weather-to-tax さん プロフィール

  •  
weather-to-taxさん: 天気予報のできる税理士 井上幹康
ハンドル名weather-to-tax さん
ブログタイトル天気予報のできる税理士 井上幹康
ブログURLhttps://ameblo.jp/weather-to-tax/
サイト紹介文独学/税理士試験/日商1級/気象予報士/税務会計書籍/不動産鑑定士試験/自己研鑽
自由文さいたま新都心の開業税理士です。事務所HPはこちら(http://mikiyasuzeirishi.com)。ただいま不動産鑑定士試験に挑戦中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/08/08 12:19

weather-to-tax さんのブログ記事

  • 税理士試験で期限を決めること
  • 私が今勉強してる不動産鑑定士は、短答式試験の有効期限が2年であり、その間に論文試験に受からないとまた短答式試験から受ける必要があります。私個人的には短答式試験はまたやることになっても受かる自信ありますが、私含め受験生のみなさんは初めからもう一度短答式試験を受ける意識はなく、有効期限の2年のうちに論文試験に合格することを目指していると思います。同じく公認会計士も短答式試験に有効期限がありますね。一方で [続きを読む]
  • 印紙税の行末
  • 経産省から平成31年度税制改正の要望がホームページにアップされています。昨日アップしたブログでは、研究開発税制の改正要望について個人的な思いを書かせてもらいましたが、今回は印紙税の改正要望について。http://www.meti.go.jp/main/zeisei/zeisei_fy2019/zeisei_r/pdf/kokuzei.pdf上記経産省ホームページリンクの一番はじめに印紙税のあり方の検討要望があります。一部抜粋すると、近年の電子取引の増大等を踏まえ、印紙税 [続きを読む]
  • また変わるのか?研究開発税制の行方
  • いよいよ今年もあと2カ月切ってきましたが、12月といえば、税理士試験の合格発表!!ですが、税制改正大綱もでますね。私は大綱出るまではあまり各段階から出される要望は見ないのですが、ちらっと経産省の要望みたら、また研究開発税制の改正要望入ってました↓http://www.meti.go.jp/main/zeisei/zeisei_fy2019/zeisei_r/index.html研究開発税制、なんか頻繁に改正されすぎてるような気がしますが、変わる部分って大体は控除率と [続きを読む]
  • 11月始動とちょっと振り返り
  • 早いものでもう11月ですね。アメブロの更新が久々になってしまいましたが、10月後半に風邪をひき、体調がなかなか戻らずだったのが原因です。11月から12月の師走にかけては風邪をひかずに行きたいところです。さて、少し自身の事について振り返りますが、まず税務ソフトとして使ってるJDLですが、先日電子申告までやってみました。途中少し立ち止まって考える部分がありましたが、それ以外はスムーズに進みました。前職時代に使用 [続きを読む]
  • さんすけ
  • 最近新しい三角スケールを買いました。下の写真の小さい方を購入。大きい方は前から持ってました。私は主に、土地評価の際に使っていますが、税理士事務所で働いている方でも、土地評価に携わっていないかただと三角スケールって何?って方も多いかと思います。不動産実務に携わっているかたなら皆さん知っているかと思いますが、「さんすけ」なんて略されています。 三角スケールは、三角のそれぞれ裏表に異なるスケール(計6種類 [続きを読む]
  • 土砂災害特別警戒区域内宅地と新通達
  • 2018年10月17日付で土砂災害特別警戒区域内宅地の評価方法の新通達についてパブリックコメント募集が出てますね。「財産評価基本通達」の一部改正(案)に対する意見公募手続の実施について 土砂災害特別警戒区域(いわゆるレッドゾーン)内の宅地について、一定の補正率(パブコメでは、特別警戒区域補正率表とされています)を用いた減額補正ができる新通達20−6ができるようですね。新旧対照表をみると、現状20− [続きを読む]
  • クラシック論点である寄付金について
  • 最近はすごく寒くなりましたね。私は本日病院に行き、風邪と診断を受けました。。。前日に奥さんと息子が風邪の診断を受けたのですが、息子(もうすぐ3歳)は回復が早く、今朝飛び跳ねていました。 さて、タイトルに書いた、クラシック論点である寄付金についてですが、寄付金と聞くと、税理士試験の法人税法受験生はどんな印象をお持ちですかね?私が受験生時代は、寄付金の理論はとりあえず暗記したが、クラシック論点すぎて今更 [続きを読む]
  • 会計人コース2018年11月号 記事掲載のお知らせ
  • 先にもブログで少し宣伝してましたが、会計人コース2018年11月号に私の記事が掲載されております。今回私が書かせていただいたテーマは、「会計法規集」の試験勉強(主に財務諸表論)における使い方です。 専門学校を活用されている方だと税法でいう理論マスターのような会計基準の暗記集を使うと思いますが、私は簿財は完全独学でしたので専門学校の会計基準の暗記集は一切使っていませんでした。もちろん、専門学校の会計基準の [続きを読む]
  • 9月振り返りと10月に向けて+記事執筆の告知
  • あっという間に9月が終わり10月に入りましたね。9月は統計的に台風が最も多い月というのは、気象予報士の勉強をしてたときから知ってますが、今年は特にそれを感じましたね。ちなみに台風自体は嫌いですが、気象予報士試験で台風の論点は得意でした。さて、9月の目標にしていた鑑定士試験の民法の勉強ですが、なんとか基本講義9回目まで受講しました。まだ教室進度には追いついていないため引き続き10月も学習を進めて基本講義残り [続きを読む]
  • 苦手科目を克服するには
  • 鑑定士試験の二次試験は、鑑定理論、経済学、民法、会計学の理論4科目と鑑定理論演習の計算科目というヘビー級な試験です。一方で税理士試験は科目合格制なので、1年1科目しか勉強しない方もいるかと思いますが、私は毎年2科目受験してました。複数科目勉強しているとどうしても苦手科目というのが出てきます。この苦手科目を克服するには、個別具体的な勉強方法を議論する前にまずは苦手科目を勉強しないといけません。人間ですの [続きを読む]
  • 会計ソフトに対して思うことあれこれ
  • 一つ前のブログで税務ソフトに関する記事をアップしたところ、読者の方から会計ソフトに関しても私の考え知りたいとのコメントをいただきましたので、会計ソフトについて少し記事にしてみようと思います。 まず、私がこれまで使用したことのある会計ソフトは以下の通りです。①勘定奉行②やよい青磯申告オンライン(個人事業主として自分のデータを記帳)③MJS(シリーズ名は忘れました)④PCA会計⑤エクスプランナー 一番長く使っ [続きを読む]
  • 達人とJDL/法人税の比較
  • 税務ソフトの話ですが、私自身はこれまで以下の業者のソフトウエアを使った、または使っている経験があります。 ①MJSの税務ソフト②魔法陣③申告奉行④達人⑤JDL IBEXクラウド組曲MajorPC 使った年数でいえば一番達人が長いので、独立後の税務ソフトも達人でいいかなと思っていたのですが、コスト面でJDLのソフトの方が若干安かったので気になり始め、JDLを今使っています。 もちろんコスト面以外にも、慣れ親しんだ達人以外のソ [続きを読む]
  • 民法の類推適用と税理士試験
  • 鑑定士試験の民法を勉強していて、軽いカルチャーショックを受けてます。というのも、税理士試験の税法の勉強では、条文や通達に忠実に暗記する感じでしたので、民法の勉強でバンバンでてくる〇〇条類推適用、〇〇条の趣旨類推適用、〇〇条を拡張解釈とかに驚いてます。あと民法では、判例、通説、条文、反対説とかいろいろな解釈が出てきますが、税理士試験の勉強は基本は条文に忠実にという堅苦しいものです。実際税理士として実 [続きを読む]
  • 試験直後の感覚と合否の関連性
  • すっかり秋らしく涼しくなってきましたね。私は息子の体調不良が伝染して、まだなかなか本調子に戻らずです。ただ、鑑定士の勉強は継続してまして、鬼門の民法は基本講義18回のうち3回分を3日で消化するというかなりキツイスピードで追っかけフォローしてます。民法ははじめはこの科目ヤバイなと思いましたが、基本講義がわかりやすく、自分なりに勉強方法を少しずつ確立できてきてます。まだ鑑定理論みたいにスラスラ書けませんが [続きを読む]
  • 理論マスターと理論サブノート
  • 税理士試験の専門学校の授業が開始してますが、税法科目の理論暗記用教材として、TACでは理論マスター、大原では理論サブノートが配布されますね。私は、法人は大原消費はTAC事業税は大原とTACという具合にどちらも経験してまして、私なりの感想で言えば、理論マスターはより条文に近いイメージ、理論サブノートはキーワードプラス算式で覚えるイメージです。どちらについても言えることですが、条文を崩したり、省略したりしてま [続きを読む]
  • 子供が熱
  • 今日は、午後からいつものように事務所に行き、雑務をやり、鑑定士の勉強(経済学)をやさました。経済学の答練やったらどっと疲れが出て、事務所近くのマッサージ店で1時間マッサージを受け、自宅に帰りました。そうしたら、子供が熱を出していました!私は今日事務所に行く際に携帯を忘れてしまい、妻からの連絡に気がつきませんでしたが、熱出してからまだそれほど経ってないとのことなんで、急いで夜間診療やってる病院へ。熱は [続きを読む]
  • 複数科目同時学習
  • 不動産鑑定士試験(論文試験)は一度に複数科目の試験が行われます。①鑑定理論(論文)②鑑定理論(演習)③経済学④民法?会計学 このうち、①②の専門科目は短答試験では独学、論文対策はTAC活用でいまのところやってきていますが、特に苦手意識はありませんし、やっていて面白い。まあ①②は鑑定士試験の主軸部分なのでここが苦手では話にならないんでしょうが、いまのところ基準の暗記も毎日必ず一定台数を繰り返し、回してま [続きを読む]
  • 会計人コース2018年10月号/過去問活用術
  • 本日9月3日発売の「会計人コース2018年10月号」にて、9月号に引き続き私の記事が掲載されています。 テーマは、税理士試験の過去問活用術ということで、私が受験生時代にどのような視点、観点で過去問を使っていたのかをリアルに書かせていただきました(簿財の過去問活用法に加えて、税法科目での過去問活用失敗事例も記載してます)。 大学入試、各種資格試験など、試験勉強の中で避けて通れないのが過去問の勉強ですが、受ける [続きを読む]
  • 独立開業から2ヶ月経過
  • 早いもので7月2日に開業してから2ヶ月が経過しました。有り難いことに税務の仕事は少しずつ頂けてます。サラリーマンじゃないので残業時間とか休日出勤とか気にせず、毎日じっくり仕事ができるので、一つ一つかなり時間をかけてやれてます(職人的な感覚です)。1人でできないような分量の仕事を残業なしで限られた時間内にやらないといけないということがない、すなわち、自分が受ける仕事の質や量を管理できる点は独立しないと味わ [続きを読む]
  • 海、プール、川遊びと子供の成長
  • 昨日は、新潟の海(寺泊)に行き、今日は実家の近くにある群馬県川場村の道の駅付近にある川辺で子供と遊んできました。普段全然子供と遊んでおらず、久しぶりに遊んだ感じですが、その成長スピードに驚きました。プールとか川とか全然怖がらずに入れるし、自分の言葉で意思表示したり。毎日みてる妻からそんなの普通だよって言われてしまいましたが、なんだかとても頼もしく成長しているので嬉しかったです。そんな子供の成長スピー [続きを読む]
  • 遅めの夏休み
  • ちょっと遅いですが、明日から夏休みを3日、4日ほどとり、新潟の海に行く予定です。台風が心配ではありますが、屋内プールがあるので、子供はそこで遊べるかと思います。私的には海の幸が楽しみです。そして少し近況報告になりますか、7月2日に開業してから土日なく仕事、勉強漬けで本当に好き放題やらせてもらえてます。これは、ひとえに奥さんと仕事を依頼いただいたお客様のおかげです。人それぞれやり方があり、税理士といって [続きを読む]
  • 計算問題で復習/不動産鑑定士試験 経済学
  • 不動産鑑定士2次試験の教養科目である経済学ですが、TACの基本講義18回のうちすでに12回配信されており、私は10回目の授業まで追いつきました。11回目の講義でミクロ経済学が終わりになり、基礎答練があるのでなんとか8月中にそこまで行きたいなと思ってます。そして民法の講義も追っかけフォローしていかないといけないので大変です。気分的には、法人と簿記を2科目やってた税理士試験の時よりキツイ感ありますので、不動産鑑定士 [続きを読む]
  • 試験直後の1日も試験直前の1日も同じ1日
  • 税理士試験3日間本日で終了ですね。受験された方、お疲れ様でした。 試験後の過ごし方としては、①専門学校の解答速報と自己採点を照らし合わせて今後どうするか(試験を続けるか否かも含め)検討②すぐに勉強を始める③とりあえず休む④家族サービス⑤仕事を休んだリカバリ⑥転職活動開始あたりが選択肢として考えられますかね。 ただ、②のすぐに勉強をはじめるという方はほとんどいないと思います。というのも、私はすぐに勉強 [続きを読む]
  • 花火のような税理士試験に。
  • いよいよ明日。そう、税理士試験です。私が来年受ける不動産鑑定士試験は本日3日間の試験が終了。受験された方はおつかれ様でした。1年間かけてコツコツ積み上げてきた努力の結晶を明日から始まる1科目たった2時間の試験にぶつけること。私は花火に似てるなと思います。花火って花火職人がかなり前から準備して、花火大会本番たった数時間で終わってしまう。夏っていうのも税理士試験と共通だし、当日の天候に左右されたりするのも [続きを読む]
  • 会計人コース/私の記事掲載のお知らせ
  • 本日8月3日発売の会計人コース9月号に私の記事が掲載されています。 記事の内容は、私の簿財独学合格時の年間学習スケジュールを使用教材も含め一覧表にしたものを基に、いつどんな問題集をやっていたか等、紙面の許す限り記載させていただきました。 来年簿財を初受験するという受験生、簿財にリベンジするという受験生にクリーンヒットする内容になっているかと思いますので、是非お読みいただき、何か1つでも得るものがあればう [続きを読む]