projecttorch さん プロフィール

  •  
projecttorchさん: promotionnote
ハンドル名projecttorch さん
ブログタイトルpromotionnote
ブログURLhttp://p-torch.blog.jp/
サイト紹介文プランナーチームによる企画やマーケティングに役立つ情報。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/08/08 15:12

projecttorch さんのブログ記事

  • 餃子ブームが拡大中。
  • ここ数年、餃子専門店が増えています。 餃子専門店とは、今までは男性向けのイメージが強いものでしたが、最近の専門店は、女性にターゲットを絞った店が多くなってきているのが特徴です。 「餃子女子」という言葉も、数年前からメディアに登場していますね。 [続きを読む]
  • 2018年は何がある? 〜国内の予定事〜
  • 販促やイベントの企画に関連しそうなものに絞って、2018年の国内の予定をピックアップします。(2017年夏の時点)■施設 ○渋谷駅南街区プロジェクト」の「SHIBUYA STREAM」が開業(秋) ○名古屋レゴランドに併設される「レゴホテル」が開業(秋) ■スポーツ ○韓国平昌 冬季オリンピック/パラリンピック(2/9-25 (3/9-18) ○2018FIFAワールドカップロシア大会(6/8-7/8) ○2018年アジア競技大会インドネシア・ジャカルタ(8/18 [続きを読む]
  • 今年の大型ハロウィンイベント(東京都内)
  • 年々イベントの数も規模も拡大していくハロウィン。一昔前までは、学校や地域、サークルなどのコミュニケ―ションイベントとしての色が強かったものの、今では大型施設や季節歳時のテーマとしてもっともメジャーなものになったと言えそうです。子供やファミリー層だけでなく、幅広い人達が自由その雰囲気を楽しむイベントになりました。プロイベントとして、エンターテイメント業界や企業のプロモーションにまだまだ活路が拡がりそ [続きを読む]
  • 使えるSPカレンダー2017年12月分まで更新しました。
  • DLmarketにて販売中のダウンロード商品をご紹介します。使えるSPカレンダー2017年12月分まで更新しました。季節のテーマと販促施策案のアイデア例をピックアップしてまとめてあります。「食品」「酒類」「日用品」のジャンル毎に1枚づつ、「全体共通トピック」と合わせて計4ページ構成。企画立案を行う場合の基本案としても便利な「アイデア付きの企画シートテンプレート」ですので、店舗、SP担当の方がそのまま使える資料です。 [続きを読む]
  • 使えるSPカレンダー2017年10月分まで更新しました。
  • DLmarketにて販売中のダウンロード商品をご紹介します。使えるSPカレンダー2017年10月分まで更新しました。季節のテーマと販促施策案のアイデア例をピックアップしてまとめてあります。「食品」「酒類」「日用品」のジャンル毎に1枚づつ、「全体共通トピック」と合わせて計4ページ構成。企画立案を行う場合の基本案としても便利な「アイデア付きの企画シートテンプレート」ですので、店舗、SP担当の方がそのまま使える資料です。 [続きを読む]
  • 「国産」納豆が売れている。
  • 納豆の販売額が急成長しています。全国納豆協同組合連合会(納豆連)の推計によると2016年の市場規模は、前年比16%増の2140億円と過去最高を記録。健康ブームに加え、国産大豆を使用した高価格帯商品の売れ行きの良さが、成長を後押ししているとみられています。特に、「国産」大豆の使用量は6年連続で増え続けていて、2010年の1万トンから2016年は2万5000トンへと大きく拡大。これまで、原料に占める国産の割合 [続きを読む]
  • ロゼワインの可能性
  • 今、ヨーロッパを始め世界中では、ロゼワインがブームと言われています。フランスのスーパーマーケットでのワイン売場の広さは、かつての「赤>白>ロゼ」から、「赤>ロゼ>白」に入れ替わっているそうです。海外でのロゼブームの要因としては、・セレブリティたちがロゼワインを好んで飲むスタイルが注目されたこと・赤白よりも幅広い料理に合わせられるワインとして重宝されていることなどが上げられています。一方、日本でのワ [続きを読む]
  • 「使えるSPカレンダー」2017年8月分まで更新しました。
  • DLmarketにて販売中のダウンロード商品をご紹介します。使えるSPカレンダー2017年8月分まで更新しました。季節のテーマと販促施策案のアイデア例をピックアップしてまとめてあります。「食品」「酒類」「日用品」のジャンル毎に1枚づつ、「全体共通トピック」と合わせて計4ページ構成。企画立案を行う場合の基本案としても便利な「アイデア付きの企画シートテンプレート」ですので、店舗、SP担当の方がそのまま使える資料です。 [続きを読む]
  • 東京都内にオープンが続く「焼きそば専門店」
  • 「焼きそば」がブームの兆し。今、首都圏には焼きそば専門店が急増中で、テレビやグルメ雑誌で焼きそば専門店特集が組まれることも多く、味付けや素材、調理法などにこだわり店、女性をターゲットにした店なども登場しています。もともと手軽な料理のわりに、ラーメンやカレーのような専門店が今まで少なかったので、飲食業界にとっても“穴場”であったこと、また昨今の「専門店ブーム」にのって、ニューオープンが続いているよう [続きを読む]
  • 【2017.3更新】 2017年は何がある? 〜2017年の予定〜
  • 2017年がスタートして、早くも3か月。もうすぐ新年度が始まります。4月以降の2017年の予定を、月別でピックアップしました。■4月・ガス自由化  4月1日・「レゴランド・ナゴヤ」オープン  4月1日・「GINZA SIX」開業  4月20日・USJ新エリア「ミニオン・パーク」開設  4月21日・映画「無限の住人」公開 4月29日・フランス大統領選挙 4月23日■5月・JR東日本 豪華寝台列車「トランスイート四季島」運行開始 5月1日■6月 [続きを読む]
  • [使えるSPカレンダー]2017年7月分まで更新しました。
  • DLmarketにて販売中のダウンロード商品をご紹介します。使えるSPカレンダー2017年7月分まで更新しました。季節のテーマと販促施策案のアイデア例をピックアップしてまとめてあります。「食品」「酒類」「日用品」のジャンル毎に1枚づつ、「全体共通トピック」と合わせて計4ページ構成。企画立案を行う場合の基本案としても便利な「アイデア付きの企画シートテンプレート」で、店舗、SP担当の方にとって、そのまま使える資料です [続きを読む]
  • 目薬が高くなっていく。〜アイケア市場は伸張〜。
  • スマートフォンやパソコンを使う時間はどんどん長くなり、「疲れ目」に悩む人も増加。数年前には目専用の使い捨てホットアイマスクがヒットしましたが、現代人のニーズに応えたアイケア商品には、確かに需要を感じます。そして今、”高機能”を謳う目薬が多くなりました。各メーカーの商品は、効能を高めたり、特定の症状や年齢層にターゲットを絞った製品などを発売しています。さらに価格も高価格帯のものが増え、1500円超えの目 [続きを読む]
  • ヨーグルト以外で乳酸菌。2017年も新商品発売が続く。
  • 2015年の「機能性表示制度」をキッカケに、健康増進効果を謳う機能性ヨーグルトが大きく勢力を拡大し、この流れで「乳酸菌」の地位が大きく向上したと言われています。富士経済の試算によると、機能性ヨーグルトの市場規模は2015〜2016年の1年間で100億円以上拡大し、全体では1600億円を超えると見込まれているのです。そして、その流れにのって、ヨーグルト以外の「乳酸菌入り製品」も一気に注目を集めるようになりました。2017年 [続きを読む]
  • 2018年 周年商品・企業・ブランド
  • 2018年に周年記念を迎える商品や企業・ブランド等(5周年毎)をピックアップしました。■5周年東京メトロ半蔵門線モンスターストライク■10周年株式会社スクウェア・エニックス■15周年ポン・デ・リングパナソニック 汐留ミュージアム価格.comカピバラさんリラックマ森美術館■20周年Googleおじゃる丸ハロー!プロジェクトご当地キティ■25周年すっぱムーチョJリーグソニー・コンピュータエンタテインメント■30周年KitKat果汁グミ [続きを読む]
  • 「使えるSPカレンダー」2017年5月まで更新しました。
  • DLmarketにて販売中のダウンロード商品をご紹介します。使えるSPカレンダー2017年5月分まで更新しました。季節のテーマと販促施策案のアイデア例をピックアップしてまとめてあります。「食品」「酒類」「日用品」のジャンル毎に1枚づつ、「全体共通トピック」と合わせて計4ページ構成。企画立案を行う場合の基本案としても便利な「アイデア付きの企画シートテンプレート」で、店舗、SP担当の方にとってそのまま使える資料です。 [続きを読む]
  • クリスマス2016 〜イベントしなくてOK。〜
  • ここ数年で、クリスマスはずいぶん静かになりました。少なくとも、「恋人たちのイベント」という雰囲気はかなり薄れています。2、3年前から「クリぼっち」という言葉が拡がっていますが、これも、クリスマスを恋人や仲間と過ごすのが当たり前のように言われていた時代の「一人クリスマス」とはちょっと意味が違うように感じます。感覚的には、10年ほど前に流行った「負け犬」と同じような使い方でしょうか。マイナスイメージの言 [続きを読む]