現代を切る 英宰相チャーチルからの批評 さん プロフィール

  •  
現代を切る 英宰相チャーチルからの批評さん: 現代を切る 英宰相チャーチルからの批評
ハンドル名現代を切る 英宰相チャーチルからの批評 さん
ブログタイトル現代を切る 英宰相チャーチルからの批評
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/horifaxch
サイト紹介文退職から9年余。ブログを始めて5年弱。私見を読んでくださった読者の皆様に心から感謝します。
自由文ポピュリスト政治家が日本を席巻する今こそ、われわれはチャーチルの生き方を学ばなければならない
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/07/27 10:05

現代を切る 英宰相チャーチルからの批評 さんのブログ記事

  • 日本の人口減少と将来   われわれは自身で将来を決めなければならない
  •  「日本は大国であることをあきらめてしまった」。朝日新聞の編集委員、大野博人氏が執筆した「日曜に思う」で、フランスの歴史学者、人類学者のエマニュエル・トッド氏(66)のこの言葉を紹介している。興味深い記事だった。トッド氏は新著「私たちはいったいどこへいくのか 人類史の素描」(邦訳は来年、文藝春秋社から刊行予定)の中にこう書いているという。 「日本は、人口動態問題を解決するのに大規模な移民に頼ること [続きを読む]
  • 英国人は紅茶好き?   事実は違うんだって!
  •  「この調査は、われわれが長い間、ほんのちょっぴり信じていたことを粉々に砕いてしまった。2017年は本当に最悪の年だと強く思います」ー。 英国人は紅茶よりコーヒーを好むとの調査結果を、9月29日付タブロイド紙「メトロ」が報じた。無料の同紙はコーヒー・シロップメーカー「モーニン」が最近調査した結果を掲載。「モーニン」は、英国人1500人に「好きなホット・ドリンクは何か」を尋ねたところ、61%の英国人 [続きを読む]
  • 英国の登山家のカトマンズ探訪を読む   思い出すネパール人との思い出
  •  一人の英国の登山家にとって、秘境ネパールの首都カトマンズは時が移り変わっても、目もくらむほど素晴らしい町だという。彼の記憶はいつも生き生きとよみがえり、心温まるものになる。 この登山家はクリス・ボニントン氏。生涯でヒマラヤに19回遠征し、遠征隊長としてイギリス隊のエベレスト南西壁初登攀やアンナプルナ南壁初登攀を成功に導いた。現在83歳で、この功績を認められ、サーの称号を得ている。 彼にとりカトマ [続きを読む]
  • 惨敗の希望の党への批判   移り気な大衆とポピュリスト政治家
  •   総選挙から1日。「希望の党」へのバッシングはとどまるところを知らない。分裂した民進党の地方組織では、落胆や憤りの声が広がる。「民進党」から出馬予定だったが、「希望の党」から出馬して落選した元議員や立候補者は多い。 落選した移籍組は「希望の党は絶望の党」と批判し、民進党の希望の党への合流を決めた前原氏に対し「罪は大きい」と叫ぶ。 6選を目指し、希望公認で山形2区に立った近藤洋介氏は22日夜、小選 [続きを読む]
  • 安倍首相が驚くほどの自民の大勝   衆院選に思う
  •   衆院選が終わり、ふたを開けてみれば、安倍晋三首相が驚くほどの自民の大勝だった。22日深夜から23日未明にかけて党本部で二階俊博幹事長らと開票状況を見守った首相は「こんなにいくとは思わなかった」と語ったという。自民党は、少なくとも283議席を確保。「一票の格差」是正などで定数が10削減されたため、議席占有率では公示前(284議席)を上回った。 まずは安倍首相と自民党にお祝いを述べたいと思う。民主 [続きを読む]
  • 外国人が住むのに、世界中で最も居心地が良い国   BBC放送が伝える
  •  「この5カ国は、外国人を温かく歓迎し、ヘルプの手と優しい微笑みを見せてくれる」  英国の公共放送「BBC」はこう報じている。残念ながら日本は入っていない。私は一人の日本人として、「おかしいじゃないか」と「BBC」に抗議したくなるが、続けてこう述べている。 「外国に住み、その国の生活に合わせようと努力する多くの異邦人にとって、その国の人々と友人になることほど心の安らぎはない。しかし多種多様な文化と [続きを読む]
  • 政治家は批判を歓迎しなければならない 明日の選挙を控えて 勉強会での結論
  •  政治家は批判に弱いし、有権者も国内外の危機が迫っているのに、現状維持に汲々としている。これからどうなるのかね。日本の将来は闇だな。 私は昨日、3カ月に一度開かれる異業種勉強会に出席した。当然、明日投開票される総選挙が話題になった。われわれの会は10人弱の小さな勉強会。保守派を自認する集まりだ。60歳以上の現役が多数を占め、私を含め2人が年金暮らしだ。 われわれの心の師である英国の名宰相ウィンスト [続きを読む]
  • 世界の5大長寿国はどこ? そしてなぜ?    英国のBBC放送が紹介
  •   「世界中で最も長生きする5カ国の人々」を英国公共放送「BBC」は紹介している。「これらの国では、人々は世界の平均寿命よりかなり長命であり、その国の人々は、長命につながる元気の源なる秘密がある」。「BBC」はこう話す。 「BBC」によれば、世界の平均寿命は71歳だという。これは「世界幸福度報告(World Happiness Report)」(註)を参考にしている。  「BBC」は「世界幸福度報告」を引用し、世界5大 [続きを読む]