huroji さん プロフィール

  •  
hurojiさん: huroji.com
ハンドル名huroji さん
ブログタイトルhuroji.com
ブログURLhttps://huroji.com
サイト紹介文MT4やFIX APIを使ったAlgorithmic Tradingや、Brokerについて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/08/02 11:36

huroji さんのブログ記事

  • 1時間足 HLバンド戦略(BTC/USD)をMT4に実装する
  • 約半年ぶりの記事更新となります。 今回は、某所で話題となっているBTC/USDのHLバンド戦略をMT4に実装し検証してみたいと思います。 この戦略を販売しているプロトレーダーの方は、数日で1000万円を超える売り上げを記録したと聞いていますが、果たしてそこまでの価値があるのでしょうか。 ・概要 HLバンド(期間:18)を1時間足に適用し、HLバンドの上抜け、下抜けによってドテン売買を行う。 なお、 […]続きを読む [続きを読む]
  • Trend rush EAのフォワード運用を公開しました
  • 本日より、Trend rush EAのライブ口座でのフォワード運用を開始しました。フォワード運用の詳細は、MyFxbookページをご確認ください。Trend rush EA ver 2.15#1ブローカー: ATC Brokers開始: 16,187.67 USDロット数: 1.50#2ブローカー: Tradeview Markets(ILC)開始: 6,510.49 USDロット数: 0.50*MyFxbookの不具合のためAuto UpdateではなくPublisherを利用直近のトレード結果(11月28日 0時頃) [続きを読む]
  • Trend rush EAのアップデートを行いました(ver 2.15)
  • Trend rush EAのアップデートを行いました。本アップデートでは、主にいくつかの軽微な機能改善を行いました。売買ロジックに関する変更はありませんが、早い段階でのアップデートを推奨いたします。・更新内容2017/11/25 ver 2.15複数の軽微な機能改善― いくつかの軽微な機能改善を行いました。スプレッドフィルタ(MaxSpread)の改善― 待機中の指値注文がある場合、スプレッドが設定値を超えた場合にキャンセルを行う仕組みを実 [続きを読む]
  • Trend rush EAのアップデートを行いました(ver 2.10)
  • Trend rush EAのアップデートを行いました。本アップデートでは、ver 2.00以降の変更に合わせるためいくつかのアルゴリズムを見直し、機能性を向上しました。・更新内容2017/11/24 ver 2.10 (機能改善アップデート)複利設定がtrueの場合に発生する問題を修正― 複利設定がtrueの場合に、特定環境でロット数が正常に算出されない問題を修正しました。累積的な不要コードの削除― バージョンアップを重ねたことによる生じていた累積 [続きを読む]
  • Trend rush EAのアップデートを行いました(ver 2.00)
  • 1年半ぶりにTrend rush EAのアップデートを行いました。2014年1月の販売開始から現在まで継続的なアップデートを提供しています。本EAは、販売開始後も年単位での損失は発生しておらず、言い換えれば約4年に渡るフォワードテストをクリアした製品となります。・更新内容2017/11/23 ver 2.00 (継続的な改善アップデート)MQL4/5 950以降の累積的な仕様変更に準拠― MQL4/5 950以降で変更された仕様に準拠しました。パラメータ設定の [続きを読む]
  • 2016年1月に掲載したPFSoft社に関する記事につきまして
  • 2016年1月に掲載したPFSoft社に関する記事につきまして、MetaQuotes Software Corp(以下MetaQuotes社)から削除要請を受けました。MetaQuotes社による通知の一部を以下に掲載します。これは、MetaQuotes Software Corpが、ウクライナのPFSoft LLC、BelizeのPFSoft Ltd、Denis Borisovskiy、およびPFSoft CY Ltdに対してキプロス裁判所に訴訟(「訴訟」)を提起したことを通知するものです。https://www.metaquotes.net/files/affida [続きを読む]
  • 技術的な観点から考えるfx-onの危険性
  • (株式会社ゴゴジャンの早川CEO)本記事は複数の情報に基づき当ブログの見解を述べたものですが、その正確性・完全性を保証するものではありません。また、株式会社ゴゴジャンに対する中傷を目的としたものでもありません。近頃、EA販売サイトで有名なfx-on(株式会社ゴゴジャン)が大炎上しています。fx-onで利用したクレジットカード情報が漏れ、情報の隠蔽も疑われる騒ぎとなっていますが、なぜこのような事態が発生したのでしょう [続きを読む]
  • ブローカーの違いによる約定能力の差を分析する
  • 概要スキャルピングやブレイクアウトを狙う取引では、ブローカーの違いによって運用成績に大きな差が出るとされています。今回は、リテールブローカー 2社と大手ECN 2社へFIX APIを通して接続し、スリッページやスプレッドの違いによって生じる差に対して分析を行いました。ブローカー環境ブローカーラストルック約定方式リテールブローカー A社あり(非開示)External Matchingリテールブローカー B社なしExternal Matchingメジャー [続きを読む]
  • Gallant Capital Markets社(Milton Markets)が破産しました
  • 日本でも知名度が高く多くのアフィリエイターが推していたMilton Marketsが破産しました。厳密に言えば、Milton MarketsはBVIライセンスを持つGallant Capital Markets社のtrading name(屋号)です。Gallant Capital Markets(GCM FX)のウェブページには2017年4月14日付けでこのような告知が出ています。GCM社はBVIの金融ライセンスを持ちながらも、実際のオペレーションは米国(ニュージーランド)本社で行っていたために米国へ破産を [続きを読む]
  • Oanda Japanは本来の意味でのNDDなのか
  • *本記事は、当ブログの人気コンテンツであるOanda Japanを使うべきではない3の理由を、現在の状況を鑑みアップデートを行ったものです。近年、Oanda Japanでは積極的にNDD(No Dealing Desk)であることをアピールするようになりました。当ブログでは、以前からOanda社は顧客との利益相反がない本来の意味でのNDDではないとの見解を示していますが、改めて考えてみたいと思います。Oanda社が謳うNDDモデルとはOanda Japanのウェブペ [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • (画像はイメージであり、実在する企業、団体を表したものではありません)あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。例の福袋の中身ゴミを引き取りたい方はご連絡くださいあっ・・・(察し) pic.twitter.com/7B1XBlHakI— ふろうじ (@huroji1) 2017年1月10日かなしいなぁ pic.twitter.com/0hGmEvomyJ— ふろうじ (@huroji1) 2017年1月10日 [続きを読む]
  • サーバー移転とSSL化のお知らせ
  • ブログのサーバーを国内から海外サーバーへ移動しました。移動に伴い、SSLへの対応を行ったため、URLがhttps://huroji.com/に変更となります。【利用者の方】自動的にリダイレクトされるようになっているため対応は不要です。ブックマークやRSSリーダーに登録されている場合は、必要に応じてURLの変更を行ってください。【運営者の方】当ブログにリンクを行って頂いているウェブサイト運営者の方は、大変お手数ですがURLをhttpsに [続きを読む]
  • 透明性の高い国内ECN “くりっく365″のご紹介
  • 365は、国内ECNとして有力な選択肢ですが、スプレッドや取引手数料の条件が良くないために敬遠する方が多いと感じられます。今回は、 365のメリットをいくつかのポイントに分けてご紹介したいと思います。1. スワップポイントが一本値である多くのブローカーでは、売りと買いでスワップポイントが異なる非対称スワップを採用しています。そのため、特に新興国通貨の長期売建てを行う場合にはスワップコストが重くな [続きを読む]
  • 2016/10/07 Pound Flash Crash 詳細リリース
  • 今回は、10月7日に発生したポンドの急激な下落についてブローカー各社の事例を参考に詳細データをまとめました。2016/10/07 Pound Flash Crash直後のGBPUSDタイムライン*ブローカーA社が提示したTickデータのBidプライス及びヒアリングを基に分析したもの(UTC+0)23:07:03.115 ? GBPUSDが1.26を割り、1.25999を付ける。23:07:07.205 ? 4秒間に50pips以上の下落、A社が提示するBBO(Best bid offer)に異常は見られない。23:07:10.03 [続きを読む]
  • cTrader対応のTrue STP Broker “FXPIG”のご紹介
  • 今回はcTrader対応のTrue STP BrokerであるFXPIGをご紹介します。昨日cTraderにも対応し、STP Brokerとして非常に優秀なブローカーとなっています。詳しい説明はFXPIG Introduction Japan(IB特典あり)で行っておりますのでぜひご確認ください。FXPIGについてFXPIG(Premier Interchange Gateway LP)は、2010年に創業したリテール向けブローカーです。True STP brokerとして、クライアントに透明性の高い環境を提供しています。口座 [続きを読む]
  • ここ数年のラストルック事情について
  • この記事を読む前に、yäsü氏のブログを参照されることをおすすめします。ラストルックについて。 1/2ラストルックについて。 2/2以前から続いている為替市場の慣行として、ラストルック(Last Look)というものがあります。ラストルックとは、有害な注文から金融機関を守るために、顧客から受けた注文を一定時間保留とし、その間に自社に不利なレートになった場合注文を拒絶できるというシステムです。最近ではBarclays社がこの [続きを読む]