野ばらmama さん プロフィール

  •  
野ばらmamaさん: 花工房🌹野ばら
ハンドル名野ばらmama さん
ブログタイトル花工房🌹野ばら
ブログURLhttp://tiyoko60.blog.fc2.com/
サイト紹介文造花の美しさに魅了され髪飾り、コサージュ インテリア小物、ウエディングブーケを作っています。
自由文お花が大好きです❗
生花でも、造花でも❗花には心癒されます。
手作りで心のままに造花を使っての
作品作りをしています。
ただ今、夫・次女・猫4匹と楽しく同居中
働く主婦です。
そして、花工房野ばらの店長でもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/08/14 00:59

野ばらmama さんのブログ記事

  • ミモザのバッグブーケと春のアレンジ
  • 今の季節少し遅れてしまいましたがミモザの花が春の訪れを告げてくれます。個人的に黄色の色は好みではありませんがミモザとヒマワリは好きな花です。今月のレッスンは ミモザのバッグブーケ持ち手に本物の蔦を使ってミモザのナチュラルでロマンチックなふわふわ感が伝わってるでしょうか黄色の中にブルーのムスカリが可愛いでしょうこのブーケすべての花材を巻き付けています。何処から見ても裏表の無いキレイな仕上げはとても難 [続きを読む]
  • バレンタイン ? フラワーアレンジギフトBOX
  • 今月のレッスンはバレンタインデーに先駆けてBOXアレンジギフトをBOXから作りました。ボックスデコレーションには私は色々材料がある中からシャネルの生地を作っているリントン社のツイードの生地を選びました。箱にデコレーションする作業は工作を思い出して蓋のデザインもブレードをああでもない、こうでもないと動かしながら気持ちもワクワク o(^o^)o 楽しみながら作り上げました。黒のフリルの中に大振りのラナンキュラ [続きを読む]
  • ?? 私の愛するお花たち ??
  • 私は小さい頃から「花」が大好きでした。子どもの頃に家の庭に咲いていた私の背丈を越える大きなカンナの赤い花白やピンクの小菊風に揺れる白いマーガレット・ひまわり・コスモス秘密の花園に出てくる咲き乱れる薔薇に憧れきっと何時かは自分のお庭がほしいと願い今は、ベランダガーデンですが小さなモッコウバラのアーチも出来ました。色んな花と出逢い心癒され「好き?」な気持ちはますます加速し、こうして今では枯れない花「ア [続きを読む]
  • お正月飾り
  • 皆さまこんにちは〜(*^▽^*)花工房??野ばらにお出でくださってありがとうございます。クリスマスもまだ来ていませんが本日の野ばらは お正月飾りをお見せ致します。今月のベーシックのレッスンは、しめ飾りーモダンスタイルです。今回は様々な花材をアクアフォームに挿す作業工程はなく束ねる。重ねる。といった作業工程を学びました。ただ、束ねるのではなくたとえ造花でも葉の向きや方向があります。それを無視して束ねても美 [続きを読む]
  • クリスマスリースがイッパイ?
  • やっと仕上げました?クリスマスリース直径13cmの小振りのリースです。松ぼっくりのリースリングリボンの赤がポイントです。チェックのリボンがキュートでしょう。パープルのリボンがロマンチックです。シルバーのリボンも素敵でしょ (*^▽^*)vアナタはどれがお好き?ランキングに参加しています。お帰りの際にポチっとして頂けたら感謝です。お出でいただき、ありがとうございました(⌒∇⌒)ノ"" [続きを読む]
  • ラグジュアリーなツリー
  • 皆さまこんにちは〜(*^▽^*)暫くお休みさせて頂いておりましたがお元気にお過ごしでしょうか?風邪などひかれていませんか?お体どうぞご自愛くださいね。さて、今日lはもう11月20日 12月も、もう間近・・・クリスマスですね。今月の作品は、キラキラ輝くツリーを製作しました。大きなツリーも、魅力的ですが、テーブルの上や飾り棚に飾れる大きさの物もお部屋の何処にでも置くことが出来そしてエレガントで素敵なツリーです [続きを読む]
  • 検定試験
  • こんにちは〜(*^▽^*)随分とご無沙汰してしまいました。やっと秋らしくなりましたね。毎年開催されるコスモス園のコスモスの花が今年もキレイに咲いて風に揺れる様に車中でしたが心癒されました。さて、私の近況は孫の誕生や右手の腱鞘炎で2カ月余りお休みしていましたがやっと10月8日にビギナーコースの検定試験を受けました。筆記試験と実技試験です。筆記は4問間違えて84点(70点で合格圏内)実技はローズの壁飾りを2個( [続きを読む]
  • バラに囲まれて・・・スィート・ミラー
  • お久しぶりです。更新が遅くなりました。7月の作品は「スィート・ミラー」テーブルいっぱいに広げられた花材の中からオフホワイトとスモーキーピンクのバラをメインフラワーに大好きな蔓物を使ってみました。先生の見本はダリアですが、やっぱりバラを選んでしまいました。こうして置いていますが、壁掛けタイプで作りました。頑張った後のお楽しみは・・・今月も飛びきり素敵なティータイムこの瞬間、日常を忘れて優雅な気分に包 [続きを読む]
  • 海辺のカフェ
  • 梅雨の真っ只中の日々ですが梅雨が明ければ 夏・・・夏・・・夏ですね。夏と言えば海・・・そんなイメージのアレンジメント今月は、そんな夏に先駆けて爽やかに涼しげなガラスのセパレートタイプの花器を使った2wayタイプのアレンジメントです。スモーキーカラーの花材に砂と貝殻それにお気に入りはラムズイヤー(羊の耳)と呼ばれてるハーブ触ると柔らかくてほんとうに羊の耳のような感触でアーティフィシャルフラワー(造花)とは思 [続きを読む]
  • マリーアントワネットのフラワーケーキ
  • 今月のレッスンは、先生がマリーアントワネットの映画を観ていて閃いたと言うとてもロマンチックなフラワーケーキお花にリボン、 レディで上品な作品です。結婚式のウエルカムテーブルに飾ったりお部屋のインテリアにいかがでしょう (*^^*)自宅の飾り棚の一等地に置きました。う〜ん素敵 ?私はベースにピンクのリボンを選びましたが先生のように(後方)シャンパンカラーでも、とても上品です。雑誌などで見かけてはフラワーケーキ [続きを読む]
  • 清志郎さんの天使のリースと花かんむり
  • こんにちは〜(*^ー^)ノ♪5月2日はロックミュージシャンの忌野清志郎さんの御命日・・・清志郎さんの大ファンのお客様から、墓前にお供えするお花をぜひ、花工房 ?? 野ばらでと光栄なご注文を頂きました。あの名だたるアーティストの清志郎さんに似合う作品・・・(^_^;)・・・・・・・・しばらく悩みましたが、やはり私らしい作品でと思い屋外ですし、命日には生花の花束やアレンジメントが多いと思いアーティフィシャルフラワ [続きを読む]
  • カーネーションのリース
  • 来月の母の日のために先がけてカーネーションのリースを作りました。グリーンは、若葉の色のようで爽やかです。30センチのリングなので、仕上がりはかなり見応えがありゴージャスです。でも、色はシックに抑えてあるので派手ではありません。ここからは先生のご自宅で撮影タイム (*^^*)vまぁ?なんてステキな椅子でしょう ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆カーテンごしの春の日差しに包まれて・・・30センチと25センチのリース(先生の作 [続きを読む]
  • 赤いバラに寄せて・・・
  • この3月で退職される職場の方にバラのアレンジメントをお作りしました。ご本人のご希望の赤いバラをたくさん使い赤いアジサイとアクセントに黒のベリーピックを使いました。赤いバラと黒のベリーピックがお互いを引き立てた個性的で印象的な作品になったと思います。やはり赤いバラは永遠の憧れ職場を去られ、また新たな生活のスタートにお部屋の何処かで応援できたら良いですね。どうかお元気でお幸せに・・・ランキングに参加 [続きを読む]
  • 春のスィート・トピアリー
  • 今月は春色ふんわり贅沢にたくさんのバラを使ってトピアリーを作りました。トピアリーとは、樹木や低木を綺麗に刈り込んで作る造形物のことです。とても上品な色合いでエレガントな作品になりました。ほんの少しの花のあしらいバランス挿しかげん ・・・そこが先生と私の違いそれが、ほんとうのプロのコツ大好きな作品のコーナーイベントに関係のない作品を飾っています。私のお気に入りです?来月は母の日のカーネーションのリー [続きを読む]
  • お雛様のアレンジメント
  • 3月3日は女の子のお節句雛祭りそれに先駆けて今月のレッスンはお雛様のアレンジメントを作りました。愛らしくて華やかで見ていて顔が自然にほころびます。(*^^*)置くだけで「春」を感じます。陶器の菱餅の器がパステルカラーなのとぼんぼりをアレンジメントには加えず前に置いたとこ使っている花の色合いが大好きなピンクのグラデーション全てがお気に入りです。??(*´∇`*) ??小さなアレンジメントですが存在感がスゴイで [続きを読む]
  • ?? ブーケスタンド ??
  • 先日、レッスンで作ったバレンタインのアレンジメント不足の赤いバラが届いたので復習のために再度作ってみました。画像は明るい赤に見えますが深紅です。やはり、赤いバラは華やかですね。ホロホロ鳥の羽のドット柄が効いてますね。レッスンから二週間経っているのでポイントを思い出しながらの作業です。ヤッパリ作品作りは楽しいですね。??☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。素敵なブーケスタンド・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆ボールブーケを飾るの [続きを読む]
  • バレンタインのアレンジ〜LOVE
  • 今月のレッスンのお花のテーマは「愛」バレンタインのアレンジを作りました。この季節にピッタリなファーの花器に情熱のバラをたっぷりと贅沢にアレンジし花器のファーとリンクさせるように羽(ファー)を散りばめた基本のラウンドスタイルのアレンジになります。お色はスタイリッシュなベージュ?カフェオレと情熱的なブラック?ルージュの2色で作りました。どちらも、モダンさを大切に考えたお洒落な作品です。★文は先生のテキ [続きを読む]
  • 新年に向けて門松作りました。
  • クリスマスも過ぎ、街も人も新年の準備に忙しく過ぎ行く日々ですが皆さまお元気にお過ごしでしょうか・・・私は、クリスマスにもまだ早い12月の始めにBGMにクリスマスソングの流れるなか先生曰く何ともカオスな雰囲気の中で(笑)新年を、迎える為に門松作りのレッスンを受けました。材料は。。。竹・松・南天・葉牡丹・ピンポンマムグリーンピック・迎春ピック・ベース花器水引or組紐とても可愛くて色は派手な色は使っていな [続きを読む]
  • ばらの花冠
  • こんにちは〜(*^_^*)今年の冬の気候は暖冬だとか・・・野ばら地方ですが朝晩は、やはり12月寒いです。でも、昼間の暖かいことったら?まるで「春」です。野ばらの家のベランダのバラが次から次に咲き四季咲きのイチゴがたくさん赤い実をつけてとても可愛いです。(このイチゴは観賞用で花は紅色で実は食べれなくはないけど酸っぱいです。)さてさて、今日のタイトルは花冠です。今年の春・夏に若いお嬢さまの髪を飾ってとてもガー [続きを読む]
  • クリスマスのテーブルリース
  • 12月になりましたね。一年最後のイベントはクリスマス本来、クリスマスはイエスキリストの生誕のお祝いですが街も人も華やかになりクリスチャンでなくとも心ワクワク最も楽しみな年末の行事ですよね♪ここからの文は先生のテキストより引用リースはクランツとも呼ばれていて、元々は子供たちがクリスマスまで待つ期間を短く感じられるようにとエバーグリーンの冠状の照明飾りに24本のキャンドルを順番に灯していった「アドベ [続きを読む]
  • 作品紹介Part2
  • クルルさんからの「猫のフラワートピアリー」のご注文に続き有り難いことににゃんこのごんたとましゅまろ?マシュマロ国は大騒ぎ?のねこっこさんからミニリースのご注文を頂きました。クリスマスにも飾れてオールシーズンも飾っておけるものそして、猫さんの頭にものせて、楽しめるものとのご希望暫く悩む・・・う・・・んクリスマスリースにはキラキラが欲しい。でも、あまりキラキラさせると普段にはハデだし・・・で・・・清 [続きを読む]
  • 作品紹介
  • 猫のフラワートピアリーこの作品は私にとってちょっとした大作でした。v(o゚∀゚o)v今は体調を崩されてブログをお休み中のらぷそでぃのそばかすクルルさんからご注文頂きお作りしました。緑の猫ちゃんです。薔薇のリースに囲まれて尻尾には小鳥さんが・・・高さは35センチです。とても可愛くて華やかです。猫の下にはマットが敷いてあり、飽きたら薔薇のリースは壁に飾ることが出来る2ウエイタイプです。雰囲気がまた違うでしょ。+゚ [続きを読む]
  • おしゃれな鏡
  • 私はドレッサーを持っていません。あの、阪神大震災でお嫁入りに持ってきたドレッサーは割れてしまい、それ以来私の鏡はA4ノートほどの大きさの卓上の物を使っています。その鏡に大輪のラナンキュラスとパープルのアジサイでおしゃれしてみました。+゚。*(*´∀`*)*。゚+とてもエレガントになりました。これでお化粧するのがより楽しくなりました。♪♪・‥…━━━☆・‥…━━━☆嬉しい贈り物━━━☆・‥…━━━☆ーピンポーン [続きを読む]
  • アンティークカラーのボールブーケ
  • 10月10日(土)はフラワーレッスンの日でした。秋はブライダルシーズンと言うことでボールブーケをお習いしました。アンティークカラーで花材はピオニー(芍薬)とローズシックでエレガントなブーケです。スモーキーカラーで仕上げたブーケ・・・季節や持つ方を選ば ないので通年使って頂けます。今回は、それにベリーをプラスして秋色のbブーケが出来ました。私はレッスンではミントグリーン復習用にスモーキーピンクの花材を選 [続きを読む]
  • 花との暮らし
  • 私は花が大好きですが我が家には、お猫様が4匹生花を活けると何故か花瓶のお水を飲みたがる危険な子が2匹・・・危ないです?花瓶が割れたら怪我が心配です。でも、花を置かないと言う選択は私にはありません?なので、ここでアーティフィシャルフラワーの出番なのです。先日作ったアンティークローズのリース最近のアーティフィシャルフラワーのクオリティーは高く色も形も本物と見間違うくらい、いえ本物以上に美しくイキイキ [続きを読む]