校長室日記(グァテマラ日本人学校) さん プロフィール

  •  
校長室日記(グァテマラ日本人学校)さん: 校長室日記(グァテマラ日本人学校)
ハンドル名校長室日記(グァテマラ日本人学校) さん
ブログタイトル校長室日記(グァテマラ日本人学校)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/director-japon
サイト紹介文校長が見た?グァテマラ日本人学校の様子 ?教育情勢などを随時お届けいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/07/25 06:16

校長室日記(グァテマラ日本人学校) さんのブログ記事

  • 無事に成田(NRT)に到着!
  •  日本時間16日の夕方、AA(アメリカン航空)61便にて無事に日本に到着しました。快適な空の旅。空港では3個のスーツケースを宅急便業者に預けて、石川先生、阿部先生ご夫妻と別れました。全員元気ですのでご安心下さい。 私は、先ほど、品川のホテルにチェックイン。グアテマラ土産はこれしかない?とも言われる“カンペロ(フライドチキン)”を食べながらゆっくりしています(^0^)。 明日のJAL117便で伊丹空港まで飛び、愛す [続きを読む]
  • 2016年(平成28年)度「学校評価」③
  • 5,一人一人が活かされた学級・学校集団づくり ●授業や行事に進んで参加できていますか?《2.77点》  ・授業や行事に対して消極的な児童生徒がいる。  ・児童生徒が意欲を持って取り組むことができる授業の構築を教師側も考えなければいけない。  ・アクティヴラーニングが次期の学習指導要領の目玉。  ・授業と行事を別々に問うと、きっと「行事」は満点だと思います。  ・授業こそ前向きな姿勢で臨んでほしい。 ● [続きを読む]
  • グアテマラ「まほろば」
  •  毛利衛(宇宙飛行士)さんのサイン色紙が1枚、校長室の壁面に掛けてあります。毛利さんのサインは日本でもお馴染みで、“地球まほろば”という言葉が添えられています。かつて宇宙から地球を眺められた時に感じられたこゝろの底からの声なんだと思います。宇宙から見た我々の星には、国境もなければ争いごとも見えない…それはきれいな地球なんでしょうね! このことについて、毛利さんの色紙を見せながら子ども達に話したこと [続きを読む]
  • 2016年(平成28年)度「学校評価」②
  • 3,開かれた特色ある学校づくり ●グァテマラ日本人学校は自慢できる学校だと思いますか?《3.66点》  ・小さな小さな学校ですが、「みんな素直で一生懸命」。私も世界に発信したいです。  ・昔の児童生徒会が決めた「日本の学校に負けない」というスローガンは今も健在。  ・常春で温暖な気候。そこで学べる子ども達は幸せ。 ●授業や行事など、学校生活が思い出に残っていますか?《4点》  ・満点!言うことなし。  [続きを読む]
  • 2016年(平成28年)度「学校評価」①
  •  PTA総会(14日)で本年度の「学校評価」に関するアンケート結果を詳しく説明しますが、ここでは児童生徒の集計を何回かに分けて少しずつ説明しておこうと思います。 このアンケートは全校児童生徒からの回答ですから、アンケートを実施した時点での対象は9名です。従って、「よくできている」(4点)〜「できていない」(1点)までの平均点を書きますが、多くの項目で同じ数値(満点は4点)になっています。1,学校教育目 [続きを読む]
  • ひっそりと咲く ランの花!
  •  常春のシティですから校内は一年中“がっこうきれいに花いっぱい”状態です。学校教育目標に掲げている“かがやき”の「が」は、素晴らしい環境で子ども達を迎えてくれています。 写真のお花は日本では高価な“ラン”です。ひっそりと静かに咲いていたので、私はこっそりとシャッターを押しました。場所は、校門を入って右側、多目的ホールに行く途中の花壇です(2月27日)。このブログをアップする頃には、もうお花は枯れて [続きを読む]
  • 【速報】8日の日記、もう一本!
  • 1)Yukiが見つかりました!  昨日、学校を閉めて帰る時になって…、ウサギのYukiがいないことに気付きました。探しても見つからず、朝、出勤しても依然行方不明。ポリシアのネリさんも「Yukiがいません」。 「学校から外に出たのでは?」「もしそうだったら、どこかの家の食卓かも?」というような話も飛び交いました。その後、小学生の子ども達が、体育倉庫の中にいる彼女を発見! 見つかって本当によかった!よ [続きを読む]
  • うれしいひな祭り
  •  5年生のSさんによる驚きのプレゼンについては5日のブログに書きましたが、その他にも小学2年生が準備をしてきた「ひな祭りゲーム大会?」では、参加者全員がおだいりさんチームVSおひなさんチームに分かれて競い合いました。写真はその一コマです。新聞紙を胸の所にあてて、それを落とさないように会場を一周するというだけのレースですが、これが最高に沸きました。落とさないように…お腹を突き出してゆっくり進んだり、ス [続きを読む]
  • 3月3日は何かが起こる?!
  •  集会がそろそろ終わりに近づいた頃…、テレサさんが私を呼びに来ました。緊急のTELでも入ったのかな…と思いながら、多目的ホールをでると、「火事です」。すぐに2Fに上がってみると、隣接する林が燃えています。火の気もないところなのに…乾燥しているからでしょうが、「(学校の横で火事)こんなのは初めてです」(PTA会長)。 写真でも分かるように、幸いなことに風向きが学校の反対方向に向いていただけでなく、火災に気 [続きを読む]
  • 帰ってきた Yuki!
  •  朝、学校のグランドに赤ちゃん兎がいたのが2月6日。ミステリーな話からちょうど1ヶ月。まだ小さすぎるので、しばらくの間だけSさん宅で生活してた彼女が、学校に戻ってきて18日になります。初めて出会った時よりも一回り以上大きくなって、少しだけ一人前です。だって、先輩ウサギのさくらと同じように、そこらの草をむさぼっているからです。 先月の学習発表会の日も、来校されたみなさんから「かわいい〜!」という声を [続きを読む]
  • ひな祭り集会(3月3日)
  •  3日の6校時は「ひなまつり集会」で楽しみました。参加して下さった保護者の皆さま、ありがとうございました。 上の写真は、5年生のSさんが「ひなまつり」について調べたことをパワーポイントを使って発表をしているところです。スクリーンに映し出されているのがうまく撮れていないのが残念ですが、クイズを交えながら低学年の児童から大人までをグイッと引き込むプレゼンはさすがでした。その中でも、ひな祭りの歌を歌いな [続きを読む]
  • 剣道の達人に学ぶ!
  •  中学生の「体育」で“剣道”の授業が始まりました。写真はその最初の時間の様子です。指導するW教諭は剣道3段の達人ですから子ども達は恵まれています。 現在、日本の中学校では「武道とダンス」が必修になっており、男女共に学んでいます。そのなかで武道は、設備や指導者などの状況を考えて、柔道・剣道・相撲(その他に地域で特徴のある伝統武道も可)の中から各学校で選ぶようになっています。本校では昨年までは“柔道” [続きを読む]
  • 自慢の中学生達!
  •  昨日は学年末考査でした。私が教科担任をしている「数学」のテストは3時間目で、解答用紙を提出した後の3人の様子が印象的でした。頭を使い切ったのか…放心状態? さらに3人の目は、何かを語りかけているようにも見えました。ひょっとしたら…「こんな難しい問題を出して…」という心の底からの訴えだったのかも知れません(^0^)。いや、きっと時間いっぱい頑張った後のすがすがしさだったのだと思っています。 個人的なこ [続きを読む]
  • かしこい子を育てる秘訣
  • モノの本に「子どもが、やる気になるのは、次の六つの場合」というのが載っていました。今よりも若い頃に読んだ本の一冊です。第一:ほめられるとやる気になる第二:面白いとやる気になる第三:やり方が分かるとやる気になる第四:問題を選択できるとやる気になる第五:挑戦したい問題の時にやる気になる第六:はっきり評価、評定されるとやる気になる 本のタイトルは『かしこい子を育てる秘訣12』(騒人社)で、伸びる子の特 [続きを読む]
  • 中米に日本人学校が生まれて40年!
  •  昨日に引き続いて、手元にある40年前の文集『アンティグア』をもとに少し書かせてもらいます。17人(小学生15・中学生2)の子ども達の作品は、創作文や自由詩・読書感想文・旅行記など実に様々。さらに創刊号には、保護者や教師の手記も少し載せられています。 どの作品や文章も力作なのですが、その中から、目を引く(現在の文集では見られない内容)ものを紹介したいと思います。そこには、学校ができた喜びがいっぱい [続きを読む]
  • 発行が待たれる文集『アンディグア』
  •  今日で2月が終わり、明日からは弥生3月。Time flies! を感じる毎日です。学校では3月になると、開校初年度から途切れることなく発行されてきた文集『アンティグア』が完成します。本年度のそれは、グアテマラにみんなの日本人学校ができて40年目ですから第40集という記念文集です。 現在、担当教師が最後の作業をしており、その発行は明日(3月1日)です。なお、今年の文集も去年と同様にCDにおとしたものを児童生徒 [続きを読む]
  • 開校40周年記念文集(記念誌)への寄稿をよろしく!
  • 本年度は、みなさんが親しみ愛してこられたグァテマラ日本人学校が生まれて40年目の節目の年度です。その足跡を振り返るとともに、これからも先も、この地で学ぶ邦人子女を育んでいく素晴らしい日本人学校であるために、『開校40周年記念文集』の作成が始まっています。 みなさんがグアテマラという国やグァテマラ日本人学校に寄せられている想いや感想(特に本校の歴史に関わるようなこと)をどうぞお寄せ下さい。その依頼文 [続きを読む]
  • Practice makes perfect !
  •  校舎の2F、5年生の教室から外を覗くと…、この日は“野球”をやっていました。「あっ!打った!」ランナーは1塁に向かって走っています…。セーフ or アウト? これは中学生の「体育」の授業の様子です。大きな当たりが打てるし、ボールだって上から投げられる…。2人の女子生徒を見ていると、去年よりも数段うまくなっているのが一目瞭然。まさに、Practice makes perfect ! (La práctica hace la perfección!)です。 [続きを読む]
  • 「家庭科」の授業をのぞいてみました!
  •  この日(2/8)の授業は「裁縫」で、ちょうどのぞいた時は“まつり縫い”の練習をしていました。あとで男子生徒に聞くと「ボタン付けもしました。裁縫は好きです」。 大きくなって一人で生活をすることがあるかも知れません。そんな時に、ちょっとした針仕事ができるかできないかとでは大きく違います。きっと彼はかっこいい青年になるんでしょうね。〔2月25日〕  [続きを読む]
  • 本年度のラストラン!
  •  昨日のグアテマラっ子タイムは「マラソン」でした。天気が良くて気温20℃、最高の木曜日になったこの日は本年度最後の“業間マラソンラリー”。K先生とW先生も一緒に5分間走をされました。みんなで走るから「頑張ろう」という気持ちがわいてきて、目標とする距離も苦になりません。 整理運動(下の写真)をしたらいつもの感想タイム。「今日は14周でした。次は15周走りたいです」(小1)という前向きな発言がありました。〔 [続きを読む]
  • 「学年末考査」1週間前!
  •  今の学年を締めくくる「学年末考査」が1週間後に迫ってきました。これは中学生のことですが、小学生も今の学年を修了するのに、まとめのテストがあるはずです。みんな頑張るのだ! さて、中学生達…、テスト勉強は万全ですか? 実は、考査となると先生達も問題の作成で何時間もの時間を費やすんですよ。「授業でやったことが理解で来ているだろうか」「少し応用にチャレンジさせたい」などを考えながら…5教科の先生方はこの [続きを読む]
  • 走る、走る、走る小学生!
  •   ← 写真を (拡大します) 毎朝、スクールハイエースが到着してからの「小学生」は走る!走る! 何故だか分かりません? いつも先頭でハイファイブ(ハイタッチ)を交わす1年生のMくんの元気に続き、5年生のSさんまで例外なく5人が勢いよく「おはようございます!」。 ほんの数秒後…今度は「中学生」が降りてきます。彼(彼女)ら3人は、ゆっくりと歩いてハイファイブ。これも小学生から中学生への成長の過 [続きを読む]
  • ダンボールの中に輝く宝物を発見!
  •  写真は何だか分かりますか? 図工室の片隅にはダンボールやお菓子などが入っていた箱や発泡スチロールなどが所狭しと置いてあります。グアテマラにいると、こういう紙類や箱などは貴重なものですから、日本から届いた荷物の箱も大切に保管するようにしています。 そしてこれらは、小学低学年生の「生活」や「図工」などの授業で使う教材になります。この18日に行った「学習発表会」で使われていた小道具のなかには、この部屋に [続きを読む]
  • 邦楽の夕べ(ご案内)
  • ※保護者の皆様には既にお知らせしている内容です。 邦楽レクチャー・デモンストレーションについて(お知らせ) このことについて、在グアテマラ日本国大使館の担当領事様より案内をいただきましたので、下記によりお知らせ致します。 かねてより、文化・芸術面のイベントを開催されるにあたって、日本人学校に在籍する児童生徒に観賞させていただける機会をうかがっていたところ [続きを読む]