Dancing Dog さん プロフィール

  •  
Dancing Dogさん: Dance with Dogs:ドッグダンスとトレーニングのブログ
ハンドル名Dancing Dog さん
ブログタイトルDance with Dogs:ドッグダンスとトレーニングのブログ
ブログURLhttp://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/
サイト紹介文CPDT-KA有資格出張ドッグトレーナー(関東)。ドッグダンス、日常のマナー、パピートレーニング
自由文日常のしつけやマナーのレッスンだけでなく、ドッグダンスも教えています。
近県にも出張レッスンに伺っていますので、ご要望がありましたらお問合せ下さい。

ドッグダンスで教えるトリックやムーブは、踊るためだけでなく、犬たちの体の使い方をバランス良くするためにもとても効果的です。
ワンちゃんとのコミュニケーションツールとしてもチャレンジしてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/08/09 21:43

Dancing Dog さんのブログ記事

  • ドッグトレーニング:出来る先輩は必要
  • 今日のプライベートレッスンは外でお散歩練習をしていたのですが、急な雨で急遽中止。おうちレッスンに変わりました。Jちゃんのおうちでは、Jちゃんが入れるエリアが制限されています。悪戯する可能性がある場合、あらかじめ制限することはとても有効です。悪戯したからと怒ってばかりでは、犬がかわいそうです。悪戯して欲しくないものは、犬がアクセスできないようにするのが飼い主の役目。事故が起きてから後悔するのはお互い辛 [続きを読む]
  • ドッグダンスレッスン@DogLifeDesign
  • 今日は駒沢のDogLifeDesignさんでドッグダンスレッスンがありました。参加者は初参加の方から、ルーティンを持っていらっしゃる方まで、犬の年齢も1歳から10歳と様々でした。年齢の高い子は経験値を生かし、若い子たちは意欲いっぱいで作業をこなしてくれました。経験値が高くても、いつもと違う環境でいつも通りに作業をこなせるとは限りません。そんなときは、まずは場所(初対面の犬たちがいる状況)に慣らしてから。若い子たち [続きを読む]
  • ドッグダンス:Sit up(スィットアップ)
  • 今日のDLD(DogLifeDesign)さんのプライベートレッスンは10歳のRさん。小さいころからドッグダンスの多くのムーヴやトリックを習っているRさん、とうとう単独Sit upが出来るようになりました。ハンドラーの目の前でキープするだけでも難しいのに、なんと遠隔でやってくれました。トイプードルは立ち上がったり、二足歩行が得意な犬種ですが、Sit up(ちん)が出来る子はそんなに多くはありません。地道に練習してくださったおかげで [続きを読む]
  • ワークショップに参加してきました。
  • 今日はドイツのドッグトレーナースクール「PRO-DOG」から招かれたAndrea Petsch氏が講師を務められたセミナーに参加してきました。お題は「インパルス・コントロール」インパルス・コントロールについては、2016年の春、初めてニコルと参加したオビディエンスセミナーでその重要性を知りました。ただ、そのときはFCIオビディエンスの課目がメインの内容でしたので、インパルス・コントロール自体はあまり深い講義内容ではありませ [続きを読む]
  • ドッグダンス:フロントポジションを教える。
  • 一般の服従トレーニングと違い、ドッグダンスのヒールポジションは左脚側だけでなく、右やハンドラーの前、後ろ、足の間などいくつかあります。競技規定は主催団体によって異なるため、ヒールポジションの数も様々です。今回Lさんがお勉強したフロントポジションは競技団体によってはヒールポジションとは認められていませんが、様々なトリックやポジションのトランジションとしても有効利用できる場所なので、改めてきちんと教え [続きを読む]
  • WanByWanイベントお申し込み状況
  • 3月15日〜17日のイベントのお申し込み状況です。15日ドッグダンスワークショップ 残席あり16日ドッグダンスリハーサルショウ 定員になりました。キャンセル待ちをお受けします。17日WCRLラリーオビディエンス公式競技会 お申し込み受付中イベントの詳細は以下をご覧ください。http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/11/post-cd21.html--------------------------------ブログ村に登録しています!ワン が励みに [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:最初は刺激の少ない場所で
  • 先月から見させていただくようになったJさん。7か月のボーダー・コリーにしては落ち着いていて、よく周囲を観察しています。タイプはどちらかというと慎重派。石橋をたたくようなところも見受けられますが、お散歩は楽しいので周りが気になって仕方ない様子。クリッカーを使ったアイコンタクトの強化で、かなりハンドラーの存在を意識してくれるようになりましたが、ネコを見つけたり、子供を見つけるとロックオンします。最近はバ [続きを読む]
  • 犬が来るのを待つ
  • 「犬はネコと違ってすぐに人間に慣れる」というのは大きな思い込みです。例えば、子犬を見にブリーダーさんのところに行けば、向こうから飛んでくる子犬もいれば、部屋の隅っこで様子を見ている犬もいます。場合によって母犬は外からきた人間に対して警戒心を示すかもしれません。つまり、どの子もみんな人間にすぐ慣れるわけではないのです。最近は保護犬を引き取る方が多くなっています。保護犬の場合は、保護されてから新しい飼 [続きを読む]
  • ドッグダンス:単独バックステップを教える
  • 今日のドッグダンスプライベートレッスンではL君が単独バックステップに挑戦しました。実はL君、ハンドラーのヒールポジションで下がることはすでに学習しています。左のヒールポジションだけでなく、右のヒールポジションでも、壁などの障害を使うとまっすぐに下がれます。そこで、今度はフロントポジションからのバックステップを教えていきます。ヒールポジションでハンドラーと一緒に下がるときは、「バック」のキューではなく [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:愛犬にわかりやすく伝える
  • 愛犬との生活、日々イライラしたりしていませんか?「ダメ!」「イケナイ!」「何やってるの?」なんて言葉が口をついて出たりしていませんか?おそらく共に暮らした時間が長い場合は、阿吽の呼吸があるかもしれませんが、若い犬や子犬だったりすると、なかなかこちらの言葉が伝わらないとイライラしてしまうものです。しかし、犬たちはこちらが発信したものをどんどん吸収していくことができるのです。ちょっと視点を変えたり、接 [続きを読む]
  • ドッグダンス:遠隔作業
  • ドッグダンスのルーティンでよくみられる遠隔作業、ハンドラーとパートナー(犬)が離れてシンクロしたり、別々の動きをするものです。離れた場所でスピン(回転)したり、バウ(おじぎのポーズ)をしたり、あるいは単独でサイドステップをするなど様々です。しかし、初めからハンドラーと離れてそれらが出来るわけではありません。犬たちは、ハンドラーのそばに戻ろうとするからです。試しに、1メートルぐらい離れた愛犬に、「オ [続きを読む]
  • 初ラリオビ練習会
  • 今日は今年最初のラリーオビディエンスの練習会でした。今回のコース練習では、多くの課題が体験できるように、オンリーシュコースとオフリーシュコースを作り、各レベルの課題にこだわらないコースづくりをしてみました。つまりオンリーシュコースでは遠隔作業は一切はいりませんが、エクセサイズは1〜3の中から選ばれます。もちろん、トリーツを上げられるポイント(ステーショナリーエクセサイズ)は規定通りに設置し、エクセサ [続きを読む]
  • 愛犬のおもちゃ、チェックしていますか?
  • あかちゃんのおもちゃの安全性はとても気になるものです。形状、素材、口にいれても安全かどうかなど。特に、ぬいぐるみの目など、誤飲しては危ないものを確認するのは親の役目です。一方犬の場合も、おもちゃは確実に口を使うので、誤飲の可能性は否めません。子犬はもちろんのこと、成犬であっても一瞬のミスで大事故になることもあります。危ないと言われるもの中に「枝」があります。飼い主が投げた枝を喜んで拾ってくる犬がい [続きを読む]
  • ちょっとした見過ごしが命取り?
  • フラットな状況の犬にとって、次に起こる事象に対してどういう行動をとるかは犬次第です。特に指示を出されていなければ、自分にとって興味のあることや、メリットのあることに対して関心が向くのは当然のこと。その選択が好ましいかどうかをを判断するのは一緒に暮らしている人間側の問題です。犬にとって正解と感じる犬の選択が、人間にとって不正解となることは沢山あります。例えばハンティング犬種にとって、飼い主との森の散 [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:会話は大事
  • 2019年が明けました。あっという間のように感じるのは歳のせいでしょうね。さて、犬が多くの単語を覚えることは、10年以上前のNational Geographicにも載っています。犬は子犬のころから人間に対して恐怖感を植え付けられたり、あるいは人間と隔離されて育てられたりしていなければ、基本的には人間のそばにいようとする動物です。傍にいれば、当然のことながら人間の会話を常に耳にすることができます。耳から入った言葉や人間の [続きを読む]
  • 今年もご愛顧ありがとうございました。
  • 2018年もあとわずかとなりました。今年も多くのオーナー様とご愛犬にめぐり合うことができ、楽しい時間を共有させていただきました。感謝の念にたえません。ありがとうございました。また、今年は生徒さん方に背中を押されて、ドッグダンスのイベントを開催させていただいたり、個人的に面白くてはまってしまったラリーオビディエンスの練習会にご参加いただいたりと、新しいことにもチャレンジすることが出来ました。嬉しい限りで [続きを読む]
  • 愛犬のためなら、愛想の悪い人になることを躊躇しないでください。
  • よその犬に対して過剰反応する犬は少なくありません。愛想が良すぎても、悪すぎても同様です。個人的には、人に対しては愛想がよくても、犬に対しては知らん顔してくれる犬であってほしいと思いますが、なかなかそううまくはいきません。先代のボーダーコリーたちは、全く気にしない犬と、そこそこ愛想がいい犬と、ビビりで他の犬に寄られると緊張する犬がいました。三犬三様なので、他犬との挨拶はかなり緊張しました。現アシスタ [続きを読む]
  • トイレ話つながりで。
  • 昨日はトイレシーツの話でしたが、今日はトイレトレーニングに絡んだお話し。トイレトレーニングについてはあちこちで書いていますが、基本は犬にトイレスペースを教えてあげればいいことです。トイレの失敗(人間にとって)は、犬がトイレの場所を認識していないか、トイレが遠くて間に合わないか、あるいはトイレのスペースが落ち着かなくてそこで済ませたくないかといった理由があげられます。そこで、トイレトレーニングが済む [続きを読む]
  • トイレシーツの話
  • 今では当たり前になった犬用トイレシーツ。便利この上ないものです。昔は子犬が来ると新聞紙を床に敷き詰めたり、汚れたら雑巾で床を拭いたりと、手間が多くかかりましたが、今は使い捨てシーツのおかげで、たまにはみ出すことはあっても、大事に至らず、時間も節約できます。子犬を迎えると、一番初めに気になるのはトイレの問題です。子犬は所かまわず、のべつまくなしにトイレに行くので、家中がトイレになって疲れ果てる飼い主 [続きを読む]
  • ドッグランで呼び戻し
  • 先週から我が家に滞在していたゲストが今日無事帰りました。なかなかおもいきり走らせてあげられないので、ドッグランに連れて行きました。もちろん、彼女が犬に対して過剰反応をしないことがわかっているから同伴したのですが、予想通り、彼女は上手に他の犬に挨拶をし、好きな場所に移動し、時折ウチの犬を誘うように走っていました。彼女は自信を持って行きたい場所に行ってしまうので、私は様子を見ながらあちこち移動しました [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:犬を車に乗せる
  • 愛犬と車でお出かけと言うのは今や当たり前のことですが、これが意外と難しいものです。というのは、我が家の先住犬ハスキーは生後7か月ですでに車慣れしていましたが、2か月でやってきた初めてのボーダーコリークリスは車酔いがひどく、エンジンをかける前からよだれが滝のように流れ、わずか5分程度の距離でも、往復して戻ってくる頃に吐いてました。仕方なく、生後6か月くらいまでは酔い止めを服用させて車に乗せるようにしてい [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:一貫性は大事
  • 犬に何かを教えるとき、「昨日はいいと言ったけど、今日はダメだよ。」と言ったことは通用しません。一度でも許されれば、チャレンジャーな犬たちは、またいいと言ってもらえるかもしれないと何度も人間を試してくるからです。別にずる賢いとか、悪意があるわけではありません。単に、この前は怒られなかったから、今度も怒られないかもしれないと思っているだけです。ですから、人間が常に一貫性を持った態度で接することが犬にと [続きを読む]
  • ドッグトレーニング:集中する時間を作る
  • 愛犬と散歩するとき、常に脚側位置を維持する必要はありません。散歩中にはいろいろなものが目に入りますし、その都度それに対して気が散ることがいけないわけではありません。一時的に気が散っても、きちんと確認できて、自分とは関係ないものとわかって散歩が持続できれば全く問題ないわけです。車やバイク、よその犬やネコ、走る子供などなど、多くのディストラクションが視野に入ったとしても、いちいち気にすることはないと犬 [続きを読む]
  • ドッグダンス:犬から見える景色
  • ドッグダンスで重要なのはヒールポジションです。ヒールポジションとは、服従訓練などで言うところの脚側位置ですが、犬の大きさによってある程度見た目の位置は変わります。どこを基準にするかと言えば、わかりやすいのは、犬の前肢(肩)をハンドラーの左足にそろえるというもの。これは立止の状態の話で、脚側停座時ではありません。なぜなら、停座に関して言えば、基軸前肢にするか後肢にするかで、立っているときと座っている [続きを読む]