樋口山城守与六 さん プロフィール

  •  
樋口山城守与六さん: 古城巡り 写真館
ハンドル名樋口山城守与六 さん
ブログタイトル古城巡り 写真館
ブログURLhttp://yamashiro2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文関東を中心に全国の、城館や史跡をデジタルアルバムのデジブックにて現在の城を紹介して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供390回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2015/08/12 19:14

樋口山城守与六 さんのブログ記事

  • 比企氏一族史跡巡り 埼玉
  • 比企一族〜露と消える〜埼玉比企遠宗と比企尼の館 比企遠宗の館跡比企氏は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけて武蔵国比企郡(現在の埼玉県比企郡と東松山市)を領した藤原秀郷の末裔を称する関東の豪族。一族は族滅したため、詳細な史料が残らず、系譜も明らかではないが、一族である比企尼が源頼朝の乳母を務めた関係から、比企氏は早い時期から頼朝を支えた御家人となる。比企氏の家督を継いだ能員が、頼朝の嫡男で鎌倉幕府 [続きを読む]
  • 願成寺 栃木県佐野市
  • 天慶(てんぎょう)元年(938年)に藤原秀郷公が現在地に堂宇を移し開基したといわれています。建長年間(1249〜1255年)に領主となった佐野源左衛門常世は願成寺を菩提寺として、以降佐野家の菩提寺として庇護されました。釈迦堂の附近の高台に常世の墓があります。佐野家の菩提寺 願成寺佐野源左衛門墓入口佐野源左衛門墓【鉢の木物語について】ある大雪の夕暮れ、下野国の佐野荘(現在の栃木県佐野市)の外れにあるあばら家に、旅の [続きを読む]
  • 大綱山城 栃木県佐野市
  • 大綱山城?イメ−ジ図になります。富士町にある山城跡で、唐沢山城から沢をへだてて1.5kmほど南東の、大網山の山頂に位置しています。佐野氏の家臣の居城と思われますが、築城年代や城主・居住者は分かっていません。築城は古代にさかのぼるとされますが、現在確認できる遺構は戦国時代のものと考えられます。大網山の山頂は、方形の平坦な曲輪になっています。南北に連なる尾根には、南側と北側にそれぞれ少なくとも2カ所の堀切を [続きを読む]
  • アド山城(阿土山城) 栃木県佐野市
  • アド山城(阿土山城)?イメ−ジ図になります豊代城跡の北方に位置する阿土山城跡は、仙波町に残る堅固な山城です。標高371mの山頂からは、仙波や会沢、葛生方面ばかりでなく、唐沢山も望めます。本城跡は、建永元年(1206)安戸氏が築城したとされ、永禄2年(1559)以後佐野氏が使用し、慶長3年(1598)には天徳寺宝衍(ほうえん)が居城したとも伝えられています。山頂に続く尾根などに大きな堀切が数カ所で認められ、石積みも残されてい [続きを読む]
  • 諏訪山砦 栃木県佐野市
  • 諏訪岳登山口・・・・ここから登って正解、周遊しておりました。田沼工業団地の奥から登山道が整備されており、城址の諏訪岳迄簡単に行く事が出来、多くの方がハイキングを楽しんでいました。しかし、今回は京路公園駐車場から直ぐに在る、旧道でしょうか?諏訪岳入り口の看板が在ったの此方から登る事にしました・・・・・スタ−ト緩やかでしたが、途中から稜線迄ほぼ直登状態の登りで・・・・・やってしまったと思いましたが!! [続きを読む]
  • 正雲寺城(豊代館) 栃木県佐野市
  • 正雲寺地区公民館の北西、約18,000?の長方形の敷地に土塁が残されており、築城年代、築城者は不明となっていますが、佐野源左衛門常世の居館であったとされています。佐野源左衛門の位牌の有る公民館・・・ガラス越しに、位牌が見れます正雲寺城(豊代館)正雲寺城 土塁正雲寺城 土塁正雲寺城の山城サミットの幟・・・・以前は豊代館又は佐野源左衛門館といわれていたような?公民館の有る場所が正雲寺跡になるからでしょう!!【 [続きを読む]
  • 大貫氏館 栃木県佐野市
  • 天正年間(1573〜92)大貫越中守政宗が築城、慶長7年(1612)まで存続したと伝わる堀跡が一部残るとされるが・・・・・解りませんでしたが、南東隅に土塁の痕跡が有ります。南東に在る土塁・・・・ほとんどの遺構は宅地化の為、消滅していると思われる!! [続きを読む]
  • 小倉城 栃木県佐野市
  • 山丘西麓台地に位置し、北から西側に堀跡と土塁の一部が残る。堀跡から南側が狭くなり不整長方形状の城域(東西最大50m、南北100m)が推定される。嘉元 元年(1303)に小倉刑部義成が築城し戦国末期迄存続したという。北西の堀跡と土塁北側からの遠景 [続きを読む]
  • 鐙塚阿曽沼城 栃木県佐野市
  • 越名沼西岸台地に位置し、佐野工業団地造成前までは土塁や井戸などの遺構を残した。文明3年、阿曽沼弾正が築城し、戦国末期名で存続したという。周辺の風景〜遺構は消滅していると思われる!!・・・・・・すぐ近くの星宮神社の脇の公園に土塁らしき物が有るが、たぶん公園造成の物だろう? [続きを読む]
  • 烏山城2018 栃木県那須烏山市
  • 烏山城 三ノ丸〜古本丸烏山城 古本丸〜厩屋跡烏山城は、町の中心より北西に位置する八高山(206m)に築かれた山城で、山の形が牛の寝ている姿に似ていることから、別名臥牛城-がぎゅうじょう-とも呼ばれています。古記録、系譜等によりますと、沢村五郎資重(下那須氏)が兄の那須資之-なすすけゆき-(上那須氏)と不仲となり、本拠の城を追われ稲積城に移り、応25年(1418)に現在の地に城を築き新たな拠点としたのが始まりとさ [続きを読む]
  • 稲積城 栃木県那須烏山市
  • 稲積城天仁2年(1109)那須氏2代資道築城と伝わる。上杉禅秀の乱(1416)の前頃から一族間で争いが起こり、那須家が上下に分裂、弟資重が一時拠るが応永24年(1417)烏山に移り、その後本庄氏が入城した。遺構は断片的で有るが、散策をすると見えてくる物があります・・・・・・・・・・・・・・・・・北側から見た城址遠景現地説明板 御城東側麓にあります現地説明板より稲積城 御城御城東側の土塁現地説明板から見るとこの土塁 [続きを読む]
  • 大木須城 栃木県那須烏山市
  • 大木須城明応年間(1492〜1501)頃、那須資實の次男民部大輔頼實が築城。天文20年(1551)千本城で主君高資と共に謀殺され廃城。沢が有り生活水は確保できたのであろうか?麓の「小谷が下」に館が在ったと伝えられている。又山頂の湯殿神社は天保頃(1830〜44)天台修験が入り、大檀坊の名がある。麓から見た城址遠景で、麓が居館跡大木須城 入り口で少し進んだ所で右手の斜面に取り付きました主郭の中央土壇は、湯殿神社大木須城 [続きを読む]
  • 根古屋城 栃木県那須烏山市
  • 根古屋城大桶集落の南西にあたり、塩那丘陵東縁の突端とその麓を利用した山城である。複郭で、本丸、二の丸、三の丸、出郭からなり帯郭が巡り、竪堀も確認できる。又この城では地下道が発見されている(雨の為今回は見ていません)この城はゴルフ場造成の為、主要郭は消滅しているが出郭周辺は残るが・・・・・激藪で在る!!築城者は那須氏の一族で大桶備前守義康が応永22年(1415)前後に築き、資憲の天正18年(15901)主家の改 [続きを読む]
  • 新地館 栃木県那須烏山市
  • 新地館那珂川の右岸に接しており、北は那珂川の崖、西と南が地続きなので、折れと土塁と堀が確認できる。南が正面で東西約55m、南北約73mあり、単郭の居館である。三嶋神社が新地館となる築城者についての詳細は不明。那珂川の対岸に松のや武茂に対する那須方の出城ではないかと考えらえる。しかし新地という名からして、大関氏が大桶、松野を領しているから、その大桶に大関氏が築城したと考え、新地は新知で地名になったと考え [続きを読む]
  • 滝田館 栃木県那須烏山市
  • 那珂川の右岸に位置し、河岸壇上の平地に占地している。東は那珂川の断崖、北は深い赤垂の沢、南と西が地続きで上段二段位に居館と砦が在ったと考えられる。土塁が北側に残るとされるが、確認はできなかった。滝田館標柱 現在は消えて、読み取れません!!築城者は滝田系図によると、那須資隆の六男六郎實隆が文治3年(1187)に分地し築城、以後那須氏の重要な羽翼として活躍、寛永5年(1628)迄当館は使用したようである。単郭の [続きを読む]
  • 杉山城2018 埼玉県嵐山町
  • 大手口〜井戸郭迄西斜面横堀〜東郭 完市野川左岸の山の上に築かれた山城である。築城主は不明。地元豪族の金子主水の築城によるとの伝承はあるが、文献資料にはあらわれない。従来、城の縄張りの観点から後北条氏の時代に造築されたものではないかとの見方が有力であったが、発掘調査にもとづく考古学的な知見からは山内上杉氏時代の城である可能性が非常に強くなってきた。この縄張りを主とする城郭史的観点と考古学的観点の見解 [続きを読む]
  • 越畑城 埼玉県嵐山町
  • 越畑城(砦)跡 鎌倉街道を見下ろす、監視の砦。愛宕橋から見た越畑城 左側が郭Ⅱで右側が郭Ⅰ関越自動車道上り線の嵐山パーキングエリアを過ぎて1キロメートルほど練馬方面に走ると、そこに越畑城跡があります。大半は道路の工事で姿を消してしまいました。 この城は、山の頂に築かれた小規模なもので、しっかりした堀や土塁などの防禦施設は見あたらず、簡単な浅い堀で仕切られた3つの郭で構成されていました。築城の年代や [続きを読む]