紫苑☆ さん プロフィール

  •  
紫苑☆さん: 苺な彼とビールな僕
ハンドル名紫苑☆ さん
ブログタイトル苺な彼とビールな僕
ブログURLhttp://yukision.blog.fc2.com/
サイト紹介文ホミンに魅せられて、ユノさんとチャンミン2人の甘々な日常を書いていきたいです。R18あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供740回 / 365日(平均14.2回/週) - 参加 2015/07/23 22:45

紫苑☆ さんのブログ記事

  • 僕らの新婚生活 15
  • 〜C side〜「う、わあ/////」「おお、すげーな!!」ホテルに着いた僕達はお祖母様にご挨拶した後チェックインしたわけだけど……これは凄い/////老舗ホテルのスイートなんて見たこともないし、勿論泊まったこともない豪華な家具に囲まれた部屋はベッドルームが2つもあって、バスルームにはガラス張りのシャワールームがあり、奥には広いバスタブがあった「チャンミン見て?バラの花びらじゃね?」バスタブの中には一面の赤いバラ [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 36
  • 〜C side〜ユンホさんに楽屋でいっぱいキスされちゃって凄くドキドキしたのに、今はなんだか胸が痛くて堪らない……綺麗な人だったなノックの音がして入ってきたのはユンホさんと共演予定の女優さんテレビでよく見る人だし、優しそうで柔らかそうで、いい匂いがしてラブコメディだって話してたからきっとキスシーンとかもあるのかも台本は怖くて見せてもらってないけど、あんなに綺麗な人が側にいたら好きになっちゃう、かも思わず [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 14
  • 〜Y side〜「まあまあ、待ってましたよ!!」「ばあちゃん!!」「お祖母様///」ホテルのロビーで迎えてくれたのは嬉しそうに微笑むばあちゃんの姿なんだ、兄さんが相手をしてくれないとかでしょげてるって言っていたのに元気そうじゃないか(笑)俺のことには目にもくれずチャンミンにハグを求めるのはどうかと思うけど、まあ、気に入られてんだから仕方ないか「疲れたでしょう?飛行機は大丈夫だったの?」「あ……はい、よく眠 [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 35
  • 〜Y side〜「失礼します、チョンさんご挨拶に伺いました」そう言って入ってきたのは共演予定の女優のカン・ユリさんだったノックの音が聞こえた瞬間、身を硬くして離れてしまったメガネ君『ぼ、僕トイレ行ってきますね!!//////』慌てて頭を下げるとカンさんと入れ替わるように出て行ってしまった「……あの?お邪魔でした?」「いえ、大丈夫ですよ」「親戚の方とか…?」「はい、今日はスタジオ見学に」「そう、ですか」訝し気に [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 13
  • 〜Cside〜「ユ、ユノのバカ!!/////」「怒んなって、つい……な?」「……も、もう!!/////」どうにか仕事を切り抜けてやっと乗った飛行機、照明が落ちるとユノは僕の体をさわさわと撫で初めてお触り禁止令は1日と持たなかったけど、さすがに出発前は我慢してくれたみたいなのに……飛行機の中でなんて/////流石にズボンのファスナーを下された時は抵抗したけど、ユノに慣らされた体は素直に反応しちゃうし結局はユノの口にその [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 34
  • 〜Cside〜「………んっ……ふ……んん/////」「……チャンミン」「………や/////」楽屋に入るなり蕩けるようなキスをされてしまって、思わず声が漏れてしまう………ユンホさんてば絶対わざとやってるんだから!!/////俳優としては男っぽい役が多くてクールにみえるけど、実はとっても子供っぽい所がある僕が嫌って言うと余計に意地悪してくるから、ほんと困っちゃうんだよねそれにもっと困るのは、僕自身が熱くなる体を持て余しち [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 12
  • 〜Yside〜あいつがそんなことを考えてくれていたなんて思いもしなかった結婚してからというもの、2人で過ごすことが幸せすぎて将来のことなんて考えもなかったのに………1人で悩んでいたなんて先ずは最初に謝らなきゃって思ってたのに、やっぱり先に愛おしさが込み上げてきて抱きしめずにはいられなかった……子供なんていなくても、2人で居られればそれでいいと思っていたけど『ユノに産んであげたいから/////』そんなお前の言葉 [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 33
  • 〜Yside〜「え?親戚の子?」「ああ、テレビ局を見学したいっていうからさ」「ふうん、まあいいけど、あんまり動き回らないようにしてくれよ?」「サンキュー、マネージャー」……本当に急な思いつきだったんだ約束の日に収録が仕事が入って、家で待ってて貰おうかと考えていたけど出待ちに来るんなら中に入れてしまえばいいか、なんてそのぶん二人で過ごせる時間も増えるわけだし….動機は少々不純なものの、戸惑う君を迎えに行っ [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 11
  • 〜Cside〜「ただいま」「…お帰りなさい////」玄関でふわりと抱きしめられて優しいキスが降ってくるいつもと変わらない筈なのに、なんだかユノの様子がおかしいような……?「…ユノ?/////」「ん、腹減った」どうかした?って聞く前にもう一度苦しいほどに抱きしめられてふわりと離される「後で話しあんだ」………話?そんな真剣な目をして見つめられたら心臓が飛び出してしまいそう/////ニッコリと笑ったユノはバスルームへと消 [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 32
  • 〜Cside〜「ほら、チャンミンこっち」「……あ、はい/////」「何?緊張してんの?おいで」ニコニコと手を差し伸べてくれるユンホさん、今僕は正にテレビ局の中にいてな、なんでこんなことになったんだっけ……ユンホさんとお付き合いすることになったものの、その……当たり前に仕事が忙しくて会えなくてそれでもマメにメッセージだけはくれるユンホさんがどんどん好きになっていって/////次の休みには会えるって話してたのに、仕 [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 10
  • 〜Yside〜『もう!!用意が出来ないから旅行まではお触り禁止です!!/////』いよいよ週末に迫った旅行を前にチャンミンから言い渡されたこの言葉!!そんなの絶対我慢できるわけないのに……ここんとこ毎晩のようにあーだこーだと言いながら荷物を詰める姿が可愛くて、つい、ちょっかいをかけてしまっていたからま、当たり前にそれだけじゃ終わらなくて、そのまま襲ってしまったりしてあいつが怒るのも無理ないかな、うん///結婚 [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 31
  • 〜Yside〜「……え?バラエティの収録?」「ああ、この前の反響がすごかったからさ、次のドラマの共演者と一緒に、なかなかいいタイミングだろ?」「次の土曜日、だよな?」「そう、ちょうどオフの日だろ?コーナー的には小さいからそんなにかからない筈だしいいよな?」朝一でマネージャーから言われた収録の話、ちょうどメガネ君と約束をしていたのに……どうしようか彼が酔っ払ってうちに泊まった日から、俺達は付き合うことに [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 9
  • 〜Cside〜あれからバタバタと事が決まって、僕らは来週にはイタリアに旅行に行くことになった旅行期間は十日間、その間店はイェソンさんの知り合いが手伝いに来てくれることになって……ほんとに申し訳ない日替わりのランチメニューだけはあらかた考えてノートに残しておいたし、バイトの子達にも話しておいたから大丈夫だろうユノは仕事をかなり詰めてこなしていたから心配したけど『お前と一緒にいられるなら頑張れるさ』なんて [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 30
  • 〜Cside〜あの日何度もキスをされて、耳元で好きだって囁かれて、なんと僕はユンホさんとお付き合いすることになってしまった……まさか、こんなことが起きるなんて!!帰ってからもふわふわと地に足が着いてない状態で、やっぱり夢かと思ってほっぺを抓ってみたけど痛かったからげ、現実なんだって……!!/////それに、僕の首や胸に残された跡が夢じゃないって教えてくれるわ……ドキドキしてきた/////ユンホさんのことそんな風 [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 8
  • 〜Yside〜とにかくあの日はチャンミンがちゃんと家にいるか不安で仕方なくて……顔を見た途端に求めずにはいられなかったばあちゃん付きの新婚旅行は、なんとミノも同行することがわかって驚いたけどまあ、姉貴が行かないっていうだけまだマシかな(笑)「ほんとは私だって行きたかったのよ〜」「来なくていいっつーの!!」「でも、ばあちゃんは先に行くんだよな、ミノのやつそんなに休めんのか?」「それなら大丈夫、ヒチョルが [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 29
  • 〜Yside〜俺の告白に腰の抜けたチャンミンをバスルームへと追いやって、下着とタオルを用意してリビングへと戻った ………大丈夫だろうか?暫くして水音が聞こえたから安心したのに、今度は洗面所から叫ぶ声が聞こえてきて……全く、メガネ君といると落ち着かないっていうか、ハラハラしっぱなしだな(笑)どうやら俺が首やら胸やらにつけたキスマークに気がついたようで、それから落ち着かせるのが大変だった………ま、叫び声に心 [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 7
  • *少しだけR18です?〜Cside〜『とりあえずチャンミンが食べたい』帰ってくるなり切なそうな瞳でそんな風に呟くなんて、ユノってほんとずるいって思う……/////せっかく用意したご飯も食べないままベッドに連れていかれて雨のように降り注ぐキスにあっという間に僕は蕩かされてしまうんだ「………あ、ユノ………ぁん/////」「ん、ここがいいの?」「………や/////」「嫌じゃないだろ?ちゃんと言って?声も聞かせて?」「………ん [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 28
  • 〜Cside〜『チャンミン、好きだ』朝起きたらユンホさんが隣にいて、驚いてベッドから落っこちてしまって、シーツに包まった僕を抱き締めながらそう言ったやっぱり夢かと思って両頬を抓ってみたけどすごく痛かったから、これってほんとにほんとなんだ/////「とりあえずシャワーでも浴びてきたら?」「……ふぇ?////」「新しい下着出しとくよ」そう言ってバスルームに押し込まれてしまって、僕は呆然とシャワーを浴びているワケだけ [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 6
  • 〜Yside〜ばあちゃんの話を聞いてから心配で堪らなくて、定時のチャイムが鳴ると同時に会社を飛び出した……まさかまた出て行ったんじゃそんなことが頭をよぎって仕事どころじゃなかった繊細に見えて頑固な一面もあるのに、ふとした事でぐるぐると考え込んでしまう所があるから放っておけないっていうか……エントランスからエレベーターに乗り、一応インターホンも押して部屋へと飛び込むと、そこには目を丸くしたお前の姿があっ [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 27
  • 〜Yside〜朝の光の中、眼が覚めると隣で眠るのは愛しいメガネ君の姿じっと見つめると身じろぎして、グーにした手を口元へとやって、これじゃあまるで赤ちゃんじゃないか こんな可愛い寝顔を晒しておいて、どこか妖艶なのはどうしてだろう「………ん」長い睫毛が震えてゆっくりと現れる宝石のような綺麗な瞳まだ焦点が定まらないのか眩しそうに俺を見つめると、恐る恐る指を伸ばして触れてきた「………まだ、夢?////」「夢じゃない [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 5
  • 〜Cside〜『今日は早く帰る』そんなメッセージを見たのは仕事を終わらせてスーパーで買い物をしている時だった ……きっと旅行のことだ////以前お祖母様が僕を訪ねてきて、式のことで色々と言われてプチ家出というか……家に帰らなかったことがあったから、きっと心配して……今日僕の店に来たお祖母様はユノにも話すって言っていたし(笑)あの頃は本当に自分に自信がなくて不安で仕方なかったから、少しの事でぐるぐると考えてし [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 26
  • 〜Cside〜『チャンミン好きだよ』そんな声が聞こえて僕の唇に触れるのは、何……?ちゅっ、ちゅっと音を立てて甘噛みされて、何度も繰り返されるキスに身も心も蕩けてしまいそう………夢、なのかな?今日は確かキュヒョンと飲んでて、ユンホさんの話題になって、それから……「チャンミン?」ゆっくりと目を開くと間近に見えるアーモンドの瞳、ああ、僕の大好きな人////「………夢?」「…ん?」「ユンホしゃんが僕にキス、してる/ [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 4
  • 〜Yside〜仕事中にいきなり訪ねてきたばあちゃんに悪い予感しかしなかったけど、まさか新婚旅行をお膳立てされてしまうなんて結婚式の時だって、ばあちゃんのお陰で色々と揉めたっていうのに!!「ばあちゃん!!また余計なことを!!」「まあ、煩いこと、ちゃんとチャンミンさんにはお話ししてきたのよ」「………はっ!?////」「それに無理じいなんてしてないし、もし良ければってお話ししたの、そうしたらあなたに相談してみる [続きを読む]
  • 僕の彼氏は有名人 25
  • 〜Yside〜「ほら、しっかりして」「……あ、ごめんなしゃい////」「ん、大丈夫だから掴まって?」「はい////」バンビ君が友達と飲みに行ってるってわかってていたのに、呂律の回らない君の声にプツンと何かがキレてしまってこんな風に衝動的に誰かに会いに行くなんて、今までの俺では考えられないのに店の前に車を止めて、顔がわからないようにキャップを深くかぶるとチャンミンのいる席へと足早に向かう友人と名乗るキュヒョンは [続きを読む]
  • 僕らの新婚生活 3
  • 〜Cside〜「………え?旅行、ですか?」「ええそうなの、イタリアに2週間ほど」平日ののんびりとしたランチタイム、突然店に一人で現れたお祖母様に驚いてしまういつもは必ず予約してくださるし、誰かと一緒なのに、こんなことはほんと珍しい何かあったのかと慌てて厨房から挨拶に向かったけど、いつも通りのニコニコとした表情にホッと胸を撫で下ろしたちょうど空いている時間だったし、同じテーブルについてお話をさせて貰ってい [続きを読む]