無敵マン さん プロフィール

  •  
無敵マンさん: 無敵マンのニート日記
ハンドル名無敵マン さん
ブログタイトル無敵マンのニート日記
ブログURLhttps://mutekiman.muragon.com/
サイト紹介文20代ひきこもりニートが日々のくだらないことを書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/08/04 21:00

無敵マン さんのブログ記事

  • 盲目の人間たち。
  • 「見飽きたものは見ているようで見ておらず、 見たことのないものは必死で見たがるが、それが何なのかは見えていない。」 可笑しなことに我々人間は何かを見ているようで結局何も見ていない。 我々に何かを教えるのは常に見飽きたものの中に存在するのだが、我々はそうしたものには一切目を向けず、見たことのない「新たなもの」を必死で見たがっている。 しかし、「新たなもの」から何かを学ぶということは非常に難しいことな [続きを読む]
  • 人間としての自然。
  • この世には2種類の人間がいる。 自然を愛する者と不自然を愛する者。 人間の多くは、不自然を愛する者である。 植物や動物は自然なものしか愛さないが、人間はその高度な知能ゆえに不自然なものばかりを創造し、それを愛するようになった。 例えば、音。 自然な音である川のせせらぎや野鳥のさえずり、風の音、波の音、虫の音。 自然に目を向ければ楽しめる音はたくさんある。 しかし人間は欲深い生き物なので、自らメロデ [続きを読む]
  • 初日の出を拝みながら。
  • Happy New Year あけましておめでとうございます。 初日の出って、なぜあんなにも明るくて温かいんでしょうね。 神々しい初日の出を拝みながら、僕はブッダのお言葉を黙読しておりました。 そこには「酒を飲むな」と書いていたのですが 時すでに遅し… それは白ワインをあけて飲んでしまった後のことなのです。それも2杯。 かなり酔いが回ってきたので、こんどは初日の出にケツを向けて少し横になっておりま [続きを読む]
  • 誰からも愛されない人は。
  • 誰からも愛されない君は、自分で自分を愛することに全力を尽くせばいい。 言っておくが、愛することはかなり難しいぞ。 君はまず、何をやれば自分で自分の生を大切にすることが出来るのかがわからないだろう。 だが諦めずに自分で自分を愛することに全力を尽くしなさい。 自分の中にもう1人の無敵な自分をつくって、その無敵な自分に愛してもらえばよい。 僕はこのブログで自己啓発的なことや説教じみたことをよく書いている [続きを読む]
  • 暗い霧の中にうごめく狂人達。
  • 昨日私は朝5時に起きて外へランニングへ行っていた。 久しぶりの早朝ランニングである。 外は朝なのに夜だった。真っ暗で、その日は霧がひどく視界が悪かった。 こんな暗闇かつ濃霧で視界の悪い中走ってるバカなんて、おそらく私1人くらいだろうと思った。 しばらく車一台と通らない道沿いを走り、ある広場に出ると、真っ暗闇の霧の中にボヤっと人影らしきものが見えた。 10人くらいいるらしいのだが、真っ黒の縦長のフォ [続きを読む]
  • よく眠れた。
  • 今日は5時起き。 昨日は11時に寝たので、計6時間の睡眠だ。 久しぶりにグッスリ眠れた。あまりにもグッスリ眠れたので、昨日の1日の過ごし方や寝方を記録しておくことにする。 公言していたように私は昨日、1会話1善を実行した。 1会話1善とは私が作った言葉で、1日1回は家族以外の他人と会話し1日1回は社会に善行為をしろという意味だ。 そうすることで自己の精神に適度なストレスを与える事が出来る為、良質な [続きを読む]
  • 眠れない日が続く。
  • 3時間くらい寝ると起きてしまう。僕は7時間くらい続けて眠りたいのに途中覚醒してしまう。 そこから寝られず、2時間くらい起きてまた眠る。 途中で目が覚めてしまうのは、身体や精神があんまり疲れていないからだろう。 「まだお前は眠るに値しない」と脳に総合的判断をされたため、私は私の手厳しい脳に途中覚醒させられているのだ。 働かないで家で読書ばかりしてるような気楽な私のような人間は疲れなくて当然だ。疲れな [続きを読む]
  • 狂気に満ちた近隣住民たち。
  • 朝ゴミ捨てに行く時、近辺に住む不特定多数の隣人達と顔を合わすことがある。 そんな時、こちらに顔を向け尚且つ目を合わせながら「おはようございます」と挨拶する人は、残念ながらあんまりいない。 ほとんどの人は一応「おはようございます」と挨拶はするのだけれど、こちらと目が合っていないまま挨拶をされる方が多い。 彼らは前方の一点を見つめ、私などまるで存在しないかのように歩いて来て、すれ違うか違わないかの瀬戸 [続きを読む]
  • 一般常識を知っている人間はバカである。
  • こうあらねばならない。 という考え方を生み出しているものは何か? 一般常識である。 一般常識では、偏差値の高い大学や高校に入った人間が賢い人間で勝ち組であり、一方偏差値の低い学校に入った人間はバカで負け組であるとされている。 この一般常識を知っている親は当然、我が子を賢い勝ち組にすることだけを目標に子育てをすることになる。賢い学校に入った人間は偉く、バカな学校に入った人間はクズであると子供に教育す [続きを読む]
  • この世の愛はニセモノだ。
  • 皆愛情を欲している。 しかし私は愛などいらないと思っている。 だって皆愛情に見返りを求めてるから。 見返りを期待した愛情なんて貰っても嬉しくない。 愛情の理想形がギブアンドテイクなのはわかってる。貰ったら、返す。そうすることで自他共に幸せになれるから。 でも、それはただの理想形に過ぎない。 愛を貰ってすぐ返す人もいれば、中には全く返さないという人だって現実には存在する。 全く返さない人には与える側 [続きを読む]
  • あなたはどっち側の人間?
  • 正義に一貫性がある人間と正義に柔軟性のある人間、どちらが正しいか? 正義に一貫性のある人間は、自分の中の正義に絶対的自信を持っており、その自信は思考の吟味や実体験を通して得られたものであるはずである。そして、一貫性を持った正義というのは真理であるから揺るがない。反対に、揺らぐ正義は真理でないから本質的な正義とは呼べない。 一貫性とは悪く言えば頑固とも取れる。頑固といわれようが、頑固な正義こそ本当の [続きを読む]
  • 芸術は麻薬なので取り締まるべき。
  • 少し前まで僕は芸術家になりたいと思っていた。画家や彫刻家になりたいと思っていた。 なぜかというと、画家や彫刻家という職業は完全に一人で出来るし、それなりに美しいものを作れば必ず需要は存在し、それで生計を立てることは可能だと考えたからだ。 しかし最近になって、美しいモノにだんだん魅力を感じなくなってきている自分がいる。 美しいモノを見ると癒されたり、良い気分になることは間違いない。 だけども、それは [続きを読む]
  • 自意識を持つことは恥ずかしいこと。
  • 全体のために自分がするべきことがわかっていないと、人は放逸にふけり怠惰な人生を送ることによって最後に絶望し苦しむだろう。 一方で、自分のするべき事をちゃんと理解して生きていると言う人間。それはただの思い込みである。そのような人間はただ、自分という存在を肯定して欲しいが為に生きているだけであり、そんな人生はスッカラカンで中身が何も無い。そのまま生きれば、最後には虚無感しか残らず苦しむことになるだろう [続きを読む]
  • いじめられ非正規が短歌本を出版。
  • 彼は早稲田卒で32歳。 本のタイトルは「滑走路」。 本を出版する前に自殺したらしい。 彼の作った短歌は才能があるらしく、いろいろな賞を受賞しているらしい。 そんな彼の短歌をチラチラと見たのだが、正直言わせてもらうと、何がそんなに良いのか全く分からなかった。 このレベルなら俺でも書ける。 短歌って、そういう風に見えても、実はものすごく奥が深いものなのだろうか。 彼に負けじと、僕も短歌を詠んでみました [続きを読む]
  • 社会の除け者は神に選ばれし救世主。
  • 【働きバチの法則】(2:6:2の法則) 組織は必ず、2割のデキル異常者と6割の正常者と、2割のダメな異常者に分類される。 この中で唯一社会の除け者になる者はどれだろうか? 2割のダメな異常者である。 では、この2割のダメな異常者のみを寄せ集めて組織を作ると一体どうなってしまうのだろう? この中でも働き蜂の法則が働き、デキル奴とダメな奴に分類されたりするのだろうか? かつて底辺工場で派遣労働をしてい [続きを読む]
  • 錯覚を見て満足する現代人。
  • 人間が「暇だ」とか「つまらない」だとか言う原因のほとんどは、「その人が新たな情報を理解しないでいるから」の一言で全て説明がつく。 昨日と違う道を歩いてみたり、入った事のない店に入ったりするから、人間は新たな情報を理解し、面白いと感じるのだ。 現代では、人が新たな情報を理解するための媒体として、文や写真、動画などが存在しているが、この中でも今最も人気があるのは間違いなく「動画」である。 今の若い子を [続きを読む]
  • やりたい仕事とやるべき仕事。
  • やりたい仕事はあるけれど、果たしてそれは、自分のやるべき仕事だろうか? 何か仕事をしたいなら、自分のやりたい仕事ではなく、自分のやるべき仕事を探すべきだ。 やりたい仕事は時に自分の能力以上の「出来ない仕事を求められる」が、やるべき仕事は自分の能力以内の「出来る仕事しか求められない」。 出来ないことをしようとするから苦しくなるのであって、出来ることをしようとするのであれば、何も苦しむことはない。 だ [続きを読む]
  • 禁煙171日目。
  • 忍耐強い漢とは、まさに私のこと。 これが漢だ!!みたかッ!! 全体の中の割合として少数の人間がタバコを吸っていて、彼らはそれを誇りとしていて、自分のことを異端者だと思っているのかもしれないが、勘違いするな。 本当の異端者とは禁煙した私のような漢のことを言うのである。 少数派の中の少数派になれる人間だけが、真の異端者を名乗れるのだ。 恥を知れッ!!! そんなことはさておき、禁煙171日目の私が、今間 [続きを読む]
  • 醜形恐怖症と自己愛性パーソナリティ障害。
  • 僕はこの2つの病気を併せ持っている。 外に出る時は、誰にも見られたくないという気持ちがあるので、たとえ周りに人が居なくても顔が強張ってしまう。 常に自分の顔が他人から見て自然体に見えるようにと意識してるから、強張ってしまうんだよね。 向かいから人が歩いてきて、遠目でそれが自分より格下の外見だと判断すれば、特に何も思わないんだけど、 それが、自分よりもスタイルや顔立ちの良い、格上の外見だと判断した場 [続きを読む]
  • カッコつけてたけど全て白状します。
  • 今まで皆んなにカッコつけて善人ぶったり、哲学者ぶったり、聖人ぶったりしてました。 ですが、実は僕、悪人なんです。 今まで本当にすみませんでした。自分でも自分が醜い! ただ僕が善人になりたい気持ち、哲学者や聖人になりたい気持ちに嘘はありません。 それは信じてください。 人類救済は僕の夢なんです。 それを皆さんには理解していただいた上で、僕の罪を告白します。 実はわたくし、、 ずっと隠れて株に手を出し [続きを読む]
  • 子供を産む理由って何だろう?
  • 基本的には皆「自分のため」に産んでるんだろうなと思ってます。 夫婦2人だけじゃ寂しいから産む。 世間体を良くするために産む。 老後面倒を見てもらいたいから産む。 セックスが気持ちよくて、気が付いたら産まれてた。 どれも推測ですが、だいたいこんな理由が多いのだと思います。 どれも自分勝手な理由で子供を産んでる。 そこがもう人間としてダメなんだろうなと思ってしまう。 人間の利己的な、1番卑しい部分が表 [続きを読む]
  • 死にたいと言う日陰者のツマラナさ。
  • 喜び生きる努力をしている日陰者が、私は好きだ。 日陰者というだけでも既にハンデがあるのに、それに屈することなく試行錯誤して、日向に行こうと頑張っている姿は美しい。 私は、何かに逆行している人間に強く惹かれてしまうらしい。 川の流れに身を任せて流れてゆく人間達よりも、流れに逆らって泳いでいる人間の方がカッコイイに決まっている。 日向に生まれた人間が喜び生きてゆく姿と、日陰に生まれた人間が苦しみ死んで [続きを読む]
  • 現実主義者と理想主義者。
  • 現実主義者は自分の力量や好みを正確に認識しているため、多くの物事に関心を抱く事はなく、自分の経験上価値有りと判断したごくわずかな物事にのみ、すがり続けて生きてゆく。 そのすがる物事が、社会的に意義のあることに繋がるのであれば、現実主義者は幸福になるが、そうでない場合は不幸になる。 大半の現実主義者は不幸人である。 なんとなく自分もそうだから、そんな気がする。 どこか悲観主義的なところがある。 「そ [続きを読む]
  • 女の子の泣き声が聞こえてきた。
  • 今日は朝から瞑想をしていた。 呼吸の瞑想といって、息を吸ったり吐いたりする時の腹の膨らみや凹みに意識を集中して、雑念を消す瞑想の一種である。 膨らみ、凹み、膨らみ、凹み…と心の中で唱え呼吸のみに意識を集中させる。 目を閉じてそれをやっていたのだが、昨日から寝不足だという理由もあって、だんだんウトウトしてきてしまった。 イカンイカン!集中集中!と我に返るも、眠気の威力はすさまじい。 頭をカックンカッ [続きを読む]
  • ヒキニートの選択肢は3つ。
  • もしあなたが他者に対して何か良いものを提供したいと思っているのであれば、何か良いものを提供するための鍛錬を積まなければなるまい。 何の鍛錬も積まずして人様に良いものを提供しようだなんて、考えが甘いにも程がある。 社会人として必要になってくる協調性や奴隷性を提供できている人達は、なぜそれらが提供できているのか?というと、学校の勉強やサークル活動、人付き合いなどの鍛錬を積み重ねてきたから提供できている [続きを読む]