さと さん プロフィール

  •  
さとさん: 眠くなる方法!ツライ不眠に睡眠サプリ−ネムスグ
ハンドル名さと さん
ブログタイトル眠くなる方法!ツライ不眠に睡眠サプリ−ネムスグ
ブログURLhttp://xn--cckdl7af4bx4a0922biqhyr7b.com
サイト紹介文寝付きが悪かったり熟睡できないと疲労が溜まってツライですよね。そんな時には睡眠サプリがオススメです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/07/27 22:42

さと さんのブログ記事

  • 睡眠サプリで評判のネムリス!実力は?良い口コミから悪い口コミまで
  • ネムリスは、特許成分のラフマ抽出物をはじめ、テアニンやクワンソウ、メリッサエキス、月見草など、植物ハーブの成分を贅沢に配合した睡眠サプリです。植物由来の成分によって、体に負担なく理想的な休息を与えてくれます。多くの方がネムリスで休息を実感されており、非常に人気の高い睡眠サプリです。実際にネムリスを飲んでみた方が感じられた口コミを、あまり良くない口コミも含めてピックアップしました。購入前に是非チェ [続きを読む]
  • 人気の睡眠サプリグッドナイト27000の口コミ!悪い口コミも!
  • グッドナイト27000は機能性関与成分であるL-テアニンを始め、トリプトファンやGABA、グリシン、ラフマなど、優秀な成分を、きっちり十分な量を配合。その配合量はメーカー推奨量を十分に満たしているので、他の睡眠サプリと比較して実感力に大きな差があります。しかし、実際に飲んでみるとどうなのかは気になるところです。グッドナイト27000について、良い口コミ、普通の口コミ、悪い口コミと分類してみましたので、購入を検討中 [続きを読む]
  • 熟睡出来なかった私がグッドナイト27000を選んだ6つの理由
  • 私はいつの頃からか、満足に熟睡できないのが普通の状態になっていました。しかしグッドナイト27000に出会ってからは、眠れない日はほとんど無くなり、毎日熟睡できることで、かなり疲れにくくもなりました。数ある睡眠サプリのなかでもグッドナイト27000を選んだ理由を説明します。⇒グッドナイト27000の公式サイトを見てみる配合されている成分のラインナップが優秀グッドナイト27000に配合されている主な成分は7種類です。L-テ [続きを読む]
  • 眠りたいと思うほど眠れない!睡眠サプリなら簡単に解消?
  • 寝ようと思って横になると、とたんに目が冴えてしまって眠れない事っで誰でも経験はあるでしょう。寝ようと焦れば焦るほど眠れなくなる私は結構な頻度で眠れない日が続く時期がありました。眠れなくても、とりあえずは布団でじっとして目をつぶるんですが、寝よう寝ようとばかり考えると焦って逆効果になってしまいます。布団のなかで悶々と眠れない夜を過ごすのは、非常に苦痛で辛いものです。かといってどうする事もできず、次の [続きを読む]
  • 熟睡できない!その原因は中途覚醒かも!?
  • 睡眠中に何度も目が覚め、再度寝ようとしてもなかなか寝付けなかったり、やっと寝れたとしてもすぐにまた目が覚めてしまう。このような状態が週に3日以上ある人は、中途覚醒という不眠症の一種の可能性も高いです。なぜ中途覚醒してしまうのか中途覚醒するタイミングについてですが、いつもだいたい決まった時間に目が覚めませんか?眠り始めてから3〜4時間後に起きてしまうという方が多いはずです。これには睡眠の周期が深く関わ [続きを読む]
  • 不規則な生活で眠れない!そんな方には睡眠サプリがオススメ!
  • 熟睡できないっていうのは非常に辛いものです。私もつい最近まではなかなか熟睡できずに大きなストレスを抱えていました。生活習慣改善を出来るだけ頑張ったのですが、仕事がありますのでそれにも限界がありました。しかしそんな私でも、今では熟睡できない事の方が珍しいくらいにグッスリと眠る事が出来るようになりました。あれこれ対処法を実践してきて、私が一番良かったのが睡眠サプリの活用です。熟睡できないのには様々な原 [続きを読む]
  • 洗顔料なら安全な無添加石鹸!選ぶ際のポイントは?
  • 洗顔料に石鹸を検討する方も多いですが、一般的な洗顔フォームとの違いや、石鹸にも様々な種類があるのでどのようなポイントで選んでいいか分からないですよね。洗顔料選びのポイントとは?洗顔には無添加石鹸がベスト一般的に市販されている洗顔料は、石油系合成界面活性剤をはじめ、様々な添加物が使われており、肌にダメージを与えてしまうものも少なくありません。素肌から根本的に美肌へと導く為には、そのような商品ではなく [続きを読む]
  • 人気のおすすめ無添加石鹸!実際購入してみた感想
  • 人気の無添加石鹸「赤のとち姫」を購入して使ってみた感想などを詳細にレポートします。購入検討中の方は必見ですよ。赤のとち姫ってどんな石鹸なの?非常に人気の高い赤のとち姫ですが、人気の秘密はまずは無添加という点です。石油系合成界面活性剤をはじめとして、着色料、防腐剤、鉱物油、エタノール、パラベン、酸化剤など7つの無添加を達成しています。そのため敏感肌や乾燥肌など、お肌のトラブルにお悩みの方にも安心して [続きを読む]
  • 洗顔石鹸は安全な無添加!乾燥肌や敏感肌でも使える洗顔の選び方
  • 洗顔料を見直すことでお肌のトラブルが回避できる可能性が高いです。それほど洗顔料は大事なんですね。最適な洗顔石鹸の選び方とは? お肌のトラブルは洗顔料が原因?乾燥肌や敏感肌など、お肌のトラブルでお悩みなら、その原因は洗顔料にあるかもしれません。洗顔料選びで失敗したくない方、洗顔料にこだわっていない方は必見です。「敏感肌でお肌が荒れて何をやっても改善できない」「シワや乾燥など肌のトラブルは無くならな [続きを読む]
  • 洗顔料で肌にダメージ?あなたの洗顔料は大丈夫?
  • 意外にも、洗顔料が肌トラブルの原因ということは十分にありえるんです。 洗顔料が原因で肌トラブル!?あなたが今お使いの洗顔料によって、もしかしたらお肌にとって大きなダメージを与えているかも知れません。なんとなくで市販の洗顔料を使っているならほぼ当てはまってしまいます。今お肌のトラブルに悩んでいる方はもちろんですが、そうでない方も知らないうちにお肌のトラブルが進行している可能性が大きいです。あなた [続きを読む]
  • 敏感肌にもおすすめ!安全な洗顔料で肌を優しくケア!
  • 洗顔料によっては肌にダメージを与え、肌トラブルの原因になるような商品も多いです。肌にはもともと、きれいに保つための機能がありますので、そのような機能を損なわない事が大事です。今の洗顔料で問題ありませんか洗顔料はスキンケアにとって非常に重要で、場合によっては肌の健康状態を左右するほどなのですが、その割にこだわっていない人が多いのも事実です。肌のトラブルが発生しても、美容液やクリームを見直す人は多いで [続きを読む]
  • 肌トラブル対策で大事なのは洗い過ぎない事!洗顔は最低限で!
  • 肌トラブルの対策でやってしまいがちなのが洗いすぎる事。洗顔方法によっては肌トラブルを促進させることも!?洗い過ぎてはいけない理由「美肌に欠かせない皮脂膜の4つの役割 」でも書いていますが、肌の表面には皮脂膜が存在し、肌の乾燥や悪玉菌の繁殖を防いでくれたり、紫外線や温度変化から私達の体を守ってくれています。そういった恩恵を失くさないためには、洗い過ぎないというのが重要なんです。肌のトラブル時には、清 [続きを読む]
  • 睡眠不足は太る原因?ダイエットも期待できる良質な睡眠とは?
  • 睡眠は疲労を回復させるだけではなく、脳の機能に関わる事など意外な役割も多数持っています。その分、不足することによる弊害も多く、太りやすくなるという非常に気になる要素もあるんですよ! 睡眠には様々な役割があり、心身共に大きな影響を与えます。睡眠は若さを保つ為にも必須!睡眠の重要な5つの役割睡眠には心身ともに休息させたり、細胞の修復や記憶の整理など多数の重要な役割があります。適切に良質な睡眠を得る事が [続きを読む]
  • いびきは体質だけじゃない!原因を正しく把握し早期改善!
  • いびきは自分自身に限らず、周りで寝ている人にも迷惑をかけてしまいます。日常的にいびきをかいてしまう方は、友人と旅行に行ったりするのも躊躇してしまいますよね。そのように行動を制限されるくらいなら、原因を把握して必要な対策を実行しましょう。いびきは何故かいてしまうのか当たり前ですが、寝ている時にも呼吸はしていますので、呼吸器には常に空気が通っています。この鼻から喉の付近までの空気の通り道の部分は、上気 [続きを読む]
  • ロングスリーパー改善法!睡眠の質向上で睡眠時間を減らす!
  • あなたは普通の人よりも多くの睡眠が必要と感じたことは無いでしょうか。1日平均9時間以上は睡眠が必要という方は、ロングスリーパーの可能性があります。ロングスリーパーとは睡眠時間は個人差が結構ありますが、平均的な人の1日の睡眠時間は一般成人で8時間前後です。しかしなかには9時間以上の睡眠が必要な人も存在し、そのような人はロングスリーパーと呼ばれています。ロングスリーパーの人の割合は人口の5〜10%と言われてい [続きを読む]
  • 眠れない夜に簡単に寝付くための4つの秘訣
  • 夜寝床に就いてから、妙に目が覚めて眠れなくなる時って誰でもありますよね。そういう時は原因を把握して適切な対応をすれば簡単に寝付ける可能性があります。 寝付きが悪い日はツライですよね。次の日の事を考えると、早く寝ないと!と焦る気持ちからますます眠れなくなってしまいます。布団の中で悶々とするのではなく、対策法を実践し、早々にグッスリ眠っちゃいましょう!内容が簡単な馴染みの本を読むなかなか寝付けない場 [続きを読む]
  • 夜中何回も目覚めて熟睡できない!朝まで眠り続けるには?
  • 睡眠中に何度も目が覚め、再度寝ようとしてもなかなか寝付けなかったり、やっと寝れたとしてもすぐにまた目が覚めてしまう。このような状態が週に3日以上ある人は、中途覚醒という不眠症の一種の可能性が高いです。⇒熟睡できない!を解消するには睡眠サプリがオススメなぜ中途覚醒してしまうのか中途覚醒するタイミングについてですが、いつもだいたい決まった時間に目が覚めませんか?眠り始めてから3〜4時間後に起きてしまうと [続きを読む]
  • 春眠とは?季節と睡眠の関係を理解し年中快適に眠る方法!
  • 春眠暁を覚えずという古い言葉がありますね。本当に春は寝過ごしやすいのでしょうか?春眠暁を覚えずとは中国の詩人である孟浩然(もうこうねん)という人の漢詩です。一般的には春の眠りは気持ちが良いので寝過ごしてしまうことが多く、朝になったことに気付かない、という意味で捉えられています。確かに春にはやたらと眠い日が多い気がしますし、世間一般的にもそのような話題は多いです。季節が睡眠に与える影響はあるのでしょ [続きを読む]
  • 体内時計を整えてグッスリ♪良質な睡眠にはリズムが大事!
  • 睡眠は一定サイクルのリズムが重要です。睡眠のリズムを整える際のポイントとは?起きた時間で眠くなる時間が決まる通常は朝目が覚めて光を浴びると体内時計がリセットされます。そうすると、メラトニンの分泌が減って、入れ替わるようにセロトニンが分泌され始めます。不眠やうつ病の予防にも?幸せ物質セロトニンを増やす4つの方法幸せ物質とも呼ばれるセロトニンは心に安らぎを与え、ストレスを軽減してくれます。うつ病など [続きを読む]
  • 少ない時間で大きな疲労回復効果!?マイクロスリープとは?
  • 仕事が忙しかったりして睡眠時間が十分に確保出来ていないと、昼間の会議中なんかに一瞬意識が飛ぶ時ってありますよね。この時に脳は超短時間の睡眠状態になっているんです。マイクロスリープとは?数秒から数十秒間のかなり短い睡眠は、マイクロスリープと呼ばれています。睡眠不足で疲労がどんどん蓄積してくると、カラダは防衛本能で重要な部分から優先的に休ませようとします。つまり、脳の機能を短時間でも低下させ、回復を図 [続きを読む]
  • 歳をとると睡眠は少しで良い?年齢で必要な睡眠時間は異なるの?
  • 歳をとると寝付きが悪くなったり睡眠途中でトイレなどに起きる回数が増えたり、朝の目覚めも早くなりがちです。歳を重ねると睡眠は短くて良いのでしょうか? 高齢者ほど短い睡眠時間で良いというのは間違い歳を重ねるほどに睡眠時間が少しでいいという認識は間違いです。しかし、朝早く目が覚めると老人扱いされたりしますよね。あなたの周りの高齢の方でも寝る時間は遅いのに早く起きる方って結構いませんか?年齢とともに必要な [続きを読む]
  • 自律神経を整え良質な睡眠を!副交感神経を優位にする6つの方法
  • 質の良い睡眠には自律神経の働きが深く関わっています。自律神経とは自律神経は、内臓や血管の働き、呼吸や消化など、自分の意思でコントロールする事なく行われる活動を、調整している神経です。自律神経を、熟睡しやすいような状態に導いてやる事によって、より良質な睡眠が得られるようになり、疲労回復効果も向上します。自律神経には2種類があります。・交感神経 ・副交感神経交感神経とは交感神経はカラダを活動的に動かす [続きを読む]
  • 良質な睡眠には欠かせないメラトニンに関する5つのポイント
  • 老化を予防するには質の良い睡眠がは欠かせません。睡眠の質を上げる為に重要な役割を果たすホルモン。それはメラトニンです。メラトニンは睡眠に大きな影響を与えるメラトニンは脳内ホルモンの一種で睡眠ホルモンとも呼ばれます。その分泌に影響しているのが光です。基本的に、太陽の光を浴びて体内時計がリセットされるとメラトニンの分泌は減少します。その後およそ15時間くらい経って暗くなると、体内時計からの信号で分泌が増 [続きを読む]
  • 水循環マットで暑さ、寒さ対策!快適な睡眠で疲れを癒やそう!
  • 夏の熱帯夜や寒い冬に、なかなか寝付けないという人も多いです。体温は眠りと深い関係がありますので、良質な睡眠を得るためには体温を一定に保つ必要があります。  夏の暑さや冬の寒さで快眠できないあなたも真夏の熱帯夜に暑すぎる場合や冬に寒ずぎて眠れない事って結構ありますよね。エアコンなどで対応している人が殆どですが、その場合色々と不満も多いのではないでしょうか。・ 空気が乾燥して肌がカサカサ、のども痛くなり [続きを読む]