川村一行 さん プロフィール

  •  
川村一行さん: 税理士川村一行事務所Blog
ハンドル名川村一行 さん
ブログタイトル税理士川村一行事務所Blog
ブログURLhttp://kawamurakazuyuki.com
サイト紹介文続けていくために必要なことぜんぶ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/26 07:08

川村一行 さんのブログ記事

  • 【法人税】固定資産の譲渡の場合:収益の計上時期はいつか
  • 同様ですが、限定して細かい規定も。収益の計上時期先日、会社の売上の計上時期はいつになるかという記事を書きました。 【法人税】これっていつの売上?:形態によって売上の計上時期は異なるこれは、固定資産の譲渡であっても同じことが言えます。固定資産を譲渡した場合、その収益の計上時期はいつになるか?です。固定資産の譲渡※固定資産の譲渡とは、固定資産(主に土地や建物、機械、車両など)を売却することを言いま [続きを読む]
  • 【法人税】納税地は:税金を納める場所のこと
  • 実務的には…。納税地納税地とは、文字通り「税金を納める場所」のことです。法人の場合であれば通常、法人(会社)の本店または主たる事務所の所在地が納税地となります。法人税法上の解釈ただ、前述した納税地。法人税法上の解釈でいうと、もう少し意味が広くなります。どういうことかと言うと、法人税法上の納税地は、税金を納めるだけでなく、・申告・申請・請求・届出などを行うためにもある場所。そういった手続きの所轄税務 [続きを読む]
  • 【法人税】法人の事業年度は:人為的に区切られたもの
  • 本来なら必要ありません。事業年度事業年度というのは、いわゆる決算期間のこと。例をあげると、・4月1日から3月31日までの1年間・1月1日から12月31日までの1年間といったようなものを指していいます。日本では、公官庁の「年度」という考え方が浸透しているため、それに合わせた4から3月までの1年間という企業が多いですね。本来なら必要ない実はこの事業年度、本来なら必要のないものです。法人には、個人のように亡くなるという [続きを読む]
  • ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)を体験:服が体に合わせる時代
  • ワクワクします。ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)を体験話題のZOZOSUIT(ゾゾスーツ)を体験してみました。ZOZOSUITとは、ZOZOTOWNを運営する㈱スタートゥデイが提供している採寸ボディスーツです。提供料は、なんと無料(記事掲載時点)。ZOZOTOWNから申し込みをすれば、無料で※送ってもらえます。※ただし、送料200円(同じく記事掲載時点)がかかります。 参考 ZOZOSUIT(採寸ボディスーツ)ZOZOTOWN 服が体に合わせ [続きを読む]
  • 毎日更新しているからこそ:毎日更新にこだわらない
  • ようにしています。毎日更新するブログ2015年6月から更新しているこのブログ。 変なタイミングではじめてもいいんです:ブログはじめました一応、毎日更新を基本にしています。ただ、以前記事にもした通り、毎日更新を続けているのは、少し後ろ向きとも言える理由からです。 ブログ更新1,000日:身についたのは調整力と瞬発力こだわって毎日更新にしている訳ではありません。ちょっとだけ、意地のようなものはありますが [続きを読む]
  • 【法人税】これっていつの売上?:形態によって売上の計上時期は異なる
  • 「引き渡しのあった日」はいつか。売上の計上時期売上の計上時期とはまさに、いつ売上を計上すべきか?ということです。このいつ売上を計上すべきか?問題。そう簡単なことではありません。収益を基に法人税を計算する以上、この売上の計上時期は、大事なポイントになってくるからです。原則は「引き渡しのあった日」売上の計上時期は、原則として、商品や製品を取引相手に引き渡した日になります。つまり「引き渡しのあった日」で [続きを読む]
  • 人格のない社団に:法人税の納税義務はあるか・ないか
  • 課税の対象ではありますが。人格のない社団等人格のない社団とは、多数の者が一定の目的を達成するために結合した団体のうち法人格を有しないもので、単なる個人の集合体でなく、団体としての組織を有して統一された意志の下にその構成員の個性を超越して活動を行うものとされています。なんだかわかりにくいですね^^;これだけではわかりにくいので、例を出すと、・PTA・労働組合・各種同業者団体などなど、人格のない社団は、意外 [続きを読む]
  • 見えている事業の大きさに:儲かってる・儲かってないの原因はない
  • 儲かってますか。儲かってますね!儲かってますね!と言っても、その状態には、様々な見方があります。・お客さんがたくさんいる・大きな事業所がある・従業員が多い・商品がたくさん並んでいる・店舗数が多い・テレビや雑誌などでよく見かける・予約が取れないなどなど、その内容は、見方によって様々。加えて、ほとんどの場合、そういったものの一部だけを捉えて、儲かってる・儲かってないという判断をしていることが多いです。 [続きを読む]
  • それ私ので!:親切もなかなかに難しい
  • ふと思い出したので。それ私ので!高校生の頃「それ私ので!」と叫ばれた経験があります。どういう状況だったかというと、前を走っていた自転車のおばさんのカゴから財布が落ちたので、後ろを走っていた私が自転車を止め、それを拾ったという状況。もちろん、親切心からではあったのですが。親切もなかなかに難しい財布を拾って手渡したときには、「ありがとう」と言われたような言われなかったような…。ただ、こういった経験は、 [続きを読む]
  • 税金を通して世の中を知る:租税教室で高校生に伝えられること
  • 税金そのものも大事ですが。租税教室年に1回ないしは2回、高校生向け租税教室の講師をさせていただいています。税金の役割や必要性を、税理士の立場から伝えるのが私の仕事です。ただ、特にこの時期(夏休み時期)の高校3年生に向けては、より幅広く税金を通して世の中のことを知れるような内容も取り入れています。税金はなぜ必要か?税金はなぜ必要か?というのは、小・中・高、学年を問わず、租税教室を開催するにあたって、必 [続きを読む]
  • 「どうでもいい」が口癖なら:どうせならカッコよく使う
  • 大人も同じです。どうでもええがん「どうでもええがん」とは、岡山弁で「どうでもいい」ということです。この「どうでもええがん」を、子供たちはかなりの頻度で使います。よく見かけるのが、長男が次男に何か言われて「どうでもええがん」と言い放ち、言われた次男が、ちょっとしょぼんとするという構図。ちょっと気にはなるのですが…。問題は使い方「どうでもいい」という口癖はいいとしても、問題はその使い方です。まずは、い [続きを読む]
  • 制度と成果の間にあるもの:コミュニケーションに勝機あり
  • 及ぶところではないなと。制度の説明に終始税理士をはじめ、多くの士業と呼ばれる職業の人々が、制度の中で仕事をしています。各種法律はもちろん、行政上、社会通念的上、慣例上…。世の中には、守るべき多くの制度がありますので^^;そう考えると士業は、やはり制度があるからできる仕事だといえますね。そのため、どうしても制度の説明に終始するということが、起こってしまいます。成果を感じたいでも、ほとんどの人が欲しいの [続きを読む]
  • 面白い人に出会うため:最新学習履歴をせっせと更新する
  • せっせ、せっせ。最終学歴いまだに根強く残っている「最終学歴」という判断基準。色々な見かたはありますが、履歴書やプロフィールに書いてある「最終学歴」を、私は重要視していません。経験上、最終学歴とその人の価値が結びつかないことが多かったからです。特に、経営者の方に限れば、その傾向は顕著。大なり小なり自分の事業を持っている人は、本当に強くて面白い。その方たちが揃って素晴らしい学歴を持っているということは [続きを読む]
  • 説明するのが面倒くさい:その壁を低くするためのブログ
  • 日々の鍛錬と積み重ねです。説明するのが面倒くさい説明するのが面倒くさい。そういったことがあります。説明するぐらいなら、自分でやったほうが早い。わからないことを、わからない人に、わかるように説明するというのは、本当に根気のいることです。説明にも練習が必要ただ、面倒くさいからと、その面倒くさいの壁から逃げ続けることはできません。その面倒くさいは、消えて無くなるものではないからです。いつかは、説明してわ [続きを読む]
  • フリックのみ:iPhoneの細かいけど案外設定していない機能
  • 案外してないかもです。フリック入力フリック入力とは、タッチスクリーン上での入力を素早く行うために、指を滑らせたり弾いたりして行う入力方法のことを言います。スマホでの入力を時間短縮したいなら、必須のスキル。もう説明も不要かもしれませんが^^;例えば文字入力で言うと、「たたかう」と入力したい場合、通常の入力は、「た」を一回「た」を一回「か」を一回「あ」を三回打って「う」にするという方法をとります。これが [続きを読む]
  • 山乗渓谷不動滝:岡山県真庭市のおでかけスポット
  • 涼を求めて。岡山県真庭市のおでかけスポット夏休みということもあるので、私が住む岡山県真庭市のおでかけスポットを紹介してみます。今回紹介するのが山乗渓谷不動滝(やまのりけいこくふどうたき)です。岡山県の一大観光地である蒜山高原。その中でも少しはずれたところにあるのが山乗渓谷不動滝です。自然を直に感じたい方におススメです。山乗渓谷不動滝山乗渓谷不動滝は、蒜山高原の中でも東に位置する旧中和村という地域に [続きを読む]
  • 選んでいるかどうかは:こういったところにも現れる
  • 休みだろうと仕事だろうと。このあと仕事一般によくある「このあと仕事」という状況。休日で、今はその休みを楽しんでいられるけど、このあと仕事があるから…と立ち去っていかなければいけない。そんな状況です。そういったことは、よくあることですよね。休みもとれないの?ただ、この状況。別の見方をすれば、「休みをとることもできないの?」そうとることも、できるでしょう。仕事に戻らなければいけないような状況で、その場 [続きを読む]
  • わからないことはなくしたい:それでもなおやってみないとわからない
  • 進め進め。やってみないとわからないやってみないとわからない。そういったことが、世の中にはたくさんあります。特に、・新しいもの・経験したことがないもの・今までの常識から外れているものそういったものにチャレンジしようとすると、途端にやってみないとわからないことになります。なるべくなくしたいこういったやってみないとわからないことは、なるべくなくしたいものです。特に、新しいものをクライアントさんに導入して [続きを読む]
  • 一番前だと優秀ですか:一番前に座る実はちょっと後ろ向きな理由
  • 褒めれられるとちょっと困ります。いつも一番前・セミナー・研修・保護者会そういった集まりに参加したときはなるべく、一番前に座るようにしています。理由としては、・スライドが見やすい・話が聞きやすい・質問がしやすいそうったこともありますが、そういう理由ばかりで、一番前に座るようにしている訳ではありません。その理由は、実はちょっと後ろ向きです。迷っている時間がもったいないせっかく参加したセミナーや研修会。 [続きを読む]
  • 見て学べ言わなくてもわかるは:子育ての世界では通用しない
  • 背中を見てれば。見て学べ見て学べ。言わなくてもわかる。これは、優秀な職人の育成方法として、未だ有効な方法のひとつであることに間違いありません。ただ、子育ての世界では通用しないというのが、実感です。やり方知らんしこの見て学べについては「やり方知らんし」というのが、子供の意見です。だから見とけってとなるのですが…。見ているようで見ていないのか。それともハナから見る気がないのか。見て学べでやれることは、 [続きを読む]
  • 本を読む醍醐味は:作者との対話にある
  • そう感じています。本を読むビジネス書を中心に、一日一冊のペースで本を読んでいます。最初は、これも仕事の一部だと考えていましたが、今ではもう生活の一部。読まないと落ち着かないぐらいになっています。それほどに本を読むことは止められないのですが、本を読む面白さ、醍醐味はここにあるのでは?と感じていることがあります。醍醐味は作者との対話・自己啓発・実務スキル・デザイン・戦略・マーケティング・会計・税務主に [続きを読む]
  • 複数の銀行と付き合う:1よりも2、2よりも3がいい理由
  • 比べることが欠かせません。銀行とのお付き合い規模の大小に関係なく、経営をしていれば必要になってくるのが銀行とのお付き合いです。このお付き合い。最初から複数の銀行とお付き合いするという方は少数です。地方であれば特に、地域最大手の地銀(地方銀行)一択という方も、少なくありません。これには、メリット・デメリットの両面がありますが、やはりこちらのほうが大きいように感じます。デメリットが大きい私のフィールド [続きを読む]
  • フォルダ内を整理:ファイルが並んでくれる順番
  • 順番があります。デジタルベース紙ベースではなく、デジタルベースにすると、大量のデータを保存できるようになります。さらに、それらが物理的に邪魔になることもないともなると…。その分、気軽に保存できたり、ファイルを作成したりすることができるということですね。ただ、たくさんのデータやファイルをつくると、同時にこういったことも起こります。ファイルが大量に前述したように、気軽に保存できたり、ファイルを作成でき [続きを読む]