探検家 さん プロフィール

  •  
探検家さん: フロンティアツアー探検隊
ハンドル名探検家 さん
ブログタイトルフロンティアツアー探検隊
ブログURLhttps://ameblo.jp/frontiertours/
サイト紹介文グアム島の海から山、ジャングル、滝、洞窟、そして遺跡戦跡に至るまであらゆる自然と秘境の発信基地です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/16 13:20

探検家 さんのブログ記事

  • グアム恋人岬の片隅で
  • 恋人岬はグアム観光の定番コースで有名ですが、ここにある平和記念碑に気が付く人はほとんどいません。なぜなら車で恋人岬に着くと皆さん向かうのは恋人の像、鐘、展望台のある海側です。記念碑は道路を挟んで鐘の反対側にあります。 ちょっと見落としがちな場所にあります。 アメリカ、シカゴで1905年に世界で初めて社会奉仕団体として誕生したロータリークラブにより設置されました。それは、2001年の911のアメリカ史 [続きを読む]
  • パガットポイント
  • グアムで人気のパガットケーブは良く知られるようになりましたが、さらに北に位置するパガットポイントを紹介致します。 一面ジャングルと太平洋です。ここを下りた所がパガットポイントです。 約1時間であの上から降りて来ました。 海岸に降りました。パガットポイントです。この先、北はまだまだ続きます最終点まで行くと北東のPati Point(アンダーソン米空軍基地内)になります。 タイドプールが続きます。 目の前の太平洋を [続きを読む]
  • グアム最大の滝
  • グアム最大の滝、シグア滝はグアムのど真ん中にあります。途中は色々な景色を楽しむ事が出来ます。 バンブーオーキッドと言う野性ランが咲き乱れています。 赤土の台地も歩きます。 ローカルに人気のオフロード車が走っていました。 アメリカ軍の崩壊されたシャーマン戦車 見えてきましたシグア滝 滝に降りるにはジャングルの中に張ったロープを使って約100mおりて行きます 到着です。シグア滝の全貌です。高さ約12m、幅二 [続きを読む]
  • インスタグアム 青い山脈
  • グアムの中部から南部は山、山、山です。 山好きにはたまりません ここが日本なら登山者でにぎわう事でしょう、しかし、人に会う事はありません。登山道もありません。 藪を漕ぎ道なき道を進むと絶景に出会えます。 約300m級の山々が連なっています。グアムらしからぬ光景です。 ランキング投票、 お願い致します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 砂の色々
  • グアムのビーチには色々な砂があります。右からリティディアンビーチ、タモン、タロフォフォの黒砂、南方の緑砂、おまけでマリアナレッドクレー。 緑砂はかんらん石の砕けたもの。黒砂は砂鉄です。磁石にくっつきます。 グアムのグリーンサンド、ほんの一部しかありません。有名なグリーンサンドビーチとブラックサンドビーチはハワイにあります。ランキング投票、 お願い致します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • リティディアンビーチの奥の奥
  • リティディアンビーチのさらに北は立ち入り禁止区域になっていますが、許可を受けてパークレンジャーの案内で入ります。ジャングルに続く門のカギを開けて古代チャモロ人が住んでいた村の跡を訪ねます。ジャングルを歩きます。 先ず目に入るのが大きなコンクリートで囲まれた森林です。この中には昔グアム島に生息していた鳥の卵を食べて絶滅させたブラウンツリースネークと言うヘビがいます。ヘビの生態研究のための施設です。ヘ [続きを読む]
  • グアムのインスタ映えするウォールを探索
  • グアムはインスタウォールが目立ちます。グアムは優れたアーティストが多いのです。人と歴史と海やジャングルの自然が調和した素晴らしい絵を見かけます。 チャモリータ シャコガイ、ブダイ、マンタ トロピカルフィッシュ トロピカルバード グアム在住の方は良くOG(オージ)と言う言葉を聞いた事があると思います。これはオンリーグアムの意味で、こんな事はあり得ない、グアムだけだ、と言う悪い意味でのお叱りの言葉でした。こ [続きを読む]
  • アサンビーチ清掃
  • ナショナルパーク主催のアサン公園清掃が1月13日(土)行われました。約40名のボランティアの方が集まりました。 09:00〜受付で名前等を記入します。担当者からの説明後、準備してある軍手、ゴム手、バケツ、ビニール袋等の好きな物を持って清掃開始です。飲み物も用意してありました。 ビーチ側の清掃。家族連れ、友達同士、が多かったです。 公園ベンチ側の清掃 徐々にゴミが集まってきます。 左側、まだ開けてない缶 [続きを読む]
  • 新年のお知らせ
  • 太平洋戦争でグアム島の戦場となったビーチを清掃するイベントです。これは毎月、第2土曜日に政府、国立太平洋戦争歴史公園が主催しています。9時AM〜12j時1月13日(土)アサンビーチ  2月10日(土)ガアーンポイント 3月10日(土)アパカポイント服装等: 靴、帽子、水、日焼け止め。戦場のビーチ清掃スケジュールランキング投票、 お願い致します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 隠れ家の謎が解ける
  • 前回の続きです。やっと小林さんの隠れ家の謎が解けました。カヤックから撮った海からの写真と小林さんの隠れ家の写真が一致しました。そこは今まで探していた岬より一つ北に突き出したハナデ岬(日本統治時代の名)が隠れ家の場所だったのです。全く同じような岬だったので約1年間は間違った場所を探していました。早速、探索のやり直しです。地図でハナデ岬までの侵入経路を探します。しかし、そこに行くにはグアム大学のエビの [続きを読む]
  • 陸から海から隠れ家を探す
  • 陸から海から隠れ家を探す太平洋戦争で旧日本海軍の小林喜一さんが生活していた断崖の隠れ家を探して約1年が経ってしまいました。小林さんが昨年12月の太平洋戦没者慰霊際に来られた時にお聞きしたお話と小林さんが描いた絵を参考に、まだ発見されていないと思われる兵隊さんの遺骨と小林さんの隠れ家を捜するため何度も現地に行きましたがなかなか探し出す事が出来ません。場所はグアム大学の裏の崖です。どこから行くにも近づ [続きを読む]
  • お知らせ!NHK、グアム放映予定
  • NHKで「2度目のグアム」が放映されます。マリンスポーツからグルメ、絶景、穴場のパガットケーブ等、盛りだくさんの内容です。最近のグアムは北朝の危機により観光業が低迷していますが、グアムに元気をもたらしてくれるでしょう。皆様是非ご覧いただきたいと思います。番組:NHK BS(プレミアム) 2度目のグアム日時:11月7日(火) 午後10:00〜11:00 もう1つ。夫婦漫才の大助、花子さんに2017年、秋の紫綬 [続きを読む]
  • ジャングルの自然研究
  • グアムのジャングルを探検すると見たことが無い、知らない物に出会う事があります。先ずはキノコの女王がグアムにいます。私もグアムで初めてお目に掛かりました。女王だけあって、白いレースのドレスをまとっています。この美しい容姿を見るとやはり女王と言いたくなります。日本名は衣笠きのこです。中華料理で食べられるようです。美しいものは短命で、1日だけの美しさです。2日もすると枯れて死にます。 キツネの絵筆と言い [続きを読む]
  • グアムの海底に沈む飛行機の翼発見
  • 探検隊がカヤックとスノーケルで探検中に偶然、飛行機の翼と思われる物を発見する。もし戦時中の物だとしたら海中の中に70年以上も沈んでいた事になる。そして、主翼と思われる物が片方のみ、他の主翼は、胴体は、エンジンやプロペラは何処に?この周りを探しても他の機材は見つからなかった。それらはすでにサンゴの下に埋まっているか、または空中で撃破され、機体はバラバラになって海に落ちたとも考えられる。 スノーケルで [続きを読む]
  • ローカル仲間の磯歩き
  • 海岸線は普通歩く事は出来ませんが、干潮時だけ時間も短いですが歩く事が出来ます。この日の干潮レベルが0で数時間だけ磯歩きが可能でした。 幅の広いリーフが続きます。 リーフの周りには沢山の海洋生物が生きています。魚貝類、海草、海ぶどう、クモヒトデ、青ヒトデ、ウニ、ロブスター、イソギンチャク等、様々です。海洋学習には最適です。ロブスターは通常夜獲りに行きます。スノーケルと懐中電灯を持って波打ち際の外洋に潜 [続きを読む]
  • 14歳でグアム島で戦い北部の洞窟に7年間
  • 現在87歳の星一男さんが毎年恒例の7月8日、9日に日本人会、ピースリングオブグアム、南太平洋戦没者慰霊協会により行われた慰霊祭に参加されました。その後アンダーセン空軍基地内とアサンの激戦地において戦友の遺骨調査を行いました。 星一男さん 星さんは4歳の時に家族と福島からサイパンに移住してサトウキビの仕事をしていました。そして14歳の時に旧日本海軍第4気象隊に見習い兵としてグアム島に配属されました。1 [続きを読む]
  • 14歳でグアム島で戦い北部の洞窟に7年間
  • 現在87歳の星一男さんが毎年恒例の7月8日、9日に日本人会、ピースリングオブグアム、南太平洋戦争戦没者慰霊協会により行われた慰霊祭に参加されました。その後アンダーセン空軍基地内とアサンの激戦地において戦友の遺骨調査を行いました。星一男さん星さんは4歳の時に家族と福島からサイパンに移住してサトウキビの仕事をしていました。そして14歳の時に旧日本海軍第4気象隊に見習い兵としてグアム島に配属されました。 [続きを読む]
  • グアムの6月は南洋桜が満開です。
  • グアムは南国特有の花が咲き乱れています。時期に関係なくいつでも咲いている花や時期のある花もあります。6月は鳳凰木が見事です。別名南洋桜と呼ばれています。南国で暮らす日本人や戦争中の兵隊さんが日本を恋しがって桜に見えた事からこの名前が付いたそうです。 南国を代表す鳳凰木、これは中国の神話に出てくる鳳凰と言う鳥の羽に似ていることから、この名が名付けられたと言われています。6月と12月頃の年に2回咲きます。英 [続きを読む]
  • パンの木の種は栗の味
  • パンの木は2種類ありますが、今日紹介するのはドックドックと呼ばれているものです。一般にパンの木と言われるものはギザギザの大きな葉っぱで実も大きいですが、ドックドックは葉にギザギザは無く実も小ぶりです。どちらのパンの木も今グアムのあちこちで実が生っていますが、ドックドックの木のほうは少ないため、見つけるのが難しいかもしれません。   ドックドックの実です。葉にギザギザがありません。戦争中、兵隊さんは [続きを読む]
  • 沢登で頂上を目指す、その2
  • 前回の記事の続きになります。道路から見えるあの頂上はどうなっているのだろう。 ここはまだ中腹です。 あの頂上を目指し道なき道を進みます。 深い藪漕ぎが続きますが真っ青なフィリピン海を見ると疲れも吹っ飛びます。 少しずつ頂上に接近中。 頂上付近その1。 頂上付近その2。 頂上はやっぱり岩でした。しかし、ここはグアム最高峰のラムラム山とは違います。 頂上から内陸の南側を見ています。 こちらが内陸、ずっと向こう [続きを読む]
  • 沢登りで頂上を目指す
  • グアムの南部をドライブすると素晴らしい山並みが続いています。見ているだけでは物足りません。さっそく沢登とトレッキングで頂上を目指します。 先ずは写真の一番上にある岩場を目指しますが、ここはまだ中腹でこの奥に頂上があります。 この小川から沢登です。 手長えびも沢山います。このエビはかなり美味しいです。チャモロ料理にあるエビのケラグエンにすると最高です。 ここからはかなり急坂となります。 水がちょちょです [続きを読む]
  • グアムには有名な人が訪れています
  • グアム在住の方は1度は訪れた事があると思います。北部のジーゴ村にある南太平洋平和慰霊公苑です。実はこの場所に先月、2月16日に死去された作曲家の船村徹さんの名前が刻まれています。北島三郎さん、鳥羽一郎さん等の多くの歌手を世に出した偉大な方でした。 車を北に走らせます。平和公苑の前に来ました。両側にラッテストーンの門が立っています。この左側の碑に注目してください。 我無山平和寺の碑が建っています。車で [続きを読む]
  • 探検中の遭遇
  • カヤックで川を探検です。色々なものに遭遇します。まずはカラバオの子供を連れてる人です。この人はサングラスを掛けると、まるで月光仮面のおじさんでした。 何かが泳いでいます。大トカゲでした。モニターリザードと言います。何度か泳いでいる所を見ましたが、かなり速いです。 これは世界最大の豆です。トーマスビーンズと言います。ヤシの木にまとわりついてぶら下がっています。よく川のそばで見かけます。1mちょっとの長 [続きを読む]
  • グアム島の東海岸
  • グアムの東海岸は太平洋になります。西海岸のフィリピン海とは違い、ビーチも少なく波が高く断崖絶壁が多いためマリンスポーツには適さない所が多いです。今回は東海岸の中部地区の干潮と満潮の違いをご紹介致します。干潮を見はらかってここから北上致します。 反対の南方を見ています。 リーフの上を歩いて行きます。 段々とリーフが狭くなってきます。波もリーフまで上がって来るようになりました。 段々満潮になって来ています [続きを読む]
  • 小林喜一さん93歳が潜んでいた洞窟を探索
  • 小林喜一さん、93歳が潜んでいた洞窟を探索旧日本海軍321航空隊の所属だった小林喜一さんが19歳の若さでグアム島で戦っていました。小林さんは毎年恒例のジーゴの慰霊祭に参加した次に日、12月12日(月)に小林さんが戦時中に仲間と一緒に約1年間潜んでいた洞窟を探索することになりました。そこはパゴ湾に隣接する洞窟でした。パゴ湾とはパゴの木(ハイビスカス)が多いため名付けられた湾である。パゴの木の樹皮を裂 [続きを読む]