yuji さん プロフィール

  •  
yujiさん: 吝嗇TOPPER、怪魚を求ム。
ハンドル名yuji さん
ブログタイトル吝嗇TOPPER、怪魚を求ム。
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yujiro-osb/
サイト紹介文トップウォーターの釣りが大好きなケチな大学生が色んな魚に(なるべく)トップタックルで挑戦する記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/08/07 00:26

yuji さんのブログ記事

  • 大好きなタックル紹介〜ダイワ編〜
  • まずはこちらをご覧いただきたい。お分かりいただけるだろうか?とても綺麗なカーブを描いている。これは最近カラフトマスを釣った時の一枚だが、このタックルはダイワセットである。ハートランドX ソルトウォーターS902LFS ミノースペシャルに13セルテート3012これが衝撃的に良いタックルセットなので是非自慢させてほしい。小さいものは↓このサイズから釣れるアップにすると、、、こんな感じ。中くらいのアイナメも当然OKこれら [続きを読む]
  • 北海道カラフトマス遠征!その他
  • 福島遠征の後、秋田、北海道、島に行ってきました。内容がモリモリすぎるのでサクッと記録しておきます。秋田ブラックバスがたくさん釣れました。マイレコードフィッシュ47cmでもようやくアジングらしいアジングが出来たのでそっちのインパクトの方が大きかったです笑マイレコードアジ20cmくらい以上。北海道カラフトマスを狙いに行きました。色々釣れたし色々食べた。大爆釣ですな!やはり北海道は優しい。ちなみに、カラフトマス [続きを読む]
  • スーパーショート福島!
  • 再び行って参りました。福島は鷲倉温泉でございます。私の公式スポンサー様でございます笑前回行ったときは冬でしたが、今回は夏!!!夏最高!!!高原最高!!!全部緑!!!全部自然!!!と、バカみたいにハシャぎながらの3日間のショートトリップを楽しんできました。その様子をご覧下さい。まずはスモール!!!鷲倉と言えば福島!福島と言えば桧原湖!桧原湖と言えばスモール!!!ビッグなスモールを釣りに行きました!! [続きを読む]
  • ガサガサnight!
  • 今年の夏は今まで以上にガサガサしております。良いサイズのナマズは浅瀬で泳いでるのに上から網をパサッっと被せて捕まえました笑亀はゴロゴロいますが、クサガメは何となく嬉しいですね。あと生物採集の達人に案内して頂いて、こんな貴重なサンショウウオまで見ることが出来ました。ラメラメが綺麗です。そして、こんな変わり種まで見せて頂けて、ぼかぁ幸せです!!!カブトエビ!!!いやんポーズが可愛い?その帰りには図らず [続きを読む]
  • 北海道遠征!
  • 就活で北海道に行ってきました。しかし、北海道に行く以上、もしかしたら道端で釣り竿が無くて困ってる少女がいる可能性も0では無いので、当然釣りの道具は積んで行きました。試験の二日前の夕方北海道入りし、さっそく念の為に釣具店に行きます。すると、「今はアブラコ(アイナメ)釣れるよ。ガヤ(エゾメバル)ならいつでもどこでも釣れるよ。」との情報をゲット。念の為、その情報が正しいのかをチェックします。あくまで就活がメ [続きを読む]
  • 中禅寺合宿2018!
  • レイクトラウトで有名な中禅寺湖に行って参りました。二回。一度目は輪行で行って実釣1日二度目は車で行って実釣2日さてさて、レイクトラウトには会えたのでしょうか?では一度目のレイクチャレンジです。始発で日光に向かいます。ついて早々にいろは坂。めちゃくちゃキツい上に「いろはに、、、」の一文字ずつがゆっくりゆっくり通り過ぎていくのは拷問以外の何者でもない。笑それでも1人で車で行ってガソリン、高速代を払う事を [続きを読む]
  • Tictロッドインプレッサ
  • ライトゲームにハマった。今までアメコミ的なドッカンバッカン言わす釣りばっかりしていたツケが今ごろ回ってきたってワケだ。そして、同時にそれは海釣りを始める事を意味していた。今までさんざん海を忌み嫌ってきた僕が海釣りを始める意味はデカい。僕の中では。まぁキッカケはどうでも良いとして、買ったのはコチラ↓TictSRAM EXR 611S-Sicこれを選んだ理由は知り合いの伝手があって信頼できるブランドだったから。そしてこの [続きを読む]
  • 相模湖最良の1日
  • 突然ですが、僕はブルーダー(ダイコー)が大好きです。UL〜MLにかぎるのですがね。そして、今回のアンマケでは偶然にもこのブルーダーを見つけたわけです!!!しかもエバーグリーンのコンバットスティックトムキャットがセットで2500円だったのです!!!何故そんなに安いのか、、、その理由はコチラ↓レスターファイン社のコルフォーハンドルへのコネクター仕様に改造されていたんですねぇ。これではレスターファイン社のハンドル [続きを読む]
  • ReversibleRide13 『ゴールの日+α』
  • 九州に上陸してすぐに、目的地「宮崎」に向けて走ります。途中良い感じの野池が会ったので、そこで一夜を明かすつもりで釣りしてみた。何かが水面を意識していたのでSUPを浮かべてトップに出る野池バスを探す。が、ここは不発。どうやら水面をチョポチョポやっていたのはブルーギルのようだった。水中にはイモリ。婚姻色出てるのかな?水辺は当然寒いのでエアーマット代わりにSUPを引いてテントを張った。RedPaddle社のSUPはかなり [続きを読む]
  • ReversibleRide12 『海峡越えチャレンジ3』
  • いよいよ最後の海峡越えチャレンジです。いままでこうやってエッチラオッチラSUPを引っ張ってきたのは全てこの日のためなんや!!!茨城にあるサイクルトレーラーのショップサイクルパートナー様にもご協力いただいている以上、この企画は何とか成功させたい!!!当日朝出発地点着!!!中止要素無し!!!この日はべた凪の小潮!!!最後の最後に行ける!!!遂に巡ってきたチャンス!!!チャリを急いでバラして包む!そして搭 [続きを読む]
  • ReversibleRide11 『四国の果て』
  • さぁ、いよいよラストも近いですよ。どれだけ引っ張ったんだって話ですが、単に忘れていただけでございます。もう頭の中は夏の釣りでいっぱいなのでございます。しかしあと二つの記事で終わりなので書ききります。高知の高地を越えた私が入りたるこの地は愛媛県にございます。愛媛県の釣具屋で早急に強力なヘッドライトを買ったのは言うまでもありません。しかし何と言っても人生初愛媛入り!ミカン食べないとね!伊予柑ではなく、 [続きを読む]
  • ReversibleRide10 『天国と地獄の高知』
  • さてさて、間があいてしまいましたが、お話の続きを書ききります。四国の山中。ここは大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)でございます。なんとmont-bellの施設が2つもあります。ショップが一つとラフティング施設が一つ。さすがや。ちなみにこの峠は子泣きジジィ伝説発祥の地らしく、何となくその理由が分かるような霊剣あらたかな場所でした。昼は「綺麗だなぁ」で済むが、夜だとさぞや不気味だったことだろう。しかも山道は崖に面して [続きを読む]
  • Reversible Ride9 『海峡越えチャレンジ2』
  • いよいよ淡路島は目前です。次の日天気が許すなら是非とも出航したいところ。しかし雨足は強くなる一方なのです。さすがに濡れても良い荷物とは言え、ずっしりと重たくなるレベルになってしまったので急いでブルーシートで包んだ。この判断遅かったなぁ、、、反省。そして24h空いている室内空間、コインランドリーへ駆け込み濡れた服を乾燥機にかけながら天気図を見る。当然この低気圧がまだ残っており、回復の見込み無し。はい。 [続きを読む]
  • Reversible Ride8 『長雨廃人』
  • さてさて、さすがに旅を続けて1週間ほど経ち、東京臭が完全に抜けてきた頃です。場所は奈良県でございます。天気は大雨でございます。常に次の海峡の気象情報は監視し続けていますが、、、回復の兆しなし!夏のヨーロッパにGOしたい!この日は二郎系ラメーンをバカ食いしたので体力は回復していたんだが、いかんせん雨で身動きが取れませんでした。で、こういう時にオススメなのが銭湯。しかもでっかいところ。見て下さいな。この [続きを読む]
  • Reversible Ride7 『極寒キャンプ』
  • 三重にて。フェリーで着いたのは夕方なので、宿を探したもののなかなか見つからず、、、見つかってもバカ高なので近くの公園まで走ってテント泊をしたことは前回述べた通りです。しかし夜1時頃からガンガン寒くなり、テント周囲にセットしておいたブルーシートでは全く風を防げず、もう一枚のブルーシートをテント内に持ち込み身体に巻き付けました。それでもやはり寒さは和らがず、、、朝の時点でコンクリートの路面は凍結してい [続きを読む]
  • Reversible Ride6『海峡越えチャレンジ1』
  • さて、次の日は天竜川をゴールに決めて動きました。途中汚いドブ川があったんだが、やたら錦鯉が多かった。恐らくここで繁殖、固定化したんだろうな。全体的に体色が金色でした。ここら辺は雨も降ってないのに川も濁っていた。死地。鯉しか生きられない川だね笑そこが終わったら軽く峠越え。綺麗な田舎道を走ることが出来て、綺麗な川もあって、癒し系な道だった。人って水辺を見るとテンションがあがるのは本能なんじゃないかな笑 [続きを読む]
  • Reversible Ride5 『出発』
  • さて、出発です。まずは都心部をチャリチャリ抜けます。国内旅を楽しむミソは、都心部を深夜に抜けることです。この日は3時出発だったと思う。とにかくチャリ旅にとって都心部の交通量は本当に困ります。こうして僕は昼前に何とか箱根の山を登り始める事が出来ていました。しかしものすごい坂である。1日目からこれか、、、覚悟はしていたものの、なかなかつらい。しかも謎の水遊び道具をエッチラオッチラと山の上まで運ぶという [続きを読む]
  • Reversible Ride4 『装備』
  • 今回の装備は久々に考え抜きました。正直自転車旅に関しては何度も行ううちにブラッシュアップされ、僕の中でいるものいらないものがパキッと分かれています。(ガイアナの時の写真。バッグは4つで、内2つは食料庫としています。)しかし久々の国内旅行ですし、旅のスタイルも全く異なるので本当に悩んだ。大前提としてサイクルトレーラーFlatbedに載せられないといけません。そして同時にSUPに載せられないといけない。本当は軽量化 [続きを読む]
  • Reversible Ride3 『テスト!』
  • さて、楽しい楽しい旅の計画段階は終了!あとはこのイカれた計画に実現可能性を持たせる!何をするかと言うとテスト!ひたすらにテスト!!!サイクルパートナー様に早めにFlatbedを送って頂き、ただひたすらにSUPのトレーニングと荷物輸送のテストをした。自分がMAXどれくらいのスピードで漕げるのか?またその持続時間は?自分がMAXどれくらい長時間漕げるのか?またその時のスピードはどれくらいか?強い流れが当たったときのSU [続きを読む]
  • Reversible Ride2 『協力者集め』
  • さて、旅の企画をしたのですが、詳細はまだまだ煮詰められていない。とにもかくにもSUPで安全に航行するための道具は必要なのでそれを集めることにした。そこには莫大な投資が必要だったが、吝嗇家且つ貧乏な僕にはそんな金は無い。今までの旅の経歴を引っさげ、またもモンベルのチャレンジ支援プログラムに応募した。そしてまたも温かいご支援を賜ることが出来ました!トレーニングは冬にせざるを得なかったので、冷水用の装備と [続きを読む]
  • Reversible Ride1『魂の道具』
  • この春、国内のショートトリップを楽しんできたのでその報告です。今回の旅は自分で勝手にタイトルを付けていて、それがReversible Rideです。それは後ほど説明するとして、、、こちらをご覧頂きたい。ド汚ねぇコッヘルなんですが、これはサブタイトルにあるように『魂の道具』なんです。今日は旅のお話の前に、この魂の道具について語ります。笑上のコッヘルを見て「きたねぇ」と思う人は旅をしたことが無い人です。「かっけぇ」 [続きを読む]
  • Suriname-Guyana釣行記〜episode20〜
  • この記事で最後です。釣りの話は少ししかありません笑さて、Guyanaの果てよりSurinameへ帰ります。バスを使う。そこに迷いは無い笑自転車ちゃん(´・ω・`)痛いかも知れんがいい子にしてるんやで。バスでも二日かかる。スタックする事数回。途中で飯を食らいながら進んだ。国境を越えてから少しトラブったが、もう慣れたもんでなんとかクリア。無事パラマリボまで帰ってきて、前半で作っておいた友人の家(クソ豪邸)に居候させていた [続きを読む]
  • Suriname-Guyana釣行記〜episode19〜
  • 1日に2記事あげちゃいます!前の記事もあわせてどうぞ!↓Suriname-Guyana釣行記〜episode18〜翌朝この日やることは決まっていました。アロワナを釣ること!!!湖の水を沸かし、朝のコーヒーを頂いた後、昨晩のディナーの残りを食ってすぐ出船。オオオニバスは朝だけ花を咲かせる。正式名はVictoria amazonicaらしいけど、漁師さんはWater lilyと呼んでいた。前者は重厚感と高貴な感じが良く出ていてカッコいいが、朝だけ花を咲か [続きを読む]
  • Suriname-Guyana釣行記〜episode18〜
  • さて、ピラルクを釣った今、次なるターゲットはシルバーアロワナに変わっていました。なので、さらに奥地に走り、アロワナの住処を探します。この辺りは道がかなり良かったので止まることも少なく、写真も少ないです笑途中湿原地帯があり、そこの水は超綺麗なブラックウォーター!!!カメラを沈めるととんでもない数の小魚達がいました!!!まぁそんなこんなで何日かの楽しい湿原ドライブを経て辿り着きたるは、とある漁師町。そ [続きを読む]
  • Suriname-Guyana釣行記〜episode17〜
  • さて、ロッジ3日目まずはピラーニャ〜ブラックはイカチー!カッコいい!うまそ!釣れすぎるが故にあんまり感動しなくなってしまうのがタマにキズだけど、ピラーニャはやっぱりカッコいい魚だ。まさかの午前はこれだけこのロッジのオーナー嘘つきすぎだろ!「なんでも釣れる」って何だよ笑でもロッジの従業員は良い人ばっか♪僕は顔がガイアナ人とそっくりなので、親近感を抱いてくれるらしく昼飯を食いながら色々話した。僕はこう [続きを読む]