりの贈り物   窓際で 煩く鳴いていた蝉も 今朝は ゆっくり雨宿りで 声が聴こえて来ない 庭の樹木も 小枝も 緑葉も 花壇の草花も 植木も みんな 雨の雫を待っていた 焼けつくような熱さ 陽射し 乾いた風に  悲鳴を上げていた矢先で 我慢の限界だったから  なのに どうしたの? もう 蝉が鳴き始めて 止んでしまったようだ  束の間  [続きを読む]