ともお さん プロフィール

  •  
ともおさん: ドラムスとまま父のびみょーな関係
ハンドル名ともお さん
ブログタイトルドラムスとまま父のびみょーな関係
ブログURLhttp://doramusu.sblo.jp/
サイト紹介文中年初婚男がバツイチ3人の子持ちと結婚。その中に美人女子高生どらがいた。
自由文子連れの再婚、中高年の結婚、家族関係、女子高生、摂食障害、借金苦、婚活、何でもあり。楽しいステップファミリーです。いろいろ問題もありますが、家族で乗り越えていく課程も紹介できたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/08/13 21:17

ともお さんのブログ記事

  • どら、石垣島へ旅立つ
  • 「ともおちゃん、明日からしばらく石垣島へ行くね」「ええ〜っ! アフリカに父親に会いに行くのでは?」「パパ、いま入院しているの」「石垣行くって、お金はあるの?」「石垣に稼ぎに行くの」よくよく聞くと、どらは石垣島の民宿で住み込みの短期バイトに行くらしい。交通費も向こう持ちだ。日給は東京に比べ、かなり安いらしいが、宿泊/食事付きなので、持ち出しがほとんどない。夜は比較的忙しいらしく、繁華街へ飲みに行くと [続きを読む]
  • 主婦ってなんなんだろう、私の意義っての気持ち
  • よく安っぽいホームドラマで、家庭の専業主婦が「私ってなんなんだろう。結婚以来、ずっと食事作って、選択して、掃除もして、、、そしてあまり感謝もされない」と旦那に愚痴るシーンがある。ともおは今、まさにその状態なのだ。結婚したときに、大どらがいつも遅いので、子供達に何も食べされられないのはかわいそうだと思い、若い女の子に混じって料理学校へも行った。仕事から帰ってきて、疲れているにもかかわらず、がんばって [続きを読む]
  • 眞子さまご婚約会見
  • 若いときは皇室には全く関心がなかった。NHKなどのニュースを見ても、全く他人事だった。不思議なことに、年を重ねるごとに皇室への敬意が出てくる。ともおは決して国粋主義者ではないが、日本という国を誇りに思うと同時に愛着を感じている。眞子さまのご婚約、誠におめでとうございます。挙式は来秋予定とのこと。おそらく、記者会見は相当な準備をしたものと思われる。事前に記者からふざけた質問が来ないようにとか、リハーサ [続きを読む]
  • 石川さゆり x 関ジャニ∞
  • 日曜の夜。明日は会社だと思うと、寝付けず。リビングへ行ったところ、どらがテレビを見ていた。関ジャニがホストでゲストが石川さゆり。石川さゆりのヒット曲「ウィスキーがお好きでしょ」に関し、どういう状況設定なのか、女性の年齢は?男性の年齢は? などとディスカッションをしている。イメージが膨らんだところで、石川さゆりがその情景を歌い描くというこころみだ。うーむ、石川さゆり、腕があるな。みんな唸ってしまった [続きを読む]
  • もう来年の占いが
  • 8月31日。セブンイレブンへ行ったら、もう六星占術の来年版が出ていた。細木数子先生のベストセラーだ。「占い」などと言うと、先生に怒られてしまうのだが、ここ数年、ヨメと買い続けている。今年のともおは小殺界。まあ、それほど悪くはないのだが、気をつけるに越したことはないようだ。でも、あまり良いことが書いていなかったので、今年は買うのをやめたのである。ちなみに、ともおは獅子座だが、乙女座との境界線上にいる [続きを読む]
  • お茶目な大どら
  • うちのヨメ(大どら)はお茶目だ。私が後から家に帰ってくると、リビングで死んだふりをしていたりする。また、私が極度な臆病であることを片手に取り、部屋影で待ち伏せし、わっ!と驚かせたりするのだ。今朝、ともおは体重を測っていた。最近、ジム行ったり、暴飲暴食をひかえたり、かなり真面目にやっているのだ。ここ数日間は順調に体重減が続いている。ところが!なんと2kgも増えているではないか。ダイエット期間中は一直線 [続きを読む]
  • 高級トウモロコシが届いた
  • 実家からトウモロコシが届いた。図1 ?くと黄色と白の二種類最近、ちょっとお値段高めな白いトウモロコシがともおのスーパーでも売れている。ピュアホワイトという品種(ブランド?)だ。とても甘い。どらもトウモロコシが好きだ。先日、新潟へ遊びに行ったときもお土産に買ってきた。ともお家ではなぜか私がトウモロコシの調理係なのだ。パスタ鍋になみなみとお湯で茹でるのも良いが、ともおのお気に入りは電子レンジでの調理方 [続きを読む]
  • どらに大切なブランデーを飲まれる
  • ともおは酒好きだ。大どらも酒好きだ。どらも酒好きだ。なので、家に酒を買い置きすると、誰かに飲まれてなくなってしまうのだ。ビールや発泡酒のようなお酒は絶対にまとめ買いできない。しかし、ウィスキー、日本酒、紹興酒、ブランデーといったたぐいのお酒は、1回でボトルを空けるわけではないので、買い置きというか、ストック状態にならざるを得ない。ともおはあまりブランデーは飲まないのだが、先日、なんとなく飲みたくな [続きを読む]
  • 昨夜のワールドカップ予選でゴールを見逃す
  • ともお家は特にサッカーに思い入れがあるというわけではなく、オリンピックとワールドカップの時だけ関心があるにわかサッカーファンばかりである。昨夜のワールドカップ出場をかけた埼玉アリーナのオーストラリア戦。サッカーにあまり興味がないともおでも、オーストラリアは強い相手だということくらいは知っている。昨夜はリビングで大どら、どら、ともおの3人で仲良く試合を見ていたのである。ゲームは日本チームが良い感じで [続きを読む]
  • キケンな兆候
  • キケンだ。実にキケンだ。今週からともおは近所のジムへ通い始めた。どらも同じ事を考えているようで、どらの検討しているジムがなんとともおと同じところなのだ。以前、どらは会員制のところへ通っていたのだが、スタジオのキャンセル料が月に積もり重なり、2万近くも払っていた大馬鹿野郎だ。さすがに反省したらしく、法人の都度支払いのジムを探していたのである。それがともおと同じジムグループなのだ。今後想定される展開と [続きを読む]
  • 脱げないカラダ
  • 本日、ともおはスポーツジムデビューした。正確には8年ぶりくらいの復帰。独身時代には結構高級なジムへ行っていたのだが、結婚して貧乏になりジムは長らく行っていなかったのだ。ともおが行き始めたジムは法人会員価格で1回1120円だ。久しぶりに汗をかくと気持ちいい。そのジムにはちょっとした休憩スペースのようなところがあり、雑誌が置いてあった。もちろんTARZANだ。濃い。ひじょーに濃い雑誌だ。ともおも週間SPA!ではなく [続きを読む]
  • ディズニーランドのチケット
  • ともおは年甲斐もなくディズニーが好きだ。若い頃は全くといって良いほど関心がなく、ディズニーランドデビューも東京ディズニーランドが開園して、10年くらい経った頃だった。その時はまだ舞浜などという便利な駅もなければ、イクスピアリもディズニーシーもなかった。カードもスポンサー様のJCBしか使えない時代だった。とにかく混んでおり、酒も飲めず、疲れた印象しか残っていない。転機は米国フロリダ州オーランドの出張だっ [続きを読む]
  • 息子よ、申し訳ない
  • 子供の頃、ともおの父親はとても厳しかった。仕事に実直で、子育てはすべてと言って良いほど、専業主婦の母親にまかせていた。今思っても理不尽なことも多かったと思う。ともおの年代で厳しい父親というと、巨人の星の「星一徹」が真っ先に思い浮かぶと思うが、まさにそのような父親だった。ともおが父親とまともに話ができるようになったのは20歳を過ぎたあたりだったと記憶している。もし、自分に子供ができたら、話しかけにくい [続きを読む]
  • 子供達とまま父の微妙な関係
  • 子供達はともおのことを「ともおちゃん」と呼ぶ。大どらが私のことをそう呼ぶので、いつしか子供達の間でもそうなってしまった。結婚した当初は、「お父さん」と呼ばれたかった。一人称でもお父さんと言っていた時期もあったが、なかなか定着しなかったのであきらめた。まま父が何と呼ばれるかは、まま父が押しつけるのではなく、子供達に決めさせなさいというのが、ステップファミリー専門家の考のようだ。だからともおちゃんでい [続きを読む]
  • 日本のサービス「米より質高い」
  • 今朝の日経新聞の朝刊。米国滞在の経験がある日本人が米国よりも日本の方が質が高いと感じているサービスは以下のとおり。宅配便タクシー病院理容クリーニング航空地下鉄コンビニなんとなくわかる気がする。タクシーが2位に入っているのはちょっと異論があるが、最近はGPSやカーナビのおかげで、道を知らないドライバーでも比較的短時間で目的地につけるようになったのは大きいと思う。昨日、爆笑問題がホストをやっているバラエ [続きを読む]
  • 寄付の蔭にあるもの
  • ともおと大どら(ヨメ)は同じ会社に勤めている。ともおの会社では、10年くらい前から、毎月給与天引きで寄付をするという制度がある。もちろん、強制ではない。事務局に聞いたところ、毎月4,000円も寄付をしている人もいるという。この制度、できたときは役員は最低1,000円でもやりなさいということになった。この話を聴いたともおは、月々の寄付を1,100円に設定したのだ。おれは貧乏だが、役員よりも寄付しているのだぞ、という単 [続きを読む]
  • スカイツリーでパティシエ5人競演
  • ともおのベランダからはスカイツリーがよく見える。夜になると様々なライティングがあり、きれいだ。図1 スカイツリー(ともお宅より)そのスカイツリーが5周年を迎える。ともおはスカイツリーの麓までいったことはあるが、一度も登ったことはない。一大観光スポットとなっており、お土産屋もたくさんある。お台場観光地とちょっと雰囲気が似ているかも知れない。ちなみに、ともおはスカイツリーの近くにある天紫亭という居酒屋が [続きを読む]
  • フェースブックでの出来事
  • ともおはフェースブックをやっている。こちらからはあまりお友達申請をしないので、友達は少ない。さほど情報をアップしているわけではないが、地味にでもやっていると学生時代の後輩やら、昔お世話になった人などが探しあててくれ、旧交を温めるのに役立っている。見ず知らずの人から友達申請が来ることもある。そんなときはともおは安易に承認ボタンを押さず、まず、その人となりはどうなのか、お友達にはどんな人がいるのかを必 [続きを読む]
  • どら、実の父に会いに行く
  • どらはパキスタンとのハーフだ。どらの父親の母親、すなわち祖母の様態が悪く、パキスタンへ行くことになった。なんでも父親はアフリカのウガンダで仕事をしているとかで、ウガンダへ寄ってからいっしょにパキスタンへ行くらしい。ともおはどらの父親に会ったことは一度もない。大どらは離婚相手なので、あまり関わりたくないようだ。しかし、子供達にとっては父親であるわけで、会いに行くことに反対するわけにもいかない。ともお [続きを読む]
  • 24時間テレビで募金してきた
  • 毎年恒例となった24時間テレビ。我が家の行事として、紙の貯金箱を武道館へ届けるというのがある。小銭専門で、一年間ためてもたいした額にはならないのだが、少しでも貢献することが大切だと思っている。図1 武道館この貯金箱を武道館内のスタッフへ届けるのは至難の業だ。というのは、行列がものすごいのである。武道館の入り口から、千鳥ヶ淵の方まで長蛇の列に並ばなければならない。図2 武道館内で募金を渡す人の行列そん [続きを読む]
  • 収入に激しく不満足
  • 今日は日曜日。これからバイト。ともおは平日サラリーマンだが、給料が安いので土日祝も働いている。かれこれそんな生活が7年も続いている。本業の収入は減る一方。今朝、日経新聞の朝刊を見てびっくりした。記事タイトル、「収入に満足」51%21年ぶりに満足が不満足を上回ったという。最近、景気がゆるやかに回復しているといわれているが、世間様一般では給与に満足しているのか、、、なんだかうらやましい。うらやましがっ [続きを読む]
  • ともお、24時間テレビで涙ぐむ
  • ともおは毎年恒例の24時間テレビなるものに特に思いがあるわけではない。ただ、住んでいるところが武道館の近くということもあり、毎年、紙の貯金箱を届けるのが我が家の恒例となっている。本日、何気なくチャンネルを回していると、全盲の若いお母さんにスポットが当てられていた。どういういきさつで全盲になったのかは見逃したのだが、お子さん二人の顔を知らないのだそうだ。でも、実に明るく、前向きに生きているお母さんなの [続きを読む]
  • 宝くじ830億円
  • すでに新聞、テレビを賑わせているが、米国人の50代女性が宝くじ(パワーボール)で約830億円当たった!!日本の10億などというせこい単位ではないのだ。830億円!!もちろん、キャリーオーバーが積み重なり、しかも彼女以外に誰も当選者がいなかったことから、一人で830億円独占とあいなった。単独では史上最高額だそうだ。ちなみに、米国の宝くじは20年の分割払いだったと思う。もちろん、一括キャッシュでもらうこともできるが、 [続きを読む]