ちぇろの日記 さん プロフィール

  •  
ちぇろの日記さん: ちぇろの日記
ハンドル名ちぇろの日記 さん
ブログタイトルちぇろの日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/vc1026_2005
サイト紹介文40歳で看護専門学校を出ました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/08/04 23:45

ちぇろの日記 さんのブログ記事

  • 良いんだか悪いんだか、、、。
  • 水槽も増えました。水草や、石を複雑に組み合わせて、隠れ家をたくさんつくったのは良いのですが、、、。主要メンバーの人員点呼??が大変困難になりました。(笑) [続きを読む]
  • 配置換え
  • うちの実験水槽の住人たちはどこかに隠れたい人が多いので、石や水草を複雑に配置しています。そのままにしておくと、居場所や権力争いも固定化するようなので、底石の掃除も兼ねてレイアウトをこまめに替えます。すると、お気に入りの場所を探したり、作るために、面白い行動を見せてくれたりします。どんな生き物も一生懸命生きている姿はおもしろいです。 [続きを読む]
  • 不動の精神
  • 頭の上に石が乗っていたって、動かないって決めているんです。私は。しかし、エサを取りに来るときのスピードとその後、何事もなかったように微動だにせぬギャップ。あゆかけさんの魅力です。 [続きを読む]
  • 数千分の、、、。
  • 何千匹もいたのでしょうが、数匹になりました。初めてのゾエア飼育で試行錯誤ですから、仕方ありません。まだ虫眼鏡で見ないとわかりませんが、ちゃんとテナガエビらしい、長いハサミがあるんですよ。この数匹を一人前できますように。 [続きを読む]
  • どのタイプ?
  • 観察は本当に面白い。採った川は同じでも捕獲?は全く別々の場所。それでも、ウグイさんはほぼ群れで暮らしています。テナガエビはピン活動。24時間体制で近づく輩を追い払い、根っからのきれい好き。身体の手入れは欠かせません。かじかさんもほぼほぼひとり。ボーッとしてるかと思えば、身体の置き所に納得が行かないときは、徹底的に穴を掘りまくります。(笑)全身を震わせて砂を掘り、細かい調整は、なんと、口にくわえては別の [続きを読む]
  • テナガエビの赤ちゃん
  • 今回は食べるために採ってきたテナガエビ。泥抜きのために水道水に移し替え、しばらくして容器を覗くと、!!!!なななんと、赤ちゃんが生まれているじゃありませんか!あかちゃん、エビの場合→ゾエア。成長させるのは難しいそうです。しかし、やってみたい。とりあえず、ゾエアは汽水で生まれて海水で育つので、大急ぎで海へ!移せるだけ移して、エアレーション開始。今のところ、すこしずつ、日々大きくなっているような気がし [続きを読む]
  • 王座を守り抜くもの
  • 水槽の中は決して平和ではありません。昨日まで自慢の長いハサミで土管を占拠していたテナガエビが、脱皮がうまくいかなかったのか、そのハサミと立派なひげが復活しませんでした。攻撃力を無くした彼女はたちまち土管を追い出され、人目?を忍んで藻を食べに来るようになりました。元いた川を観察していると、大きな石の下などに、群れているように見えますが、密かにテリトリー争いをしているのでしょうか。水替えのために汽水を [続きを読む]
  • 汽水の生き物 テナガエビ
  • テナガエビです。元々住んでいる川の汽水や藻の付いた石をたくさんいれて、ウグイや、その他の生き物とも何とか暮らしています。ゴハンは、雑食性なので、ミミズや赤虫を小さく切ってあげたり、ほうれん草などのお野菜も食べます。石に付いた藻は、一晩でなくなってしまいます。やっぱり、生き物のいる暮らしは楽しいです。個性があって、何時間見ていても飽きることがありません。 [続きを読む]
  • モクズガ二
  • 昨日、モクズガ二を釣りました。食べられると言うことで、家に持ち帰って、泥抜きをしていたのですが、、、。この方、行動や生態がおもしろそうなので、しばらく一緒に暮らしてみることにしました。夜行性なので昼間は与えた土管の下を頑張って掘って、じっとしています。すごい力です。釣りで余った餌のミミズを差し出すと、おお!くれよ!と、いわんばかりにハサミを振り上げキャッチしてさっさと、食べてしまいました。バケツか [続きを読む]
  • 竹田川
  • まるで、絵画のようです。美しいです。少し早起きして、行ってきました。管理釣り場ではないのでボウズ覚悟でしたが、30cmくらいのウグイが釣れました。網に入れておいたのに、帰りに見たら逃げられていました。写真なし!残念!大きな目的はこの景色と清流の音ですから。また行きましょう。 [続きを読む]
  • 日昭丸のつり
  • 今日は友人と海へ繰り出しました。海釣りはほぼはじめて。気合いだけはプロ並みに、スーパーで特大の入れ物を頂戴してきました。しかし、船に酔ってしまい、代わりに釣って下さったのは船員さん。(笑)我々はエサをまいていただけ??そうでもないぞ!(強がり)たくさんのお魚とその後の海辺の温泉は最高でした。日昭丸のみなさん、ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 宇治金時
  • かぐやという名前の、お茶の専門店で夏限定で繰り出される宇治金時です。この抹茶のシロップが濃くておいしいんです。練乳との相性バッチリ。白玉をいとおしくほおばりつつ、最後のひとくちまで、ほわほわの雪氷を堪能いたしました。 [続きを読む]
  • 釣果
  • やっぱり、川のせせらぎの音はこころを落ち着かせます。夕方まで美しい空と山と水を貸しきりでした。冷たく冷やしたきしめんを空の下で贅沢に食べました。釣果は10ぴき。川のオサカナもきれいだなぁ。 [続きを読む]
  • 仕掛け
  • ほぼほぼ20年ぶりに渓流づりの仕掛けを作っております。糸の結び方も完全に忘れておりました。今はあちこちのありがたーいブログやサイトがあるので、とても助かります。ちちわ結びは覚えたぜ!早く、自分の竿と仕掛けで第1号をつりたいよう。 [続きを読む]
  • 先生
  • 人生の苦境に立たされたとき、節目に立たされたとき、心が折れそうになったとき、逃げ出したくなったとき、ひとり寂しくなったとき、ふとこころに現れる。人生の師匠たち。言葉が浮かんでかたり、先生の仕事ぶりが浮かんできたり。楽しく過ごせる相手なら障害も男女も肩書きも年齢も生まれもこだわらない。これが先生たちのすごさ。私波の立たなかったこの池に、小石をぽんと、投げ入れてみたのです。先生、この先どうしたら良いで [続きを読む]
  • 渓流づり
  • 十数年ぶりに渓流づりに挑戦しました。空の青さと山の緑川のせせらぎの音はなによりも心が癒されます。逃がした魚の方が多かったのですが(笑)にじますあまごなどが釣れました。次はいわなを狙いたいな。 [続きを読む]
  • 大安禅寺
  • お寺周囲の散策も森や鳥の声を聞きながらのんびりと。ただ今、バラと菖蒲がいい感じです。お寺の中の池ではモリアオガエルの卵を見ることができます。白いわたがしみたいなのが、かえるさんの卵です。心のお洗濯にはいいところでした。 [続きを読む]