箱根ヶ崎P.N.3 さん プロフィール

  •  
箱根ヶ崎P.N.3さん: 考えはいつもNo think!
ハンドル名箱根ヶ崎P.N.3 さん
ブログタイトル考えはいつもNo think!
ブログURLhttp://www.hakonegasaki.com/
サイト紹介文丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/07/30 16:37

箱根ヶ崎P.N.3 さんのブログ記事

  • 辛い社会人生活がちょっと楽になる髪型 ”ボウズスタイル”
  • 床屋で髪を切って貰うようにしてからしばらく経つ。節約的な意味合いで主にQBハウスを愛用している。QB ハウスの何が魅力って挙げればキリが無いが大きく分けて値段、スピード、会話不要の3つが挙げられると思う。挙げられると思うのだが……。 QBハウスの魅力 値段 スピード 会話不要 QBハウスの魔力 ボウズスタイル 他にも四方山話の記事、あります [続きを読む]
  • スポーツ観戦を楽しみたい!
  • !サッカー・野球・ラグビー、スポーツの種類は数知れないが色々な盛り上がり方があると思う。サッカーの様に「わーっ!」と盛り上がるスポーツもあれば、将棋の様に手に汗を握りながらもじっと固唾を飲んで試合の行く末を見守るスポーツもある。 スポーツ観戦の楽しみ方が解らない なぜスポーツ観戦に興味が持てないのか? 鬼気迫る演技 他にも好きな物の記事、あります スポーツ観戦の楽しみ [続きを読む]
  • WOWOW・ノンスクランブル枠のアニメ「課長王子」と「Niea_7」を紹介したい!
  • かつてWOWOWではスクランブル枠(いわゆる有料放送)以外に受信設備があれば視聴可能な”ノンスクランブル枠”で放送するアニメがあった。今の様に専門チャンネルやインターネットがあまり一般的でなかった事もあってメジャーな作品は少なかったが、決して駄作・凡作では無かった。メジャーとは言い難い、そんな埋もれた作品にスポットを当てて紹介したい。全体的にアニメのテイストが古いが、15年以上前の作品なので「こんなの [続きを読む]
  • 富士山で最高の景色を見る為、実際に持って行った装備【まとめ】
  • 一度は富士山に登ってみたいけど、実際に登るとなると、必要だったり準備しなきゃいけない物も多い。かと言って持っていき過ぎると、登山中に体力の消耗が激しくなるので、適度な量を持っていきたい。「持っていく物・値段がよくわからない」「登りに行く時間が無い」「登れるか体力的に自信が無い」心配はごもっともだと思うので、実際に富士登山をした際に持って行った物をまとめて見た。人によっては不要な物もあるかも知れ [続きを読む]
  • 【王ろじ/新宿区】邪道?王道?とんかつ発祥の老舗で食べるとん丼!
  • とんかつ屋で食べるとんかつってちょっと特別感がある。別にファミレスで食べても、スーパーの惣菜コーナーで買ってもいいけど、とんかつを油に入れて揚げる音や、香ばしい匂いを前座にしてからのとんかつを食べると、一層味わい深く感じる。(個人の感想です)材料や調理方法も大事だけど、とんかつ屋に入った時に香る匂いを嗅いでから、席に着いてお茶を飲む。そして、他のお客さんに出されるかつを見ながら期待を高め、自分の [続きを読む]
  • 【from afar倉庫01 / 墨田区】雑貨と器に個性が光る倉庫改装のカフェ!
  • カフェって言うと自由ヶ丘や表参道、青山などのキラキラした場所が思い浮かぶ。ただ、最近”アツい”と思っているのが墨田区〜台東区界隈だ。古くからあるカフェってか喫茶店と言う雰囲気の”デン”や、接客・料理・雰囲気が最高に素敵な”itonowa”など魅力的なお店が多い。各お店は個性はそれぞれだけど、都会的なシュッとした感じよりも、手作り感があって温かみのある雰囲気はどこか共通している様に思える。カフェ好き [続きを読む]
  • 富士山登山を数字で見てみる【30代前半・男性の場合】
  • 富士登山って大変は大変だけど、子供から年配の方まで登れる山で、しっかり準備すれば誰でもチャレンジする事が出来る。「山登りって辛くね?」「登り始めてどの位で頂上に着くか解かんねぇ」年齢や天候によって変わってくるけど、次に登る誰かの何かの参考になればと思って書き出しています。前提として、登山対象者は【30代前半の男性】が登った場合の各種数値となっております。 当日のルート・天気 登山ル [続きを読む]
  • 富士山で登山しながらTwitterで実況したまとめ ③
  • ちょっと頭痛が痛いけど、気にしたら高山病に負けそうな気がするので、それを無視するなら無事に山頂に到着。登ったら下りるまでが登山。自分で苦労して登った道を今度は苦労して下りなきゃならないので世話は無い。登山は無事に下山するまでが”登山”なのである。登った分、今度はひたすら下ります。 富士登山 1日目 18:06 18:52 20:03 22:30 富士登山 2日 [続きを読む]
  • 富士山で登山しながらTwitterで実況したまとめ ①
  • 夏も終盤となった8月の最終週。初の富士登山は、小さな子供だったらムササビみたいに飛べるんじゃね? って勢いの雨風で止む無く途中で断念。初の富士山登山で登頂断念? 登山は安全と引き際が肝心 - 考えはいつだってNo think!それから月日は流れ、数年後。再戦(リターンマッチ)の為、再び富士山の麓に降り立ったのである。そもそも登山が好きになったのは「ふとした事から富士山に登る事になり、その装備をある程度買っ [続きを読む]