お母さん さん プロフィール

  •  
お母さんさん: 『母親降りてもいいですか…?』
ハンドル名お母さん さん
ブログタイトル『母親降りてもいいですか…?』
ブログURLhttp://fanblogs.jp/fightkento/
サイト紹介文小1男児(発達凸凹)。幼稚園と療育に並行通園中の年少男児(多動?)。発達グレーな兄弟育児。
自由文最近療育卒業した小1男児(発達凸凹・未診断)。幼稚園と療育に並行通園中の年少男児(多動?)。
子供のこと。療育のこと。母の愚痴や弱音。日々のことなんでも綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/08/07 15:26

お母さん さんのブログ記事

  • 初めての学級PTA。被害者・加害者…。
  • 先週、小学校の役員決めの学級PTAがありました。初めての小学校のPTA。どんなお母さん達がいるのかな…とか、大変な役員になっちゃったりしたらどうしよう…とか、前日からかなり緊張していて当日はお腹が痛くなってしまいました…。ケントと同じクラスに同じ幼稚園だった子が、男の子が1人、女の子が1人いるのですが、どちらのお母さんもあまりお話ししたことがなく…。男の子のお母さんにいたっては、『避けられてる…!?』と思 [続きを読む]
  • 次男入園式。すでに気が重い…。
  • 先週のケントの入学式に続き、今週は次男の幼稚園の入園式がありました。前年度、3歳児クラス(年少少?)に途中入園だったので、新しく年少さんから入園する子たちと一緒に入園式でした。最近、落ち着いてきたなぁ〜なんて思ってたんですが…。うーん…。やっぱり以前の次男と比べたら…なんですね。入園式の間中、他の子たちとは全然違う振る舞いを見せてくれて、落ち着きのなさは断トツだなぁ…と。椅子にちゃんと座ってたのは、 [続きを読む]
  • ケント小学校入学!私がパニック…。
  • 先週ケントの入学式があり、今週月曜日から小学校に通い始めました。もうなんだか私の方がパニック…。幼稚園の卒園式が終わってから、「小学校の準備早めにしないと!」と思って張り切っていたのですが。(いつもギリギリにバタバタするタイプなので…。)初めての小学生で、何もかもわからず、準備するもの1つ1つに、「これでいいのかな…?みんなどんなの持ってくるのかな…?」と考え込んでしまって、時間がかかる…。制服やサブ [続きを読む]
  • 担任の先生の言葉。
  • 就学前相談が終わってから、少しだけ幼稚園の担任の先生とお話しできました。私「ケント、大丈夫ですかね…。最近幼稚園ではどうですか?」と聞いてみたら。先生「元気にお友達と遊んでますよ!毎日とっても楽しそうです。上手くいかないこともたまにあるけど、その都度お話したらちゃんと理解してくれます。あまり心配するようなこともないし、普通クラスで大丈夫だと思います。」と言っていただけました。…安心したのと、ちょっ [続きを読む]
  • 2回目の就学前相談。続き。
  • 結局、「通級も視野に入れつつ、普通クラスでやってみましょうか。」となりました。「最後に、質問などあったらどうぞ。」とのことだったので…。ケントが環境が変わることを不安がっているので、できれば同じ幼稚園出身の子がいるクラスにしてもらうことはできないか聞いてみました。同じ幼稚園から入学する子があまりいないし、クラスが1学年4〜5クラスあるので、運が悪ければ、クラスの子みんな初対面!になってしまいそうなの [続きを読む]
  • 2回目の就学前相談。
  • 先月の末、ケントの就学前相談がありました。夏にもあったのですが(ここにまとめてます。→ケント就学前の色々)、それの2回目です。今回は前回のメンバーに加えて入学する予定の小学校の先生にも来ていただきました。一応、私と旦那の希望は普通クラスですが、やっぱり私は心配で…。幼稚園での最近のケントの様子を担任の先生に聞いたり、小学校の先生に色々聞いたりしてみてから決めた方がいいのではないかと…。決めかねたまま [続きを読む]
  • 入学通知書。不安・心配だらけ。
  • あっと言う間に冬休みが終わってしまいました…。4月からの小学校入学に向けて『何か準備しなきゃ…。』と、ひらがな練習のドリルをしたりしようかなぁ〜なんて考えていましたが、何もできず…。親が焦るばかりです…。そういえば。先日、入学通知書と入学説明会の案内が届きました。…ということは??就学前健診の結果がわからずモヤモヤしてましたが、特に何もなかった…ってことかな?無事に入学できるってことでいいのかな? [続きを読む]
  • 就学前検診の結果。モヤモヤの理由。
  • 昨日の就学前検診の結果にモヤモヤの話の続きになりますが…。なぜこんなにモヤモヤしてしまうのかと言いますと。検診の時、みんな自分の名前や生年月日など色々書いてあるカルテのような用紙を持って、それぞれの検査のコーナーをまわりました。検査の時に係の方にカルテも提出して結果を記入していただいて、済んだらまた返してもらって次の検査へ。確か、視力検査は『A〜D』で表した結果、歯科検診は「虫歯なし」などが書いてあ [続きを読む]
  • 就学前検診の結果。モヤモヤ。
  • 先日、同じ療育センターに通っていた男の子がいるお母さんにスーパーでたまたま会って、ちょっと立ち話をしました。母子通園していた頃はよく会っていましたが、それぞれ違う幼稚園に入園したのでなかなか会うこともなくて。「小学校どうする?」の話から就学前検診の話になったのですが。「うちの子、再検査のお知らせが来ちゃって。今日お昼から行かないといけなくて…。」と。ビックリしました…。その男の子は体幹・筋肉が弱か [続きを読む]
  • 次男、幼稚園入園!心配・不安を押しつけたくない…。
  • 次男、最近給食デビューしました。慣れてきてからは療育が週に2日に増えて、さらに給食まで食べることになったんです。朝療育センターに送って行って、給食が終わって帰り支度をするお昼過ぎにお迎え。初めは、次男がちゃんと給食を食べられるかな?とか、時間が長いと疲れちゃうかな?と心配で心配で、こちらが気疲れしちゃっていましたが、次男が楽しんでいるようなので安心しました。給食も、周りのお友達に刺激されるのか、家 [続きを読む]
  • 次男、療育の成果!?
  • 療育に行き始めてから、言葉が少しずつ増えてきた次男。今3歳ですが、2語分らしきものもたくさん出てくるようになってきました。2語分らしきもの…とは、私たち家族が聞いたら、「ワンワンいた!」「ブッブ、いっぱーい!」と聞こえますが、まだ発音が不明瞭なので家族以外にはわからないかなぁ…どうかなぁ…という感じの…です。療育に行くのを嫌がる様子もなく、帰ってきてからも機嫌もよくて。何より、療育に行った日は次男の [続きを読む]
  • 他のお母さん達の本音。続きの続き。
  • B君ママ、4月からずっと△△ちゃんのことを色々話していて。今までは、あまりハッキリ、迷惑だ!とか障害だ!とか言ったことはありませんでした。…言ってはいませんでしたが、言葉の端々にそんなことを思っているんだろうなぁ…という感じがしていました。言いたいけれど…。大人だから、我慢しているんだろうな…という感じがしていました。そんな話になるたびに、私は何と言っていいのかわからなくて…。B君のお母さんの気持ち [続きを読む]
  • 他のお母さん達の本音。続き。
  • そんな感じの話をいつもしていたのですが。つい最近。B君が指に怪我をして幼稚園から帰ってきました。バスから降りてきたB君の指に、カットバンが巻いてあったので、B君ママ「えっ?これどうしたの?」と聞くと…。B君「△△ちゃんが…。」B君ママ「えっ…?何?どういうこと?」ちょうどバスに乗っていたのが担任の先生だったので、先生が降りてきてお話していました。なんでも。製作の時間、△△ちゃんがテープカッターを独り占 [続きを読む]
  • 他のお母さん達の本音。
  • 今年度から、幼稚園バスの同じバス停に年少さんの男の子と女の子が加わって、毎朝3人でバスに乗って行っています。お母さんたちとどんな話をしたらいいんだろう…とか、どうやって話切り上げて家に帰ったらいいんだろう…とか考えて、初めは緊張しました。…が、なんとか楽しくやってます。その子たちのお母さん方、とても社交的な方たちで、入園する前からいくつかの園の未就園児クラスに行っていたみたいで、「あそこの幼稚園は [続きを読む]
  • 就学前検診。再検査…?どうかな…?
  • 先日、就学前検診がありました。(健診?検診?)とても人数が多く、待ち時間も長くうんざり…。市内の小学校いくつか合同であったので、そりゃもうすごい人数でした…。内科や眼科などの検診は難なく終わりましたが、気になるのが、言語・知能検査の項目…。こんなのあるんだ…。ケントは最近クイズ大好きなので、「小学校に行けるかな〜?って先生が色々クイズを出すから、ちゃんと答えてね。」と言うと、すごく嬉しそうにワクワ [続きを読む]
  • ママ友グループLINE。しんどい…。
  • この日記(→①ママ友。地雷。反省。②また失言…。)に書いたように、失言が多い私…。気をつけているんですが…。結婚してからずっと専業主婦で、外の世界の方たちとあまりじっくり会話するような機会もなかったからか、人と話すと舞い上がってしまうというか…。後で、『あぁ…しまった…。』となることが多いんです。社会経験の乏しさもあるのかな…。そんな感じなので、幼稚園のお母さんたちと話すのが楽しくもあり、緊張でもあ [続きを読む]
  • 就学に向けて。結局。
  • 結局。なんだかんだと私が悩んでみても、旦那が、「普通クラス。療育もやめる。」と言っているので、今のところはそうするつもりで動いています。動いています…と言っても、支援クラスや支援員のフォローを希望する人が受けないといけないという、専門の先生の診察(診断?面談?)に申し込まなかったくらいで…。他には何も…なんですが…。ケントが小学校に入学して、普通クラスで過ごしていく中で、少しでも困らないように、少し [続きを読む]
  • 就学前相談。ママ友とのお話。
  • 後日。同じ幼稚園・療育センターに通う子がいるママ友(…なんだろうか?私はママ友のつもり…。)と会って、「就学前相談どうだった?小学校どうしたらいいんだろうね…?」と色々お話ししました。私「うちは旦那が『普通クラスで!』って思ってるみたいだから、そうなるかな…。色々心配なんだけどね…。でももう、悩むの疲れたから旦那がそう言うなら…みたいな。」ママ友「そうかぁ〜。うちは一応専門の先生に診てもらうことにし [続きを読む]
  • 就学前相談。療育続ける?やめる?
  • 旦那が、「普通のクラスでいい。療育も終わりにする。」と考えていたことにびっくりしました。いつも、ケントのことをよく考えていて、幼稚園の行事もいつも仕事を休んででも参加していて。「ケントに色々なことを経験させたい。自信をつけて欲しい。強くなって欲しい。」と、一生懸命な旦那。そんな旦那がそう言うのなら…と、私も納得しましたが。納得はしたけど、心配は心配で…。普通のクラスでやっていけるのかな…?せめて、 [続きを読む]
  • 就学前相談。旦那の考え。
  • 私は、『支援級も見学させてもらって、それからまた考えよう。』という気持ちでいたのですが。旦那に、就学前相談の前日に、「明日こんなのがあるから、相談してくるよ。何か聞いておいて欲しいことある?」と確認したら。旦那「早く言ってよ。俺も行きたかった。休み取るんだったのに。」私「あれ?言わなかった?ゴメン。言ったつもりだった…。」旦那「何話すの?」私「初めてだからよくわかんないんだけど。ケントが小学校に入 [続きを読む]
  • 就学前相談。支援級のイメージ。私の考え。
  • 私の中での《支援級》のイメージって、自分が小学生の時の《なかよし学級》とか呼んでいた、その時のままで。広い教室に2〜3人ポツーンといて、授業を受けているイメージでした。授業を受けている…というより、学年が違う子の集まりなので、それぞれがそれぞれのレベルに合ったドリルなどを黙々としていて。それを先生が見守ってる感じ。なので、そういう場所にケントがいる意味って?メリットって?…と。周りの影響を受けやすい [続きを読む]
  • 就学前相談。教育委員会の方とお話。
  • そして教育委員会の方は、ケントが入学する予定の小学校ではどんな支援が受けられるのか…など話してくださいました。ケントが入学する予定の小学校は、1学年3〜4クラス程。支援クラスは、知的クラスと自閉クラスがあって、通常は普通クラスで過ごし、週に何時間かは支援クラスで過ごす…というようになっているそうです。その週に何時間か…というのは、みんなそれぞれ、苦手な教科の時とか、個別に指導を受けたい教科の時とか。 [続きを読む]
  • 就学前相談。幼稚園・療育の先生のお話。
  • 来年度は小学校に入学するケント。夏休みに入る前、就学前相談に参加しました。みんな受ける就学前健診は秋にありますが、療育に通っている子が対象の希望者のみのもので、療育センターを通して申し込みました。療育センターの先生、幼稚園の担任の先生、教育委員会の方、そして私たち保護者が集まって、ケントの現在の様子や、小学校入学に向けてのことを話し合う…みたいな感じで。私は、生まれてから今までのケントの発達の様子 [続きを読む]
  • 《次男、療育STARTの話5》見守る。
  • 体験に行った時点では、まだ少し、『どうしようかなぁ…。』と迷いもありましたが、主任の先生とお話ししたことと、次男が楽しそうに活動に参加できていたことで、療育に通わせる決心がつきました。家に帰ってすぐ保健師さんに連絡すると、市役所の福祉課に受給者証の申請に行くように言われました。他にも、サポートセンターにプランをたててもらったり、療育センターに契約に行ったり、担当の先生と次男の様子や気をつけて欲しい [続きを読む]
  • 《次男、療育STARTの話4》先生とお話。
  • 自由遊びの時間が終わったら、お部屋に移動して、点呼をしたり、絵本を読んだり。次は、設定遊びの時間。設定遊びが終わったら、降園準備。さようならのご挨拶をしてから、トイレに行ったり、荷物をまとめたりして、みんな帰っていきました。みんな朝は保護者がセンターまで連れてきて、帰りはそれぞれの保育園へスタッフが送って行くそうです。その後、次男は引き続き先生に遊んでもらいながら、私はセンターの主任の先生とお話し [続きを読む]