hupuyoyo さん プロフィール

  •  
hupuyoyoさん: 障害者になってみた 〜発達障害を考える〜
ハンドル名hupuyoyo さん
ブログタイトル障害者になってみた 〜発達障害を考える〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hupuyoyo/
サイト紹介文42歳にして発達障害及び自閉症スペクトラムと診断された男の、闘病(?)の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/08/08 20:35

hupuyoyo さんのブログ記事

  • 世界はマイノリティが動かしている?
  • エジソンやアインシュタインは発達障害の成功例としてよく出てきますが、逆なんじゃないかというお話。障害者というと何かしら不自由な人ですが、マイノリティとはもう少し広い意味での少数派なのだろうと思います。LGBTとか身長の高すぎる人とかもそういう感じですね。特に世界初のことをやるような人は、マトモな人にはない能力や発想があるわけです。そしてその「マトモじゃないこと」を実行する精神もある意味「マトモじゃない [続きを読む]
  • ブラック企業に喧嘩を売ってみた②
  • 先日お話しした通り、前職の会社に残業代の不払い請求をしましたが、支払期限に銀行口座を一応確認したところ、なんとあっさり言い値で振り込んできていました。私としては支払われない前提で刑事告訴などの準備をしていたので、連絡もなく支払われるとなんだか拍子抜けです。残業代の計算は結構手加減して計算してしまいましたが、もっと水増し請求しておくんでした。ちなみに不払い賃金の請求方法ですが、労基署でもらった(たぶ [続きを読む]
  • 労働基準監督署に行ってみた
  • 退職した後、いわゆる労基署に初めて相談に行きました。退職の経緯や勤務状況を話して、賃金の未払い請求の仕方などいろいろと教えてはもらいましたが、ふと思い返せば「教えてもらっただけ」とも言えます。タイムカードの控えや給与明細なども持っていきましたが、基本的に私が請求したり訴えたりしない限りは労基署では特に動くことはないようです。。。いちおう請求した不払い賃金の支払いが無ければ「指導」するようですが、ど [続きを読む]
  • ブラック企業に喧嘩を売ってみた①
  • 例によって、またも会社を辞めることになりました。はっきりした診断は出ないので根性の問題かもしれませんが、昨年末から体調を崩しており、地味に悪化していく一方だったので、一週間ほど休みを頂けないかと申し出たところ、「そんなことでは社員としては使っていけない」という話になり、とんとん拍子に退職が決定した次第です。私が好感を持てない上に使えない社員であることは知っていますが、だからといって実力行使の対象に [続きを読む]
  • キチガイにも怒る権利はある?
  • 私は口が悪いクセに気が弱いので、相手を怒らせるとすぐ謝ってしまいます。(口が悪いのも、空気を読めないことをごまかすために身に着けた習性かもしれません)仕事でもよく「相手の気持ちを考えなさい」という叱責を(この歳にして)しょっちゅう受け、そのたびに謝っているわけですが、ふと思いました。人を怒らせることはよくない。当然です。では、私を怒らせた人は悪くないのか?人を怒らせたら私は謝らないといけないが、私 [続きを読む]
  • 現実はつらいよ
  • 古い友人と10年ぶりくらいに再会しました。私もいい年なので、順調に働いている友人はそれなりの管理職などについています。再会した彼(Rとしましょう)も、三流私大にしては大手に就職し、支店長なども経験しながら部下を持つ身になっているようでした。前にも書きましたが、10人に一人は発達障害的傾向を持つと言われている昨今、彼にも困った部下(A君としましょう)がいるようです。会ったことも無い人を勝手に診断するのは失 [続きを読む]
  • 社会人として?
  • とても納得のいかない出来事がありましたので、たまにはリアルな体験談をお話ししようと思います。たぶん私の発達障害特性に深くかかわっていることだと思いますが、私としては結論的なものは出せないのでご意見伺えれば幸いです。さて、先日仕事中に駐車違反を取られてしまいました。。。経費の基準については詳しくありませんが、今までの経験からすると駐車違反は基本的には私の車(社用車でも)を私の判断で駐車禁止の場所に停 [続きを読む]
  • メンサ会員を公表するということ
  • Japan Mensaに入会したことを以前書きましたが、一般的にはこれはあまり感心出来ることではありません。「知能が高い」と自分で言うことは「自分は頭がいい」という自慢に取られることがほとんどだからです。実際会員でも公表している人の方が少ないようです。メンサの入会資格は知能指数で上位2%ですから、日本の人口から考えると200万人以上が合格する可能性があるわけです。単純に学力が比例すると考えると偏差値70ですから、旧 [続きを読む]
  • 発達障害の誤解
  • 今回の記事は、いつもながら私見が山盛りですので、うのみにしないようお気を付けください。発達障害というのはそもそも理解が難しく、誤解を受けやすい障害です。噂によると支援機関や精神科医でも理解していない人がいるとかいないとか。まず、発達障害というのは「先天的な脳機能障害」のことをいいます。ウイングの三つ組みで言われる、「社会性・コミュニケーション・想像力」の障害については(私見です)二次障害的なもので [続きを読む]
  • 許容性障害
  • また、新しい精神障害の名前が出てきました。【症状】・気持ちを察してもらえないと不機嫌になる・考え方の違う人を嫌う・他人の些細なミスが許せない【原因】異なる感覚や文化と接することが少ないことや定形発達などにより、自分の個性や特性を理解しないまま生育することによると考えられている。社会やいろいろな道具、設備は定形的に発達した健常者の為に作られており、それはある意味、障害者に比べてあらかじめ「配慮」を受 [続きを読む]
  • 発達障害の配慮は凡人には不可能?
  • http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5028842歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで久々に更新しておいて過激な話です。発達障害を含む脳機能障害の理解や配慮というのはかなり難しいことです。というのは、「常人なら考えるまでもなく当たり前のことができない」のが特徴だからです。個性の範疇かどうか、とかという議論もありますが、とりあえず私の理解としては「診断が出たら障害」であり、障害とは [続きを読む]
  • 私は思います。
  • ここではやたらと「私は―思います」「私は―考えます」という言葉を多用しています。くどいと思う方もおられるでしょうし、実のところ私もくどいと思います。しかしこれは、全世界(大げさですが)に発信する以上正確な表現を心がけたいという一つのこだわりです。(そして、裏取りが面倒くさいという理由もありますがw)「一般的に○○です」とか「××が正しい」という書き方はしたくないのです。人が言葉を発するとき、一般論 [続きを読む]
  • 書籍にみる発達障害 〜絶望の国の幸福な若者たち〜
  • 絶望の国の幸福な若者たち [ 古市憲寿 ]本としての分類がよくわからないので(爆)、「書籍にみる」とか適当なタイトルになっております。きっかけはテレビでした。古市憲寿氏。なんでまたこんな感じの悪い人がテレビに呼ばれているのでしょう? しかも周りのオジサンたちがなぜか妙な敬意を払って応対しています。だいたい、私に「感じが悪い」と思われる時点で相当なものなのにwあまりに感じが悪いのでググってみたところ、社 [続きを読む]
  • 日本企業がグローバルに活躍できないわけ
  • 日本企業にはどうも世界的に活躍できる会社が少ないような気がします。というと、「何を言う!自動車や家電は世界的じゃないか」という声が聞こえてきそうですね。もちろんトヨタやCANONなどが世界的な企業であることは確かですが、特徴としてほとんどが工業製品のメーカーであるということです。工業製品はいいものを作れば売れます。そんな簡単な話でないのは重々承知で簡単に書きましたが、いいものでなければ長期的には売れな [続きを読む]
  • 生きづらいって何?
  • 今回はおこがましくも健常者目線です。健常者でも当事者でもよく、「発達障害だから生きづらい」という人がいます。 私にはこれが今ひとつピンときません。発達障害とは医学的には先天性の脳機能の偏りであることをいうので、もともと正常だったけど発達障害になった人とか、発達障害だったけど治った人、というのはいないはずです。例えば、生まれつき全盲の人に色を説明することはできるでしょうか?私にはできるとは思えません [続きを読む]
  • 日本は先進国ではない?
  • アベノミクスという言葉も大分低いテンションで語られることが多くなりました。これが結局何なのか、経済に疎い私にはよくわからないままなのですが、とりあえず「経済政策」であることはわかります。そしてさらにわからないのが、「国がなぜ経済に口出ししなければならないのか」です。自由経済なのに規制や徴税で調節しようとするのってどうなのでしょう。GDPが上がったら「いい政治」、下がったら「失敗」なのでしょうか?考え [続きを読む]
  • 多様性を認める?
  • 多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。(Wikipediaより)障害者の話になると、この多様性と言う言葉が出てきますが、私はどうもこの言葉が好きになれません。ひねくれた性格のせいだとは思いますが、いつもの黒い声流に言うと「お前は自分とは違うが、認めてやるから意識高いと評価しろ」という風に聞こえるのです [続きを読む]
  • うつ病は気持ちの問題?
  • 今回はどーでもいいお話です。先日ご報告した通り、初期のうつ病と診断されたわけですが、思い返せばこの症状は初めてではありません。今回はめまいがあると測量作業に支障があるので医者に行きましたが、今までは「ちょっと疲れてるかな」とか「気合が足りないからだ」と思って普段通りの生活を続けていたのです。症状が出るのはやはり退職前数か月間が一番顕著だったと思います。現状ではオープン就労ということもあり、そこまで [続きを読む]
  • 才能のない発達障害は不幸か
  • 最近メディアでも発達障害がよく取り上げられますが、「そんな才能や感動的な逸話のある発達障害者ばかり取り上げられても、自分のように特別な才能のない人間はどうすりゃいいんだ?」という人が結構います。しかし、自分に才能がないと思ってしまったら、あったとしても発揮せずに終わるわけですし、「発達凸凹」が「発達凹凹」になってしまうだけだと思うのです。発達障害があるということは、少なくとも知能面において凸部分が [続きを読む]
  • うつ病と不安障害(パニック障害)
  • 以前メニエール病について書きましたが、その後の経過です。当初は仕事も少し早めに上がらせてもらったりしていたのですが、結局年末の忙しさに流されてほぼ元通りの勤務状況となり、頭痛もめまいも戻ってきてしまいました。その他、手足の震え・つり(こむら返り)や腹部の圧迫感・吐き気などもあり、再度同じ耳鼻科に行きました。診断結果は「メニエール病ではなさそうだが、はっきりさせるなら頭部のMRIなどを受けた方が良い」 [続きを読む]
  • 隣の晩ごはんはカレー
  • 仕事の上司がしばらく前から変わっており、もっと年季の浅い人が上司になっています。この人は、「天才的にまとも」なタイプ。若干の皮肉も入っていますが、尊敬すべき人には違いないと考えています。とにかく、相手がどう思うか、不快に思わないか、という感覚がすごいのです(少なくとも私にとって)。知能指数で言えば究極的に100に近いのではないでしょうか。 人柄もよく、気遣いもできる性格ですし、自然に考えたことがこ [続きを読む]
  • PDD(ASD)とADHDの分かれ目
  • ADHD(注意欠陥多動性障害)とPDD(昔のアスペルガー症候群など)は併存しないと昔はされていました。今は併発する場合があるとされ、私もその一人です。広汎性発達障害(知的障害が無いもの)には大きくADHD系、PDD系、LD(学習障害)系があるとされています。学習障害については症状が比較的明確ですし、私にはその感覚がわからないのでここでは述べませんが、ADHDとPDDの症状については後天的な要素があるのではないかと思われ [続きを読む]