静岡県社会保険指導協会 さん プロフィール

  •  
静岡県社会保険指導協会さん: 静岡県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名静岡県社会保険指導協会 さん
ブログタイトル静岡県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/shizuokakyouka/
サイト紹介文静岡県社会保険指導協会のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/07/27 14:55

静岡県社会保険指導協会 さんのブログ記事

  • 社会保険料の給与への反映月ついて
  • 静岡県社会保険指導協会です。今回は「社会保険料の給与への反映月」についてご説明致します。健康保険・厚生年金保険料は標準報酬月額によって決められ、月を単位として計算します。資格を取得した日から、喪失した日の属する月の前月まで負担します。月の途中での入退社があっても、日割計算はありません。 例えば、月末の入社でその月は1日の加入期間しかなくても、1か月分を納める必要があります。通常、入社日が資格取得日 [続きを読む]
  • 年少者の雇用について
  • 静岡県社会保険指導協会です。今回は「年少者の雇用」についてご説明致します。民法法労働基準法では、20歳未満の者を年齢によって下記の3つに区分し、それぞれに対して様々な保護規定を設けています。満20歳未満の者…未成年満18歳未満の者…年少者満15歳に到達した日以後最初の3月31日が終了するまでの者…児童労動基準法では、満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまでの児童について、原則として労働者として使用す [続きを読む]
  • 産前産後休業保険料免除制度について
  • 静岡県社会保険指導協会です。今回は「産前産後休業保険料免除制度」についてご説明致します。産前産後休業保険料免除制度とは、42日間の産前休業(多胎妊娠の場合は98日間)、及び56日間の産後休業の期間において、被保険者と会社の両者が社会保険料(厚生年金保険料と健康保険料)の支払いを免除される制度のことです。さらに、被保険者資格も変更されないため、社会保険料免除期間中も社会保険料を納めているものとして扱われま [続きを読む]
  • 就業規則の周知義務について
  • 静岡県社会保険指導協会です。今回は「就業規則の周知義務」についてご説明致します。就業規則の作成(変更)は、所轄の労働基準監督署への届出を済ませても、それで手続き終了ではありません。最後に、従業員に、就業規則の内容を周知させる。すなわち、従業員が就業規則の内容を見たいときに、見ることができる状態にする必要があります。労働基準法によれば、会社は、以下の3つの方法のいずれかにより、従業員に就業規則を周知 [続きを読む]
  • 健康保険組合(協会の成立・組織体制)
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、健康保険組合(協会の成立・組織体制)についてご説明いたします。 健康保険組合は、適用事業所の事業主、その適用事業所の事業所に使用される一般被保険者及び任意継続被保険者で組織される法人です。●組合の成立・任意成立 常時700人以上の一般被保険者を使用する適用事業所の事業主は、単独で健康保険組合を設立することができます。また、適用事所の事業主は、共同して健 [続きを読む]
  • 全国健康保険協会(協会の組織体制)
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、全国健康保険協会(協会の組織体制)についてご説明いたします。●本部と支部 協会は、法人とされ、主たる事務所(本部)が東京都に、従たる事務所(支部)が各都道府県に設置されています。●役員 協会の本部には、役員として、理事長(協会を代表し、その業務を執行する者)1人、理事(理事長を補佐して、協会の業務を執行する者)6人以内及び監事(協会の業務の執行する者 [続きを読む]
  • 全国健康保険協会(業務)
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、全国健康保険協会(業務)についてご説明いたします。全国健康保険協会は、平成20年10月に公法人として設立されそれまで政府が行っていた健康保険事業は、全国健康保険協会が管掌することになりました。●協会管掌健康保険における業務の分担・厚生労働大臣が行う業務 協会管掌健康保険の事業に関する業務のうち、被保険者の資格の取得及び喪失の確認、標準報酬月額及び標準賞与 [続きを読む]
  • 健康保険法(保険者の種類)
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、健康保険法(保険者の種類)についてご説明いたします。●管掌の区分 「健康保険の保険者は、全国健康保険協会及び健康保険組合とする。」とされています。そして、健康保険組合が、その組合員である被保険者の保険を管掌しているのに対し、全国健康保険協会は、健康保険組合の組合員でない被保険者の保険を管掌しています。●2以上の事業所に使用される被保険者の保険者同時に2 [続きを読む]
  • 健康保険法
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、健康保険法についてご説明いたします。健康保険法は、大正11年に制定され、昭和2年に施行された日本で最初の社会保険です。●目的「健康保険法は、労働者又はその被扶養者の業務災害以外の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。」とされています。●基本的理念 「健康保険制度については、こ [続きを読む]
  • 国民年金の被保険者等(任意加入被保険者)
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、国民年金の被保険者等(強制加入被保険者)についてご説明いたします。●第1号被保険者 次の全ての要件を満たすものは、国民年金の第1号被保険者となります。 なお、国内在住の任意加入被保険者が任意加入の申し出をする場合には、保険料の口座振替納付を希望する旨又は口座振替納付によらない正当な事由がある場合に該当する旨の申出をしなければなりません。●特例任意加入被 [続きを読む]
  • 国民年金の被保険者等(強制加入被保険者)
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、国民年金の被保険者等(強制加入被保険者)についてご説明いたします。●第1号被保険者 次の全ての要件を満たすものは、国民年金の第1号被保険者となります。●第2号被保険者 厚生年金保険之被保険者は、国民年金の第2号被保険者になります。ただし、その者が、老齢又は、退職を支給事由とする年金給付であって政令で定める給付(老齢年金)の受給権を有する65歳以上の者である [続きを読む]
  • 国民年金
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、国民年金法についてご説明いたします。●目的国民年金制度は、「日本国憲法第第25条第2項に規定する理念に基づき、老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の協同連帯によって防止し、もって健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする」とされています。●管掌 国民年金事業は、政府が、管掌とされており、国民年金事業については、厚 [続きを読む]
  • 失業給付
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、失業給付についてご説明いたします。 失業給付は、「求職者給付」「就職促進給付」「教育訓練給付」及び「雇用継続給付」の4種類から構成されています。 このうちの「求職者給付」は、求職者が求職活動する間の生活の安定を目的として支給される給付で、一般被保険者が失業した場合に支給される者として、「基本手当」「技能習得手当」「寄宿手当」及び「傷病手当」の4種類があり [続きを読む]
  • 雇用保険の被保険者について
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、雇用保険法の被保険者についてご説明いたします。 「雇用保険法において被保険者とは適用事業に雇用される労働者であって、適用除外に該当しないものをいう」とされています。 被保険者とその種類は、一般被保険者、高年齢被保険者、短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者があります。●一般被保険者とは、被保険者であって、高年齢被保険者、短雇用特例被保険者及び日雇い労 [続きを読む]
  • フレックスタイム制
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、フレックスタイム制についてご説明いたします。●採用要件 「使用者、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定に委ねることとした労働者については労使協定により、所定の事項を定めた時は、その協定で清算期間として定められた期間を平均し1週間当たりの労働時間が40時間(特例事業の場合は44時間)を超えない範囲内にお [続きを読む]
  • 1年単位の変形労働時間制・1週間単位の非定型的労働時間制
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、1年単位の変形労働時間制・1週間単位の非定型的労働時間制についてご説明いたします。1年単位の変形労働時間制は、季節などによって業務の繁閑に差のある事業において業務の繁閑に合わせて労働時間を設定することによって時間外労働を少なくし、全体として労働時間を短縮することを目的とした制度です。この制度は、1年単位の変形労働時間制による運用はもとより、1年以内の一 [続きを読む]
  • 1カ月単位の変形労働時間制
  •  こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、1カ月単位の変形労働時間制についてご説明いたします。 1カ月単位の変形労働時間制は、一般的な事業場における通常の賃金計算期間である1カ月の範囲内で、労働時間の弾力化をすることができる制度です。 要件は、労使協定又は就業規則その他これに準ずるものにより、①1カ月以内の一定の変形期間の定め、②変形期間における法定労働時間の枠内の範囲内で、各日・各周の労 [続きを読む]
  • 労働時間の弾力化
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。 今回は、労働時間の弾力化についてご説明いたします。 労働時間規制は、「休憩時間を除き、1週間について40時間、1日について8時間」を原則としているが、第三次産業(サービス産業)の増大や経済サービス化の中なかで、事業活動や労働太陽の変化に対応して労働時間の枠組みを柔軟化し、週休2日制や、年間休日の増加をより容易にして時間短縮を促進するため、例外としてこれらの [続きを読む]
  • 解雇に関する規制について
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、解雇に関する規制についてご説明いたします。  労働基準法で規制している「解雇」とは、労働契約を将来に向かって解約する使用者側の一方的意思表示です。労働契約法第16条による、解雇の判断は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したとして無効になります。しかし、労働者が業務上の傷病や産前産後のため能力を喪失し、就 [続きを読む]
  • 年次有給休暇の給付日数
  •  こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、年次有給休暇の給付日数についてご説明いたします。発生要件と付与日数は次の通りです。 ●年休権の発生要件 ・継続勤務は6カ月以上勤務 ・出勤率は6カ月経過日から1年ごとに区分した各期間の初日の前日の属する期間において、全労働日の8割以上の出勤  ●付与日数 ・10労働日に、以下の労働日を加算した日  すなわち、雇い入れからの継続勤務期間と付与日数は6カ [続きを読む]
  • 年次有給休暇
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、年次有給休暇についてご説明いたします。 年次有給休暇とは 週休日とは別に一定の日数の賃金を保障された休暇を付与することによって、労働者の心身の疲労を回復させ、追う動力の医事培養を図るため、また、ゆとりある生活の実現にも資するという位置づけのものです。●年休権の発生要件 ・継続勤務が雇い入れの日から起算して6カ月間継続勤務 ・出勤率は全労働日の8割以上  [続きを読む]
  • 労働時間について
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は労働時間について説明いたします。法定労働時間の原則は、①使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。②使用者は、1週間の各日については、労働者に休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。となっております。この「1週間」とは、就業規則等により定めるところによるが、定めがない場合は日曜から土曜まで [続きを読む]
  • 労働保険について
  • こんにちは。静岡県社会保険指導労働協会です。本日は、労働保険について説明致します。労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」と呼ばれるもの)と雇用保険とを総称した言葉です。保険の給付は両保険制度で別個に行われていますが、保険料の納付等については一体のものとして取り扱われています。●労災保険 従業員が業務上や通勤途中に災害が発生した時に 療養補償給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付、遺族(補 [続きを読む]
  • 労働保険事務及び事務組合について
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、労働保険事務及び労働保険事務組合についてご説明致します。中小事業主が労働保険事務組合に事務処理を委託することができる事項を労働保険事務といい、以下の①から⑤の事項が該当します。①労働保険料及び徴収金の申告・納付、②雇用保険の被保険者資格の得喪等に関する届出、③保険関係成立届、任意加入申請、雇用保険の事業所設置届、④労災保険の特別加入申請、⑤その他労働 [続きを読む]
  • 労働三法について
  • こんにちは、静岡県社会保険指導協会です。今回は、労働三法についてご説明致します。わが国における労働法の体系の基本となる「労働組合法」「労働関係調整法」「労働基準法」を労働三法といいます。いずれの法律も、日本国憲法の規定に基づき制定されたております。労働三権である団結権、団体行動権及び団体交渉権については憲法28条に基づき、労働組合法及び労働関係調整法の中に規定されています。さらに、憲法第27条第2 [続きを読む]