書優会 さん プロフィール

  •  
書優会さん: 「 書 No.1 グランプリ 」 公式・ブログ
ハンドル名書優会 さん
ブログタイトル「 書 No.1 グランプリ 」 公式・ブログ
ブログURLhttp://shoyukai-blog.jp
サイト紹介文書優会主催「書No.1グランプリ」公式ブログです。
自由文価格・品質 日本一、書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店 株式会社 書優会のブログです。 書道・書道用品・展覧会・書No.1グランプリ作品等、書道に関する様々な情報が満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供422回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2015/07/24 20:21

書優会 さんのブログ記事

  • 【 作品届・予選トーナメント「I」 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 作品届・予選トーナメント「I」 》作品締切・1か月前、本日も作品届、今回は四国より参戦!予選トーナメント「I」にエントリーとなりました。いよいよ折り返しが近づいて来ました「第4回展」!今後の進展が非常に楽しみです。【四国より参戦 】中部・静岡県から、関西飛び越え、四国より参戦いただきました。『東北』 VS 『関東』 VS 『中部』 VS 『四国』地域ブロック毎の対戦も、グラン [続きを読む]
  • 【 グランプリ・作品締切 1か月前 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ・作品・締切1か月前 》時が経つのは刹那の如いよいよ作品締切まで、残り「1か月」となりました。まだまだ余裕有、頑張りましょう!【今年の変更点(アップグレード) 】《 パスワード・設定 》昨年に引き続き、パスワード・ロックの為、「出展した方のみ」全ページ閲覧可能ですが、今展は「歴代入賞者」作品は全作品・オープンします。※年末開催のグランド・チャンピオンシッ [続きを読む]
  • 【 連休業・御連絡 】
  • 【 各種・御案内 】《 連休業・御連絡 》平素は格別の御愛顧を頂戴し、心より御礼申し上げます。4月・5月の休業・連休業の御連絡となります。「 4 月 」30日(月) = 祝日の為、全店休業とさせていただきます。「5月 」3日(木) - 7日(月)黄金週休の為、全店・連休業とさせていただきます。※7日(月) = 土日の振替とさせていただきます。大変御迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。店主敬白 [続きを読む]
  • 【 グランプリ(2018) F・G・H 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ(2018) F・G・H 》本日も3名の方が出展となり、3箇所の予選・エントリーが確定。「福島県」・「東京都」・「茨城県」※ 届 順予選トーナメント「F」・「G」・「H」折り返し「予選・L」も少しずつ近づいております。【予選トーナメント・エントリー折り返し 】予選トーナメント・「L 」で折り返しますが、次は「A-2」ではなく、「A-8」へと進みます。昨年の様に、空いて同社 [続きを読む]
  • 【 グランプリ(2018) 4-5点目作品 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ(2018) 4-5点目 予選トーナメント・D-E 》【本日作品届・2書体 】本日、静岡県よりエントリー、同じ方の「漢字作品」・「調和体作品」です。書体別 = 御一人・3点まで出展可の為、2点エントリーとなりました。従来通り、4点目・5点目となりますので、予選トーナメント「D」・「E」へと入ります。※これで一連の流れが御理解いただけたかと思います。全員公表して行く訳には行 [続きを読む]
  • 【 グランプリ(2018) 3点目・予選-C 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ(2018) 作品2点目・予選-C 》続いて、3点目作品・届きました。※今回 = 「東京都」の為、地図塗り潰しは無3点目 = C-1へとエントリー。※4点目 = D-1 5点目 = E-1 へと続く流れとなります。A-1・B-1 同様に、締切までまだまだございますので、出展者名・もう少し秘密です♪初出展の方は未知数の為、皆目見当が付きません。今年も波乱の予感漂う4回展!御期待下さい。 [続きを読む]
  • 【 グランプリ(2018) 2点目・予選-B 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ (2018) 】《 グランプリ(2018) 作品2点目・予選-B 》【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】作品2点目となります。2点目の為、以前の御説明通り、予選・トーナメント「B-1」にエントリーとなりました。《東京に続き、今回 = 福島県から参戦・エントリーです 》【予選・エントリー 】出展作品・1点目が「A-1」の為、今回の2点目は「B-1」に自動エントリー。この流れで、「C-1」・「D-1」にエントリ [続きを読む]
  • 【 グランプリ(2018)・予選トーナメント開始 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ(2018) 予選トーナメント・エントリースタート 》【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】記念すべき「第1点目」作品、本日届きました。作品届開始に伴い、いよいよ予選トーナメント・エントリースタートです!【 今展・第1点目は「東京都」です。 第2回展と同様、東京からエントリー・スタートとなりました】【 御 説 明 】本日より、作品が届き次第、予選トーナメントを作成し [続きを読む]
  • 【 作品締切-2か月前 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ(2018) 作品締切-2か月前 》第4回 書 No.1 グランプリ (2018)作品締切-2か月前となりました。日程的にまだまだ余裕はありますので、頑張って下さい。【サプライズ 】今年も当然サプライズ有その他、ページBGM強化お楽しみに! [続きを読む]
  • 【 グランプリ(2018) 錬成会・最終 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ(2018) 錬成会・最終 》【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】下記、錬成会・最終日程となります。『 4月22日 (日) 』郡山市 桑野公民館福島県郡山市亀田一丁目28-4『4月29日 (日)』いわき市 内郷公民館福島県いわき市内郷綴町榎下40-1【時 間 】午前 9:30 から 午後 4:30 迄※午前中のみ、午後から等々可【料 金】無 料【 参 加 資 格 】グランプリ出場の方【内 [続きを読む]
  • 【 グランプリ・錬成会 (03-11) 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ・錬成会 (いわき市・03-11) 》グランプリ第4回展・2018用 錬成会終了しました。いわき市・郡山市 初合流にて、濃密なる錬成会となりました。皆様、お疲れ様でした。【 感 想 】今までの何十年は何だったのか・・・これ程嬉しい御言葉を頂戴すると、錬成会冥利につきます。ありがとうございました。《 次 回 :4月22日 会場 = 郡山市 これで最後となります》グランプリ第一 [続きを読む]
  • 【 3月休業の御連絡 】
  • 【 各種・御案内 】《 3月休業の御連絡 》平素は格別の御愛顧を頂戴し、心より御礼申し上げます。下記、3月・休業の御連絡となります。『 3月21日 (水) 』御彼岸の為、全店休業とさせていただきます。『 3月31日(土) 』展覧会の為、全店・臨時休業とさせていただきます。何卒、宜しくお願い申し上げます。株式会社 書優会・いわき本店 [続きを読む]
  • 【 全面浮出・3D 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《 全面浮出・3D 》※旧削除記事、再掲・改定版随分前に、書でも3Dは可能と記載した事があります。それから数か月、グランプリ出展作品として、飛び込みで届いた作品は全面浮出・3Dの様。様々な事象が融合した事による揮毫(産物)。衝撃のグランプリ・デビューから1年後。作者は優勝し、3代目・王者となる。今年も隠れた「真」の逸材が飛び出て来るのか否か。傑物が毎年現れる大会。これが真の書展と言われ [続きを読む]
  • 【 課題 難易度 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《 課 題 難 易 度 》※旧記事・改定版「線質」・「筆法」・「創作」・「墨色」・「トータル・バランス」そして昨年迄の最終課目・課題難易度。作品上昇率の向上に少なからず影響を齎す物で、課題難易度が高ければ高い程、率は当然上がります。《 大字と 多字数揮毫 》一例を挙げれば、大字・多字数揮毫、ともに一長一短は兼備する諸刃の剣。粗が丸見えになり、誤魔化しが効かない大字は大字で難しさが [続きを読む]
  • 【 トータル・バランス 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《 トータル・バランス 》※旧記事・改定版「線質」・「筆法」・「創作」・「墨色」に続き、トータル・バランスです。創作の視点からすれば、自ずと全体構成から目に入ります。それが素晴らしければ、素晴らしい程、駄目だと理解っていても1文字ずつ見てしまう、魅入る程の作品もあります。《文字のみ非ずの全体像 》遠目に見た時に文字もさることながら、余白の美・空間掌握等々、相当なる質を持った佳 [続きを読む]
  • 【 墨 色 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《 墨 色 》※旧記事・改定版線質・筆法・創作と来れば、次は墨色となります。そもそも、墨の色と言う物は黒では無。揮毫する内容・イメージ・字数・使用筆により、墨を変更します。あとは「5段階」での濃・淡のコントロールとなり、濃墨か淡墨かでも作品は180度変わります。一例で挙げれば、漢字作品の中でも一字書等々の大字は墨色変化が顕著であり、1つ1つの線質も当然ながら、墨色変化は最低限度必 [続きを読む]
  • 【 創 作 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《 創 作 》※旧記事・改定版線質・筆法の次は創作。終わりは皆無、臨書で基本を勉強しつつ、応用へと進んで行く事となります。創作は漢字・仮名・調和体と多種多様な表現方法が有、これが正解と言う物も皆無。イメージ・空間・強弱等々を全て含め、1つの作品となりますので、プロローグ・魅場・エピローグと、映画の如く作品を創るイメージも必要となります。今までの基本に、自分の文字を合わせつつ [続きを読む]
  • 【 筆 法 】
  • 【カテゴリー :書 道 】《 筆 法 (用筆法) 》※旧記事・改定版筆法と言っても多種ありますが、そのほとんどは臨書で学びます。【線質】記事との被りも多々ありますが、ここは何故にこうなのかの視点が最重要であり、その場合の筆の角度、側・直の変化が躍動と化します。全ての字構造は、細い線・太い線が有(粗密)。それは側筆・直筆、筆角度の変化で成立されます。筆を立てて書くと言う事は、太い線を引く時に押し潰さなければ [続きを読む]
  • 【 線 質 】
  • 【カテゴリー : 書 道 】《 線 質 》※旧記事・改定版書に於いて、線質は最重要と言っても過言ではない物です。※点・線と言う物は全ての事象に於いても重要の為、書だからと言う訳では無線質は、単に勢い良く引く・書くと言う意味ではなく、遅速軽重を熟慮しながら、そして角度の変化を加算して引く事に本質、意味があります。『 勢線と勢のみの差異 』線を引くと言う事前の「溜」・「反動」・「角度の変化」で、線質は激変 [続きを読む]
  • 【 書作品・墨色変化 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《墨 色 変 化 》※旧記事・改定版作品揮毫での重要素の1つに墨色の変化があります。硯・墨・紙の調和が取れないと、一切効果は発揮されず、ただ黒いだけとなります。何度も記載してますが、ただ黒いだけや、黒いだけの粗粒子・濃墨で書く程度なら、別に墨・墨液を使う必要性は無くなり、ペンキでも可となります。※市販の墨液など、根元が凝固する為、ペンキで書いても大差無。【 順・融 合 】視覚効果 [続きを読む]
  • 【 中 字 仮 名 (旧記事・改定版) 】
  • 【カテゴリー : 書 道】《中字仮名・適合規格 》※旧記事・改定版仮名の規定揮毫は現在では当たり前になっています。しかし仮名専門誌等でない限り、半紙・半懐紙、半切の課題が多く、中字仮名と言う規格が、あまり重要視されている訳ではないようです。半紙や半懐紙から半切に移行、または半切も一緒に書いて行くとなると、細字仮名から大字仮名に飛んでしまう為、中字仮名の存在が希薄となりやすい。半切で文字数を多めに [続きを読む]
  • 【 調和体創作・詩文書 (旧記事・改定版) 】
  • 【 カテゴリー : 書 道 】《調和体創作・詩文書 》※旧記事・改定版漢字揮毫・基本の臨書から、応用である一字書等の創作、次に仮名の基本形である古筆臨書、応用の俳句・和歌等々。ここまで進めば、現在の行き着ける最終形態、調和体創作・詩文書となります。《 全・集大成で揮毫 》最近では調和体・近代詩文書として確立され、揶揄される事なく認知。しかし、上記の段階を一切踏まずしての揮毫が多く、これらが原因として、未 [続きを読む]
  • 【 グランプリ・作品締切-3か月 】
  • 【 第4回 書 No.1 グランプリ(2018) 】《 グランプリ締切 - 3か月 》2月19日(月) 作品締切まであと3か月となりました。※作品締切 = 5月19日(土)3点出展の方は1か月で1点のペースですので、まだ時間的には、多少の余裕はあります。世の中にやって無駄な事など皆無。是非とも頑張って下さい。※漢字・仮名・調和体と、異なる3点は可【 今展・変更点 】『 1 』 予選ブロック撤廃 → 予選トーナメント方式へ※2年に1度・モデルチ [続きを読む]
  • 【 書優会・ブログ 改編中 】
  • 【 各種・御案内 】《 書優会・ブログ 改編中 》先日掲載させていただきました通り、書優会・ブログはグランプリ主体のブログへと改編させていただきます。大好評いただいております用品関係記事は、新・書優会HPに順次掲載させていただきますので、宜しくお願い申し上げます。※HP内・ブログ記事へと掲載致します。【新・書優会 ホームページ】↑ こちらから ↑【当ブログ・カテゴリーも整理済、現在掲載カテゴリーは不変です [続きを読む]