沖縄産コーヒー さん プロフィール

  •  
沖縄産コーヒーさん: 国産コーヒーを沖縄から 沖縄コーヒーアイランド
ハンドル名沖縄産コーヒー さん
ブログタイトル国産コーヒーを沖縄から 沖縄コーヒーアイランド
ブログURLhttp://coffee.okinawa/
サイト紹介文沖縄で国産コーヒーを栽培しております。おいしい沖縄産コーヒーで沖縄コーヒーアイランドにしていきます!
自由文沖縄は台風が多くコーヒーの安定生産が難しいですが、幻と言われる日本産コーヒー作りに挑戦していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/07/31 13:30

沖縄産コーヒー さんのブログ記事

  • コーヒー発祥の地 エチオピア
  • エチオピアコーヒー(モカコーヒー)エチオピアはコーヒーの木(アラビカ種)の原産地でコーヒーの発見は9世紀ごろと言われております。エチオピアの国土は日本の約3倍、世界第7位の生産量を誇りハラールやシダモ地区などのコーヒー産地があります。boncafe(モカ イルガチェフG-1)世界のコーヒー豆の中でも特にフルーティーな香りが楽しめるエチオピア産コーヒー(モカコーヒー)ですが、このフルーティーな香り(モカ香)は独特の品 [続きを読む]
  • コーヒー収穫シーズン(台湾)
  • 沖縄より早く収穫シーズンに入る台湾沖縄コーヒーも赤く実が色づき収穫できるコーヒーの木もぽつぽつとありますが、台湾のほうが収穫量などから沖縄より1か月ぐらい早い感じです。台湾は大きな山がありますので標高の違いでコーヒーチェリーの色づきや豆の大きさ、硬さが違います。下記はコーヒーの実の収穫後の様子になります(パルプドナチュラル法)コーヒーチェリー収穫後収穫後に果肉除去して水洗いコーヒーパーチメント豆の [続きを読む]
  • おしゃれなコーヒーカップ(沖縄陶器市)
  • 沖縄の陶器市(やちむん市)にコーヒーカップを買いに行って来ました。沖縄やちむん市(読谷村)個性的な作品がたくさんあり見ているだけでも楽しい焼き物市でした。一般的なコーヒーカップは保温性を高めるための工夫がされています。コーヒー抽出温度は90℃前後、飲み頃温度は65℃前後が良いとされコーヒーカップはコーヒーが冷めるのを防ぐ構造になっているのが多いです。 [続きを読む]
  • 手回しコーヒー焙煎
  • 近年は趣味として焙煎を楽しむ方が増えてきております。コーヒー豆の焙煎は家庭にあるフライパンや鍋を使って気軽に楽しむこともできます。手回しロースターによる沖縄産コーヒーの焙煎コーヒー専用の手網焙煎器や手回しロースターなどがあると楽に焙煎ができます。 [続きを読む]
  • 泡盛コーヒーと酒造所見学
  • 泡盛コーヒーとは?沖縄のお酒「泡盛」と「コーヒー」をブレンドしたものです。(沖縄産コーヒー豆を使用した商品ではありません)味はコーヒー感と後味に泡盛感が楽しめる飲みやすいコーヒー酒です!牛乳or豆乳割りやアフォガードにしてもおいしいと思います。泡盛コーヒーと酒造所見学沖縄の酒造所沖縄はかつては400以上の酒造所があったと言われていますが現在は46まで減少しております。なかでも珍しいのが日本最西端の与那国 [続きを読む]
  • コーヒー苗のマッチ棒とは
  • コーヒー栽培者の間では写真のようなコーヒー苗を「マッチ棒、ソルジャー苗、兵隊さん」と言ったりしています。コーヒー苗 マッチ棒コーヒーは種から育てると最初に根が出てきて豆の部分が持ち上がりその後、葉っぱが出てきます。コーヒー豆の発根葉っぱが出るまでの間マッチ棒などに似ています。葉っぱが出る前のコーヒー苗葉っぱが出てきたコーヒー苗今回コーヒー試験栽培で作った苗があり欲しい方に差し上げます。コーヒー苗プ [続きを読む]
  • パーチメント豆の脱穀
  • コーヒーパーチメント豆を精米器で脱穀してみました。Parchment coffeeパーチメント豆の含水率や精米器の回転数、時間にもよりますが問題ないレベルの脱穀はできそうです。コーヒーパーチメント豆とは?コーヒーチェリーの果肉を除去したあと最初のコーヒー豆の状態で殻がついたコーヒー豆のことを言います(お米で言う籾(もみ)に当たります)この殻を除去(脱穀)して生豆を取り出します。 [続きを読む]
  • 今夏の沖縄産コーヒー
  • 適度な台風のおかげで酷暑レベルまで暑くならない沖縄です。そのため沖縄各地でコーヒーの生育も概ね順調に思います。Okinawa Coffee cherry成熟前の緑のコーヒーチェリーです。コーヒーの木は実がつくと最初は緑色で熟すと赤や黄色になります(沖縄では概ね冬季に実が熟し収穫します)おきなわコーヒー農園おきなわコーヒーチェリー白キクラゲの廃菌床を使ったコーヒー試験栽培もしております。キクラゲ農園おきなわコーヒー苗 [続きを読む]
  • コーヒーの接ぎ木
  • コーヒー苗の接木接木(つぎき)とは?品種の異なる植物同士をつないで一つの植物体とすることです。コーヒー:品種Aと品種Bをくっつけるこのとき、上部の植物体を穂木、下部を台木と言います。接木法は様々な農作物で利用され例えばキュウリ(穂木:キュウリ 台木:カボチャ)などがあります。コーヒーの接木は海外でよくおこなわれます。穂木:アラビカ種 台木:ロブスタ種orリベリカ種という組み合わせの接木コーヒー苗が作 [続きを読む]
  • 沖縄コーヒー発祥地(うるま市)
  • 今から約40年前、沖縄で最初にコーヒー生産が始まった場所「うるま市」現在、宅地開発により沖縄コーヒー発祥の畑はありませんが現地でお話を聞くとコーヒーをご存知の方が多くいらっしゃいます。そこで、うるま市の展望台からうるま市およびその周辺の様子を撮影してきました。撮影:石川高原展望台(標高201m) うるま市テロワールうるま市は沖縄本島中部に位置し「うるま」とは「サンゴの島」を意味します(ウル=サンゴ、マ [続きを読む]
  • 沖縄コーヒーセミナーのお知らせ
  • 沖縄コーヒー栽培をテーマにしたセミナーです。沖縄でのコーヒー栽培の実績に基づいた将来の可能性☆独自精製による沖縄産コーヒーの試飲およびコーヒー苗プレゼント☆イルガチェフェコーヒーのようなフルーティーな果実感が味わえる沖縄産コーヒーです。日時 2018年7月28日(土)10時30分〜12時00場所 ピュアキャッスル珈琲(沖縄県豊見城市豊崎1-40)講師 中山コーヒー農園 岸本氏参加費 2500円募集人数 10名(事前予約制 [続きを読む]
  • 沖縄の水(ピーホス汚染)
  • 沖縄のピーホス問題米軍基地発生源の泡消火薬剤などに含まれるピーホス(PFOS)という物質が北谷浄水場(水道水)から微量ですが検出されています。検出理由は水源の一部を嘉手納基地内外の地下水・河川水から取水しているためです。特に嘉手納基地内を流れる大工廻川(だくじゃくがわ)や井戸から高濃度のPFOS・PFOAが検出されます。過去最高値:嘉手納井戸群で1870ng/L、大工廻川で1320ng/Lピーホスの毒性はまだよくわかっており [続きを読む]
  • 沖縄の水(おいしさの秘密)
  • 沖縄の水道水沖縄の水は他県と比べ味は引けを取らないと思っています。コーヒーの味わいに影響を与える硬度は軟水でおいしい水の水質要件(蒸発残留物など)も適正値です。そこで、沖縄最大規模の北谷浄水場に行って沖縄の水についてお話を聞いてきました。映像に金魚の水槽がありますが、これは原水等を常時流入させ魚の動きをモニタリングすることで水質異常を早期発見しています(バイオアッセイと言います)北谷浄水場の原水は [続きを読む]
  • コーヒー花の花弁数
  • 沖縄に台風が近づいておりますが、そんな中でリベリカ種の木が再び開花しました。リベリカ種(2018年7月8日撮影)普通、花弁の数は3、5、8、13…のようにフィボナッチ数列の数が多いのですが、沖縄リベリカ種コーヒーは6〜9枚で今日は7枚が多かったです(香りはジャスミン)ちなみに沖縄のアラビカ種の花びらの数は5枚でコーヒーの花言葉は「一緒に休みましょう」です。 [続きを読む]
  • 台風後の沖縄コーヒー農園(被災状況)
  • 台風6号によるコーヒーの木の被災状況沖縄コーヒーの露地栽培(森林栽培、窪地栽培、平地栽培)において台風によるコーヒーの木の影響を見てみました。結果、森林栽培と窪地栽培で被災はありませんでしたが平地栽培では防風木の損壊とコーヒーの木の倒木が見られました。沖縄コーヒー栽培の一丁目一番地は台風対策森林栽培や窪地栽培は台風対策の有効な栽培法でありますが平地栽培と比較して栽培がやや難しい面があります。それは [続きを読む]
  • 台湾コーヒーの歴史(台灣咖啡的?史)
  •  台湾珈琲の歴史 はじめに台湾にはもともとコーヒーの木は自生していないため外国から持ち込まれることになります。台湾産コーヒーの誕生(最有力説)田代安定の報告書「熱帯植物殖育場報告」によると、1884年イギリス人がフィリピンのコーヒー苗木を台北に植えたのが最初と言われています。オランダ統治時代(1624年-1662年)オランダの統治時代に台湾でコーヒー栽培を試みた可能性はありますが、オランダは1700年前後にジャワ [続きを読む]
  • ウサギはコーヒーチェリーを食べるか?
  • ウサギにコーヒーチェリーを与えてみました。沖縄産コーヒーチェリー結果、興味津々でしたが未知の coffee cherry は警戒し食べてくれませんでした(親ウサギ、子ウサギとも同じ)ただ最近は慣れてきたのか少しかじるようになってきました。これはヤギと同じパターンで認識すれば食べるようになるかもしれません。ヤギはコーヒーチェリーを食べるか? [続きを読む]
  • 吉雄耕牛が飲んだコーヒーとは?
  • 当ブログでは日本で最初にコーヒーを飲んだ人は吉雄耕牛(よしお こうぎゅう)という見解ですが、その吉雄耕牛が飲んだコーヒーについて推測してみました。吉雄耕牛とは?結論は「1750年前後のジャワ島産アラビカ種」オランダ東インド会社(VOC)からのものです。VOCとコーヒー栽培VOC(Vereenigde Oostindische Compagnie)は1700年前後にジャワ島でコーヒー栽培を着手。1712年からコーヒー豆をヨーロッパに市場投入しています [続きを読む]
  • おいしいコーヒーの色探し
  • コーヒーの色についてコーヒーを作るときの焙煎度やドリップ時の調整は五感を使って総合的に判断しますが、今回は視覚(コーヒーの色)について書いてみたいと思います。色は長さや重さのような単位はもっていなく味・香り同様に表現の難しいパラメータで個人差もあります。コーヒードリップ時の湯温低下や抽出量が多くなるとコーヒーの色(成分濃度)が薄くなり味も変わってきます。そこで、おいしいコーヒーの色を探すため [続きを読む]
  • コーヒーチェリーの乾燥
  • コーヒーチェリーの乾燥は大別するとコーヒーチェリー収穫後、果肉を除去しておこなう方法とそのままの状態で乾燥する方法とに分かれます。下記はそのままの状態で乾燥するナチュラル法になります。沖縄産コーヒーチェリーナチュラル法は自然乾燥で次第に水分が抜け黒っぽくなってきます。コーヒーチェリーの乾燥乾燥具合は温度・湿度・風速等、天候に左右されます。乾燥が進んでくると従来法は黒っぽくなりますが、若干赤みを残し [続きを読む]
  • ハブ出ました(映像あり)
  • ハブは気温27℃、湿度80%で活動が盛んになってきます。現在、沖縄でハブ注意報(ハブ咬症注意報)は出ておりませんがクワの実を採っていたところハブを発見しました。habuは木の上にもいますので注意しましょう。コーヒーの木とヘビについてクワの木とハブ桑の実 [続きを読む]
  • コーヒーのビットコイン決済
  • コーヒー店でビットコイン決済できるお店はまだ少ないですが、東京で見つけました。店名:最強のバターコーヒー(代々木)※飲み物は思ったほど重たくなくおいしかったです バター・オイル・コーヒーから作られる飲料今後、日本でもオリンピックに向け暗号通貨(仮想通貨)で決済できるお店が増えていくと思います。仮想通貨はたくさんの種類がありコーヒーコイン(草コイン)というものまであります(1CoffeeCoin=0.16円) [続きを読む]
  • 沖縄コーヒー 開花宣言(2018年)
  • 沖縄でコーヒーの開花が見られるようになりましたので沖縄コーヒー開花宣言2018をします。昨年は4月2日に沖縄コーヒー開花宣言(2017年)をしましたが今年もほぼ同じくらいです。最近は日本各地で暖かい日が続き全国的に桜の開花が早いです。これは寒冬だったことで桜の花芽の休眠打破が早くなっていたことも影響しています。例年、本土の桜が早く咲くところと沖縄コーヒーの開花日は近似します。coffee blossom 2018/03/29 Oki [続きを読む]
  • 沖縄産コーヒーでティラミスを作ってみた
  • 沖縄産コーヒーを使って沖縄風ティラミスを作ってみました(子供用と大人用の2バージョン)試食後の感想は今一つの評価が多かったですが、おいしかったです。【簡単レシピ】沖縄風ティラミスの作り方大人用バージョンでは、チョコレートの原料であるカカオも使ってみました。沖縄でのカカオ栽培は難しくまだ実がならないため台湾産を使用しています。ティラミス(tiramisu)とはイタリアのケーキの一種で「私を元気にして」といっ [続きを読む]