ゆみ子 さん プロフィール

  •  
ゆみ子さん: 長男嫁の憂鬱…
ハンドル名ゆみ子 さん
ブログタイトル長男嫁の憂鬱…
ブログURLhttp://mymelancholydiary.blog.fc2.com/
サイト紹介文やっぱり同居なんてするべきじゃなかったんだ…もう逃げてしまいたい。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2015/07/30 09:42

ゆみ子 さんのブログ記事

  • あなたは来なくて良いから…
  • 今日は朝からきれいな青空、空気は冷たいけれど気持ちの良い朝…昨日、主人と娘と、舅姑それぞれの病院へ行った…舅は先日家族で行った時よりは緩やかながら反応があり、娘の呼びかけや話に耳を傾けているように見えた…姑は娘を見るなり、「〇〇ちゃん来てくれたのねー凄く嬉しいわぁ」と言って、リハビリに励んでいることを熱く話していたかと思ったら、急に「そうそう」と言って主人に向かって、「土曜日の11時から退院に向けた [続きを読む]
  • やはりまだまだ…
  • 昨夜に降り始めた雨も朝には上がって、今は青空が広がり日向は気持ちの良いお天気に…昨日、母と一緒に知人の個展に行って来た。紅葉の見ごろでもありそのギャラリーが観光地にあることもあって、母の希望通り久しぶりに電車でのお出かけに…駅構内も電車もギャラリー周辺も観光客と思われる人で溢れ、どこを歩くにも人にぶつかりそうで、ひやりとすること度々…電車の乗り降りには特に緊張した…それでも、ギャラリーに入ると、緻 [続きを読む]
  • やたらと驚いた顔をしたのは…
  • 今朝も雲が多く、とても冷え込んで寒い朝…娘を見送りながら玄関前の掃除をしているだけで手がかじかんだ…今年は例年になく手にしもやけが…なるべく身体を動かして血行を良くして冷えないようにしないと…昨日、実家の帰りに、どうにも気が乗らなかったけれど姑の病院へ立ち寄った…義実家の話を報告しておかないとまた何を言われたものか、と…(過去記事→ 理解に苦しむ… )病室に入ると姑はひどく驚いた顔をして、「あら、 [続きを読む]
  • 理解に苦しむ…
  • 今朝も雲が多く、娘が登校する時は雨がさっと降ったけれど、今は雲が切れてきて少しずつ日差しも…昨日、義実家に工務店の方が来られるため、主人から義実家の鍵を預かって私が立ち会いへ…そもそも実家に行く予定だったのに、姑の勝手な約束で義実家に向かっていることが腹立たしかった…工務店の方は「最近、こういう仕事ばっかり頂くもんで」とささっと手すりを設置するべき箇所をくまなくチェック、計測して下さって、玄関の上 [続きを読む]
  • クリスマス前に…?
  • 今朝は空一面に雲が広がり日差しは全くなく、冷え込み厳しい朝…昨夕からぐっと寒くなり暖房をつけ始めた…11月も早くも下旬に差し掛かり、いよいよ季節は秋から冬へ…昨日の午後、主人と娘と一緒に姑の病院へ…姑は主人を見るやいなや満面の笑みで、「来月、クリスマス前に退院するわ」と…勝手にそんな、と言って困惑している主人を見て、「大丈夫よ、トイレやお風呂の手すりは〇〇さんのところにお願いしたから」「ベッドは高さ [続きを読む]
  • このままでは…
  • 今朝は雲が多いけれど、時折、差し込む日差しが明るく…娘と主人はプールに行っていて今は一人ゆっくりと…昨日、お祭りの後、舅の様子を見るために家族で病院へ行った…舅は娘の顔を見ると表情が少し緩み、さらに娘があれこれと話しかけていると、目にも光が戻り視点が定まっているように見えた…ほっとした…けれど、このままでは…娘に対してだけでも反応がある間に何らかの手立てを打たないと、舅は娘のことさえ認識できなくな [続きを読む]
  • 何かが起きている…
  • 朝起きた時には しっかりと降っていた雨も ずいぶんと小降りに… 今日は午後から 小学校で地域のお祭りがあるため、 このまま雨が上がってくれると良いのだけれど… 昨日、実家からの帰りに、 ふと気になって 舅の病院へ立ち寄った… 病室に入って 舅と目が合ったように感じて 挨拶をしたけれど、 表情に全く変化がなく… いつもなら私の顔を見ただけで頬が少し緩んで 穏やかな表情になるのに… その後も話しかけ続け [続きを読む]
  • 何も考えていない主人…
  • 今朝はぐっと冷え込んで とても寒い朝に… 今は日差しもたっぷりあって 日向に出ると温かく ほっとするけれど、 部屋の中に入ると 途端に手足が冷えてくる… 昨夜、仕事から帰った主人が、 「この週末は 何か予定あったっけ?」と… 明日は地域のお祭りがあって 娘もとても楽しみにしていることを 主人も知っているはずなのに、と思いつつ それを伝えると、 「ああ、そうだったっけ…」 「お袋が急にこの週末に 外泊し [続きを読む]
  • 嫌気が差した…
  • 今日は朝から青空が広がり、寒いけれど気持ちの良い朝…登校する時に娘も「今日も良いお天気で嬉しいねー」と…昨日は予定通り、母と百貨店へ。特設のお歳暮会場は人で溢れ、番号札をとると45人待ち…それでも、たくさんの店員さんが対応されていて30分も待つことなく呼んで頂き、お歳暮の手配も手際よく進めて下さったため、お昼過ぎには用事が済んだ。お昼をどうしようかと話していると、母がふと「ピザが食べたい」と…父がイタ [続きを読む]
  • 残念な人…
  • 今日は天気予報では良いお天気になるようだけど、今は雲が多く日差しもなく…曇り空ではあるけれど、おかげさまで雨は降っておらず、予定通り今日は母とお歳暮の手配のために百貨店へ行く。昨日、姑から家に電話があった…家にいたけれどいつも通り電話には出ず…留守電を聞いてみると、「ほんとにあなた出掛けてばっかりね、外で一体何をしてるのかしらねぇ」「最近、こっち(姑の病院)には一人で来ることもないし」「そんなこと [続きを読む]
  • 抵抗があるかと思ったけれど…
  • 目が覚めた頃にぽつぽつと降り始めた雨も今は本格的な降り方に…元々の予定では、今日、母とお歳暮を見に行くつもりだったけれど、今朝、連絡をしてみると、「晴れた日に出掛けたい」と母…実家から百貨店まで車で移動するため、雨の中を傘さして…という状況にはならないのだけれど…こちらも特に今日にこだわる理由もないため、電話で話しながら天気予報をチェックして、明日デイケアをお休みして百貨店へ行くことに…デイケアを [続きを読む]
  • どうしようもないこと…
  • 今日は朝から 青空が広がり さんさんと朝日が降り注ぎ… ぐっと冷え込んで寒いけれど 気持ちの良い朝… 昨日は予定通り、 家族そろって舅の病院へ。 一昨日はぐっすりと 眠っていた舅だったけれど、 昨日はぱっちりと目を開き、 娘を見ると表情が緩んだ… ここ何度か私が病院に来た中では 一番の反応だったけれど、 以前ほどの喜びようには見えなかった… 帰り道、娘も、 「おじいちゃん、今日はしんどかったのかなぁ [続きを読む]
  • 年越しは家で…
  • 今日は空一面に薄い雲が広がり、雲間から時々日差しが差すと部屋の中がぱっと明るく…昨日、主人と娘と一緒に舅、姑それぞれの病院へ行った。舅はぐっすりと眠っていて、呼びかけても起きず…「またあしたくるね 〇〇(娘)」と娘がメモ用紙に大きな字で書いて、ベッド前のテーブルの側面に貼り付けて帰った…姑の病院へ行くと、ちょうどリハビリが始まったところ、久しぶりに立ち会った…ずいぶんと歩行も安定し、家での生活に必 [続きを読む]
  • 母のように舅にも…
  • 起きた時には雲間から 少し日差しが出始めていたけれど、 夜の間にしっかりと 雨が降ったようで、 庭の草にはたくさんのしずく… 昨日、実家に行くと 母がおもむろに、 「お歳暮の話だけど…」 「やっぱり自分で見に行きたいから 付いて来て欲しいの」 「お昼は何か美味しいもの、 食べたいね、どこが良いかしらねぇ」と… 帰りには、 「あなたが来てくれると、 ゆっくり自分のペースで買い物も出来るし、 他愛もな [続きを読む]
  • 無機質で冷たい口調…
  • 今日は朝から良いお天気、青空が広がり日差しが眩しく…昨日は舅の病院へ…先週末は姑が外出したり私自身が体調を崩してしまい、病院には来られなかったため、久しぶりに舅に会ったのだけれど…いつもほど反応がなく…目もしっかりと開き眠そうでもなく、こちらを見ているのに…担当の看護師さんを探して話を聞くと、「いつもこうですよ」と…その無機質で冷たい口調にぞっとした…舅はこのままこの病院にいて少しでも回復する可能 [続きを読む]
  • 無性に情けなく悲しくなって…
  • 雨は夜のうちに上がり、 起きた頃は まだ雲が多かったけれど、 この時間になって 少しずつ日差しも… 昨日、実家へ行くと 母が私の顔を見るなり、 「何かあった?」と… 何もないこともないけれど、 (過去記事→ 慣れという感覚の麻痺… ) 自分自身ではそこまで 重く受け止めているつもりはなく、 母にそう言われて驚いた… 楽しい話を、と お歳暮や個展を観に行く話をすると、 (過去記事→ 一瞬一瞬の今を… [続きを読む]
  • 慣れという感覚の麻痺…
  • 今日は朝から どんよりとした曇り空、 時々ぱらぱらと雨が落ち… 一雨ごとに秋が深まる… 今朝、娘を見送って家に入ると、 ちょうど姑から電話が… いつも通り電話には出ずに 留守電に吹き込まれたメッセージを聞くと… 「今年のお歳暮も 本当はデパートであれこれ見たいんだけどねぇ」 「今年は中島大祥堂さんのお菓子を 送ることにするわ」 「あの住所録に お歳暮を贈る人にはチェックをつけてあって 金額も書いてあ [続きを読む]
  • 一瞬一瞬の今を…
  • 今日も良いお天気、 部屋の中は肌寒いけれど、 庭に出ると日差しが温かく ほっとする… 昨日もあまり体調が優れず、 一日、家で過ごし、 そのおかげか 今日はずいぶんと復調したものの、 あえてゆっくり過ごしている… 昨日のお昼過ぎに 母から連絡があって、 「お歳暮の手配をしたいから、 また都合の良い時に 百貨店へ付き合ってくれないかしら?」と… ついこの前、 お中元の手配に行ったような気がするけれど… [続きを読む]
  • たった数時間なのに…
  • 今朝もとても良いお天気、 青空が眩しい… 一昨日、急きょ一時外出で 帰宅することとなった姑… 病院に行くと 準備万端で待ち構えていた姑は、 「遅いわねぇ」とぶつぶつ言いながら 車に乗り込み、 「まずはお墓参りね」と… そんな話は主人も聞いておらず、 また次で良いじゃないか、という 主人の言葉に姑は全く聞く耳持たず… 近くのスーパーで お花やお線香等を買ってお寺へ… お墓の掃除をしていると 雨がぽつぽ [続きを読む]
  • 幸せな時間など…
  • 今朝は薄い雲がかかっているけれど やわらかな日差し、 ここ数日と比べると 少し冷え込みも緩んで、 ほっとする… 昨日は娘と二人で実家へ。 天気も良くて そろそろ紅葉もきれいだから、と みんなで近くの神社まで お散歩に行った… きれいな青空と紅葉の下、 両親と娘が一緒に歩く姿を、 後ろから眺めているだけで 涙がぽろぽろと落ちた… 父も母も、娘と一緒になって どんぐりや紅葉した葉っぱを拾ったり、 松ぼっ [続きを読む]
  • 血は争えず…
  • 今日も朝から青空が広がり、 気持ちの良いお天気。 これから娘と二人で 久しぶりに実家に向かう予定だけれど… 今朝起きると 深夜に義妹からメール… 「身内が困って 恥を忍んで頼んでるのに、 助けてあげようとも思わないなんて…」 「人でなし…」… またこんな言葉を 投げかけられるとは… (過去記事→ 恩知らずの人でなし… ) 血は争えず… 連日たくさんの拍手、応援を頂き、 ありがとうございます。 重ね [続きを読む]
  • 何故かこちらの方が…
  • 今朝もきれいな青空が広がり、 日向の温かさが心地良く… もう今年も残すところ 2カ月を切り… 母が病院に運ばれたのが 去年12月初旬のこと、 もうあと1か月で一年… 時の流れにはっとする… 昨日、義妹からメールが届いた。 普段、ほとんど連絡してこないため、 どうしたのだろうと思ったら… 「勝手言って悪いんだけど、 お兄ちゃん(主人)には内緒で 3万円だけ貸して貰いたいです」 「先月子どもが体調崩して休んで [続きを読む]
  • 同居だけは…
  • 今朝もとても良いお天気、 青空がきれい… この時間になっても 部屋の中は冷えきったまま。 足元が冷たくて 思わずリビングのホットカーペットをつけた… 昨夜、主人に 姑からの留守電を聞いてもらった・・・ (過去記事→ 頭が真っ白に… ) 留守電の再生が 終わらないうちに、 「退院しても大丈夫、なんて 俺は一言も言ってない…」と 納得のいかない表情を浮かべた主人… それを見てほっとしたけれど… 「でも [続きを読む]
  • 頭が真っ白に…
  • 昨日は台風が戻って来たのかと 思うほどの強い風に驚いたけれど、 今日はきれいに晴れ渡り きりっと冷え込んだ朝に… 昨日、実家に行ったものの 体調がいまひとつで、 両親と昼食を食べた後すぐに実家を出た… 途中で何度も休憩をとりながら帰宅… 今朝はずいぶんと落ち着いたけれど、 娘を見送った後 今日はゆっくりしておこう、と思っていた矢先、 家の電話が鳴った… 留守電に切り替わると やはり姑の声… 「私 [続きを読む]
  • いっそのこと…
  • 昨日は台風が近付くにつれ、 お昼頃から雨が強まったものの、 その前の週ほどの 強い風は吹かず… 今朝は雲もきれて、 この時間になって たっぷりの日差し… ほっとする… 昨日、主人と娘は 久しぶりにプールへ。 その間、私は前日の疲れもあって ゆっくりしていたのだれど… 家の電話が鳴って 留守電に切り替わると、姑の声… 「豆果とまめしょこらは まだなの!?」 「この週末に届くって言ってたじゃない!」… [続きを読む]