うまっこ さん プロフィール

  •  
うまっこさん: 牧場の日記
ハンドル名うまっこ さん
ブログタイトル牧場の日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/saraspeed
サイト紹介文競走馬の生産者の日記
自由文競走馬の生産の現状と考察
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/08/07 23:03

うまっこ さんのブログ記事

  • 道営競馬観戦
  • 昨日、道営競馬を見に行った。道営スプリントにラブバレットが出るというので、どんな馬なのか見たくて。ラブバレットはうちの馬が岩手でそこそこ勝っていた時に、同い年で走っていたので、ずっと注目していた。うちの馬はそこそこで終わってしまったけれど、ラブバレットはどんどん強くなっていった。生産者としてはうらやましい限りである。応援の意味合いも含め行ってきた。仕事を急いで終わらせ、ついたときは8Rのパドックの [続きを読む]
  • 牧草作業終わる
  • 今日放牧地の二番牧草を上げて今年の牧草作業が終わった。これでやっと天気予報とにらめっこの生活から解放される。今年は牧草が重い。最後に上げた今日の牧草も転がすのが一苦労だった。年取って力がなくなったのか、気力が衰えたのか。一番いい時期に天気が悪く、草の状態がイマイチだし、第一地面が湿っぽい。今日は地面は良く乾いていたけれど、朝露がすごかったし、日が暮れるのも早い。でも、10月までかからなくてよかった。 [続きを読む]
  • アライグマ
  • 今年は野菜が不作だ。六月の長雨に7月の日照不足。そして、台風が来ていろんなものをなぎ倒して行った。そんな中なんとか弱々しくも育ったトウキビがもうすぐ食べられそうという時に、何者かに荒らされてしまった。実をもぎ取って皮をむき食べてある。こういうやり方は今までなかった。たぶん、アライグマだろう、と、思っていたら、今日木の上にアライグマがいた。犬の近くの木に登ってしまって降りられなくなっていた。憎たらし [続きを読む]
  • 小旅行
  • 娘が私の誕生日を祝ってくれたのか、一緒に出かけようと、誘ってくれた。今年は忙しくて春から一度も休みがなかった。そんな時、誘ってくれたおかげで久しぶりの休暇を取ることになった。休暇とは言っても、昼前に馬を放牧させてから、11時ごろ出かけた。様似のアビヨンというレストランで昼食。なんと、娘は予約までしていた。レストランに予約して行くなんて初めてかもしれない。そういう娘の気持ちがすごくうれしかった。アビヨ [続きを読む]
  • 最後の1番牧草終わる
  • 放牧地の掃除刈りの一番牧草を上げた。 寝藁用のもの。 これで、今年の一番牧草はやっと終わった。 刈ってテッターをかけている時は、馬を放牧していてだいぶ短くなっていたので、 ちょっとしか無いだろうと、気楽に構えていたのだが、仮巻きをしたら60本もあった。 これは朝から必死でやらないと終わらない量だ。 最後までやっぱり牧草は楽じゃ無い。 結局36本仕上がった。 仕事が終わったら5時半でもう暗くなって来ていた [続きを読む]
  • 電気不可欠
  • 地震で一日中停電になった。うちでは地震の直後から次の日の夜7時頃まで。電気がないとテレビが見れないのはもちろんのこと、固定電話も使えない。そのうち携帯電話も圏外になった。お風呂も入れないし、明かりもつかない。お店は開いてはいたけレジや照明がないのでまともに営業できない。次の日には通電してお店は開いたけど、1日冷蔵庫が切れていたので、肉や魚はみんな傷んでしまっていた。次の日には牛乳、卵、米、納豆、ヨー [続きを読む]
  • 登録協会ついに
  • 今日登録協会が来た。今年生まれた馬の特徴を取りに来たのだが、検査の方が手にタブレットを持っている。ついに紙からモニターへと変わる日が来た。ちょっと大袈裟か。流星鼻梁白断鼻白額刺し毛サル上り…特徴を紙に書き馬の絵に白いところを書き写して行く。この作業がモニターを何やらペンでポチポチと押している。マイクロチップを読み取る機械も小さくなった。色々と便利になって行く。 [続きを読む]
  • 地震 停電
  • 大きな地震があり停電した。浦河では震度4でうちの牧場では何も変化はなかった。緊急地震速報があり、揺れた時間が長かったので、これは大きな地震だとすぐ思った。タブレット端末のネットで確認しようとしたら、ネットが繋がらない。テレビを見ようとしたらつかない。ブレーカーを見に行ったら落ちてないので停電したのだとやっとわかった。手回し充電ラジオがあるのでそれで聞いたら、安平町で震度6強と言っていた。午前3時だっ [続きを読む]
  • ネコ来る
  • ネコをもらってきた。ネコのいない生活は寂しくてネズミも増えてきたので近所の牧場で産まれたと聞き、二匹もらってきた。前いたネコはもう15歳だったので子猫はメチャクチャ元気に見える。そして、小さく、か弱い。何も知らないので、馬の居る馬房で真ん中で寝たり、転がしたロールの下敷きになりそうになったり、危なくて仕方がない。手間がかかるけど、成長を見るのが楽しくて仕方がない。馬とはまた違った感じだ。早く大きく [続きを読む]
  • 男馬行く
  • サマーセールの馬が出発した。セリが終わった次の日に一緒にいた相棒が移動になって一頭になってしまっていた。もともとおとなしい馬だったが、さすがに一頭で夜間放牧をするのは心配で、昼間放牧に変え、ついでに当て馬を近くのパドックに放してやった。朝放牧するとすぐ、当て馬のところへ行って甘えていた。夜間放牧をしている親子を昼頃放牧すると、それを見て寂しそうに走り回った。夕方収牧しようとすると、まだ外にいたいと [続きを読む]
  • 投薬
  • 子馬が風邪をひいて飲ませてくださいと、出された薬が錠剤であった。親馬ならエンバクに混ぜて食べさせれば、難なく食べてしまうのだが、子馬ではこの手は使えない。小さめのすり鉢に入れ、スリコギでゴリゴリとつぶして擦って粉にしてラセリングで飲ませた。今回の薬はとても苦いらしく嫌がるのでオリゴ糖を混ぜてやったりした。この一連の作業が結構手間で、また、スリコギで擦っているうちに薬が目減りして行くような気がした。 [続きを読む]
  • 10日で132本
  • 10日間でロールの牧草を132本上げた。6月7月と雨続きでたまりにたまった牧草上げをやっつける感じで夢中にやっていたら、天気も何とか答えてくれた。最後の刈り遅れの寝藁用の牧草は気温が高いこともあり刈って3日で上げた。もうちょっと乾かしたい感じでもあったが、雨の予報だったのであげてしまった。仕上がりはまずまず。これでもまだ終わってないのは、いつものこと。ほかにもやることはいっぱいある。夏は忙しい。 [続きを読む]
  • 今朝、分場へ夜間放牧の馬を収牧しに、車で行く途中、よそ様の採草地に黒い物が走っていた。最初は馬に見えた。うわー、ウチの馬、放馬した?、と、冷や汗が出たが、よくよく、見ると熊だった。なんだ、熊か。熊?えー!熊!!と、寝ぼけ頭がスッキリ冷めて、心臓ドキドキだ。熊との距離はまだ、100mくらいある。写真を撮ろうと近寄ろうとする社長を抑えて車を止めた。すると、車に気がついた熊は山の方へと消えていった。そんなに [続きを読む]
  • 7月も晴れない
  • ぐずついた日が続いている。7月になってから晴れた日が一日も無い。しかも予報ではここから先一週間も晴れマークが無い。牧草もほとんどできていないし、放牧地がぬかるんでめちゃくちゃだ。子馬が寝るとびしょびしょになってしまう。親馬も皮膚の弱いやつは蕁麻疹がでたり、ケイクンになってしまう。こんな年はない。いや、結婚して初めての年がこんな感じだった。牧場に嫁いで張りきって仕事をしようと思っていたら雨ばかりで。 [続きを読む]
  • フルモキサールで駆虫
  • フルモキサールで当才と1才を駆虫した。今回は当才はラセリングで強制投与、1才は餌に混ぜて与えた。1才も残すことなくちゃんと食べてくれた。そして、三日投与するうちの二日投与した次の日、当才一頭から回虫がけっこうたくさん出た。こんなにいたら、エクイバランで駆虫してたらまずいことになっていたかもしれない。これですっきりみんな出てくれれば良い。 [続きを読む]
  • 放牧と蹄葉炎
  • 蹄葉炎の原因には次の様なものがある。・濃厚飼料の多給・放牧地でのイネ科牧草の大量摂取・インスリン抵抗性動物における高インスリン血症・全身性炎症性反応症候群SIRS・患足の免重時に発生する対側足の蹄への過荷重などオーストラリアでは80%が放牧地でのイネ科牧草の大量摂取であると予測されている。(馬の科学53volより)これは大変な問題なのでいろいろ調べてみた。まず放牧地でのイネ科牧草の大量摂取が原因で蹄葉炎になる [続きを読む]
  • 晴れ無い6月
  • 昨日ラップサイレージを60本上げた。6月は晴れない。このラップサイレージを刈った日は曇り空。しかも寒い。夜にはストーブを炊くくらい寒かった。それでも、一日霧雨に当たったくらいでまあまあの仕上がりになった。日数はかかったけれど。で、今日は霧雨。社長が霧雨の中ラップを並べ替えるといってきかないので、シブシブ手伝う。いい加減、晴れて欲しい。 [続きを読む]
  • ミルクをやめる
  • お乳が足りないような感じの子馬にミルクを足していたのだけれど、生後20日に突然全く飲まなくなった。あんなにゴクゴクおいしそうに飲んでいたのに、突然ピタッと飲まなくなった。昨日までは早朝5時、9時、12時、午後2時、4時、9時と、それぞれ400〜500cc,飲んでいたのに。最近飲ませに行ったとき、口の中が草でいっぱいで、ミルクを飲むために一生懸命クチャクチャ噛んで飲み準備をよくしていたけれど、もう、ミルクより [続きを読む]
  • オッパイが足りない?
  • 乳が張らないで出産して、どう見ても、オッパイが足りないように見える。子馬は乳を吸って居るので出てはいるのだろうけれど、次第につっつく回数も増え、母親も怒り出したので、ミルクを足してみようとやってみた。最初は哺乳ビンで飲ませてみたが、生後3日目ではもう吸わなかった。次はラセリングで薬のように強制投与。最初は嫌がったが、だんだん味わうようになり、嫌がらなくなってきた。やりはじめてから二日後くらいにボー [続きを読む]
  • 何故蹴るの
  • 今日、子付きの放牧地を変えた。新しい放牧地に放されて、興奮して走り出した。母馬は何考えてるんでしょうか。後ろに必死でついていっている子馬を、こともあろうにシリッパネして、蹴った!一度ならず二度も。頭に血が上ったら子馬さえも目に入らなくなってしまう。幸いにも、子馬は怪我はしなかったが、痛かったろう。落ち着いた頃、子馬を見に行くと寄ってきて甘えて来る。ヨシヨシと、撫でてやると、嬉しそうにパクッとかじっ [続きを読む]
  • ハサミで切る
  • 陰部縫合した馬が出産するとき、陰部を切らなければならない。JRAの指導本には産みそうになったら前もって獣医に切ってもらう、とあるが、うちではお産が始まってから、剃刀で切れ目を入れて対応していた。今年縫合していた馬が出産したとき、大きく斜めに裂けてしまった。治療してきれいに縫ってもらったが痛々しかった。なので医療用ハサミで切った方がいいのかと思い、購入した。いざ、次の縫合した馬のお産で、使ってみたが、 [続きを読む]
  • 子馬はかわいい
  • 子馬はかわいい。赤ちゃんは人でも馬でもライオンでさえかわいい。この子馬も人懐っこくて、私を見ると遊ぼうと、走って来る。ひとしきりかじったり、ベタベタしたり、体当たりしたり、、。心を鬼にして、甘やかさず仕付けをしなければなりません。 [続きを読む]
  • 頑丈な体が欲しい
  • 頑丈な体が欲しい。この時期はアオタンが絶えない。生まれてそろそろ人なれしてきた当才が、遊び半分でかじったり、乗っかかったり、蹴ったりする。1歳馬も今時期は春真っ盛りでうるさい。ちょっと踏まれても、かじられても、体当たりされても、なんともない体が欲しい。 [続きを読む]
  • 土俵から下りて
  • 救急救命に土俵に上がった女性に土俵から下りてください、とアナウンスがはいった、というニュースを見た。まったく馬鹿げている。だいたい土俵に女性が上がれない伝統って伝統といえるのか。自分と違うものを差別し、自分だけの特権を作ることはその人にとって優位に感じる。自分は特別な存在でそれ以外のものは劣っている、と、勘違いしている。私はそういう考えは大嫌いだ。人種差別、男尊女卑、部落差別、宗教もそう。間違った [続きを読む]