けい さん プロフィール

  •  
けいさん: 父子家庭のぽよぽよ日記
ハンドル名けい さん
ブログタイトル父子家庭のぽよぽよ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/baba-555/
サイト紹介文小学1年生の息子と二人暮らし。家事初心者おやじの奮闘記です。
自由文ただいまひとり息子の親権を巡り、離婚調停中です。
妻は不倫相手との再婚をするために、ウソ八百を並べて離婚の申し立てをしました。命よりも大切な息子を、どこの馬の骨かもわからない間男に盗られるわけにはいきません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/08/08 21:05

けい さんのブログ記事

  • 父子家庭に至った経緯 14「クリスマスの願い」
  • 父子家庭に至った経緯 13「放浪の果てに」 私たち親子にとって、姉宅での居候生活はなんとも素晴らしい日々だった。とにかく姉家族は皆一生懸命にチビと遊んでくれた。いろんな遊び道具を持ち出してはチビを公園に誘い、代わる代わる相手をしてくれたのだ。これにはもう、いくら感謝をしてもしきれない。チビはこの家族を満喫し、本当に楽しそうに日々を送っていた。 そして何よりも私が感激したのは、バランスの良い家庭的な三 [続きを読む]
  • ホットケーキの思い出
  • 最近のマイブーム。昼に一人でホットケーキを焼く。 50歳のオッさんのひとりホットケーキ。イタいですか?キモいですか??ドン引きしますか??? ですよね、ですよね。まぁ、いいです。 今を遡ること、40数年前。 私はよく母に連れられ、横浜の高島屋に行きました。今思えば、ウチは兄弟3人いるのに、私の思い出はいつも母と二人でお買い物。姉と兄はなぜ行かなかったのだろう? 母はひと通り買い物を済ますと、決まって8階の [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 13「放浪の果てに」
  • 父子家庭に至った経緯 12「私は誘拐犯?」 チビを連れて家を飛び出し、箱根・厚木・横浜とホテルを転々としながら4泊を過ごしたところで、早くもチビに疲れが見え始めた。そればかりか、実は私自身もかなりしんどくなってきていたのだ。 サラリーマン時代の私は出張が多く、毎年年間50泊ぐらい、多い年は80泊くらいを地方のホテルで過ごしていた男なのに、たかだた4泊でどうしてこんなに疲れてるのだろう…。ましてや、やってる [続きを読む]
  • チビはまだまだチビだった
  • 昨日の投稿ではみなさんからたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。とても参考になったし何より嬉しかったです。 昨日の夕方には、例のママさんにお断りのメールを入れておきました。 ていねい且つきっぱりと!おまけに、ネットでもこんなにたくさん窓口かありますよー。ここなんかいいんじゃないですかーと、参照のURLも添えて。そしたらね、なんと今朝、いきなりウチに来て「どうしてもやってほしい」と。朝8 [続きを読む]
  • 困ったなぁ…
  • こんにちは。今日はカラッと晴れて気持ちいいです!今朝はチビを耳鼻科に連れて行きました。おかげさまで炎症はだいぶ治まり、痛みも和らいでいるようです。残るは鼻水ズルズルですね。チビは鼻をかむのが苦手で…。というか、いくら教えてもやろうとせず、ただ鼻をすするだけなんです。今日、耳鼻科の先生に言われました。「鼻水の中には細菌やウイルスが入っていてね、鼻を強くすするとそれが耳に入ることがあるんですよ。それ [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 12「私は誘拐犯?」
  • 父子家庭に至った経緯 11「涙の旅立ち」 箱根小涌園に1泊した私たち親子。のんびり朝食を摂りホテルをチェックアウトした。さーて、今日はとにかくチビの服やら必要なものを買わなきゃなーっと思っていると、「パパ〜、今日も昨日のプール行こー!」とチビからの熱烈なリクエストが。まっ、何も急ぐ理由もないので、そうすることにした。 チビは前日のパパのウォータースライダーが相当ツボにハマったらしく、何度も思い出しては [続きを読む]
  • 急性中耳炎
  • こんにちは。こちら神奈川ですが、なんだかめちゃくちゃ寒いです。 さてチビですが、昨日は義兄の誕生日パーティーで超元気だったのですが… 突如テンション下がり、「耳が痛い」と。あっ、この感じ、以前にも見覚えが…。 (過去ブログ「暗転」) そして昨夜もずーっと耳の痛みと閉塞感を訴え続け、完全に病人モードなチビ。 今朝もこんな感じ。 で、朝一番で耳鼻科に診せたところ、やはり立派な中耳炎になってました。 でも病 [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 11「涙の旅立ち」
  • 父子家庭に至った経緯 10「人生初の家出」 チビを車に乗せ、私が向かった先は箱根。箱根には父が勤めていた大学の保養施設があり、子供のころは毎年家族で訪れていた思い出深い土地だ。余談だが、私はあの登山電車とケーブルカーが好きで好きで、異常に愛していた子供だった。しかし今回は登山電車よりもケーブルカーよりも、私が選んだのは「ユネッサン」という温水プールの施設。プールが大好きなチビだが、それまで温水プール [続きを読む]
  • 漢字検定の結果
  • 夏休みにチビと二人で受けた漢字検定。 漢字検定 昨日ようやく結果の通知を受け取りました。ドキドキ。 とにかく最悪のシナリオは、チビ合格でパパ不合格。これだけはマズいわけです。 で、 まずチビ。150点満点中、148点(合格ラインは120点)はい、見事合格です!それよりも惜しい!あと2問で満点だった。よく頑張りました。まぁね、とは言え10級は小学1年生の漢字ですから。次回は9級に挑戦してもらいます。 さて問題のパパです [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 10「人生初の家出」
  • 父子家庭に至った経緯 9「調停へ」 2回目の調停。 男性調停員は相変わらず威圧的な態度で私を攻め立ててくるが、私はもう動じない。練習の成果を発揮し、落ち着いてていねいに話すべきことを話した。 するとどうだろう、明らかに前回とは空気が変わった気がした。 それまでほとんど口を開かなかった女性調停委員が、私の話しに応えるようにこう喋り出した。「お話しはよくわかりました。奥様がお子さんを守るためにとおっしゃっ [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 9「調停へ」
  • 父子家庭に至った経緯 8 「カタジリという男」 よくよく話してみたらカタジリくん自身がお花畑野郎だったことがわかり、直接交渉は時間の無駄だった。こちらとしては大人の話し合いをしたかったのだが…。 その後、妻とカタジリくんは二人で物件を探し回り、ついにウチから徒歩10分程度のマンションを借り、カタジリくんが引っ越してきた。やはりこいつら、狂ってる。当然妻はそこに入り浸るようになり、チビも半ば強制的にそこ [続きを読む]
  • いい子ポイント
  • 我が家はお小遣い制ではありません。何か欲しいものがある時、チビはポイントを貯めなければなりません。それを「いい子ポイント」と言います。 どうやったらそのポイントをゲットできるかと言えば…家事を手伝ったり通信簿の結果だったりスイミングや体操の進級テストの結果だったり読書量だったり つまりチビが嫌がったりヘコタレそうな事柄を頑張った時にポイントが付与される仕組みですね。欲しいモノの価格によって、何ポイ [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 8 「カタジリという男」
  • 父子家庭に至った経緯 7 「不倫相手の正体」 狂信的にホメオパシーに傾倒しきった妻は、当然のことながら西洋医学を否定し始めた。つまりチビが体調を崩しても病院に連れて行くことをしない、完璧な「医療ネグレスト」の完成だ。カゼなどのちょっとした病気ならまだいいが、インフルエンザやはしかに罹りチビが高熱で苦しんでいても妻の方針は決して変わらない。当然夫婦間で激しいバトルが展開される。私が説得に説得を重ね、よ [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 7 「不倫相手の正体」
  • 父子家庭に至った経緯 6 「弁護士への相談」 ホメオパシーという療法をご存知だろうか?調べてみると、「同種療法」などと訳され、日本では代替医療のひとつとして捉えられている。患者に、その症状と似た症状を起こさせる物質を与えることにより、症状を軽減したり治したりする療法。患者に投与する薬を「レメディ」と呼び、植物や鉱物などの成分を限りなく薄めた水を砂糖玉に染み込ませ、飲み薬のように服用することで多くの病 [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 6 「弁護士への相談」
  • 父子家庭に至った経緯 5 「離婚の申し出」 妻からの離婚の申し出は不倫相手との再婚を目的としたものだったため、これによりわれわれ夫婦が危機を乗り越え復活するシナリオの可能性は完全に”0”となった。永遠のゼロ。 このことを受け、話し合いの翌日、私は真っ先にある人に電話を入れた。そう、取引先のTさんだ。私はとにかく彼に深く深く謝罪をした。われわれ夫婦が離婚に向かっていることを明かし、ハワイの時すでに妻が不 [続きを読む]
  • 通信簿
  • こんにちは。 チビの小学校は2期制で、昨日が前期の修了式でした。通信簿を持って帰ってきたチビ、少しうなだれ気味です。 「どうした?あんまり良くなかったの?」と聞くと…、「がっかり〜」とひと言。 で、さっそく通信簿を見てみると…まぁ、成績はいつもどおりフツーでした。良くもなく、悪くもなく。 でもね、とても嬉しいことが一つ。「学校での行動のようす」を評価するいくつかの項目があるのですが、今回初めてひとつ [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 5 「離婚の申し出」
  • 父子家庭に至った経緯 4 「妻の不倫が止まらない」 ハワイ挙式から3ヶ月経った、翌年(2014年)の2月のある日。突如、妻が離婚の申し出をしてきた。 その理由は「セックスレス」だと。 妻いわく、「あまりにもセックスレス過ぎて、この状況は地獄そのもの、私にはもうこれ以上耐えられない」だそうで、今日今すぐにでも別居をしたいのだと。 こんな理由でもおそらくちゃんと考えた上で私に話しているのだろうと思うが、この女、不 [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 4 「妻の不倫が止まらない」
  • 父子家庭に至った経緯3 「ハワイ挙式」 ハワイ挙式を境に、われわれ夫婦の溝は急激に深まります。 妻はと言えば、朝チビを連れて幼稚園に向かった後、なぜかまったく帰ってこない。(自宅から幼稚園までは自転車で8分程度の距離)「ママ友とランチなのー」と言いながら、朝8時半から幼稚園が終わる3時ごろまで毎日外出していました。「アホかっ! 毎日毎日、5時間近く昼メシ食ってんのかよっ!イタリア人も真っ青だな!」と私は心 [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯3 「ハワイ挙式」
  • 父子家庭に至った経緯 2 「仕事人間からの脱却」 いいですか?時系列、おさえてくださいね。8月1日 錦糸町の居酒屋にて、11月にハワイで式を挙げることを話す。8月?日 妻の不倫が始まる9月末日 私は退職し、毎日家にいる生活 退職後の私はもはや抜け殻と化し、毎日だらだらと過ごしていました。新たに自分の会社を設立する計画はあるものの、「まぁ、そんなに急ぐことはない」と余裕ブッこきまくっていたのでした。 一方、妻 [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 2 「仕事人間からの脱却」
  • 父子家庭に至った経緯 1 「はじめに…」 冷静に考えればかなりブラックな会社に長いこといたわけですが、でもね、在職中の私にはまったくそんな意識はなかったのです。むしろやりがいと責任を感じて、仕事を誇りに感じていたくらいでした。しかし今思うと、やっぱりそんな勤務体系の会社はダメですね。社員の心が死んじゃいます。おととしのクリスマスに自殺した電通の高橋まつりさんのような悲劇は絶対に繰り返してはならないの [続きを読む]
  • 父子家庭に至った経緯 1 「はじめに…」
  • はじめに。 私がこのブログを始めて2年が過ぎました。これまでの間、なにかの折に触れて妻の不倫や別居、離婚調停のことや面会交流について触れてきました。しかしそれがあまりにもバラバラで、しかもテーマの整理もほとんどできていないことを反省し、改めて「父子家庭に至った経緯」をまとめてみることにしました。今までブログにも書かなかったことも含め、4年間に及ぶドロドロの家庭問題の末に、ほぼ絶望的と言われた父親が親 [続きを読む]
  • うんどうかい!
  • はい!今日は絶好の運動会日和でした!! 今日は地域の子ども会が主催する「秋の運動会」です。6つの地域に分かれて得点を競います。小学校の運動会は5月にやるので、この地域は年に2回あるんですわ。 子ども会に入る子供が少なくなりつつある上に、野球やサッカーなどで不参加の子も多く、地域の運動会参加者は年々減少傾向にあるらしい…。 チビの仲のいい友達もやっぱり不参加の子が多く、「俺のダチが全然いないー」とチビは [続きを読む]
  • フラれた…
  • 今週になって、チビはずーっと、「土曜日はパパと遊ぶからね。パパ、予定入れないでよ!」と言っていた。たまにそういうモードになる時がある。まぁ、例の盗難騒ぎがあったからかも知れない。 私が「何して遊ぶ?」と聞くと、「Wiiパーティーか、マリオカートか、ベイブレか、人生ゲーム。パパは何がいい?僕はぜんぶやりたい!」といった調子だった。 だが、しかし。 チビ、朝からずっと公園で友だち数人と野球をしてる。昼に帰 [続きを読む]
  • 親父の遺言
  • 2年前に亡くなった親父の部屋を片付けている時に、本棚の本の上に積んであった便箋をめくってみたら、 『戒名は、医王寺でいただいた名をそのまま使用すること』と書いてあった。 「げっ!これって、遺言じゃん!!」 あーあ。やっちまいましたね、これ。 葬式の時、立派な戒名をいただいて送り出したハズだったのに…戒名代、めっちゃ高かったのに… すまんな、親父…。 でもさ親父、なんでそんな大事なものを本棚に置いちゃっ [続きを読む]