MM さん プロフィール

  •  
MMさん: Savvyに生きる
ハンドル名MM さん
ブログタイトルSavvyに生きる
ブログURLhttp://savvy-life-savvy-style.com
サイト紹介文現在海外赴任中の85年生まれリーマンです。 投資、節約、副業について記事を書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/08/07 21:26

MM さんのブログ記事

  • 株価の戻り!企業型確定拠出年金の運用実績 (2018年5月)
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 現在企業型確定拠出年金に加入していますが、入社時はほぼ元本保証型で6年間運用(放置)し、2015年8月から毎月チェックをするようにしています。 が、先月はチェックを忘れてしまいましたので、2ヶ月振りの確認となります。 まだまだ先は長いですが、少しでも多くのリターンを求めて行くべく、必要なタイミングで投資先の見直しを行っていく予定です。 それでは今月も運用状況を見ていきます。 [続きを読む]
  • 【米国企業分析】セムトレックス(CETX)に投資しました
  • こんにちは、MMです。 米国駐在中にチャールズシュワブ証券に口座を開設、帰国後も引き続き取引に利用しています。 投資スタイルはコアはインデックスETF、サテライトしてバリュー株投資を行っています。 割高な状況が続く米国市場ですが、今回セムトレックス(CETX)という企業に投資を行いましたので、企業分析、選定理由を記しておこうと思います。 基本情報 セムトレックス(CETX) の基本情報をまとめます。 セムトレックス (CETX [続きを読む]
  • 米国駐在から帰国した我が家が選んだ電力会社は「東京ガス」
  • こんにちは、MMです。 海外赴任から帰国するとホッとするのも束の間、住居選定(持家がない場合)+生活立上げという重要任務が待っています。 帰国から新住居での生活開始までの期間は会社にもよると思いますが、大体2週間〜1ヶ月程、この間に生活インフラを立上げ無ければなりません。 住居選定の他に、スマホ、インターネット、水道、電気、ガス等々、帰国前にも調べることは出来ますが、我が家の場合は結局帰国後急いで調べて [続きを読む]
  • 海外駐在からの帰任者でも「ふるさと納税」ってできるもの?
  • こんにちは、MMです。 以前から興味があったふるさと納税、今までは米国に赴任していたため利用できずにいましたが、帰任をしたことで使えるようになりました。 ふるさと納税とは簡単に言うと、寄付した金額が丸々戻ってくる+魚介類やお肉、お米等特産品も貰うことができる制度です。※実際の税額控除は使用金額-2,000円。制度の詳細は総務省HPを参照して下さい。 普段日本で暮らしていると給料から所得税と住民税が引かれますが、 [続きを読む]
  • 米ドルを追加投資!アメリカ株運用状況 (2018年5月)
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 先月アメリカから帰国しましたが、引き続きドル資産は、米国オンライン証券最大手のチャールズシュワブ証券(Charles Schwab)で資産運用を行っています。 米国赴任中に節約で貯めた米ドル資金は、ドルコスト平均で長期積立より一括投資の方が見込めるのリターンが大きいため、今月から投資への振替額を増やしています。(参照: 手元資金がある場合は「一括投資」と「積立投資」のどちらを行うべ [続きを読む]
  • 「苦労」を知ることは人生を有利にしてくれる?
  • こんにちは、MMです。 「苦労は買ってでもしろ」と言う言葉があるように、子供の頃から苦労はした方が良いと考えて来ました。 ですが働くようになってから、特に合理主義の国アメリカで生活してからは「苦労は過程であって重要なのは結果」という考えになりました。 今でもしなくて良い苦労はする必要がないと考えています。 ですが少し視点を変えて自分の人生を振り返ってみると、苦労をしたことで幸せのハードルが下がり、ちょっ [続きを読む]
  • 新生活での出費増!2018年5月1日時点の総資産状況(時価ベース)
  • こんにちは、家計管理担当のMMです。 4月から日本での新生活が始まりましたが、家電や家具等でおそらく人生で一番出費が多い月となりました。 一部会社から出る費用もありますが、少し時間が掛かるため、総資産という意味では対前月減という結果になりました。 それでは最新の総資産状況です。 2018年5月1日時点総資産状況 全体前月比 -12万円 の総資産額 2584万円となりました。 対前月でマイナスとなりましたが、理由は上述して [続きを読む]
  • 米国駐在から帰国した我が家が選んだMVNO(格安SIM)は「mineo(マイネオ)」
  • こんにちは、MMです。 米国赴任時の途中から我が家のスマホは格安SIM(MVNO)にしていましたが、毎月の固定費を下げられること、サービス的に不満が無いことから帰国後も利用することを決めていました。 スマホもそれ前提でSIMフリー機を買いました。 今回本帰国にあたり日本のMVNOを調べてみましたが、サービスを提供している企業も多く、中々決められませんでしたが、「mineo(マイネオ)」にすることにしました。 MVNOを選択する [続きを読む]
  • 日本での生活開始!家族3人の家計簿を締めました (2018年4月)
  • こんにちは、家計予算担当のMMです。 米国赴任から帰国しましたので今回からは新規一転、日本での家計管理となります。 ですが今月は月の途中まで米国にいたこと、給料自体は米ドルであったことから、日本での生活費も全て米ドルに換算(1ドル=100円)して家計簿を締めました。 引っ越しに際して色々と費用が掛かっていますが、それらは積立予算からの支出とし、家計簿はあくまで実際の生活費のみとしています。 家計実績 (全体) 収 [続きを読む]
  • 「共働き時代」よりも「片働きの今」の方がお金が貯められている理由
  • こんにちはMMです。 結婚当初は共働きでしたが、米国赴任を機に妻が退職し、本帰国した現在も片働き家庭となっています。 海外赴任期間中は夫である自分の給料は上がりましたが、世帯年収としては減、生涯賃金という観点では2億円弱の減となります。(参照:共働き夫婦にとって海外赴任は得?ダブルインカムからシングルインカムになった我が家の場合) ですが片働きになってからの方が総資産が増えてきていること、自由に使えるお [続きを読む]
  • 手元資金がある場合は「一括投資」と「積立投資」のどちらを行うべき?
  • こんにちは、MMです。 先日まで米国に海外赴任をしており、日々の節約の甲斐あって現在約8万ドル(約840万円)の米ドル資産を蓄えることができています。 この内3.5万ドル(約370万円)はチャールズシュワブ証券で株式投資による資産運用を行っていますが、残りの4.5万ドル(約480万円)は銀行口座にて預金となっています。 生活防衛資金は日本円で用意していますので、米ドル資産は全て株式投資に回しても問題ありません。 です [続きを読む]
  • 米国駐在に最も活きた大学時代の経験「日本語ボランティア」
  • こんにちは、MMです。 人生の夏休みと言われる大学生活ですが、個人的にその意味は「たくさん休める」ではなく「自分で使える時間がたくさんある」だと思っています。 そんな大学生活を振り返ると、5年間行った米国生活でとても生きた経験がありました。 それが「日本語ボランティア」です。 もし周りで大学生がいたり、自身が大学生の方はこの日本語ボランティアの機会を探してみるのも良いかと思います。 日本語ボランティアとは [続きを読む]
  • 日本帰任後の再出発!アメリカ株運用状況 (2018年4月)
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 先日アメリカから帰国しましたが、引き続きドル資産は、米国オンライン証券最大手のチャールズシュワブ証券(Charles Schwab)で資産運用を行います。 ドル資産は全て投資に回しても良いと考えていますが、今後の方針をまだ明確に固めていないため、しばらくは毎月のETF積立のみ継続していきます。 今月も米国株式投資の資産運用状況を確認してみます。 米国資産運用状況まとめ*ダブル で [続きを読む]
  • 本帰国後の税金の簡略化!米国個別株を全て売却しました
  • こんにちは、MMです。 米ドルの資産運用は赴任中に開設した米国オンライン証券最大手のチャールズシュワブ証券で行っています。 日本への帰任後も引き続き米ドル資産はチャールズシュワブで行う予定ですが、投資益を二国間にまたがって持ち越すと税金(キャピタルゲイン課税)が少しややこしくなりますので、今回帰任のタイミングで個別株を一旦全て売却をしました。(ETFは継続保有) 投資においてはいつ買うかのタイミングが重要です [続きを読む]
  • 心機一転! 2018年4月1日時点の総資産状況(時価ベース) 
  • こんにちは、家計管理担当のMMです。 米国赴任を終えて日本に帰国しましたが、帰国前に車の売却や家具の売却、日本での住居の先払い金の支払い等があり、普段とは違うお金の動きがありました。 今後米ドル資産=元本が増えることはありませんので、投資では確実性を持たせつつ、日本円をしっかり増やせるよう支出管理に励んでいこうと思います。 それでは最新の総資産状況です。 2018年4月1日時点総資産状況 全体前月比 +77万円 の [続きを読む]
  • 米国生活最後の不労所得!アメリカ株配当金 まとめ 2018年1月〜3月
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 現在唯一の不労所得であるアメリカ株から配当金が入りましたので、2018年1月〜3月期の配当金をまとめようと思います。 帰任が近づいていますので、米国赴任生活中にもらう配当金としては今回が最後となります。 アメリカ株配当金 (2018年1月〜3月) Ticker名称今期配当金最新利回りSCHBシュワブUSブロードマーケットETF$34.711.6%SCHFシュワブインターナショナルエクイティETF$0.000.0%SCHEシ [続きを読む]
  • 米国生活最後の不労所得!アメリカ株配当金 まとめ 2018年1月〜3月
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 現在唯一の不労所得であるアメリカ株から配当金が入りましたので、2018年1月〜3月期の配当金をまとめようと思います。 帰任が近づいていますので、米国赴任生活中にもらう配当金としては今回が最後となります。 アメリカ株配当金 (2018年1月〜3月) Ticker名称今期配当金最新利回りSCHBシュワブUSブロードマーケットETF$34.711.6%SCHFシュワブインターナショナルエクイティETF$0.000.0%SCHEシ [続きを読む]
  • 海外駐在員が取るべマネー戦略「現地通貨を貯める」
  • こんにちは、米国赴任中のMMです。 間もなく海外駐在期間を終えることになるますが、この間にマネーについて学び続けてきました。 そして投資家として、節約家として、海外駐在員が取るべきマネー戦略というのも固まってきました。 それは「現地通貨をできるだけ貯めること」です。 海外駐在員の給与は日本円と現地通貨の二本立て 詳細は下記記事でまとめていますが、前提として海外駐在員の給料は殆どの場合、日本国内の給料(海外 [続きを読む]
  • バークシャーハサウェイ(BRK.B)はS&P500 ETFの代わりになり得る?
  • こんにちは、米国赴任中のMMです。 現在は米国オンライン証券最大手のチャールズシュワブ証券で資産運用をしており、日本帰国後も引き続き資産運用を行う予定です。 ただ懸念としては、日本で米国株式の配当金を受け取る場合は10%の源泉徴収税が追加で掛かること、更に米国証券会社で取引をする場合は自力で確定申告をする必要があることです。 投資のメインはインデックスとしているので、市場連動かつ配当金無しの投資先が理想 [続きを読む]
  • 引き続きの株価下落!企業型確定拠出年金の運用実績 (2018年3月)
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 現在企業型確定拠出年金に加入していますが、入社時はほぼ元本保証型で6年間運用(放置)し、2015年8月から毎月チェックをするようにしています。 2015年8月に一度投資先を変えてからはそのまま維持していましたが、今回はポートフォリオの変更を行いました。 まだまだ先は長いですが、少しでも多くのリターンを求めて行きたいです。 それでは今月も運用状況を見ていきます。 企業型確定拠出年金  [続きを読む]