向田 恭平 さん プロフィール

  •  
向田 恭平さん: 司法書士 講師 ブログ 向田恭平の「勇往邁進」
ハンドル名向田 恭平 さん
ブログタイトル司法書士 講師 ブログ 向田恭平の「勇往邁進」
ブログURLhttp://mukaida.seesaa.net/
サイト紹介文司法書士ハイブリッド合格塾 講師 向田恭平の受験生応援ブログ。受験情報、実務情報を更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/07/23 13:14

向田 恭平 さんのブログ記事

  • 合格者の方へおススメのイベント2つ
  • 合格した方へ改めておめでとうございます!今後やるべきことをいくつか挙げます・家族などのお世話になった方への連絡 ⇒周りの人からはなかなか連絡しにくいので  良いタイミングですので連絡してみてください。  今後,1人の専門家としてやっていくならば  独立するしないに関わらずしておいた方が  良いです。・口述模試の申込み または対策テキストの取得 ⇒不安であれば受けても良いですが  正直受けなくても良 [続きを読む]
  • 試験お疲れ様でした。本試験雑感(基準点予想含む)
  • 本試験お疲れ様でした。早い梅雨明けの言葉通りの暑い場所が多かったのではないでしょうか。試験が終わって、少しのんびり過ごしているでしょうか。我慢していたワールドカップを観るのも良いでしょうか。飲みに行く気も起きない方パーッと飲んでいる方様々でしょう。私は直ぐに採点をして仕事をして気を紛らわせいていました。ということで、試験に関して少し触れます。あまり試験のことに触れたくない方採点をしばらくしない方は [続きを読む]
  • 午後、最後の勝負
  • 午前の試験お疲れ様でした。主観的には満点のはずです。午後は、時間配分を特に注意しましょう。記述式は、商登法では株主総会の権限なのか、取締役会の権限なのか、公開、非公開なのか。そこは要確認です。不登法は、書き方が分からない場合は飛ばして前に進む判断に迷うときは、その判断が影響しない部分から埋めていくそんなスタンスで進めていきましょう。あとはやるだけです。あがいて、もがいて泥んこになってやっていきまし [続きを読む]
  • 未来予想:本試験後の講評から
  • いよいよ本試験ですね。今までしてきたことを信じて当日力を発揮しましょう。関西の方、特に大阪の方は地震の影響があると思います。なぜ自分だけ。と思う気持ちは分かります。それを含めても、自分の今持っている最大限の力を発揮できることを願っております。さて、時間軸を本試験後に移してみます。 [続きを読む]
  • 継続していくこと
  • 7年あっという間ですね。時間はあっという間に流れていくけど、時間が止まっている人もいる。そんなことを想いながら微力ながら東北での活動を継続しています。続けれられる状況に感謝です。あと3年は続けます。その頃までに次の方に引継いてもらえるように形作ろう。向田恭平 [続きを読む]
  • 講師になろう!講師のススメ2
  • 講師になろう!講師のススメ2今回は「講師のススメ」です。発表後くらいにアップする予定でしたが(^^;受験生で講師を検討している方にはその道もあるんだと選択肢に入れて頂き,試験後にまた読み直してください。合格して講師になりたいと考えている方は,参考にして頂き,とにかく「行動」してみてください。【今回】●講師になるメリット●講師になるには●講師として上手くいくには【次回】●講師のスタイル●講師の報酬等●そ [続きを読む]
  • リスタート
  • 2018年明けましたね。今年も宜しくお願い致します。お休みが短かった方,ほぼなかった方も多かったのではないでしょうか。今年こそは絶対に合格しましょう。今が理想の状態ではなくても今からでも十分間に合います。気持ち新たにリスタートしていきましょう。    [続きを読む]
  • 平成29年度(2017年度)筆記試験合格発表と合格者数等
  • 筆記試験の発表がありました。結果発表に当たって、詳しくはメルマガで送りました。登録者はそちらを読んでおいてください。合格した方おめでとうございます!残念だった方、心中お察しします。どんな結果であれ、冷静ではいられないでしょう。どんな立場でも、今日くらいは、とことん自分の感情に付き合ってあげてください。さて、そんな時ですが、速報値として出しておきます。昨年度の数値はこちらを参照してください。http://m [続きを読む]
  • お疲れ様でした、
  • 本試験お疲れ様でした。択一はどちらも形式、内容共に解きやすかったかと思います。記述式は、考え込まず、手を止めずに最後まで埋めれれば何とかなりそうな問題です。満点というよりも6割の基準点を確保するという意味では。かなり細かい部分があるのでその点を落とすのは仕方ないかと思います。完璧は無理です。ただ、一度考え込むとかなり厳しい判断を求められました。実務をやっている方はなおさらでしょうか。時間の確保が鍵 [続きを読む]