野比ママ さん プロフィール

  •  
野比ママさん: LD高校生ノビーのボーディングスクール留学
ハンドル名野比ママ さん
ブログタイトルLD高校生ノビーのボーディングスクール留学
ブログURLhttp://nobimamareport.blog.fc2.com/
サイト紹介文LD(学習障害)を持つ息子が、アメリカのボーディングスクールに転校し、難関州立大学に合格するまで
自由文我が家のノビーは、高校1年まで日本の学校に通っていた、いわゆる純ジャパニーズです。小学校5年生の時にLD-学習障碍と診断されました。高校2年の時にアメリカのボーディングスクールに転校し、全米州立大学のランキングで50位以内に入る大学に合格しました。受験を控えて頭を抱えている、のび太くんやのび子さんのご両親達に、「こんな道もあるんだよ」ということをお知らせしたくて、このブログを書くことにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/07/27 22:03

野比ママ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • TOEFLやSATのアコモデーション(特別配慮)はどうすればよいか-その1
  • LDやADHDの生徒にとって、手ごわい関門となるのがTOEFLやSAT/ACTです。アメリカの大学に出願するのであれば避けては通れないのがこれらの標準テストです。普通の生徒でも苦労するこれらのテストで、限られた時間内に大量の文章を読んで回答すること、そして何時間にもわたって集中力を持続することは、正直のび太くんのび子さんたちにとっては無理ゲーと言ってもよいくらいです。LDやADD/ADHDのハンディキャップを持ってテストを受 [続きを読む]
  • 出願書類について-その2
  • 出願書類について-その1">出願書類について-その1の続きです。アプリケーション、エッセイ、Personal Statement and/or Statement of Purpose(自己紹介書/志望理由書)。これら以外に提出する意義のあるものは?専攻によってはコンクール入賞作品とか、高校で高い評価を受けたリポートなどがあるかもしれませんが、以下の2つは考慮に値すると思います。Extracurricular Activityコモンアプリケーションにはこの項目があって、9 [続きを読む]
  • 出願書類について-その1
  • 出願書類はとりあえず夏休みに一通り揃えて、あとはカレッジカウンセラーやアドバイザーやEnglishの先生などのアドバイスを得ながら、何度も手を入れて作りこんでゆきます。ボーディングスクールのカウンセラーは推薦状も含めて出願書類の書き方を見てくれますが、最終的に期日までに決められた書類を間違いなくそろえて提出するのは本人の自己責任です。普通の生徒さんでも最終チェックは親が一緒にするケースも多いですから、の [続きを読む]
  • 出願時期について
  • 実際に出願する-オンラインで書類を提出するのは、シニアのサンクスギビングのあたりから、年明けにかけてです。大学によって出願期間は異なりますが、私立のRolling Admission(期限が決まってない、順次選考方式)であれば10月頃から願書を受け付けるところもあります。Rolling Admissionの場合、必要書類がそろった時点で順次審査に入り、合格者が大学が見込んだ数をうわまった時点で合格枠がなくなりますから、なるべく早く出 [続きを読む]
  • キャンパスビジットのすすめ
  • アメリカの大学を選定するにあたって、考慮すべきことについて書いてきました。ここからは、具体的に出願する際に知っておいた方がよいことをシェアしていきたいと思います。キャンパスビジットのすすめキャンパスビジットのすすめ">キャンパスビジットのすすめはボーディングスクール受験のときにも書きました。高校と大学のビジットが大きく異なるのは、高校のビジットはアドミッションカウンセラーに会う=選考を兼ねたインタ [続きを読む]
  • 大学選び-International Student特有の事情
  • International Student特有の問題について考えてみたいと思います。留学生フレンドリーな大学全米規模の総合大学、いわゆるNational Collegeというカテゴリーに属する大学は、一般的に留学生の比率がそれなりに高い傾向にあります。留学生の比率が高い大学ほど、留学生のためのサポート体制は整っています。例えば長期休暇になると大学の寮はクローズしてしまうので留学生は帰国するかどこかステイ先を探さないとなりません。留学 [続きを読む]
  • 大学選び-候補校をリストアップする
  • 具体的に候補校をリストアップする作業です。野比ママはUS News">US NewsやPrinceton Review Best Colleges">Princeton Review Best Collegesの情報を整理して個々の大学の情報を集めながら、こんな感じの一覧表">こんな感じの一覧表をつくりました。実際には30校くらいリストアップして、15校くらい訪問して、アプライしたのは5校です。Reach, Target, Safety日本語だと挑戦校、実力相応校、安全校という感じでしょうか?偏差値も [続きを読む]
  • 大学選び-場所の考察
  • 専攻のつぎは、大学のある場所について考えてみたいと思います。留学生の多い州は?留学生はどこにいても州外生ですから、どこでも好きな州に行けます。州を考慮する必要はあまりないのですが、いくつか考察すべきことがあります。留学生が多い州はどこでしょうか?2017年の統計では、このようになっています。1. カリフォルニア2. ニューヨーク3. テキサス4. イリノイ5. マサチューセッツ1.2.4はLos Angeles, [続きを読む]
  • 大学専攻を選ぶ上で考えたいこと
  • 出願時に専門分野が決まっていた方がよいわけアメリカの大学は日本の大学と違って、学部別に入試をおこなうわけではありません。専攻の希望を書く欄はあり、人気や難易度の高い専攻に特別なMinimum GPAを設けている場合はありますが、基本的には同じ応募者プールの中で、アドミッションオフィスが選考をおこなってゆきます。正式なMajorの宣言は入学後におこないますので、願書に書くMajorは”Intended Major“という言葉のとおり [続きを読む]
  • 州立大学か私立大学か
  • これまで大学ランキングや便利な検索サイトをご紹介しましたが、これらのサイトを使用して大学を絞り込んでいく際に、どんな事を考慮して選ぶのか?について書きたいと思います。日本の国立大学のイメージで、州立大学に受かる方が難しいと勘違いされる場合がありますが、ボーディングスクール同様、東海岸に集中している名だたる名門校-いわゆるIVYリーグ8校は、すべて私立大学です。州立大学は州民の税金により運営されているの [続きを読む]
  • 志望大学を探す-便利な検索サイト
  • 志望大学のリサーチをするのに便利だったサイトをいくつか紹介します。Princeton Review ? Best 382 Collegesランキングではありませんがこちらも定評のあるサイトで、本が有名です。難易度、キャンパスの設備や利便性、安全性、教授とのコミュニケーション等々様々な角度から総合的に選りすぐった大学を毎年380校程度選んでいるのがこの本です。野比ママは結構この電話帳みたいに大きなペーパーバックの本をめくるのが読みやすく [続きを読む]
  • されどランキング
  • アメリカの大学を受験すると決めたら、高校の成績や学力から考えて、どのあたりの大学を目指すのか、どのあたりの大学なら入れそうなのか?を考えることになります。アメリカの大学には日本の偏差値のような明確な基準がありません。一般的なアメリカ人は大学名だけで大学を選ぶことは少なく、まず専攻分野を決めて、その分野で定評のある大学を探します。州立なら学費が圧倒的に安い州内の大学を選び、私立なら車で帰省できる範囲 [続きを読む]
  • アメリカの大学受験を知るための情報ソース その2
  • 今回は英語の情報ソースをご紹介します。アメリカの本屋さんに立ち寄って、ふと手に取って買った本です。アメリカで大学受験をするとはいったいどういう事なのか、いつまでに何をすればよいのか、どうやって志望校を決めたらいいのか、そんなイロハがわかりやすく網羅されている、抜群にお勧めの本です。何にもわからなかった野比ママはほぼこの本1冊を熟読することによって、カレッジアドミッションに関する基本的かつ重要な知識 [続きを読む]
  • アメリカの大学受験を知るための情報ソース その1
  • ノビーがアメリカの大学に進学するという事になって、アメリカの大学に関する知識も経験もゼロに近かった野比ママは、いったい何から手をつければよいのかすらわかりませんでした。そんな野比ママがいろいろな情報を片っ端から取り入れて行った中で、良質だったと思うものをあげてみたいと思います。アメリカの大学受験について全体像を知る「留学」に関する情報は、語学留学、交換留学、コミカレ留学等々あふれかえっていますが、 [続きを読む]
  • アメリカの大学入学審査でもっとも大切な要素-GPAのお話
  • カテゴリーの題名を「GPA3.0からめざすアメリカの大学」">「GPA3.0からめざすアメリカの大学」としているのにはわけがあります。GPA-Grade Point Average, 評定平均は、アメリカの大学の入学審査において、もっとも重要な要素の1つであるからです。カレッジアドミッションに必要な要素:① 高校の成績(GPAおよび*クラスランク)*ケースバイケース② 標準テスト(SATまたはACT+英語を母国語としない場合はTOEFL)③ エッセイ④ [続きを読む]
  • ボーディングスクールのカレッジカウンセリング
  • ノビーは渡米した時点で、すでに10年生の2学期に入っていました。アメリカ人の高校生であれば、10年生の秋にはPSAT(SATの模擬テストのようなもの)を受けて、大学受験を意識しだす頃だと思いますが、ノビーが大学進学を意識してはじめてカレッジカウンセリング-進路相談を開始したのは、ジュニアの11年生になってからのことでした。アメリカの高校には、カレッジカウンセラーという専任の職員がいます。日本の高校にも進路指導室と [続きを読む]
  • 過去の記事 …