MAY48 さん プロフィール

  •  
MAY48さん: 48歳からの歯列矯正 −うどんが飲み物になった日−
ハンドル名MAY48 さん
ブログタイトル48歳からの歯列矯正 −うどんが飲み物になった日−
ブログURLhttp://ameblo.jp/kyosei48/
サイト紹介文医学ライターが綴るインコグニート-裏側舌側歯列矯正体験記。アラフィフ&アラカン向け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/01 10:49

MAY48 さんのブログ記事

  • 11月の調整
  • 間が空いてしまいすみません。 11月下旬に、調整に行ってきました。主治医いわく、とても順調…ですが、左右差があり、今回の計測で、    10月   11月左  2.6    2.0 mm右  3.0    2.8と、右がなかなか動いてくれません。抜歯痕の前後にゴムをかけ、さらに奥歯と犬歯裏に毎日ゴムをかけているのですが…。 ですが、見た目の印象はかなり、変わってきました。 [続きを読む]
  • ようやく動いてきた
  • 本日、矯正歯科に行ってきました。前回通院時、右の抜歯痕が、1カ月経っても0.1mmも動かなかったという話を書きました。そこで 図の青線の部分にゴムをかけて引っ張りを強化したところ、今日の計測で右 3.9mm→3.0mmに!ようやく動きました。「これで、歯槽骨の、硬い部分を乗り越えたと思います」と歯科衛生士さん。ちなみに左は左 3.0mm→2.6mmに。前から見ると、左側は空いているのがほとんど確認できないほどに(サイ [続きを読む]
  • 矯正治療の失敗について
  • 今回は少しかたい話をします。今、お世話になっているクリニックには院長によると、「他院で矯正治療を受けたが上手くいかなかった、こちらで何とかできないか、と来られる方が週2、3人はいる」とのことでした。そして、そのほとんどが、「診断の間違い」−つまり、矯正治療をスタートさせる前の計画段階から間違っている、のだそうです。抜歯しないと上手くいかないのに、非抜歯で行ったり抜歯すべき歯が違っていたり患者さん [続きを読む]
  • 綱引きの成果が?
  • 以前、なかなかせばまらない、右の抜歯痕に対して 犬歯と第二小臼歯をゴムでつなぎ(上図青線)、ひっぱらせる措置をとりました。「気休め程度なんですが…」と衛生士さんが言っていて、えーそんなものなのかなあと私もあまり、期待していなかったのですが、あれから約10日、感覚的には、結構いい感じで、せばまりはじめたような…(生々しい写真が出てきます)こちらは9月20日にとった写真 抜歯痕の向こう側に、うっ [続きを読む]
  • リガーチャーが外れる
  • リガーチャーとは、聞き慣れない言葉かも知れませんが、ワイヤーの一種で、前歯同士をつなぐ役割を持っています。これは以前のせた絵の再利用なので若干実際とは違うのですが(下の歯の赤丸印は無視してください。ここまで青線、つまりリガーチャーがかかっています。 )矯正が進むと、「歯があばれる」と主治医はよくいいます。その中の一つに、「歯と歯の間に隙間ができる」があります。顎を引いてくると、よくある [続きを読む]
  • ゴムをかけにくくなった
  • さて、ここ1カ月弱で気づいたことなのですが、「ゴムがかけにくくなった」私のゴムかけは まあ、上あごを引く矯正を受けている人にはおなじみですが、上の犬歯と、下の奥歯をつなぐようにかけています。(上の青×は親不知、私はすべて過去に抜歯ずみなので)このうち、犬歯の裏側にゴムをかけるとき、ここ1カ月、何度も空振りして、引っかかりにくくなってきたのです。これには、2つ、理由があります。1つには単純に、矯 [続きを読む]
  • チームで綱引き
  • 前回の続きですが、1カ月経っても0.1mmも閉じなかった右の隙間に対し次のような処置をとりました。 大雑把ですが・・・まず、黒い線。抜歯した後ろの奥歯3本のブラケットをワイヤーで結びます。次に、青い線。動かない犬歯と、抜歯したすぐ後の第二小臼歯にゴムをかけます。赤い線はパラタルアーチで左右がしっかり結ばれています。つまり犬歯1VS奥歯3で、綱引きをさせるということなんですね。3本をまとめないと、第二 [続きを読む]
  • 壁に当たる……
  • 先日、矯正歯科へ1カ月ぶりの調整に行ってきました。「どうも、右側が閉じていない気がするんですよね」との私の問いに  「それ、左側のスピードが速いから、  右側が遅いように思えるのかも知れません」と、スタッフさん。そう言いながら、毎回のことですが「隙間」を測ってもらったら。右 3.9mm左 3.0mm……。前回は右 3.9mm左 3.3mmということは……右、ぜんぜん動いていない!以前にも書きましたが、だいたい1カ月に [続きを読む]
  • 3割減とは言うけれど
  • 「3割くらい、顔が小さくなりますから」と、私の主治医は言います。とはいっても、全体的に小さくなるわけではなく、口の周りの引っ込み具合が3割くらい、という意味のようです。3割でも何でも、小顔になるのは嬉しい。。。ですが、歳をとってからの矯正は、そう手放しで喜ぶわけにもいかない事情が……。 これは以前にも載せた、治療開始前の横顔です。今はどうかというと どうでしょう?確かに口元は引っ込み始め [続きを読む]
  • 雑感ですが……
  • 確か春先に、主治医が「夏の終わりごろになると、顔が変わってきますよ! 楽しみに?」といいながら「でも、本人は意外とわからないもんなんです。毎日鏡を見ているから微妙な変化に気づきにくい」と、何だか詐欺めいた(ごめんなさい!)ことをおっしゃっていました。その、夏の終わり……今のところ、上顎の下がりは予定の半分程度。それでも、顔つきが変わってきたなあと思います。職業柄、こういうことは敏感で、よく観察す [続きを読む]
  • 下の歯の傾斜を直す
  • さて、私の場合、上顎の抜歯痕が閉じるまでにはまだ半年ほどかかるのですが、その後のプロセスについて、主治医から少し説明がありました。「上顎が下がったら、上下の噛み合わせを整えるプロセスに入ります。そのためには、下の歯を少し削らないといけないのです。」どういうことかというと… これは、治療前にとった歯型です。今見ると、信じられないくらい(笑)上顎が出ていますね。これ、一見、上顎が出ているだけで、 [続きを読む]
  • パラタルアーチの問題点
  • パラタルアーチとは今までに何度も紹介していますが、上顎(口蓋)に、「つっかえ棒」のように左右にわたしおもに左右の幅をキープするためのワイヤーです。このワイヤー、一度はめてしまえば普段舌などにあたるようなこともなく私の場合、つけていることも忘れてしまうほど。ところが……先日、右上の一番奥のブラケットが外れたためワイヤーを一度全部外すことになり、このパラタルアーチも外したのですが、そのとき、わかった [続きを読む]
  • <ご報告>抜歯痕の閉じ具合
  • 8月下旬に、とれてしまった奥歯のブラケットを付け直した際、抜歯痕の隙間を測ってもらいました。数字の羅列で面白みがないですが、記録としてのせておきますね。<右>開始時     6.7mm2016年4月※ 6.0mm          ↓         5.8mm          ↓         5.0mm          ↓         4.2mm          ↓2016年8月  3.9mm※過去記事で、2016年5月に6.0 [続きを読む]
  • 全部、外して、入れ直し
  • 8月上旬に右奥歯のブラケットが外れたかも…で、先日、イレギュラーでクリニックに行ってきました。やはり、外れていたようです・・・。で、この場合どうするかというと、上顎の、ブラケット以外の装置を全部外して   ↓右奥歯のブラケットを再度接着剤で貼り、   ↓もう一度入れ直し私の場合、ワイヤーだけではなくて、上顎にかかっているゴムや、パラタルアーチも全部撤去なので、とても時間がかかりました。しかも上顎を [続きを読む]
  • またブラケットが外れたかも……
  • 2日前の夕食時、右の奥歯で食べ物を噛んだら、上側に妙に、「浮いた」感じがあって舌で触れたら、装置の金属が当たる……食後、清掃後に指で触ったら、ワイヤーが上下に大きく動く……そしてどうも装置の金属もへこへこ動いているような。当初は、抜歯痕が閉じてきて、ワイヤーに余裕が出たので動いているのかな、とも思ったのです。しかし装置ごとぐらぐらしているので、おそらくブラケットが外れたのでは、と。痛みはなく、違和 [続きを読む]
  • 口元の印象の変化を、スナップ写真で検証
  • 現在、上顎を順調に下げている私。前回は、抜歯後の隙間がどのくらい閉じているかを数字を出して紹介しましたが、では、その数字は実際の見た目に反映されているのかみてみたいと思います。とはいえ、スナップ写真での比較なので、あまり正確ではないですが・・・。まずは、今から7年前の口元から。   このように、笑っても口角が上がってみえず上唇のラインが弓なりに見えます。上顎ごと出ている出っ歯の特徴ですね。 [続きを読む]
  • 上顎が下がる経緯 5月から7月まで
  • 上顎を引きはじめたのが3月上旬。それからブラケットが外れるなどで多少足踏み期間があり、4月に仕切り直して、5月からは順調に下がっています。ここでは、5月から7月にかけての、「上顎の下がり具合」を写真でお見せします。(生々しい写真が出てきます)まず、2016年5月下旬、(抜歯後の「すきま」が大きい)右側の写真です) 隙間は6.0mmありました。 2か所に注目してみてください。 抜歯後の隙間の幅と、上前歯と下 [続きを読む]
  • トランスパラタルアーチのまとめ
  • 更新間隔があいてしまったために、私の受けている矯正でもっとも特徴があると思われるトランスパラタルアーチの情報が散漫になってしまいました。なのでここで一度まとめ記事をつくっておこうと思います。<トランスパラタルアーチって何?> 直訳すると「口蓋にわたすアーチ(状のワイヤー)」。ものは、コレです。  左右の曲がった部分を、上の第一大臼歯にとりつけます。第一大臼歯には、取り付け用の金具(シース)をあ [続きを読む]
  • ゴムかけのゴム
  • 3月上旬から上顎をひきはじめ3月下旬にブラケットが外れて一時中断し4月中旬から仕切り直して、ようやく本格的にひきはじめたワタシ。先に、これまでの経過を数字でお見せしますと  衛生士さんのメモをそのままなんですが、もともと6.7mm、6.9mmだったのが4月下旬の時点で右がマイナス0.7mm、左がマイナス0.5mm5月下旬の時点で右がマイナス0.9mm、左がマイナス1.7mm今は7月末ですが、右がマイナス2.2mm、左がマイナス2.9mmま [続きを読む]
  • ブラケットが一気に3個も外れた話
  • 前回、パラタルアーチを入れた話を書きましたが、実はその前段階で……(生々しい写真が出てきます)  このように、インプラントにゴムをかけた上で、  とても中途半端な写真ですみませんが、このように犬歯と一番奥の歯の間にゴムをかけて(いわゆるゴムかけ)、引っ張り始めて間もない3月下旬にブラケットが外れました…一気に3個も。場所は、上顎の犬歯左右とも2個と、右の犬歯の1個奥、つまり抜歯した隣の第二小臼 [続きを読む]
  • 久し振りの更新です
  • 4カ月強も更新せず、すみませんでした。重大なトラブルがあり中断・・・したわけでもなく、途中、ブラケットが外れるなどのアクシデントはありましたが至って順調な経緯をたどっています。前回、まだパラタルアーチが入っていない段階で終わってしまっていたのですね。以下、5月27日の調整日に撮った写真です。(生々しい写真が出てきます) 写真の中央、左右を結ぶ口蓋にワイヤーが入っています。これがパラタルアーチです [続きを読む]
  • またもや番狂わせ
  • 先週末、矯正歯科に行ってきました。この日の予定としては、前回書いた、パラタルアーチを上顎にはめる、というもの。ところが。結論から言いますと、入らなかったのです…。通常なら、早ければ1、2分で入るはずなのに、一時間あれこれやっても入りません。おさらいですが、入れるはずだったワイヤー(パラタルアーチ)はこちらです。  イメージつきにくいと思いますが、両端のちょこっとカギ状になっているフックが左右の [続きを読む]
  • 口蓋の清掃が気になる
  •   (写真はイメージです)上顎を引く装置を入れて3週間。滑舌は悪いものの、痛みはもちろん違和感もなく今のところ外れたりもせず順調なのですが、どちらかといえば、清掃状態が気になります…。(生々しい写真が出てきます)  この写真の、特にゴムの部分。スタッフさんからは「柔らかい歯ブラシで、ゴムの部分も軽くこすってください」と言われているので、そのようにしているものの、日にちが経つにつれ、舌で触れ [続きを読む]
  • 歯列矯正の“ダイエット効果”
  • 矯正を始めると、ものが食べにくくなるので痩せる…とはよく言われることです。もしかしたら、矯正を検討している人の中には副次的にダイエット効果を期待している人もある程度の割合でいらっしゃるのかも知れません。そんな方に申し上げます。インコグニートで矯正しているワタシの経験では矯正でダイエットできるのは、最初の半年私の体重の推移を記録がてら、申し上げますと、5月中旬にワイヤーを入れてから2カ月で、5kg痩せ [続きを読む]
  • 滑舌は、大誤算
  • 以前にも書きましたが、裏側矯正にあたり、主治医は「表側とは、装置が見えるか見えないかの違いだけです」と断言しました。俳優やアナウンサーも多くやっている、とのことで選んだインコグニートですが、どういうわけか、私の滑舌はたいへん悪くなり、今も悪いままです。主治医も首をかしげます。今までの患者さんでワースト…とまでは明言しませんでしたが「滑舌の悪さを10段階評価すると、MAYさんは10」とおっしゃいました。ご [続きを読む]