風のピコ さん プロフィール

  •  
風のピコさん: 凸凹作家ピコの屈折した記録 - (ピコの心)
ハンドル名風のピコ さん
ブログタイトル凸凹作家ピコの屈折した記録 - (ピコの心)
ブログURLhttp://kiriean.blog.fc2.com/
サイト紹介文切り絵、詩、発達障害(アスペルガー症候群など)に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/08/02 17:16

風のピコ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 発達障害プロジェクトについて
  • 先日の、NHKスペシャル「発達障害 〜解明される未知の世界〜」を始め、発達障害を扱った番組が続いているようですね。幾つか見てみました。過去の、定型指向性のステレオタイプ的な番組から、当事者目線の番組作りをしようとしているのは感じられました。此処まで誤解と偏見の奇形ステレオタイプが横行してしまっている、中身の無い「発達障害」という鉄格子。間違いだらけの、この国の歪んだ支援システム。其処に、切り込める [続きを読む]
  • 今日の放送について
  • 今夜、発達障害の特集番組が、NHKで放送されるようですね。NHKスペシャル「発達障害〜解明される未知の世界〜」という、タイトルだそうです。感覚の違い、それから、当事者の声や思いを発信しようという事のようで、これまで誤解されがちだった行動の裏にある「本当の理由」に迫り、と、番組の内容には書いてありました。何処まで、真実に迫れるでしょう?誤解されがちだった、…。誤解の果てに作り出されたステレオタイプが、 [続きを読む]
  • 再始動します
  • ずいぶん長い間冬眠していましたけど、そろそろ春もどっぷり、もう初夏かしら。少しずつになると思いますけど、ブログを再始動します。今、ちょっとハイモードになっていて、その余勢で一気に再開しちゃおうと思います。それにしても、ずいぶん長く冬眠してました。その辺も、またゆっくり書きます。取り敢えず、今日は再始動のご挨拶、でした。 [続きを読む]
  • 雨雫(あましずく)のロンド
  • 激しく地面を打ち付ける雨音の響き。‘ズザーーーーーー’吹き付ける雨粒。トタンを ‘トトン、タトトン’ と叩く高い音。道を通る車が雨水を弾く度に ‘シァーッ’。それから少し遠くから聞こえる ‘ゴォー’ っていう嫌な音。きっと、川の濁流の響き。雨雫(あましずく)の音は心を揺さぶり、心も雨雫に濡れる。規則的な雨雫のロンドが、心音にこだまして、心の内側で反響する。心を押し流されてしまいそうな、重苦しい空気。こ [続きを読む]
  • 解離の世界
  • 僕は、夢をよく視ます。解離性特有の夢も、よく視ます。夢の中で夢を視ていて、夢から覚めたと思ったら、其処は未だ夢の中。覚めても覚めても、幾重にも重なり、何層構造にもなった夢からは、容易に抜け出ることが出来ないんです。その其々の夢の中には、勿論自分が居て、夢を視ている自分を見ている、夢の中の自分が居て、…。どの夢も、大概、夢と現実の区別がつかなくて、目が覚めても、其の侭、夢の続きを視続ける事がよく有り [続きを読む]
  • 誰か…、お願い
  • この声は届かない。幾ら叫ぼうと、何処にも届かない。どれだけ声を張り上げようが、虚しく空(くう)を抜けていくだけ。誰にも声は届かない。助けを求めても、誰も答えてはくれない。人は見た目で判断して、助けを求める声を、聞いてはくれない。この胸の内の苦しみを、誰が受け止めてくれるのだろう。泣き叫ぶ、心の涙を、心の悲しみを心の孤独を、気づいて欲しいのに。誰か助けて、誰か気づいて、誰か…、お願い。2016/7/31にほ [続きを読む]
  • 薬の怖さ
  • 今日は、セリアック病に関係したお話です。小麦のグルテンは、グリアジンとグルテニンの2種類のたんぱく質に分かれ、其の内のグリアジンが、特に困った存在のようです。グリアジンは、腸の粘膜を簡単にすり抜けてしまい、その際に、腸の粘膜を傷つけてしまうようです。細胞の結合を解いてしまうとか、書かれているのを見ました。腸の粘膜に穴を空ける、一因になっているようです。これは、リーキーガット症候群の症状になりますね [続きを読む]
  • 最後のメッセージ
  • 随分書いてなかったけど、いつ最後になるか、分からないから、これから最後のメッセージを綴り続ける事にしました。何から書き始めましょう。1年近く前から、徐々に体重が減り始め、半年で約5kg 減りました。腸の調子が良くなく、便秘と下痢を繰り返すようになって、何が原因か分からず、そんな状態がずっと続いていました。ドナ・ウィリアムズの本と講演を記したブログなどから、リーキーガット症候群(LGS)という、聞いた事の [続きを読む]
  • 過去の記事 …