ただやす さん プロフィール

  •  
ただやすさん: HIVとともに生きていく
ハンドル名ただやす さん
ブログタイトルHIVとともに生きていく
ブログURLhttps://ta-tan88.muragon.com/
サイト紹介文2015年7月HIVキャリアとなる。経緯や不安、悩み、苦しみ、覚悟、また普段の生活を含め書き綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/07/21 23:24

ただやす さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 再チャレンジ
  • ゲイでHIVの自助グループの交流会に参加したことがある。このブログでも書いたと思うが、参加していろいろ他の方の話が聞けたのはよかったが、個々に話すことはできなかった。 交流会にいつも参加している顔なじみの方やわたしと同じ新規参加の人もいた。しかしわたしの住んでいる県からの参加はわたし一人だけであった。 わたしが人見知りする性格もあるのだが、参加した回の交流会は、わたし達の話し合った後に、拠点病院で [続きを読む]
  • 理想と現実②
  • 二人目は60代と一回り以上上の方と会ってみた。若いときは年上の方とお付き合いしたこともありますが、27,8歳過ぎてからは、あまり年上にはいい思い出はなく、不安はありましたが、彼氏として付き合うわけではなく、仲間としてならと思い、会ってみました。 相手の方は大阪だったで、食事をするなら都会の方がたくさんあるし、便利だしと思い、わたしが大阪に行くことにした。何を食べるかは、事前にメールで決めていたので [続きを読む]
  • 理想と現実①
  • ゲイでHIVの方と2名ほどあったことがある。ゲイでHIVの出会いサイトであったんだが、わたしは、ゲイのHIVで誰にも言えない環境の方とつながり、相談したり、アドバイスしたり、一緒に考えたり、時には食事を楽しみ、お酒も飲んだりし食事会的なことを楽しんだり、また困ったときは、自分のできる範囲で助けあえる、そういう付き合いができ、将来に向け(じいさんになっても)孤独、孤立化しないよう生活できることが理想 [続きを読む]
  • やっぱり障害者なんだ。
  • HIVに感染し私は身体障碍者4級となった。しかし定期的に受診し、薬さえ飲んでいれば、特に体調に問題なく、普通の生活ができている。今は6月の職場の健康診断のためにウオーキングや軽いランニングもして、ダイエットしているくらいで、普段の生活の中では自分が障害者なんて思うことはあまりない。 毎年相方の誕生日祝いとして、飛行機を利用し毎年1回は遠くへ2泊から3泊の旅行に行っている。相方が沖縄好きであったので [続きを読む]
  • つながること
  • わたしは福祉の仕事をしている関係で、地域のネットワーク会議というものに参加している。 そこでは、地域で暮らしている方で、生活困窮に陥っている人、引きこもりの人がいる家庭、孤立している家などの支援について話あっている。 その方々に多く共通しているのが、人とのつながりが少ない事。その地区でも孤立している人が多い。俺の住んでいる田舎でも孤立している方がいるなら、都会ならもっといると思う。 人が生きていく [続きを読む]
  • なかなかできないんですね。
  • 俺がブログをはじめたわけは、自己紹介にかいているんですが、つながりたいから。 俺の下手な文章でも読んでくれている人いるのは非常にうれしいことなんですが、なかなかつながることは難しいですね。 最初は毎日のようにい書いていたんですが、俺の考えに対して批判するような内容のブログを書いてた人がいたので、書いていたことをすべて削除。しばらく書くのをやめました。 その時、数人から励ましの言葉いただきました。本 [続きを読む]
  • あれから3年
  • ゴールデンウィークももう終盤。俺は相方と会って一緒にご飯食べて、テレビ見てゴロゴロ。相方と合わないときはパチンコ(基本負けるのでやめたい)。カレンダー通りの休みではあるが、俺は土日は事務所の当番を交代でするので、仕事の日もある。 連休すべてが休みではない。まあお金使わずに済むし、土日出勤すると、手当もらうか、平日休みをもらうかになる。俺にとっては都合がいい。受診は平日なので、有給をもらわずにすむ。 [続きを読む]
  • 2017年をふりかえり
  • 2017年は、自分の入院、手術、相方の入院、手術、給与の改正で収入減、と前半にいろいろな事が重なった。その中で一番は相方の脳神経の腫瘍の入院、手術だ。 俺の手術より何倍も大変な大手術。今も傷跡が痛々しい。手術の日仕事終わったらすぐ駆け付けたかったけど、ゲイカップル、カミングアウトもしてないし、行けっこない。 相方から連絡が来るまでは、仕事もなかなか手につかない。連絡くれたのは翌日だったけど、無事が [続きを読む]
  • 副作用
  • 調剤薬局から金曜日に薬が届き、日曜日からゲンボイヤを飲み始めた。40パーセントの人に副作用があると書いていたので、不安な気持ちで飲み始めた。 日曜日は時に何もなかったので、まあ大丈夫かと思っていた。二日目昼食から少しムカムカした感じ。食事も特に問題なく食べられた。けどやはりその後も少しムカムカする感じがする。副作用が現れたかな?って感じ。夕食もムカムカし、いつもより食欲もない感じ。まあ耐えられない [続きを読む]
  • 薬をかえ、少し後悔かな?
  • 本当は退院の後、相方の病気がわかって、入院、手術があったのでそのことを書きたかったのですが、今日病院の受診で薬を変えたのでそのことを少し書きたいと思います。 今俺の薬は、アイセントレスとツルバダで、アイセントレスは朝、夜二回、ツルバダは寝る前に一回計3回も服薬しなきゃいけない。一日3回となると、今まで飲み忘れが2回、時間がずれる(1時間から3時間)ことは、今までに何度もある。一番困るのは、職場の人 [続きを読む]
  • はずかしい
  • 手術後から看護師(女性)が痛みの確認やバイタル測定に二時間おきに来る。夜中もう朝方だったが、「○○さん、術後から尿が出ていないですが、出ませんか?」と聞かれた。 そういえばずっと点滴しているので、尿意が出てもいいが、お腹が痛いのとお腹に力がはいらないしそんなにしたいとは感じない。でも何か溜まっているいるような、溜まっていないようなよくわからない感覚。トイレに行ってみようかと思うが、痛みで腹に力が入 [続きを読む]
  • 激痛
  • いよいよ19時から手術。しかし心配だったのがクスリ。俺は朝8時、20時、寝る前の三回飲まなくてはいけない。ちょうど薬が飲めないのだ。薬の件を、消化器外科の先生が、俺の主治医に聞いたところ、薬は少し早くても大丈夫で、寝る前のも先に一緒に飲んでもいいとのことだったそうだ。その上、まあ2,3日クスリ飲まなくても〇〇先生大丈夫だと言ってたんで、心配ないとのこと。 心の中で俺は、えっ、そうなの?その程度では [続きを読む]
  • 手術の準備
  • 手術は、腹腔鏡手術でおこなわれる。最近はメスを入れず腹腔鏡が多いみたいだ。しかし大きければ取れないので、その時はメスを入れるとのこと。手術自体は一時間程度で終わる予定とのこと。手術室の予定で俺の手術は19時ころからの予定。 手術まで3時間あるので、家に帰って準備する予定にしていたが、結局手術のために、心電図をとったり、肺活量を調べたり、また手術一時間前から点滴をしなければならないようで、家に帰るの [続きを読む]
  • 即入院
  • 「今日入院になると思うよ。盲腸で結構大きいから、ちょっと前からなってたはずですよ。」主治医は血液内科だから、詳しくは消化器外科で診てもらってから、手術や入院の相談となった。 俺は驚きで、まさか入院、その上手術までするかもしれないなんて、マジどうしよーって感じで消化器外科の先生の診察をまった。でも今回の受診で一昨年の40度の熱の原因がわかったのはよかった。一時間まってようやく診察。 画像を見た先生は [続きを読む]
  • お腹の張り
  • 1月31日夜お腹に軽い張りが出てきた。まあ以前から時々あったので、ガスが出ればすっきりするだろうと寝た。翌朝もお腹の張りで目が覚める。その時ふと40・8度熱が出た時を思い出した。あの時と同じ症状。これはもしかしてまた40度の熱がでるのかと不安がよぎる。でも張りはあるが、高熱が出た時のお腹の張りに比べると大したことなかったのでそのまま出勤。しかし午後になり、お腹の張りがひどくなってきた。微熱があるか [続きを読む]
  • 久しぶりに
  • かなり御無沙汰です。一年以上も書いてなかったですね。 2016年6月から服薬開始となりました。免疫も普通の方と変わらずありましたが、 先生から、免疫がしっかりある時から開始したほうが予後が良い話があり、俺もネット情報や自助グループのメンバーの方からも、早いほうがいいといわれていたので、2月引っ越しと同時に障害者手帳や更生医療の申請等おこない、5月に準備がすべて整い、6月から服用となりました。 最初 [続きを読む]
  • 過去の記事 …