野生の記録!鳥・小動物等々! さん プロフィール

  •  
野生の記録!鳥・小動物等々!さん: 野生の記録!鳥・小動物等々!
ハンドル名野生の記録!鳥・小動物等々! さん
ブログタイトル野生の記録!鳥・小動物等々!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/surounin001
サイト紹介文都市近郊の森、田んぼ、池、そして公園の四季の鳥達を主に、野性の営みを撮りまくり載せて行きたいと考えま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/08/15 17:37

野生の記録!鳥・小動物等々! さんのブログ記事

  • 「クイナ」
  • MFに、クイナが入って居ると聞き、早速、観察して来ました。警戒心が強い鳥なので、今にも降り出しそうな今日の様な日和の方が、出が良いのでは? と云う事で駆けつけました!其の考えが的中です。今日は朝から4度もお出ましとの事。到着するや、眼前にお出ましです。誠にラッキーな事です! [続きを読む]
  • 「カンムリカイツブリ」
  • 自分が水鳥や、小鳥を撮る時に一番に想い描く事は何だろう?別に深く考えている訳ではないが、その鳥の名前に付された特徴を写し止めれたらそれで良しとしている感がする。カンムリカイツブリこの水鳥は、やはり夏に撮影するのが分かりやすい! それは雄の頭上に冠を冠しているからである。それ故、冬は面白味に欠ける感がする。 [続きを読む]
  • 「ユリカモメ」
  • 今迄観察はしていても、ブログアップしない水鳥の何て! 多い事か?今回も実は本気度としては低い方じゃないかと思う! ただ今回観察し撮影してみて、強く思ったことは、晴天時純白が実に美しい鳥であることに気づいた。 [続きを読む]
  • 「アリスイ」 熱唱す!
  • モズの様に、キイーキイーと甲高い声で啼くとありますが、私には「フィーヨ・フィ フヒーヨーフイフイー」と気持ちが良いんだよー!と爽やかに聴こえます。野鳥撮影の面白さの一つにその鳥の仕草を写せた時にあると思います。この時も連写し続けていたのですが、飛ぶこと無く此処で囀ってくれたのは、アリスイ自体リラックスして居たのではないかと想像! [続きを読む]
  • 「コハクチョウ」 初飛来!
  • ミサゴ・チュウヒの猛禽狙いで、今日も調整池に行きました。曇天靄掛かり、最悪のお天気で、今日も数ショットもせずに帰宅かな?  なんてショボ暮れていた時。右後方から頭上を白い大きな鳥が飛んだ!あれっ!白鳥だっ! すかさず順光側に場所替えし、降りたであろう池の中心方角に行く。 レンズを覗くとコハクチョウであった。しかし、かなりの距離。証拠写真であるが今季この池に飛来してくれた。 たった一羽のコハクチョウ [続きを読む]
  • 「チュウヒ」 再び遠し!
  • 近くを飛んでくれることを期待し 通っています。やはり遠い! そりゃそうジャン! 野生のチュウヒが何故飛ぶのか? 自明でござる! 食べる為でござる。獲物を得るための芦原が、池の中にあり 観察者が居る所は、芦原から離れた土手である。必然的に遠いのである。昨日はチュウヒが、狩りに成功し獲物を掴んでいる場面が撮れた。しかし、獲物が何であるか特定できないぐらい遠い!掴んでいる獲物はいったい何か?足で掴んでい [続きを読む]
  • 「ノゴマ ♂」 欲求不満の産物!
  • 雄の成鳥 即ち 喉が赤い綺麗な奴を撮りたいと今季は執拗に狭山湖へ通いました。今季は何故か?綺麗な雄に振られる事しきり!この時は、二羽の雄が良く出てくれたのですが、カメラマンが多く、この一ケ所で陣取るしかありませんでした。地面からの水蒸気の所為か?今一の切れの無い画像を量産しました。10月も末となり、喉赤スッキリ画像を撮れぬまま今日に至りました。 [続きを読む]
  • 「オジロトウネン」
  • 狭山湖にノゴマを追いかけて、既に10日以上が過ぎようとしていますが、行くと居ない! 会えても雌のみだとか、喉赤の雄に逢えません!昨日も、早朝から堰堤の上で2時間程待ちましたが、入っていない様子。仕方なく、伊佐沼のシギチに切り替えてみる事に! 曇天の干潟は色が冴えないですが、背に腹は代えられぬの気分で撮影開始!薄日が差したら色が出て来ました。横に居るのは、イカルチドリです。 [続きを読む]
  • 「メボソムシクイ」
  • センダイムシクイ・モリムシクイ・カラフトムシクイ・エゾムシクイ等々 ムシクイ類は多く記録出来たように記憶しているが、改めてメボソムシクイはUPしたっけ?で、今回のUPとなりました。啼き声は、聞けなかったが、大きさ、頭央線が無い等 メボソムシクイと分かっての掲載です。 [続きを読む]
  • 「ノゴマの♀」
  • やっとこさ立ち寄ってくれた「ノゴマ」  期待した喉赤の雄ではありませんでした。昨年は此処では雄の方が多かった様に思いました。北風も吹き始めたので今後に期待したいと思います。 [続きを読む]
  • 「ビンズイ」
  • ビンズイは、何故か?単独行動が多い感じです。秋ヶ瀬公園でも、この狭山湖でも、逢う時はたったの一羽でした。 ただ、八柱霊園では二三羽の小群でした。その為か?発見が遅れたり、居るのに発見できなかったり。今回もそうでした!刈り込まれた躑躅・シモツケの際を保護色でチョコチョコ。分かりずらい小鳥です。 [続きを読む]
  • 葦原の「アリスイ」
  • 本名は、此の頃にやって来る「チュウヒ」! しかし、朝からそぼ降る雨で、期待薄!何も啼かない? 何も飛ばない! が、2時間は経ったであろう? ほぼ雨が上がったころ、かすかにアリスイの啼き声!皆カメラを担いで移動する。 10メートルほど歩いたところで、こちらに茶系の鳥が、二羽飛んで来た「アリスイ」であった。 [続きを読む]
  • 「ノビタキ」
  • 一羽二羽じゃ! 中々、セイタカアワダチソウに乗ってくれない。今日は、合計5羽のノビタキ達が、飛び交い 私に撮ってご覧と! まぁ〜良く、少し背の高い草木に乗ってくれました。少しもジッとして居ないノビタキ達でした。行ったり来たりで久々に疲れた! [続きを読む]
  • 「ミサゴ」 靄の中
  • 又しても天気は我に味方せず!先日ピンポイントではあるが、比較的近くで観察できる木々の間を見つけて置いた。折れた木の天辺に居るのを確認し、そのピンポイントの場所へ! 又しても天候は味方せず。靄の中での撮影となる。残念至極! [続きを読む]