ゆみ子 さん プロフィール

  •  
ゆみ子さん: 長男嫁の憂鬱…
ハンドル名ゆみ子 さん
ブログタイトル長男嫁の憂鬱…
ブログURLhttp://mymelancholydiary.blog.fc2.com/
サイト紹介文やっぱり同居なんてするべきじゃなかったんだ…もう逃げてしまいたい。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/07/30 09:42

ゆみ子 さんのブログ記事

  • 涙も出ない…
  • 昨夜はここ数日ほど気温が下がらず、久しぶりに夜も冷房をつけたままに…今朝は日差しも強く、窓を開けるとむんとした蒸し暑い空気…連日35度を越えていた頃と比べればまだまだ過ごしやすいけれど、思わずエアコンのリモコンに手が伸びる…おかげさまで、舅は一時の危険な状態からは抜け出すことが出来た…ただ、今のところ、これからどの程度まで回復するのかは全くわからない…担当医の先生からは、梗塞前の状態に戻ればとても運 [続きを読む]
  • 急遽こちらに…
  • 今日もからっと晴れて、過ごしやすい暑さ…お盆を過ぎてぐっと季節が進んだように思う…昨日のお昼過ぎに義弟から連絡があって、やはり舅の顔を見たいから急遽こちらに向かっている、と…舅の容体が急変した時、義弟は仕事の都合で駆け付けることが出来なかった…週明けには遠方への出張を控え、今週末もこちらに来ることは難しいと言っていたのだけれど、「だからこそ、今日しかない、と思った」と…主人が駅まで迎えに行って、病 [続きを読む]
  • それを覆せるような理由など…
  • 今日も良いお天気…昨日はあまり気温も上がらずとても過ごしやすく、窓を開けて寝ていると朝方には足元がひやりとするほどだった…主人はもともと水曜日までお盆休みの予定だったけれど、舅のことがあって木曜日も休み、昨日は「これ以上は休めない」と出勤…お昼過ぎに主人から電話があって、姑がどうしても舅の顔を見たいと言っているから、悪いけど連れて行ってやって欲しい、と…舅は集中治療室にいるため面会時間はごく限られ [続きを読む]
  • 予断を許さない状況…
  • 一昨日の早朝、けたたましく主人の携帯が鳴った…舅の病院から容体が急変した、と…脳梗塞…一山越えたものの今も予断を許さない状況が続いている…先週、娘と二人、病院に行った時の、舅のあの優しい穏やかな表情が何度も思い出され…(過去記事→ 不思議と心が… )舅の回復を信じてただひたすら祈る… 連日、たくさんの拍手、応援を頂き、ありがとうございます。重ねて心より御礼申し上げます。 応援お願いします。 [続きを読む]
  • 改めて思い知る…
  • 今日も青空が広がり強い日差し…湿度も高くて蒸し暑い…昨日は予定通り、娘と主人は義実家へ…御供養の他に、夕食の一品やおつまみにもなる焼き豚の詰め合わせ、手土産として、義弟家族、義妹家族、姑それぞれに手渡せるように菓子折を3箱持たせた…夜になって帰ってきた主人の手には、義弟からのお土産が入った紙袋、娘は義弟嫁からもらったという大きな犬のぬいぐるみを抱えて満面の笑み…こちらは甥っ子たちに何も用意していな [続きを読む]
  • 行ったところで…
  • 今日も朝から強い日差し…外はすでにかなり暑い…今日の午後、義弟家族が帰省してくる…主人と娘はお昼前に義実家に向かうことになっている。その間、私は家に残って仕事を…姑は、私が行かないことをこの上なく不愉快に思うだろうけれど、行ったところで決して喜ばれるわけではなく、義妹にいたっては私の顔など見たくもないだろう…(過去記事→ 連れてこないで、と… )それはこちらも同じこと…無理をして行く必要などない… [続きを読む]
  • 明らかに不機嫌そうな…
  • 今日も雲の多い空、蒸し暑い朝…昨日は午後から主人と娘はプールに行ったのだけれど、混雑しすぎていてあまり泳げなかったそうで、今日は朝一番、二人で張り切って出掛けて行った…昨日、プールから出た後に、姑から主人に電話があったそうで、「お墓掃除をしてくれてありがとう、と言われたんだけど…」「行ってくれてたのか?」と…その時になって初めて、先日、娘とお墓に行ったことを、主人に話すのを忘れていたことに気付いた [続きを読む]
  • 連れてこないで、と…
  • 今日は久しぶりに青空が広がり、すでに少し動くと汗ばむような気温に…今日からお盆休みの主人はまだ起きる気配なく、主人とプールに行きたい娘は仕方なく静かに本を読んでいる…昨夜遅く、義妹から主人に電話がかかってきた…その用件は、義弟が13日の午後に義実家に戻ってくることになったから予定を空けておくように、というものだったそうだけれど…「ゆみ子さんは来たくないだろうから連れて来ないで」と言われた、とも…先日 [続きを読む]
  • ただ淡々と…
  • 今日も雲の多い朝…昨日に比べると気温が高いように感じるけれど…昨日は娘と二人、娘が作った”愛犬”2匹を連れて実家へ…父と母は娘の顔を見ただけで顔をくしゃくしゃにして喜んだけれど、娘から”愛犬”を受け取ると、「これ、○○ちゃんが作ったの!?」「可愛く出来てるわね、すごい!」「ほんとに○○(愛犬)にそっくり」「ありがとう」と二人して口々に感想と御礼を言いながら、さらに顔をくしゃくしゃにして、母は色々な [続きを読む]
  • 期待と不安でいっぱい…
  • 今朝も雲が多く、いつもに比べると過ごしやすい…昨日は家にこもって私は仕事に励み、娘は夏休みの宿題と彼女がいまなお気に入って取り組んでいる通信教材を済ませた後、(過去記事→ 驚いた… )針と糸、フェルトを使って愛犬のマスコット作りに精を出していた…昨日作り始めたマスコットはすでに3つ目…もう手慣れたもので私が口を挟む場面は一度もなかった…今日はこれから実家へ向かう。その出来上がっている”2匹を連れて [続きを読む]
  • あっという間に…
  • 爽やかな空気漂う朝にほっとする…昨夜は風もあって気温も25度近くまで下がり、ずいぶんと久しぶりに冷房を切って扇風機だけで眠ることが出来た…こんな日が続くとありがたいけれど、まだ8月上旬…なかなかそうはいかないだろう…先日一緒にプールへ行った娘のお友達とお母さんが、(過去記事→ 久しぶりにそう思えた… )昨日、我が家に遊びに来て下さった。娘たちは、おもちゃで遊んだり、絵を描いたり折り紙を折ったり、子ど [続きを読む]
  • 不思議と心が…
  • 今朝は雲が多く久しぶりに日差しのない朝…それだけでずいぶんと外に出た時の体感温度が違っていて、驚いてしまう…昨日はふと思い立って、娘と二人、義実家のお墓掃除へ…お墓周りには雑草が生い茂り、花立にはからからに乾燥したお花…義実家に対する思いはほぼ皆無ではあるけれど、さすがに申し訳ない気持ちになった…掃除を終えてすっきりときれいになった墓前で手を合わすと、不思議と心が穏やかに…娘も汗をいっぱい額に浮か [続きを読む]
  • 驚いてしまったけれど…
  • 今日も朝早くから響き渡る蝉の声、きれいな青空と強い日差し…連日の猛暑に、朝になっても疲れが抜けず、日に日に溜まってきているように感じる…一昨日の夕方、姑から主人に電話があって、「この時間からは無理に決まってるだろう」「分かったから…また明日な」と電話を切った主人は、娘に向かって、「明日、○○の家(義実家)に一緒に行こう」「お寿司を頼んでくれてるんだってさ」と…娘が「お母さんは?」と聞くと、私が口を [続きを読む]
  • 限界に達したのかもしれない…
  • 今日も朝から強い日差し…今朝もエアコンを切って窓を開けると、いつも以上に熱い空気が流れ込み…すぐにでも窓を閉めたくなったけれど、そこは我慢して、掃除を済ませるとそれだけで汗ばんでいた…先日の台風以来、姑からは全く連絡がなく、気にはなっていたのだけれど…昨日の午後、娘と買い物に出ている間に、姑から留守電が入っていて、「夏休みだと言うのにどうして顔を見せにも来ないのよ!?」「お盆休みも来ないつもりなん [続きを読む]
  • 返す言葉なく…
  • 今日も朝から蝉の声と強い日差し…起きてから必ず一度、部屋のエアコンを止め窓を開けて空気の入替えをするのだけど、入ってくる空気がすでに熱気を帯びていて、爽やかさなど皆無…主人のお弁当を作って朝ごはんの準備を済ませ、主人を見送った後、すぐに掃除機をかけて、再びエアコンをつけて娘と二人でのんびりと朝食…それがこの夏休みの朝の生活パターンとして定着しているのだけれど、主人としてはそれが面白くないらしく…昨 [続きを読む]
  • 色々な気持ちが溢れて…
  • 今日も朝から強い日差し…起きた時は響き渡っていた蝉の声も今は全く聞こえない…いつまでこの暑さが続くのだろうか…昨日は一昨日の疲れもあって、一日、家から出ずに私は仕事に励み、娘は宿題をした後、最近使えるようになった針と糸を使って布やフェルトを縫うことに夢中に…針に糸を通せるようになったのがつい数日前のことなのに、あっという間に玉止めや玉結びも波縫いや返し縫いも出来るようになり、夏休みの工作として犬の [続きを読む]
  • 久しぶりにそう思えた…
  • 今日も朝から晴れ渡って強い日差し…昨日あたりから台風前の凄まじい暑さが戻ってきている…昨日は、娘のお友達とそのお母さんと4人で近くのプールへ…そのお友達と娘はとても仲良しで、私も学校で何度か話したことがあったけれど、お母さんとは参観の時にご挨拶をして連絡先の交換をしたぐらいのもの…初めはとても緊張したけれど、とてもゆったりと穏やかな雰囲気の方で、話しているうちにその緊張もすぐに解れていった…義実家 [続きを読む]
  • 改めて強く感じた…
  • 今日も朝から強い日差しが照り付けている…今日も35度を越えて猛暑日の予報…それでも、40度近くまでならないのならまだ良い、とどこかほっとする気持ちも…昨日はずいぶんと久しぶりに、娘と二人、実家へと向かった。おかげさまで実家も特に変わりなく、父も母も娘を見てにこにこと満面の笑み、「また一段と背が伸びたね」ととても嬉しそうだった…母と私と娘、三人で昼食の準備をしたのだけれど、しばらく見ないうちに母の手際が [続きを読む]
  • 出なくて良い、と…
  • 今日は朝から晴れて良いお天気…昨日はいくぶん涼しかったものの、今日はまた厳しい暑さになるそう…昨日の未明はこの辺りも台風が通過したため、あまりにも激しい雨と風に、このまま続くと一体どうなってしまうのだろうと気が気でなかった…それでも主人はお構いなしにぐっすり…携帯に姑からと思われる着信があっても起きる気配は全くなく、何かあったのかもしれないと起こしてみたけれど、迷惑そうに「大丈夫だって」と一言…そ [続きを読む]
  • 無理して来てもらっても…
  • ”異例の動き”を見せている今回の台風…この辺りはまだ晴れ間が覗いているけれど、今夜遅くには上空を通過する可能性も十分考えられ…主人と娘が朝から庭の物を整理、片付けていた。昨日、義妹からメールが届き…またお盆の話だろうとうんざりしながら読んでみると、確かにその話ではあったけれど…「どうせ当日になって体調が悪くなるんでしょうし、最初から来ないって言っておいてもらった方がこちらも都合が良いんだけど…」「 [続きを読む]
  • 不思議そうな顔をして…
  • 今日も朝から雲が多く日差しがあまりない分、ここ数日に比べるとずいぶんと暑さが穏やかに感じるけれど、台風の不安定な動きに不安が募る…昨夜、主人からも、お盆休みに義実家に集まるという話が…(過去記事→ まるで別人のよう… )主人の中では家族そろって行くことが当たり前、行かないという選択肢は全く頭になく…それでも、これまでの経緯を考えてその場に居ることに不安があると伝えてみると…主人はきょとんと不思議そ [続きを読む]
  • まるで別人のよう…
  • 今朝起きた時は空一面に雲が広がり、久しぶりに日差しのない朝だったけれど、この時間になって雲の間から強い日差し…娘は元気に小学校のプールへと出掛けて行った…昨日の午後、娘と買い物に行って帰宅すると、久しぶりに姑から留守電…「毎日暑いけど、○○ちゃんもゆみちゃんも元気?」「お盆に○○(義弟)たちが帰ってくることになってね」「暑い中大変だけどあなたたちも来て頂戴ね」「ゆみちゃん、悪いんだけど、その時、お [続きを読む]
  • 他人に分かるわけがない…
  • 今日も早朝から蝉の大合唱、強い日差しが照り付け、すでに酷い暑さに…珍しく娘が暑いと言って冷房の温度を1度下げたほど…この暑さはいつまで続くのだろうか…昨日、仕事のことで聞きたいことがあって、あの高校時代の同級生にメールを送った。(過去記事→ 的を得たその言葉に… )夜になって返信があり、そこには明快な質問の答えとともに、彼女の近況も少し…その厳しい状況に胸が痛んだ…メールの最後には、自分でさえ自分 [続きを読む]
  • 何の解決にもならない…
  • 今日も朝早くから蝉の声が響き渡り、よりいっそう暑く感じる…今日は小学校で夏季プールがあるらしく、娘は嬉しそうに出掛けて行った。昨日も義妹からメールが入り、「夏休みに入ったんだからお母さんに○○ちゃん(娘)の顔ぐらい見せに行ってよ」「家で仕事してるなら時間の都合ぐらいつくでしょう?」「大した稼ぎにもならないでしょうに」と…義妹にそんなことをとやかく言われる筋合いはない…少し頭に来たため主人にそのまま [続きを読む]
  • あなたが行けば良い…
  • 今日も朝から強い日差し…夜に干した洗濯物がすでにからっと乾いていた…娘が夏休みに入ってこちらも少しのんびりとした気持ちに…結局、この週末は、主人が昨日、姑の様子を見に行っただけで、その時も一緒に行こう、とも言われることもなく、私も娘も義実家へ行くことはなかった。夕方になって夕食の準備をしていると、義妹からメールが入り…「どうして(義実家に)行かなかったの?」「あれだけ頼んでおいたのに…」「お母さん [続きを読む]