リュウジ さん プロフィール

  •  
リュウジさん: 本読む馬鹿
ハンドル名リュウジ さん
ブログタイトル本読む馬鹿
ブログURLhttp://ryujinohon.seesaa.net/
サイト紹介文本を読了したら記録します。読了できなくっても記録します。
自由文一言:本が好きになったのは、ウン十年前の高校2年。友人から大量にまとめてもらった「星新一」でしたw 以来僕の生活は、本とともにあります(毎年、年間100冊を目指すのですがなかなかいきません)。後はセレッソ大阪とともにあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/07/29 14:36

リュウジ さんのブログ記事

  • 「料理人という生き方」道野正(mars biblio)
  • 料理人という生き方職業ではなく、生き方。相対評価★★★★☆なんでそんな話になったのか、全然覚えていない。ある会合で、初めてあった人とほんのひととき雑談していた時に、「料理人という生き方、っていう本、知ってます?」とこの本を紹介された。で、なんか気になってアマゾン、ぼちっと。いやー、出会いですわ、本との劇的な出会い。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「女たちの避難所」垣谷美雨(新潮文庫)
  • 女たちの避難所(新潮文庫) - 現実とフィクション。相対評価★★★★★元のタイトルは「避難所」。中身をわかりやすくするため&売りやすくするために、「女たちの〜」をつけたのだろうが、元のタイトルの方がしっくりくるように思う。また、なにを評価するのか、それを明確にするにはとても難しい内容。(以下ネタバレ) [続きを読む]
  • 「日本の路地を旅する」上原善広(文春文庫)
  • 日本の路地を旅する (文春文庫) - 消えるのか、残るのか。相対評価★★★☆☆これまでは弾左衛門を描いた本を何冊も読み、近世〜近代の歴史を追いかけてきた。そこにあるのは、上と下というか、支配者と穢れとされた者たちの、互いに切っても切れない関係。(※武士に不可欠なさまざまな武具には、動物の皮が絶対に必要)さらには、明治維新後に彼らは解放されたものの、再び収束した人間社会のせつなさ。今回のルポは、上下ではなく [続きを読む]