natsumi さん プロフィール

  •  
natsumiさん: 一緒に学ぼう、等身大の中国!
ハンドル名natsumi さん
ブログタイトル一緒に学ぼう、等身大の中国!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tenshi_2015
サイト紹介文日々の生活を通して見る中国の今。1年に1000回の食事を楽しみ、文化・歴史を探索し、人生を豊潤に!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/07/28 23:16

natsumi さんのブログ記事

  • 景山公園〜北京の360度のパノラマ!〜
  •  景山公園は、manamiが北京市内で一番好きな場所!夕暮れ時の、山頂からの360度のパノラマは最高! 北京を離れる前に、ここからの景色をもう一度深く刻み込んでおこうと、晴天の日の午前中にちょこっと寄り道…。  ブルースカイの下で、南に故宮博物院、北にオリンピック公園、そして近隣には北海公園なども望むことができた…。ありがとう、北京! もっと北京の最新情報を集める! ⇒⇒⇒⇒⇒ にほんブログ村 [続きを読む]
  • ?家菜〜宮廷料理を食べに行こう!〜
  •  「北京料理を食べたいのだけれど、お薦めのレストランは?」と問われた時に、北京ダック以外でmanamiが最初に頭に浮かぶのは、宮廷料理系統のお料理を食べさせてくれる中華料理レストラン・?家菜!そして、このレストランは、「こんなところにそんな素敵なレストランがあったの?」と思わずにはいられない胡同のど真ん中にある…。  で、週末のランチタイムを利用して、manamiは久々に訪ねてみたのだけれど、メニューを開くと [続きを読む]
  • 四季民福北京ダック店〜北京ならでは、1人北京ダック!〜
  •  地下鉄2号線東四十条駅から徒歩5分ほどのところにある美味しい北京ダックを食べさせてくれるレストランが四季民福烤?店…。 食事時に行くと順番待ちの行列ができているレストランでも、夜8時過ぎを目指して足を運べば、ディナータイムのピークは過ぎて、あっさりテーブルに案内してもらえる。  で、サービスで提供された食前果物のライチを1〜2個口にしてからは、北京ダックの準備ができるまでの間、北京っぽい前菜を並べた [続きを読む]
  • 見た!見た!〜人気女優のドラマ撮影現場に遭遇!〜
  •  上海短期滞在期間中の最後の“おまけ”は、これっ! 何と、あのAngelababyが、旧フランス租界でドラマの撮影!あ〜、自転車に乗った彼女の顔のなんと小さかったこと…。体全体も華奢だったな〜。とっても得した気分になって、空港に向うまでの30分ほどは、その場でずっと過してしまった…。 そして、北京に戻るフライトの窓から眺めた夕暮れ間近の空も、美しかった…。やっぱり、美しいものを見ると、心が洗われるね! もっと [続きを読む]
  • 故宮VRシアター〜60分はあっという間に…〜
  •  この日manamiが向かった先は、故宮の端門。目的は、この門の上にあるVRシアターで故宮養心亭の映像などを楽しむため…。 天安門をくぐって、故宮博物院の入口になる午門との間にあるのが端門で、故宮VRシアターの入口はその門の右側にあった…。  気に入った皇帝の衣服をまとっての記念撮影や、ゴーグルを使った擬似空間体験可能な施設など、ただ映像を眺めるだけではなく、参加型のアトラクションも沢山あって、あっという間 [続きを読む]
  • 海碗居〜当店名物料理を食べよう!〜
  •  美味しい炸醤面が突然食べたくなったmanamiが訪問したのは、地下鉄14号線・棗営駅から徒歩7〜8分にあるショッピングモール・藍色港湾で営業している北京料理レストラン・海碗居。小さい子供を連れた家族連れや若いカップルが多いこのエリアの中では、かなり地味目な存在だけれど、まあ〜、こんなお店もあるとありがたい! 予想以上に広い店内で注文したお料理といえば、肉丁小碗干炸醤面(28元)+炸灌腸(22元)!両方ともに当 [続きを読む]
  • 租界時代から変わらぬ上海の素敵!
  •  上海滞在3日目は、旧フランス租界に残る建物を利用して営業している中国茶のお店を予約して、約3時間のお喋り三昧!プラタナスの並木道が残るこのエリアには、お洒落なレストラン・カフェ・バー・小物屋などが、ポツポツと並んでいるのだけれど、今回訪問した茶館も、そんなお店の1つ“閑月茶館(高郵路36号)”。そして、366元の3人用コースをオーダして、アフタヌーンティーをエンジョイすることに…。 さすがは中国茶の専門 [続きを読む]
  • 天候に恵まれた上海滞在!
  •  上海滞在2日目は、雨天が予想されていたのだけれど、幸運なことに白い雲がポカポカ空に浮かんではいたものの、強い太陽の光が差し込む晴天となった…。  ということで、manamiが朝の散歩に向かった先は、租界時代の石造りの建物が残る“バンド(外灘)”!何度も何度も足を運んだことのある場所だけれど、上海を訪れるたびに足を運んでみたくなる場所…。  そして季節はもう直ぐ端午節ということで、自分へのお土産として、五 [続きを読む]
  • 仲間に恵まれた上海滞在!
  •  この日のmanamiのディナーは、20年以上前から交流を続けてきた上海ベースの中国人の友人との会食!そして、その会食の舞台として準備してくれたのが、これまた20年以上前から利用を続けている上海家庭料理を食べさせる超素朴なレストラン…。  冷えた青島ビールで乾杯した後には、黄酒“石庫門”が続くところが、如何にも上海的!まあ〜、これと言った目玉料理がある訳ではないのだけれど、上海焼きそばに至るまでの大半のお [続きを読む]
  • 新進気鋭の新しもの好き上海の素敵!
  •  上海に到着したmanamiの最初のスケジュールは、英国企業で働く中国人の友人との会食!クライアントでもあるけれど、どちらかというとプライベートベースでの付き合いが長くなっているかな〜。 で、その友人が、ランチの場所として予約しておいてくれたのが、中山公園駅近くにある新しさを感じさせる複合ビル・ラッフルズ広場(来福士広場)にあるカジュアルレストラン・Hungry Lung’s Kitchen。この季節にテラス席で食べるラ [続きを読む]
  • PARADOX〜カジュアルだけれど本格的な美味!〜
  •  カジュアルな感じのフランス料理レストラン&ワインバーのPARADOXがあるのは、三里屯エリアとはいっても、工人体育館と工人体育場に挟まれた工人体育場西路沿いになるので、正直、公共交通機関でのアクセスは非常に悪い(地下鉄2号線・東四十条駅が最寄り???)…。 それでも、多くのリピーターが足を運びたくなるだけの魅力を秘めたレストランなのだから、それはそれは大したもの!普段手に取る日本語のフリーペーパーでは全く [続きを読む]
  • 達達尼?土耳其餐庁〜パンチの効いたトルコ料理!〜
  •  地下鉄6号線の東大橋駅から徒歩約10分、日壇公園北側にある神路街沿いには、多くのレストランが密集しているスポットがあるのだけれど、この日manamiが足を運んだのは、その中の1軒。達達尼?土耳其餐庁というお店で、名前の通り、トルコ料理を食べることのできるレストラン…。 今回、トルコ料理を試してみたのは、「アジア文明とヨーロッパ文明が交差するエリアであれば、必ず美味しいお料理があるに違いない!」と思ったか [続きを読む]
  • 盒馬鮮生〜話題の総合食品スーパーだけど…〜
  •  アリババがオーナーとなって展開する食料品を軸としたスーパーマーケットが盒馬鮮生。余り情報収集に熱心ではなかったのだけれど、少し前に、このショッピング施設が北京にもあることを知ったmanamiは、早速足を運んでみた。 地下鉄6号線・十里堡駅から徒歩10分程のところにある新城市広場の地下1階。“会員制”といった記載はあったけれど、ショッピングエリアに入ること自体には特に制限はなく、そのままスタスタと進んでい [続きを読む]
  • 眉州東坡酒楼〜仲間内で、ワイワイしよう!〜
  •  お手頃価格で美味しい中華料理を食べさせてくれるレストランが眉州東坡酒楼。北京をスタート地点に、多くの都市で店舗展開しているチェーンレストランの1つと言えると思うけれど、基本的には四川料理中心のメニュー構成のお店だね! で、この日manamiが足を運んだのは、地下鉄10号線・亮馬橋駅から徒歩1分という便利な場所にある燕沙橋平安店でのランチ…。そして、注文したお料理は、大体こんな感じ…。  鶏絲涼面(28元) [続きを読む]
  • 無名居〜“国宴”料理を体験しに行こう!〜
  •  地下鉄10号線・亮馬橋駅から徒歩7〜8分、日本人単身駐在員が多く集まるアパート・龍宝大厦の向かいにある江南料理を食べさせる中華料理レストラン・無名居は、manamiが何度も足を運んだことのあるお店。でも、本格的な“国宴”料理を食べさせるというだけのことはあって、価格帯は少々高め…。 で、この日は、金陵塩水鴨(58元)を酒の肴に、燕京ビール(22元)で喉を潤しながら、まずは少しホッと…。それから、当店名物の清 [続きを読む]
  • 西安〜時間調整は、西安城壁でっ!〜
  •  で、麦積山石窟観光を実現したmanamiが、復路のフライトまでの時間調整目的で訪問したのが、市内の中心部にある西安城壁!どこかで時間を潰さなくてはと、咄嗟に選んだのが、明朝時代の1378年頃に完成されたというこの城壁。全長13.7kmで、城壁の上には貸し自転車屋があって、城壁の上をぐる〜っと一周できるようになっていた…。  中国に現存する最大規模の古代城壁とはいうものの、入場料40元はちょっと高め…、でも、まあ〜 [続きを読む]
  • 西安〜時間調整は、茂陵博物館でっ!〜
  •  で、麦積山石窟観光を実現したmanamiが、時間調整目的で訪問したのが、西側郊外に向かって約40km(咸陽五陵源)にある茂陵博物館!飛行機で移動する場合、どうしても2〜3時間の遅延は吸収可能な余裕のあるスケジュールを立てるので、フライトが定刻通りに到着すると、必ず時間を持て余すことになる…。  となるとどこかで時間を潰さなくてはと、咄嗟に選んだ目的地がここっ!入口で入場料72元を払って中に入ってみると、そこ [続きを読む]
  • 秋本〜噂には聞いていた日本料理レストラン!〜
  •  ここは、地下鉄1・2号線が交差する建国門駅から徒歩7〜8分、友誼商店の東側を南北に走る建華路沿い(地下鉄1号線・永安里駅の方が近い???)のエリアで、そこの10数店舗が軒を連ねる中に、この日のランチの目的地、日本料理レストラン・秋本はあった。 前々から噂には聞いていたけれど、実際に足を運んでみたのは、この日が初めて!大小個室があるほかは、カウンター数席とテーブルが10台ほどといった、比較的こじんまりした造 [続きを読む]
  • 麦積山石窟〜そうだったのか、これも世界文化遺産!〜
  •  シルクロードに重なる甘粛省天水市にある麦積山石窟は、5世紀・南北朝北魏の時代から、仏像・壁画の制作が1,600年以上にわたって続けられてきた場所で、今では221ヶ所の石窟、7,800体余りの仏像があって、世界文化遺産にも指定されている…。 で、この石窟に興味を持ったmanamiは、ビジネスで西安を訪問した機会を利用して、西安北駅〜天水南駅間の往復(往路=西安北駅7:42発/D2671、復路=天水南駅13:39発/G1834、片道92.5 [続きを読む]
  • 京雅堂〜飲茶の食べ放題は超魅力的!〜
  •  三里屯太古里のど真ん中にある瑜舎酒店で営業している中華料理レストラン・京雅堂は、前々からmanamiが足を運びたいと思っていたお店!といっても、この日が全く初めての訪問ということではなくて、ディナータイムには、クライアントのご好意によって、北京ダックを中心としたお料理を一通り楽しんだことがある…。.  が、やっぱり、このお店の最大の魅力は、168元/人の飲茶ランチ食べ放題(除く、お茶等の飲料)!ということ [続きを読む]
  • 老舎茶館〜中国伝統文芸のオンパレード!〜
  •  地下鉄1号線・前門駅から西に向って徒歩3〜4分進んだところに、1988年にスタートしてから30年間営業し続けてきた茶館・老舎茶館がある。そして、ここを訪れるのは、manamiにとっても、10数年ぶりのことだった…。  その日鑑賞させてもらった演目は “晩場総芸演出” (19:50〜21:20の1時間半コース)で、購入したチケットは、最もお手頃価格の180元(最高は580元)…。開演10分ほど前に到着して、3階まで階段を登ったら、前 [続きを読む]
  • なだ万〜立派な切り身に感動!〜
  •  地下鉄1・10号線の国貿駅から徒歩7〜8分、国貿商城にある高級日本料理レストランといえば、なだ万。わざわざ説明するまでもない、日本料理の老舗レストラン! これまでにも何度か足を運んだことはあるけれど、昼にしても夜にしても、やっぱり、ちょっと敷居を跨ぎ難い格式の高さがあって(勿論、価格も高い)、特に最近は足が遠去かり気味だった…。 が、久々に声を掛けてきた中国人の友人が指定してきたお店がここだったもの [続きを読む]
  • 霧寿司・MIST〜こんなところにお鮨屋さん!〜
  •  こんなところに、お鮨屋さんがあったのか??? といった感じで、胡同のど真ん中に突然姿を現したのが、日本料理レストランの霧寿司・MIST。地下鉄6・8号線の南鑼鼓巷駅から徒歩7〜8分、東棉花胡同にある昔ながらの建物を改造して店舗に仕立てたレストランで、manamiにとっても初訪問!  旧くからの友人が見つけて来たお店で、掘り炬燵造りの個室に収まって食べてみることにしたのが2人用会席セット!「1,256元相当のお料理が650 [続きを読む]
  • BOTTEGAピザ&寧夏ワインを楽しむ!
  •  少し前に、manamiの手許に届いたのが、寧夏地方の紅・白ワイン!寒暖の差が大きくて、乾燥した大陸性気候の寧夏地方では、元々美味しい葡萄が栽培されていたのだそうだけれど、近年はワイン生産にも力が注がれるようになったとのことで、そこからの産地直送のお裾分け! 赤い方は少し前に飲み終えてしまっていたので、この日は、お友達を誘って、お部屋でキンキンに冷やした白の方を楽しむことに…。 で、一緒に楽しんだのは [続きを読む]