FRP consultant さん プロフィール

  •  
FRP consultantさん: FRP業界動向最前線コラム
ハンドル名FRP consultant さん
ブログタイトルFRP業界動向最前線コラム
ブログURLhttps://www.frp-consultant.com/
サイト紹介文FRP(繊維強化プラスチック)に関連する最新ニュースとその解説のコラムです。
自由文FRP(Fiber Reinforced Plastics:繊維強化プラスチック)関連業界での事業拡大や新規参入を検討している法人向けにコンサルティングを行っている、FRPコンサルタントのホームページです。


FRP業界に関連する注目すべき業界最新ニュースを紹介し、FRP業界の企業指導を行っているFRPコンサルタントがわかりやすく解説しています。関連業界の情報収集にご活用ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/08/15 15:36

FRP consultant さんのブログ記事

  • リサイクル 性を考慮した自動車バックドアへのFRP適用
  • 自動車部品サプライヤの大手の一社である Magna が熱可塑性樹脂を主体とした リサイクル 性を考慮した製品に関するプレスリリースを行いました。 Magna のプレスリリースはこちらのページで見ることができます。 リリースに関連する動画もアップされていますので、 興味ある方はそちらもご覧ください。 同様のプレスリリースは JEC や Composite World といった業界主力紙にも掲載されていました。 上記の動画を見 [続きを読む]
  • FRP製品の寸法検査における 系統誤差
  • 今日のコラムでは FRP製の製品寸法検査における誤差に着目し、誤差解析の世界でもよく議論される 系統誤差 ( systematic uncertainty )について考えてみたいと思います。 誤差という言葉には ランダム誤差 と 系統誤差 の2成分がある 誤差解析の世界では誤差というと大きく分けて ランダム誤差 と 系統誤差 という2つの考え方があります。 一般的に言われる誤差というのは上記のうちランダム誤差を指すことが多いよう [続きを読む]
  • Cevotec が展開する Fiber Patch Placement (FPP)
  • 今日のコラムではFRPの積層技術の一つである Cevotec が展開する Fiber Patch Placement ( FPP ) について述べてみたいと思います。 Fiber Patch Placement ( FPP )とは ここ2、3年でコンセプト提案されてきているFPPですが、 どのようなものなのかは代表的なメーカーである Cevotec を一例に、 以下の動画を見ていただくのがイメージをつかむには最適かもしれません。 プロトタイプの型にパッチを高速で貼り付け [続きを読む]
  • Cevotec が展開する Fiber Patch Placement (FPP)
  • 今日のコラムではFRPの積層技術の一つである Cevotec が展開する Fiber Patch Placement ( FPP ) について述べてみたいと思います。 Fiber Patch Placement ( FPP )とは ここ2、3年でコンセプト提案されてきているFPPですが、 どのようなものなのかは代表的なメーカーである Cevotec を一例に、 以下の動画を見ていただくのがイメージをつかむには最適かもしれません。 プロトタイプの型にパッチを高速で貼り付け [続きを読む]
  • はじめてのFRP 引抜成形 と最新動向
  • 今日は はじめてのFRP として 引抜成形 ( Pultrusion ) について述べてみたいと思います。 引き抜き成形 の概要 言葉で説明するよりも以下の動画を見ていただくとイメージを持つことが可能かもしれません。https://pultruders.org/video/pultrusion.mp4 繊維を引きそろえて、マトリックス樹脂を塗布し、 それを金型に導入して成形と加熱硬化を進める、 という工程を連続的に進めるのが引き抜き成形の概要です。 [続きを読む]
  • 法政大が行う 都市航空交通 研究とFRP適用の可能性
  • MONO ist というサイトに「 ドローンではなく小型航空機をクルマ代わりに、法政大が次世代 都市航空交通 の研究へ 」という興味深い記事が出ていました。 ※参照URL http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1807/26/news055.html 尚、上記で3D設計技術の識者として紹介されている ニコラデザイン・アンド・テクノロジーの 水野 操 さんとは個人的に面識があります。 水野さんは私と違い根っからの航空機エンジニアとし [続きを読む]
  • Material and process are focused in composite (FRP) industries
  • Today, I would like to write column the title of "Material and process are focused in composite (FRP) industries". I have supported companies which try to spread or start their business in composite (FRP) industries including practical affairs for more than 3 years. Our company business field is not limited in Japan, but also Asia countries, north America, and Europe. I try to write a colum [続きを読む]
  • はじめてのFRP 材料仕様を示す 目付 、 Vf そして RC
  • 今日のコラムでは FRP の「 材料仕様 」を決める際に必須ともいえる、 目付 、 Vf ( Fiber Volume 、繊維体積含有率 )、 RC ( Resin Content 、 樹脂含有率 ) について述べてみたいと思います。 基本材料仕様は材料メーカーとユーザーを結ぶ共通言語の根幹 今年は4月(東京)と7月(大阪)に 材料規格 ( Material Spec )に関する講演を行いましたが、 これだけ短期スパンで講演をしたにも関わらず聴講者の数はどちらも [続きを読む]
  • 〈2018年9月13日 セミナー 〉CFRP/GFRP関連事業の 事業戦略 と 推進方法
  • 本年1月に開催した「 CFRP/GFRP関連事業の 事業戦略 と 推進方法 」の講演に関し、株式会社 情報機構 様より再登壇の依頼を受けての開催です。 今年の1月の該講演の開催以降、3月には JEC 、6月にも顧問先の依頼により欧州の最前線へ出張をし、展示会のような全体を把握することに加え、個別案件でのビジネス開発最前線で業務を行ったことにより、国境をまたいだ会社間のリアルな現実も目にしてきました。 技術的な動きは [続きを読む]
  • PP Honeycomb のライセンス製造を行う ThermHex
  • 今日は「 PP Honeycomb のライセンス製造を行う ThermHex 」という題目で、 FRP適用拡大の本命といわれ始めている熱可塑性 Honeycomb と PP composite の組み合わせについて考えてみたいと思います。 EconCore NV からライセンス取得し生産 以前、 EconCore については以下の記事で述べたことがあります。 熱可塑性樹脂の Honeycomb からみる 企業戦略 当時はまだ出始めの感じでしたが、 数年が経過し、適用先が広 [続きを読む]
  • FRP業界の特異性である 材料と工程 が主体の考え方
  • FRP業界は材料と工程ばかりに目が行く傾向が強い ( The image above is drawn by FRP Consultant ) 既に3年以上にわたりFRP業界の企業や該業界に参入を目指す企業をサポートしてきました。 時には最前線で実務のサポートも行うことがあります。 国も日本だけでなく、他のアジア諸国、北米、欧州といったフィールドでも最前線を見てきました。 今日はこれらの経験を踏まえ FRP戦略コラム として最前線で感じている日 [続きを読む]
  • FRP application for racing wheelchair head to Tokyo Olympic
  • Today I would like to write about the title of “FRP application for racing wheelchair head to Tokyo Olympic ” and intr
    oduce application example of FRP to wheelchair. Wheelchair racing at Tokyo Olympic 2020 Wheelchair racing is one of track an
    d field competitions. The competition class is defined in various category like; ? brain paralysis ? spinal cord injury ?
    c [続きを読む]
  • 高分子界面 と 接着 とその分析に関するセミナー出席
  • 先日、ご招待を受けたこともあり「 高分子界面 と 接着 」に関するセミナーに聴講者として参加してきました。 分析等の受託企業である 東レリサーチセンター 様が主催したものです。 会場からはほとんど質問が出なかったので自分の質問をしやすかったこともあり、 講演者と簡単なやり取りもできたことから非常に勉強になりました。 本日のコラムでは聴講した中で特に印象に残ったことについて述べた後、 産業界における [続きを読む]
  • 有機化合物の 構造解析 に用いる NMR と最新研究動向
  • 今日は、 はじめてのFRP として「 有機化合物の 構造解析 に用いる NMR と最新動向 」という題目で、 FRP分析にも使える NMR の概要と最新研究動向、 FRPへの適用にあたっての留意点について書いてみたいと思います。 NMRによる有機化合物の 構造解析 とFRPの関係 FRPはマトリックスが高分子であるため、半分は有機化合物です。 (繊維がガラス繊維や炭素繊維のような無機物質の場合) そしてマトリックス樹脂には熱硬 [続きを読む]
  • 水素社会 を目指した取り組みと FRP適用の可能性 2
  • 前回のコラムに引き続き、水素社会 を目指した取り組みと FRP適用の可能性 について書いてみたいと思います。 本日は埼玉県産業技術総合センターで開かれた 「水素社会と再生可能エネルギー」 の講演の中で説明のあった、または配布資料について、 興味のあったところの中で、水素に関する概要と、 講演をされた千代田化工建設株式会社の水素に関する取り組みを述べた後、 FRPへの適用の可能性ということについて考え [続きを読む]
  • 水素社会 を目指した取り組みとFRP適用の可能性 1
  • 先日、弊社が本社を置く埼玉県の産業技術総合センターで開かれた 「 水素社会 と再生可能エネルギー」 という題目の講演に行ってきました。 講演をされたのは、千代田化工建設株式会社 水素チェーン事業推進部 シニアアドバイザー(工学博士)の中田真一先生です。 興味深い内容が多かったのと、 FRPの新たな展開を目指す領域としてポテンシャルを感じたことから、 本コラムでも2回に分けて述べてみたいと思います。 [続きを読む]
  • ポリマーの グラフト化 によるぬれ性制御
  • 今日のコラムでは ポリマーの グラフト化 によるぬれ性制御 という題目について書いてみたいと思います。 FRPにおける接着とぬれ性 FRPが高強度、高剛性の特性を発現するには、 繊維と樹脂の界面を介した荷重伝達が行われることが重要です。 過去のコラムでも「プッシュアウト法による界面接着評価」、 「熱可塑性樹脂とエポキシ樹脂の接着に関する学術評価」、 「プライマーレスのメタクリレート系接着剤」、 とい [続きを読む]
  • 再生医療 向け複合材料
  • 今日はFRPも属する複合材料という枠組みで 再生医療 という新しい動きについてご紹介したいと思います。 複合材料 とは まず最初に 複合材料 というものについて復習してみたいと思います。 複合材料というのは ? 物理的に分離可能な2種類以上の材料で構成されている ? それぞれの構成要素となっている材料の個々の特性よりも優れている、 またはそれぞれの構成要素が有しない機能を発現する という特徴を有す [続きを読む]
  • 3Dプリンタ向け 熱可塑性エラストマー
  • CRP Technology のグループである WINDFORM から興味深い製品である、 3Dプリンタ向け 熱可塑性エラストマー が発表されました。 今日はこの製品の販売元である WINDFORM の簡単なご紹介と、 3Dプリンタによる熱可塑性エラストマーについて考えてみたいと思います。 WINDFORMという企業 この企業はラピットプロトタイプを得意とする企業です。 (尚、ここでいうラピットプロトタイプと3Dプリンティングは同意とします [続きを読む]
  • はじめてのFRP- FRP成形品の 寸法検査
  • 今日のコラムでは、はじめてのFRPとして FRP成形品の 寸法検査 はどうすればいいか、 ということについて考えてみたいと思います。 FRPについては得てして材料、そして成形加工に関する話題が中心になることが多いです。 これはわかりやすい、または何かをマイナーチェンジすれば新しい技術と認識されやすい、 という潜在意識が背景にあるのではないかと思っています。 その一方でFRPを使用するのであれば最終的に重要 [続きを読む]
  • 〈2018年7月10日 セミナー 〉CFRP/GFRP 材料規格 解説と必要な 材料試験実施法
  • 日刊工業新聞社の依頼により、4月12日に東京で行いました 材料規格 ( Material Spec )に注力した講演(セミナー)を大阪で行います。 ※以下はイベントページ、開催日時、場所を除き、4月の講演時のリリース内容と同じとなっております。 メーカー系企業のサポートをしていてほぼ100%整備されていない材料規格。 CFRPはもちろん、長線維化が進み適用範囲が変化してきているGFRPにおいても材料規格を予め整備し、材料の品 [続きを読む]