ごっとさんのブログ さん プロフィール

  •  
ごっとさんのブログさん: ごっとさんのブログ
ハンドル名ごっとさんのブログ さん
ブログタイトルごっとさんのブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kgmshy05
サイト紹介文病気を治すのは薬ではなく自分自身       薬と猫と時々時事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/29 20:01

ごっとさんのブログ さんのブログ記事

  • セミの羽根の抗菌剤を開発
  • 関西大学の研究グループが、クマゼミの羽根の構造をまねて、強力な抗菌効果がある材料を作り出すことに成功したと発表しました。薬剤などを使わず。物理的に細菌を死滅させられる安全で持続的な製品開発につながると期待されています。セミは、アブラゼミやニイニイゼミなどの有色の羽根を持つ種類と、クマゼミやミンミンゼミなど透明な翅の種類に分かれます。このうち透明な翅には抗菌作用があると、オーストラリアの研究チームが [続きを読む]
  • ガン免疫療法の危うさ
  • 本庶先生がノーベル賞を受賞されてから、ガンの免疫療法が注目を集めているようです。免疫細胞のブレーキに当たる部分をブロックして、ガン細胞を攻撃するようになるという点では、免疫療法という言葉は別に間違っているわけではありません。しかしこの受賞以前から免疫療法を謳った治療施設が非常に多く存在していました。こういった治療の多くは患者のT細胞を取り出し細胞培養によって増殖させ、それを患者に戻すという治療法で [続きを読む]
  • 失明リスクの高い緑内障
  • 少し過ぎてしまいましたが、10月10日は眉毛と目のように見えるという、ややこじつけのような気もしますが目の愛護デーとなっており、昔からある失明予防の日ということでした。日本人が人生の途中で視覚を失う原因のトップは緑内障です。やや古いデータですが、日本緑内障学会が岐阜県多治見市の住民を対象に行った疫学調査「多治見スタディー」によると、40歳以上で緑内障と確定診断された人は5%でした。普通に生活している中高 [続きを読む]
  • 上海オープンテニス経緯
  • 今週から中国の上海で上海マスターズ(ATP1000)が開催されています。この大会にはトップ選手は故障のナダル以外ほとんど出場しており、錦織も第8シードとして参戦しました。錦織は7日に楽天オープンの決勝に出場し、その日からこの大会が始まりますのでかなり厳しいスケジュールとなりましたが、第8シードまでは1回戦免除ということで若干休む時間もできたようです。錦織の2回戦は地元中国のウー(呉)との対戦となりました。彼は [続きを読む]
  • 「培養肉」の名称をめぐる議論
  • 最近「培養肉」という新たな肉が生産されるようになってきたようです。この名前を巡ってアメリカでは何という名称にするかで議論が展開されています。培養肉とは、牛や鶏、魚から採取されたごくわずかな細胞をベースとして、研究室で培養される動物の組織のことです。現在のところこうやって培養された肉は、まだソーセージのような食品となるだけのようですが、動物の組織培養技術が比較的安価な肉の世界まで応用できているという [続きを読む]
  • 久しぶりのいつもの囲碁会
  • 定例囲碁会と言っていてもどうも2,3か月に1回程度になってしまいましたが、幹事をやっているISさんがヘルペス(脱腸)になり簡単な手術を受けることなどもあり、やっと開催となりました。このヘルペスに関しては、終了後の飲み会で詳しく話を聞きました。ところが予定していた開催日に台風が接近しそうという予報が出てきました。そこでISさんがこの近くの予定を調査しなおし、2日ずらして開催となりました。結果的にはそれほ [続きを読む]
  • データで見る「死」の県民性
  • 2017年に亡くなった人は、全国で約134万人と戦後で最も多かったようです(厚生労働省・人口動態統計)。私の高校や大学の同級生もかなり亡くなっており、「死」は何となく身近なもののように感じています。2017年の死亡数と出生数の差となる自然増減数は、約39万人の減少で、都道府県別に見ると自然増は沖縄のみとなっており、日本は死亡数が出生数を大きく上回る「多死社会」に入っています。死亡数を死因別に見ると、1位悪性新生 [続きを読む]
  • 少し早目の10月度定例麻雀
  • 今月麻雀は簡単に調整ができ少し早めに、出来れば月末もう一回ということで行いました。いつものシルバー料金のある安い雀荘に行きましたが、このところ空いているようです。この初めにどんな手が来るが自摸の流れはどうか本当に楽しみですが、それほど悪いというわけではなさそうでした。最初の半荘は皆が適当に上がりほとんど差がつかないままオーラスまで行ってしまいました。ここで私は中盤にピンフ高めで一気通貫という手を聴 [続きを読む]
  • 楽天ジャパンオープン決着
  • 東京で開催されている唯一のATPツアーである、楽天ジャパンオープンテニスが決着し、錦織は惜しくも準優勝という結果で終わりました。先日武蔵野の森までこの大会の準々決勝を観戦に行ったことを書きましたが、実際に行った場所での試合をテレビ観戦するとまた違った面白みが出てきます。錦織の準決勝はフランスのランキング25位で32歳のガスケとの対戦となりました。この二人はもう10年前から戦って、お互い手の内を知り尽くした [続きを読む]
  • コンドロイチンに脳の細胞を増やす効果
  • 軟骨の主成分として知られる「コンドロイチン硫酸」に、大人の脳内で神経細胞が新たに作られるのを促す働きがあることを、九州大学などの研究グループがマウスの実験で解明しました。この物質を利用して神経細胞を効率よく増やせば、加齢によって低下した認知機能の改善につながる可能性があるようです。コンドロイチンは私が興味を持っている化合物の一つですが、ムコ多糖類といって実験に使うには非常に扱いにくい物質です。これ [続きを読む]
  • iPS細胞の血小板輸血へ
  • 出血を止める働きをする血小板をiPS細胞からつくり、血液の難病「再生不良性貧血」の患者に輸血する京都大学の臨床研究が承認されました。血小板を含む血液製剤は献血によって作られていますが、少子高齢化などの影響で献血する人が減っています。iPS細胞から血液製剤ができるようになれば、将来の血液製剤の供給にも役立ち、献血に依存している医療現場に与える影響は大きいようです。再生不良性貧血は、免疫の異常などで体内で白 [続きを読む]
  • 楽天オープンテニス開催
  • 今週から唯一の日本で開催される楽天オープンテニス(ATP-500)が、東京の武蔵野の森スポーツプラザで開催されました。例年は有明での開催ですが、現在オリンピックに向けて改装工事中ですので、場所を変えて行われています。実は私はこの準々決勝の観戦チケットを購入しており、見に行く予定にしています。テニスの観戦はなかなか難しく、購入時には出場選手も分かっていませんので、注目選手の試合を見ることができるかはいわば [続きを読む]
  • 本庶先生ノーベル賞受賞
  • 京都大学の本庶佑先生が今年度のノーベル医学生理学賞を受賞されました。本庶先生は免疫の働きにブレーキをかけるタンパク質「PD−1」を発見し、このブレーキを取り除くことでガン細胞を攻撃する新しいタイプの「ガン免疫療法」の開発に結び付けた功績が評価されました。一般に免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬が実用化されましたので、この基礎研究を確立された本庶先生がノーベル賞候補といわれていましたので、今年度 [続きを読む]
  • サキソフォンのコンサートに行ってきました
  • 先日サキソフォンのチャペルコンサートというのがあり行ってきました。これはかみさんが習っているサックスの先生が、仲間とヂュオのグループを作り定期的に演奏会をしているもので、今回は家の近くでやるというので行くことにしました。しかし問題はこの日台風24号が日本に上陸するという予報になっていたのです。このコンサートは昼の2時からでしたので、ひどくなる前に終わるかと期待していたのですが、風雨が激しい中で出かけ [続きを読む]
  • ビタミンD欠乏症の子供が増加
  • 子どものビタミンD欠乏症が増えているようです。骨の発育不良を起こし、O脚や背中が曲がるクル病の引き金にもなる病気で、近年は過剰な日焼け対策が原因になっているという指摘もあります。ビタミンDは皮膚に紫外線が当たって、そこで別の物質から合成される物です。これは私の専門で、光化学というなかなか面白い化学反応ですが、専門的になりすぎますのでこの詳細は省略します。ビタミンDは腸管のカルシウムの吸収や骨への沈 [続きを読む]
  • 若者の酒離れ 本当の理由は
  • 色々な理由から若者の酒離れが進んでいるようです。厚生労働省の調査によると、飲酒習慣のある男性は20〜29歳ではわずか10.9%しかありません。この調査は2016年に実施した「国民健康栄養調査」の飲酒の状況というものですが、若年層になるほど酒を飲まない実態が浮き彫りになっています。飲酒習慣のある人が最も多いのは、男性では50〜59歳の46.1%で、40〜49歳は37.9%、30〜39歳は29.0%と一貫して減り続け、20〜29歳ではわずか [続きを読む]
  • 海の中の小さい生き物が天候を左右?
  • 海洋の中には肉眼で見ることのできない小さな生き物であふれています。新しい研究によれば、あるウイルスに感染した植物プランクトンが雲の形成に関与し、地球の気候にも影響を与える可能性があるかもしれないようです。これは花のような形をした円石藻(エミリアニア)という微細藻で、世界中のあらゆる場所に遍在する植物プランクトンです。2015年には、円石藻がEhVウイルスに感染すると大気中に広まり、そのウイルスを拡散さ [続きを読む]
  • 猫も気分が表情に現れるのか
  • 家の猫たちについてはこのブログでも紹介しましたが、家猫4匹とプラスαの猫3匹と賑やかに暮らしています。この猫達は食べ物にそれぞれ好みがあるようで、よく食べるようにかみさんは色々苦労をしています。この食べているときの表情などあまり気に留めていませんでしたが、こういうグルメなネコはおいしいかまずいかでかなり表情が異なるという研究結果が発表されました。この研究結果によると、ネコは美味しいと感じているとき、 [続きを読む]
  • タンパク質は動物性と植物性で異なるのか
  • 近年菜食主義の人が増え、環境的にも優しいとされていますが、植物性タンパク質だけで大丈夫なのか、筋肉をつけるには動物性の肉が必要なのかという研究がされています。イギリスでは最近になって動物への愛が増しているようで、2016年には植物をベースに作られた食品の売り上げが1600%も上昇し、それ以後も変わらず上り調子となっているようです。効率的に筋肉をつけていくために必要な要素といえば、食事からの十分な栄養素と定 [続きを読む]
  • 血液型とかかり易い病気
  • 血液型というと日本では、「性格診断」や「占い」のイメージが強いのですが、海外の医療機関では、血液型によって「病気のリスク」が変わるという相関関係が最新研究によって明らかにされつつあるようです。私は血液型というのは細胞の表面抗原の種類によって決まるものですので、それで性格が変わるというのは全く信じていません。このブログでも3か月ほど前に、血液型と免疫力の話しを取り上げましたが、それなりに科学的な証拠 [続きを読む]
  • 東レPPオープン 大坂準優勝
  • 東京・立川で開催されている東レパンパシフィックオープンの結果は、ニュースやスポーツニュースで報道されるだけでなく、情報番組などでも大々的に取り上げられています。この大坂の活躍は、テニスファンとしては非常にうれしいものです。前回準々決勝の結果まで書きましたが、準決勝はイタリアのジョルジという37位で26歳の選手と当りました。今まで女子のテニスはメディアもほとんど取り上げていませんでしたので、あまり試合を [続きを読む]
  • 亜鉛不足症状のメカニズムを解明
  • 京都大学は、亜鉛不足によって生じる様々な症状のメカニズムの一部を解明したと発表しました。亜鉛不足が細胞外ATP(アデノシン三リン酸)代謝を遅延させ、細胞外でのATPの蓄積と、ATPの分解産物であるアデノシンの減少を引き起こすことを明らかにしました。亜鉛欠乏症という言葉はたまに聞くことがありますが、それほど身近なものとは思っていませんでした。亜鉛欠乏症では、味覚障害や貧血、口内炎、皮膚炎、脱毛症、食 [続きを読む]
  • 東レPPオープン 大坂活躍
  • 今週から東京・立川で東レパンパシフィックオープンという、女子のテニスの大会が開催されています。このブログでもかなり詳しく書きましたように、大坂なおみがグランドスラムである全米オープンに優勝し、マスコミでも大きく取り上げられていますが、その日本への帰国凱旋試合となりますので、さらにマスコミの報道はヒートアップしています。本来この大会は有明で行われていたのですが、現在はオリンピックに向けて改修工事中で [続きを読む]
  • ジェネリック医薬品は安全か
  • 最近は薬局に行って処方薬をもらうとき、薬剤師からジェネリック医薬品を進められることが多いようです。ところが薬を先発医薬品からジェネリックに医薬品に替えたところ、体調が優れなくなったという患者が増えているという話があります。ジェネリック医薬品は、新薬の有効成分の特許が切れた後、別の製薬会社が製造販売する同じ有効成分の医薬品のことで、高額な開発費や長い開発期間を必要としないため、薬価は先行した新薬の7 [続きを読む]