tarao さん プロフィール

  •  
taraoさん: アシベパンチ
ハンドル名tarao さん
ブログタイトルアシベパンチ
ブログURLhttp://tarao-mendo.blogspot.jp/
サイト紹介文元証券ディーラー。普通のサラリーマンとして再出発。英語とプログラミングを勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/16 19:05

tarao さんのブログ記事

  • 再帰とは何か?Python3の簡単な例で再帰の仕組みを学ぶ
  • エンジニアの知り合いに再帰についてちゃんと勉強しておいた方がいいというアドバイスをもらいました。 ということで、今回はPythonで再帰を使った簡単なコードを書いてみることにします。 そもそも再帰とは何か?再帰とは、再帰関数とか再帰処理とも呼ばれるプログラミングのテクニックのこと。 具体的にどういうことをするのかというと、関数が自分自身を呼び出して同じ処理を何度も繰り返す。ということらしい。 正直これだけ聞 [続きを読む]
  • Pythonの関数の引数に他の関数を渡して使う方法について
  • Pythonでは関数の引数に他の関数を渡すことができます。 関数を受け取った関数は、関数(自身)の中で受け取った関数を使うことができます。この説明だけだと何のことかよく分からないと思うので、早速簡単なプログラムを見てみることにします。引数で受け取った関数を関数内で使ってみるdef calc(func, num=1): cost = func(num) return cost def apple_cost(num): return 100 * numnum = 3 #①total_cost = calc(a [続きを読む]
  • Matplotlibで2軸グラフの作る方法
  • 今回は、Matplotlibで2軸グラフを作る方法について。値の水準が違うグラフを重ねて表示すると、とても見にくいグラフになってしまう。例えば下のようなグラフ。このグラフは、値が10前後の棒グラフと値が100前後の折れ線グラフが1つのグラフに表示されている。そのせいで、それぞれのグラフがつぶれてしまい動きが分かりにくくなってしまっている。さらに、棒グラフと折れ線グラフが上下に離れて表示されているせいで、グラフ自体 [続きを読む]
  • Pythonでヒストグラム付きの散布図を作る方法
  • Pythonを使ってヒストグラム付きの散布図を作成する方法について。Matplotlibよりも簡単に綺麗なグラフ書くことができるseabornというライブラリを使います。完成形完成形の散布図は、上のグラフのようにx軸とy軸ごとの分布がヒストグラムで分かるようになります。Matplotlibの散布図seabornの散布図との違いが分かるようにMatplotlibの散布図も載っけておきます。グラフのタイトルやラベルなど何も表示していないデフォルトのまま [続きを読む]
  • Matplotlibで複数のグラフを作る方法
  • Pythonのグラフ作成ライブラリであるMatplotlibを使って複数のグラフを作成する方法について。今回はsubplotを使ったシンプルな方法で作成する。完成形のイメージはコレ。折れ線グラフ、棒グラフ、横棒グラフ、散布図という種類の異なる4つのグラフを一度で表示してみることにする。figureとsubplotMatplotlibで複数のグラフを作るにはfigureとsubplotが必要になる。subplotというのは1つの1つのグラフを表示する領域のことで、fig [続きを読む]
  • jedi-vimの文字が見えなかったのでハイライトと文字色を変更した
  • vimでPythonを便利えるように色々カスタマイズしてるのだが、vimのカラースキームを変更したらjedi-vimの補完候補と引数のヒントの文字が見えない部分ができてしまった。vimのカラースキームを変更すれば文字は見えるようになるのだが、そのカラースキームを気に入っているので、jedi-vimの設定を変更して文字が見えるようにした。ちなみに、vimはMacのiTerm2で使っている。vimのカラースキームは、gotham-vimというバットマンのゴ [続きを読む]
  • MacのMatplotlibで日本語を使えるようにする
  • Pythonのグラフ描画ライブラリのMatplotlibは、簡単にグラフが書けてとても便利なのですが、デフォルトの状態では日本語を使うことができません。グラフのタイトルやラベルに日本語を使いたいことは多いので、Matplotlibで日本語を使えるように設定します。対象はMacです。日本語を使うと文字化けするMatplotlibをデフォルトで使うと日本語が文字化けしてしまい、ちゃんと表示されません。試しに簡単なグラフを作成してみます。imp [続きを読む]
  • Pythonista3でWeb APIを取得するアプリを作ってみる
  • 前回のブログ(Pythonでrequestsを使ってWEB APIのデータを取得する)で、Pythonを使って天気予報のWeb APIからデータを取得する方法を試しました。今回は、前回作ったプログラムを使用して、天気予報を取得するGUIを作ってみることにします。せっかくなので、1,200円で購入したものの全然使いこなせていないiPhone・iPad用のアプリ、Pythonista3を使って天気予報を取得するアプリを作ってみることにしました。Pythonista3とはPyth [続きを読む]
  • Pythonでrequestsを使ってWEB APIのデータを取得する
  • Python3でWEB APIからデータを取得する方法について。requestsライブラリを使って、ivedoorが提供するWeather Hacksから実際に天気予報データを取得してみる。使用するサービスとライブラリはじめに、今回使用するWeather Hacksというサービスとrequestsというライブラリについて触れておく。Weather HacksWeather Hacksというのは、LINE(株)のポータルサイトlivedoorが提供するお天気情報サイト。天気予報のAPIやRSS、ブログ向け [続きを読む]
  • gitを使ってMacのローカルでバージョン管理する
  • Macのローカルでgitを使ってバージョン管理する方法について。エンジニアの人たちからすれば今更感がすごいかもしれないけど、今までちゃんとしたバージョン管理というものをしたことがなかったので、ここらでちゃんとgitの勉強をしておくおくことにする。ちなみに自分の今までのバージョン管理方法は、「ファイル名_YYYYMMDD」みたいなやつ。これでも履歴を残すことはできるが、いつ、どんな変更をしたのかといったことが把握しに [続きを読む]
  • ハワイのグルメ
  • ハワイ旅行で食べたもので気に入ったものを紹介します。エッグベネディクトや人気のステーキ、アサイーボウルなどHEAVENLYまずは、DFSギャラリアのすぐそばという好立地にあるオシャレなカフェ「HEAVENLY」エッグベネディクトHEAVENLYのエッグベネディクトトロトロの卵が美味しいエッグベネディクト。一時期日本でもかなり流行りましたが、ハワイでもまだまだ人気のようです。フレンチトーストフレンチトーストも食べました。HEAVE [続きを読む]
  • ハワイでのショッピング
  • 今回は、ハワイでの購入品を紹介します。お土産や、ハワイで買った服、バッグ、サンダル、子供服など。色々買ったので全部を紹介するのは無理だけど、いくつかお気に入りをピックアップしました。お土産まずは、お土産から。ばら撒き用の定番土産から、ちょっと高めなチョコレートやクッキーなど。Hawaian Host & MAUNA LOAHawaii土産の超定番まずはハワイ土産の定番から。マカダミアナッツのお菓子、Hawaiian HostとMAUNA LOA。 [続きを読む]
  • MacのPython環境を見直した
  • MacのPython3の開発環境を変更した時のザックリ作業メモ。変更方法やエラー対応を備忘録として残しておく。変更前の環境homebrew + pyenv + anaconda(conda)変更後の環境homebrew + venv + 個別ライブラリ開発環境を見直した理由pyenvのバージョン管理機能を使ってなかったanacondaに使ってないライブラリがたくさんあったなるべくシンプルな構成にしたかったネットのコピペで良くわからないまま作ってしまった環境を見直したかっ [続きを読む]
  • [Python] setdefaultを使って辞書の値を取得&追加する
  • Python3で、辞書の値を取得する時にsetdefault()メソッドを使うと、指定したキーが辞書に存在すれば値を取得し、キーが存在しない時は指定した値を辞書に追加してくれるということを知ったので、使い方をメモしておく。キーが存在しない時に、辞書には追加せずに指定の値を返すだけの時は、get()メソッドが役立つ。getメソッドについては以下の記事を参照。[Python] getメソット゛を使って辞書の値を取得するsetdefault()の使い方s [続きを読む]
  • [Python] getメソット゛を使って辞書の値を取得する
  • Python3で、辞書の値を取得する時にget()メソッドを使うと、指定したキーが辞書に存在すれば値を取得し、キーが存在しない時は指定した値を返してくれるということを知ったので、使い方をメモしておく。get()を使うメリットPythonでは、キーを使って辞書の値を参照する際に、指定したキーがないとKeyErrorというエラーが発生してしまう。 そこで、キーを使って辞書の値を参照する時は、inを使ってキーが辞書に存在しているかどう [続きを読む]
  • NumPyの配列の操作について
  • 今回は、NumPyの配列の操作方法について。要素の参照NumPyの配列の要素を参照する方法は、Pythonのリスト同じように、0から始まるインデックスを指定して行う。 配列にない要素を指定すると、IndexErrorとなる。1次元配列の参照1次元配列の要素の参照を行う書式は以下の通り配列名[インデックス]1〜5までの1次元配列の各要素を参照する例>>> import numpy as np>>> arr = np.array([1,2,3,4,5])>>> arr[0]1>>> arr[1]2>>> arr[2]3 [続きを読む]
  • NumPyの配列の次元の変換方法について
  • 今回は、NumPyの配列の次元を変換する方法について。1次元の配列を多次元の配列に変換する方法と、多次元の配列を1次元の配列に変換する方法を学ぶ。まずは1次元の配列を多次元の配列に変換する方法から。1次元 → 多次元1次元の配列を多次元の配列に変換するには、reshape()を使う。reshape()には、関数として使う方法とndarrayのメソッドとして使う方法がある。関数のreshapereshape関数の書式は以下の通り。numpy.reshape(a, ne [続きを読む]
  • NumPyて゛ランタ゛ムな配列を作る方法
  • 今回は、Python3でNumPyを使ってランダムな配列を作る方法について。 NumPyでランダムな配列を作るには、randomモジュール使う。 NumPyのrandomモジュールを使うと、多次元の乱数配列が簡単に作れる。また、普通の乱数だけではなく二項分布や正規分布などに従う乱数も簡単に作ることができる。 0.0〜1.0までの乱数まずは基本から。0.0〜1.0まで乱数を生成するには、random.rand()を使う。 1つの乱数random.randは、引数に何も [続きを読む]
  • NumPyの使い方 超入門
  • NumPyの基本的な使い方についての自分用勉強メモ。今回は、効率的に配列や多次元配列を扱うことができ、高速な数値計算も可能となるPythonのライブラリNumPyについて勉強する。NumPyのインポートNumPyは、npという別名でインポートするのが一般的。import numpy as np配列まずは、Numpyの基本となる配列の作り方や使い方について学ぶ。 NumPyの配列は、Python標準のリストと似ている点も多いが、ndarrayという独自のクラスのオブ [続きを読む]
  • Matplotlibの棒グラフの書き方
  • Matplotlibで棒グラフを書く方法について。今回は、iosでPythonが使えるPythonista3を使って、iPhoneだけで棒グラフを作成してみることにする。バージョンについていちおう使用する環境について書いておく iPhone7plusでiosのバージョンは10.30.2Pythonista3のバージョンはv3.1Matplotlibのバージョンは1.4.0Matplotlibの最新版は2.0.2(2017/8/3現在)なので、ちょっと古いバージョンを使うことになる。古いバージョンを使う理由は [続きを読む]
  • [Python] Matplotlibで2つの折れ線グラフを表示する
  • 今回は、Matplotlibで1つのグラフ上に2つの折れ線グラフを重ねて表示する方法について勉強する。(複数のグラフを作成する方法はこちら)そこで、前回作った2016年の東京の月別平均気温の折れ線グラスフを使い、そこに沖縄の月別平均気温の折れ線グラフを追加することにする。前回作った2016年の東京の月別平均気温を表示するコードは以下の通り。import matplotlib.pyplot as pltx_datas = range(1, 13)y_datas = [6.1, 7.2, 10. [続きを読む]
  • [Python] Matplotlibを使った折れ線グラフの書き方
  • 今回はPythonでMatplotlibというライブラリを使ってグラフを書く方法を勉強する。Matplotlibは、PythonのリストやNumPyの配列などをグラフ化することができるライブラリ簡単な折れ線グラフを作るMatplotlibのpyplotモジュールをインポートする。pltという別名でインポートするのが一般的グラフにしたいデータを用意するpyplotのplot()でグラフを作成する引数には、リストやNumPyの配列などを指定するpyplotのshow()でグラフを表示 [続きを読む]
  • Pythonの例外処理について
  • Python3の例外(エラー)対応について。try 〜 except ... 基本的な使い方やelse、finallyの追加方法やエラーの捕捉方法など。例外例外とはエラーのこと。プログラムを書いていると色々なエラーが起こる。変数の型がおかしいとか、開こうとしたファイルがないとか。そういったエラーが発生してプログラムが途中てストップしてしまうことを防ぐために、予めエラーが発生した時の対応を記述しておくことを例外処理という。続きを読む [続きを読む]