てん さん プロフィール

  •  
てんさん: 漫画があればいいのだ!
ハンドル名てん さん
ブログタイトル漫画があればいいのだ!
ブログURLhttp://mangayomihukeru.blog.fc2.com/
サイト紹介文漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1060回 / 365日(平均20.3回/週) - 参加 2015/07/31 19:35

てん さんのブログ記事

  • 今日から女、はじめました。 【著者:高宮はいり】
  • 高宮はいりさんの作品『今日から女、はじめました。』(ジーウォーク)ごく普通の男子高校生の淡島桂だったのですが、朝、起きてみると、身体が女になっていました。実は、桂の兄である桂一郎は製薬会社に勤務しており、女体化する薬「ニョタイカンZ」というのを桂の夕食に混ぜたため女体化してしまったんです。動物実験では1度イクと元に戻れるはずだったのに、実の兄に抱かれてイッたのですが、桂の身体は女体化したまま・・・ [続きを読む]
  • しゃばけ漫画 仁吉の巻 【原作:畠中恵 アンソロジー作品】
  • 原作:畠中恵さん アンソロジー作品の作品『しゃばけ漫画 仁吉の巻』(新潮社)この作品なのですが、畠中恵さん原作の人気小説『しゃばけ』のトリビュート漫画になっています。様々な漫画家さん独自に『しゃばけ』の世界観を崩すことなく、描かれたこの作品なのですが、登場キャラもイキイキとしていて楽しく読むことができました。実はこの作品が出ているのは知らなくて、この作品にも作品を投稿されているみもりさんが作画された [続きを読む]
  • 悪舌のモルフォ 【著者:青辺マヒト】
  • 青辺マヒトさんの作品『悪舌のモルフォ』(講談社)スランプで書くことができなくなった小説家の坂本久月は自殺をしようとしていました。すると目の前に美少年(芦川帝)が現れ、「死ぬくらいなら俺の玩具になれ!」と、3つの契約を持ち掛けてきて、久月はそれを受け入れたのです。その契約とは、「俺(帝)に干渉するな」(お金の出所などを詮索するななど)「俺のために生きろ」(簡単に言えば死ぬな)「帝さまの戯れのままに」 [続きを読む]
  • ぼくたち保育科高校1年生 【著者:弾正よしかげ】
  • 弾正よしかげさんの作品『ぼくたち保育科高校1年生』(集英社)低身長を気にする笹木健太は楽に入れる・・・ということで保育科のある高校に入学するも、男女比の差(女子が断然に多い)に尻込みをしてしまいました。同じクラスになった鳥野浩平と仲良く?なるも、クラスの女子からは背が低いから・・・と可愛い・・・なんて言われっぱなし。背が低いことにコンプレックスを持っている健太なのですが、保育科の授業を受けていくこ [続きを読む]
  • 彼女のやりかた 【著者:田所コウ】
  • 田所コウさんの作品『彼女のやりかた』(リイド社)この作品なのですが、日常に起こる小さな悩みなどを解消する女性たちを描いたシュールなコメディ作品になっています。早起きをしなければならない時・・・退屈な会議をどう乗り切るか・・・眠れない夜にどうすれば・・・などなど、なぜ、このような解決法になるのか?なんて不思議な感覚で読める作品です。ここに登場する女性たちはこんな性癖でもあるのでは・・・?なんて思って [続きを読む]
  • みらいのふうふですけど? 【著者:野中友】
  • 野中友さんの作品『みらいのふうふですけど?』(一迅社)小学生の頃、家族で引っ越していったほのりと、中学を進学を機に3年ぶりに再会をしたちさき。小学生の頃は弱気でおどおどとしていた雰囲気だったのに、身長も伸び、落ち着いた雰囲気になっていたほとりを見て、昔は自分の方が世話を焼いていたのに、今は逆転してしまい、ちょっと戸惑っていました。実はほのりは以前からちさきにもしてもらっていたことと同じようなことを [続きを読む]
  • 女神寮の寮母くん。 【著者:日野行望】
  • 日野行望さんの作品『女神寮の寮母くん。』(角川書店)12歳の誕生日に家が火事になり、父親は無責任にも失踪し、1人で暮らしていくことになった南雲孝士は街で野垂れ死にしそうになっていました。そんな時、声をかけてくれた女性に拾われ、とある建物へと連れていかれ、ラーメンをごちそうになりました。見るからに汚れている孝士を見て、お風呂に入ってくるよう言われた孝士は風呂場で衣服を脱ぎ入ると、そこには3人の女性が [続きを読む]
  • マーダーボール 【著者:肥谷圭介】
  • 肥谷圭介さんの作品『マーダーボール』(講談社)家族で車で出かけている途中に事故にあい、車いす生活を送るようになった女子高生の海野アリサ。普段から元気よく見せているのですが、車いすに乗っていることから“障害者”のレッテルを貼られてしまうことにまわりには迷惑をかけないよう、誰ともぶつかり合わないよう日々を送っていました。そんなある日、車いすに乗った男性にナンパのような感じで声をかけられ、全力で車いすを [続きを読む]
  • 彼女のお×××はえっちすぎる 【著者:藍吉はづき】
  • 藍吉はづきさんの作品『彼女のお×××はえっちすぎる』(竹書房)この作品なのですが、男性がちょっとエッチな女性に迫られる・・・襲われる・・・といった感じのソフトな痴女を描いた短編がギュッと詰まった作品になっています。スーツを買いに行くとそこの店員のお姉さんに・・・スポーツを競い合っている後輩に・・・普段は大人しい同僚なんだけれどもお礼に・・・などなどといった様々なシチュエーションで女性がリードしてく [続きを読む]
  • 飼育少女 【著者:仲川麻子】
  • 仲川麻子さんの作品『飼育少女』(講談社)この作品なのですが、女子高生の鯉住のぞみは、生物教師の対馬先生に生物室に突然呼ばれます。授業は別の先生だし、掃除の監視ぐらいしか接点がなかったため、何故、呼び出されたのか思い当たる節がなく、何かされるのでは・・・なんて思っていると、対馬はひとつの瓶を取り出し、その中の生き物(ヒドラ)を飼ってみないか・・・と言われたんです。対馬はのぞみが掃除しているときに、何 [続きを読む]
  • お前にだけはイジワルしたい 【著者:カトウロウ】
  • カトウロウさんの作品『お前にだけはイジワルしたい』(ブライト出版)子供の頃に迷子になった加賀ひまりを優しく家まで送り届けてくれた一宮悠介に一目惚れをしてしまいました。そんなひまりも高校生になったのですが、あの頃からの思いはずっと続いているのですが、なかなか告白・・・なんて勇気も出なかったのですけど、仕事に出かける前の悠介にお弁当を渡すことに成功しました。これがきっかけで距離が近づけば・・・なんて思 [続きを読む]
  • おひとりさまのゆたかな年収200万生活 【著者:おづまりこ】
  • おづまりこさんの作品『おひとりさまのゆたかな年収200万生活』(メディアファクトリー)ひとりぐらしで年収200万円・・・で暮らしていけますか?月給18万円弱で家賃、水道光熱費、通信費、食費に仕事場までの交通費などを引くと5万円あるかないか・・・それで衣類や交際費、生活用品などにも使うと、貯金できるのはわずかかもしれません。この作品なのですが、切り詰めた節約・・・ではなく、無駄なお金を使わないように [続きを読む]
  • ぶっきんぐ!! 【著者:美代マチ子】
  • 美代マチ子さんの作品『ぶっきんぐ!!』(小学館)美大を卒業して12年・・・自分が何をしたいのかわからず、人生を迷走している大國かの子は立ち寄った小さな街の書店で万引きをする人物に遭遇、追いかけて捕まえ、その店に戻ってきて謝らせたのですが、この店の店長にそっけなく対応され、何かのスイッチが入ったのか、「一年後には街一番の本屋さんにしてみせます!」と言い出し、この書店で働くことに決めたんです。・・・と [続きを読む]
  • 漫画の仕事 【著者:木村俊介】
  • 木村俊介さんの作品『漫画の仕事』(幻冬舎)少年誌、青年誌、女性誌・・・などで活躍されている荒川弘さん、いくえみ綾さん、海野つなみさん、冬目景さん、この4人の女性漫画家さんにロングインタビューをし、読者にどのように伝えればいいのか・・・漫画で読者をどうつなげるのか・・・などという部分をメインに書かれた作品になっていました。漫画でどう伝える・・・なんてのは漫画家さんが10人いれば10人違います。言葉( [続きを読む]
  • たば子ちゃん 【著者:ひみつ】
  • ひみつさんの作品『たば子ちゃん』(秋田書店)あなたはタバコを吸いますか?吸う人も、吸わない人も、タバコを吸ったらこんな女の子が出てきたら吸わずにいられないかも・・・^^;この作品なのですが、タバコを吸うと煙とともに可愛い女の子(たば子ちゃん)が現れるんです。仕事のストレスから喫煙することが多くなった浅野は休憩のたびにタバコを吸うのですが、その度にたば子ちゃんが現れタバコは有害だとか、タバコの匂いが [続きを読む]
  • 吸血姫夕維 最終章 【作画:垣野内成美】
  • 垣野内成美さんの作品『吸血姫夕維 最終章』(秋田書店)『吸血姫美夕』のスピンオフ作品として描かれるこの作品は人間界へ逃亡したはぐれ神魔を神魔の監視者である吸血姫美夕が闇に帰すことになるのですが、このはぐれ神魔には人間の妻がいて、彼女体内に宿していたのが瑞月夕維で吸血姫の血の影響を受けることになります。そして『吸血姫夕維』もシリーズ化し、雑誌の休刊などいろいろあったのですが、同人誌でコツコツと描かれ [続きを読む]
  • ふくらみふくらむ 水瀬マユ作品集 【著者:水瀬マユ】
  • 水瀬マユさんの作品『ふくらみふくらむ 水瀬マユ作品集』(双葉社)恋愛経験の無い24歳のOL盛盛実乃梨は胸が大きく(Hカップ)、そのせいで足元がよく見えなくつまづいたり、胸のボタンが飛んでしまったり・・・ほとんどの男性は実乃梨の胸に目がいってしまい、男性の目線がいつも気になっていました。そんな時、胸ではなく、目を見て話してくれる先輩の金城に想いを寄せるようになりました。でも、金城は胸が大きな女性より [続きを読む]
  • 赤ずきんの狼弟子 【著者:茂木清香】
  • 茂木清香さんの作品『赤ずきんの狼弟子』(講談社)「赤ずきん」といえば、可愛い女の子・・・というのが当たり前ですが、この作品に登場する「赤ずきん」は大人の男性で、狩られる側ではなく、狩る側で設定されています。この作品の世界では、人間、獣人、狩人、という3種類の“人”が住んでいて、狩人は獣人を狩り、獣人は人間を狩り、人間は狩人に武器を作り守ってもらう・・・という感じで描かれていて、獣人は人間と狩人には [続きを読む]
  • マニアック彼氏の異常な愛情 【アンソロジー】
  • アンソロジー作品『マニアック彼氏の異常な愛情』(宙出版)この作品なのですが、付き合ってから彼氏の性癖を知った女の子なのですが、それを受け入れる・・・といった形で描かれるマニアックな性癖を持つ彼氏のアンソロジー作品になっています。あなたは性癖を持っていますか?また、彼氏が変わった性癖をもっていますか?多分、誰にでも性癖はあると思います。でも、それを彼氏、彼女に言ったら引かれる・・・なんて思ってしまう [続きを読む]
  • 究極超人あ〜る 完全版BOX2 【著者:ゆうきまさみ】
  • ゆうきまさみさんの作品『究極超人あ〜る 完全版BOX2』(小学館)先月に発売された『究極超人あ〜る 完全版BOX1』に続き、今月に『究極超人あ〜る 完全版BOX2』が発売されました。今回は6〜9巻のほかに、連載終了してから何かの記念などに雑誌に描かれていた『究極超人あ〜る』が1冊のコミックにまとめられた10巻も収録されていました。その他におまけとして、あ〜るととさか先輩のラバーストラップ、そして「春 [続きを読む]