Dancing Dog さん プロフィール

  •  
Dancing Dogさん: Dance with Dogs:ドッグダンスとトレーニングのブログ
ハンドル名Dancing Dog さん
ブログタイトルDance with Dogs:ドッグダンスとトレーニングのブログ
ブログURLhttp://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/
サイト紹介文CPDT-KA有資格出張ドッグトレーナー(関東)。ドッグダンス、日常のマナー、パピートレーニング
自由文日常のしつけやマナーのレッスンだけでなく、ドッグダンスも教えています。
近県にも出張レッスンに伺っていますので、ご要望がありましたらお問合せ下さい。

ドッグダンスで教えるトリックやムーブは、踊るためだけでなく、犬たちの体の使い方をバランス良くするためにもとても効果的です。
ワンちゃんとのコミュニケーションツールとしてもチャレンジしてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/08/09 21:43

Dancing Dog さんのブログ記事

  • ドッグトレーニングデモ@麻布十番いぬねこ里親会
  • 今日は麻布十番でロンリーペットさん主催で開催されたいぬねこ里親会でトレーニングのデモと無料しつけ相談をお請けしてきました。トレーニングデモでは、「吠え」についてのお話をさせていただこうと思い、見習いにデモをやってもらうことにしました。案の定、車から降りたとき、周囲の雰囲気にのまれて一声。そのあと、レッスンの生徒さんを会場に見つけて興奮して二声。犬の吠えには様々な理由があり、決して無駄に吠えているわ [続きを読む]
  • DDJPドッグダンスコンペ@woofに参加してきました。
  • 今日はDDJP(ドッグダンスジャパン)さん主催のフリースタイルの競技会にアシスタントと参加してきました。クラスは前回に引き続きインターメディエイト(中級)。今回のルーティンは今秋から始めた曲で、テンポがスローな上、コンテンツを減らして、出来る限りシンプルで、アシスタントが迷わないような流れで作っているのですが、どうも一か所気に入らないところがあるらしく、本番でやってくれません。前回のファンマッチでやらな [続きを読む]
  • ドッグトレーニングは個々の犬に合わせたプランを。
  • 今日ドッグダンスのレッスンに来てくれたL君。12歳とは思えない動きの良さで、何かすることにはいつも意欲的。その反面じっとしているのがちょっと苦手。オスワリをしても、次の瞬間には立ち上がってしまい、待っていられない性格。そこで、今日は座ったら数を数えてもらうことにしました。指を見せながら、「いち、に、さん」と言い終わるまで座っていられたらトリーツをあげます。初めはちょっと早めに数を数えますが、だんだん [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:トリック(一芸)ではありません。
  • 我が家の犬たちはとりあえず「服従訓練(JKCのCDやFCIのオビディエンス)」をやっているので、一通りの作業課目はできるようになっています。競技の課目は日常生活で必須の作業(オスワリやマテなど)もありますし、自由選択課目の中には単なる一芸のようなものもありますが、覚えておくと便利な作業の中に「持来」があります。「持来」には、投げたダンベル形状のものを持ってくる場合と、置いてあるものを持ってくる場合がありま [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:パーツとパーツを繋ぐ
  • ドッグダンスやオビディエンスでは犬たちに様々な動きを教えていきますが、一つの作業の中には多くの要素が含まれています。オスワリひとつとっても、ただお尻を地面に付けるだけではなく、ハンドラーとの正しい位置関係で、腰を崩すことなく、お尻を浮かすことなく、まっすぐ座らなければいけません。ヒールウォークも同様です。ハンドラーの横をただついて歩くだけでなく、ハンドラーと一定の距離感を保ちながら、ハンドラーを意 [続きを読む]
  • 音響シャイについて
  • 夏になると、「犬が逃げた」とか、「迷子犬保護しています」というアナウンスがよくみられます。花火や雷の音に驚いてということがよくあります。理由のわからない音に犬たちは不安を抱きます。一度不安を感じてしまうと、似たような音全部だめになってしまうこともあります。いわゆる音響シャイというもので、一度発症してしまうと治すのはなかなか難しいものです。学生のころ家で飼っていたコリーも同様で、夏場花火の音がすると [続きを読む]
  • トレーニング:精度をあげるためには
  • オビディエンスを含め、多くのドッグスポーツでは速さや俊敏さが求められます。当然と言えば当然ですが、犬の動く速さは犬種や個体によっても違います。我が家のアシスタントニコルは、ボーダーコリーではありますが、俊敏と言うにはほど遠く、どちらかと言うと、テケテケテケテケという擬態語が似合うタイプです。(トコトコよりは速い)一方見習いはビューンという感じで、訓練士会の50メートル走で一席を取るほど。おそらくディ [続きを読む]
  • リングドッグ最終章:Eくん
  • 2か月ほど前から今日の大仕事に向けて練習してきたEくん。今日は朝から初めてのことばかりでしたが、ほんとうによく頑張ってくれました。現地に着いてからパパやママと離れて私やアシスタントたちと待機。新郎新婦の写真撮影に合わせて出番。なかなかオスワリが出来なかったEくんが、慣れない場所で新郎(息子さん)のキューで座ってくれたり、動かないでじっとしていてくれたりと、素晴らしい成長ぶりです。本番前にはタキシード [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:犬を置いてきぼりにしていませんか?
  • 犬には様々な犬種があり、サイズもまちまちです。動作のペースも犬種だけでなく、個体によっても異なります。小型犬だから、よく動くとも限りませんし、体の大きい犬でも俊敏な犬もいます。ハンドラーにとって、自分と同じペースで歩いてくれる犬はとても楽ですが、実際そううまくは行かず、前に出過ぎたり、遅れ気味にあとから付いて来たりします。そこで、まずハンドラーと並んで立つ位置(ヒールポジション)を犬に教え、そのポ [続きを読む]
  • オビの練習会
  • 普段の練習ではできるのに、本番でうまくいかない。ということはよくお聞きします。理由は沢山ありますが、その中の一つは環境の違いです。家の中やいつもの場所で出来ても、本番の会場とは当然異なります。人のスポーツでも、ホームとアウェイの違いがあるように、慣れた場所とそうでない場所では当然犬にも影響が出ます。全く同じ場所で練習できるラッキーな犬は少ないでしょう。出来る限り本番に近い環境で繰り返し練習すること [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:無意識の動きに注意
  • ドッグトレーニングでは脚側(ヒールポジション)が基本になるので、まず愛犬にポジションを教えます。ポジションが理解できれば、ポジションを維持したまま前後左右に歩くことを教えていくのですが、これがなかなか難しいもの。前に出過ぎたり、後ろに下がり過ぎたり、お尻が離れたりと安定しづらいものですが、ドッグダンスをやっていると、基本はノーリードなので、リードで誘導することはありません。ではどうするのかと言えば [続きを読む]
  • WCRL規定ラリーオビディエンストライアル@OPDES
  • 昨日はOPDESさん主催のラリーオビディエンストライアルに参加してきました。VinVinオビクラブの練習会に参加されている6名で13エントリー。アシスタントのニコルもレベル2Bと3Aに出陳し、無事クォリファイしました。今回初参加のH君はなんと3レベルすべてに参加され、すべて入賞という好成績。日常的にオビディエンスをされているので基礎がしっかりできていますから、ラリーオビディエンス独特の動きや、課題の取り組み方をハンド [続きを読む]
  • FCIオビディエンス競技会@JKC
  • 今日はJKCの秋季本部競技会に参加してきました。見習いがオビディエンスのクラス2に出ましたが、今年の春の競技会から半年間空いています。前回の課題部分に丁寧に取り組んできましたが、見習いは行きつ戻りつ。それでも、前半はかなり安定した動きを見せてくれたと喜んだものの、後半早とちりの3連発で大きく点を落としてしまいました。しかし、それ以上にハンドラーのミスがありました。「招呼」で犬から離れるときに「マテ」を [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:正面停座
  • 昨日「正面停座」のお話をしましたが、明後日に開催されるラリーオビディエンスの競技では、「FRONT SIT」、いわゆる「正面停座」が頻繁に出てきます。しかも、招呼などで、犬と向かい合わせで呼ぶだけでなく、左脚側から正面に座らせて停止するという課題がよく出てきます。更に、向かい合わせの招呼だけでなく、アングル(角度がある場所)から呼び寄せる「正面停座」もあります。そもそも「正面停座」に慣れている犬は、角度が [続きを読む]
  • FCIオビディエンス:臭気選別
  • 週末はJKCの秋季本部競技会が開催されます。今回は見習いがFCIオビディエンスのクラス2に参加します。クラス1は見習いにしては上出来で一発合格したものの、その後のクラス2は撃沈つづき。クラス2では、1には無かった「臭気選別」が入ってきます。撃沈中であっても、見習いは正解の木片を必ず持って帰ってきていましたが、ここにきて突然違った木片を持ってくるようになりました。原因のひとつは「冷静さ」を欠いていること。 [続きを読む]
  • ラリーオビディエンス練習会
  • 今週末11月4日はAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)とOPDESでラリーオビディエンスのトライアルが開催されます。いつも練習会に参加してくださっているオビクラブのメンバーさんたちも今回多く参加する予定なので、最終調整を兼ねて練習会を開催しました。後半はレベル1、2、3のコース練習です。レベル3は複雑な課題も多く、サインカードを覚えるのも大変ですが、練習によって少しでもハンドラーが動きに慣れれば、パートナー [続きを読む]
  • ドッグダンス:犬を押さない
  • 犬にポジションを教えるとき、初めは曲がってしまったり、離れてしまったりすることが多いものですが、少しでも犬が離れていると、ついつい脚側位置にいなければいけないと、犬の方に寄ってしまう人がいます。犬に寄ろうとすると、知らないうちに犬を教えてしまい、犬がもっと離れてしまうことがあります。フロントポジションを教えるときも、ちょっと曲がり気味な時は、一歩下がって犬が正面位置に来やすいようにすることはかまい [続きを読む]
  • リングドッグへの道 その3
  • 来月の大仕事に向けて、ひたすら修行中のE君ですが、今日は天気が良かったので外で練習。しかも本番で着るタキシードも着用して行いました。洋服大嫌いな我が家のアシスタントや見習いと違い、E君タキシードを着ても全く気にすることなく動けます。新郎に呼ばれて走っていくところがとにかくメインなので、今回も呼び戻し強化。更に、リングを渡すまでじっとしていることが必要なので、呼ばれて来たら、キューですぐ座る練習もして [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:冷静さはすべての基本
  • ハンドラーはテンションが高くて、てきぱき動く犬を見ると、訓練性能がいいと思いがちです。確かに、きびきび動く犬は反応も速く、どんなドッグスポーツにも適しているように見えます。しかし、その本領を発揮できるかどうかは、頭が冷静であるかどうかです。人間と同じです。冷静さを欠く要因は様々です。冷静でなければ集中もできません。例えば見習い。オビの練習場にコーンが置いてあると、そちらにばかり気が行ってしまい、脚 [続きを読む]
  • 犬だってミスをする
  • 私は以前、犬は動物だから、持って生まれた本能や素晴らしい身体能力屈指すれば失敗はないだろうと思い込んでいました。しかしながら、実際はそうでないことが多いことを知り、犬もやっぱり判断を誤ることがあるのだと理解しました。そんなこと当たり前でしょ?と言われそうですが、私は、犬が踏み外したり、ぶつかったりなんてありえないと信じていたのです。確かに、危険を予知したり、危うくなった時に体勢を立て直したりするこ [続きを読む]
  • プロ向けドッグダンスセミナー@DDC
  • 先週末から続いているDDC(ドッグダンスコラボレーション)さん主催のイベントも今日が最終日。山梨のwoofから場所を移し、東京でセミナー&ワークショップがありました。私は見学で参加させていただきました。日曜日はファンマッチに参加し、いろいろと課題が見えたルーティンですが、カレンさんのプロ向けセミナーで、改善点のヒントが見つかればと思いました。セミナーではもちろんドッグダンス競技のジャッジについての詳細が [続きを読む]