decinormal さん プロフィール

  •  
decinormalさん: 成人発達障害当事者のブログ | decinormal
ハンドル名decinormal さん
ブログタイトル成人発達障害当事者のブログ | decinormal
ブログURLhttp://decinormal.com/
サイト紹介文成人発達障害当事者が発信するブログ。関連情報・ニュース紹介、コラム執筆。英語ソースからの情報も。
自由文30を過ぎて診断を受けた成人発達障害当事者(高機能自閉症)が発信する情報ブログ。発達障害(自閉症スペクトラム、広汎性発達障害、高機能自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、ADD、学習障害など)の関連情報・ニュースその他を当事者ならではの視点から紹介、コラム執筆。英語ソースからの情報もあり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/08/16 09:41

decinormal さんのブログ記事

  • 宇樹義子公式サイトを公開しました
  • この記事の所要時間: 約 0分16秒念願の公式サイトを公開しました。宇樹義子公式サイト ? 私と世界をつなぐ冒険 こちらのdecinormalは基本的にこのまま残し、公式サイトのほうのブログには簡単な日記のようなものを書いていこうと思います。今後とも宇樹義子をよろしくお願いいたします。宇樹義子公式サイトを公開しましたはdecinormalで公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 太陽の動きと関係がある? 世界の有名な祭り・宗教行事の起源
  • この記事の所要時間: 約 5分26秒長い歴史の間脈々と受け継がれ、世界の広い地域で行われている有名な祭りの多くは、太陽の動き、それに対する人々の素朴な宗教心と関係しているように見える。調べたことをまとめておきたい。古代から太陽の動きに一喜一憂してきた人類現代のような宗教体系が誕生する前の太古、人類が持っていた宗教的世界観は、非常に素朴な自然崇拝や汎神論に基づくものだった。食べるものにも着るものにも事 [続きを読む]
  • 【感覚過敏さんのニット選び】ウールがチクチクする人はあえて化繊を選べ!
  • この記事の所要時間: 約 6分25秒感覚過敏を持つ私にとって、秋冬はやや憂鬱な時期。ニットを着たいのに、身の回りのニット製品 のたいがいがチクチクするからだ。今回、あえて化学繊維のニットを試してみてとても良かったので、情報をまとめておきたい。ウール・獣毛は感覚過敏さんには鬼門?「天然素材で高級だから肌にやさしい」とは限らないニットのチクチク感には、基本的には使われている繊維の太さが関連しているようだ。 [続きを読む]
  • 【初心者向け】趣味として楽しむタロット入門・用語解説
  • この記事の所要時間: 約 17分8秒タロットは一般的な怪しいイメージとは裏腹にかなり論理的に作られたものだ。絵柄も美しく、趣味として楽しんだり、生活上のヒントにするのにとても良いツールである。タロット初心者向けの入門的解説をお届けする。タロットにハマッたタロットにハマッた。理屈っぽい私だが、実はこういう怪しい世界のものはけっこう好きである。もともと10代の頃から、かなりフワフワしたタロットはやったりやら [続きを読む]
  • 高貴なる者の義務
  • この記事の所要時間: 約 3分4秒なんと、しばらくの間、実家に帰っていた。私が実家から現在のオットのところに出奔して以降、電話を何度かけても出てくれなかった父から、ある日の昼間、突然電話がかかったのだ。お母さんが入院した。僕も参っている。いつ誰がどうなるかわからないから一度帰ってこい、と。6年半の断絶だった。突然電話をかけてきて、「いま大丈夫?」と。「だ、大丈夫だよ?」と即答した。永遠の片思いだった父 [続きを読む]
  • 【悲しみについての覚書】神仏は悲しむか?
  • この記事の所要時間: 約 2分17秒神仏の悲しみと、そこからくる愛について。神仏は悲しむか?神仏は悲しむと思う。というよりもむしろ、彼らの悲しみこそが、彼らの愛の根源であると思う。キリスト教の神そして、彼らに言われた。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、わたしと共に目を覚ましていなさい。」―マタイによる福音書 26:38これは、十字架にかけられて死ぬ直前のイエスの発言だ。イエスは夜中に一人で起きて祈 [続きを読む]
  • 【悲しみについての覚書】悲しみとは祈りである
  • この記事の所要時間: 約 6分8秒悲しみとは喪失を受容しようとするステップのひとつであり、これはある種、圧倒的な現実に対して無条件降伏するという点で祈りのようなものである。いずれにしろ悲しみは人の救いにとって欠かせない感情だ。悲しみとは喪失を受容しようとする過程のひとつである悲しみというのはおおまかな定義的には、愛着の対象を喪失した場合に出てくる、身体反応を伴う感情のことだ。喪失する愛着の対象は人や [続きを読む]
  • 【悲しみについての覚書】私たちは悲しみによって結ばれる
  • この記事の所要時間: 約 1分56秒私たちは悲しみによって結ばれ、愛と喪失と悲しみの循環の中を生かされている。悲しみによって結ばれるどんな人の人生にも喪失があるように、私の人生にも、いろいろと大きな喪失がある。 それらの喪失に私は心底悲しみ、ときには身動きをとることもかなわなかった。 30を過ぎた頃、そんな淵からオットに助け出された。私たちは大恋愛をした。しかし、その強力な起爆剤のひとつになったのは互いの [続きを読む]