seikata さん プロフィール

  •  
seikataさん: ニンニク栽培.com
ハンドル名seikata さん
ブログタイトルニンニク栽培.com
ブログURLhttp://xn--pckvca3n111r2nu.com/
サイト紹介文ニンニク栽培方法を画像と図でわかりやすく紹介します。おいしい大収穫を!
自由文ニンニクは育てるのが難しいと思われがちですが、家庭菜園で、地植えはもちろん、プランター栽培でもじゅうぶん育てられます。ぜひ、ニンニクを育てて生ニンニクから貯蔵ニンニクの味わいを堪能しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/08/17 18:09

seikata さんのブログ記事

  • ジャンボニンニク収穫!!!
  • ■ジャンボニンニク収穫!!! こんにちは、Senaです。 紫々丸、ホワイト六片に続き、ジャンボニンニクも収穫しました。前の記事は、↓こちらです。>>紫々丸 収穫しました!>>ホワイト六片 適期に収穫? 以前から思っていたのですが、他の2品種に比べて生育が遅いので、収穫も遅れるかな? と思い少し収穫も遅らせました。 紫々丸を収穫したのは6月12日。ホワイト六片を収穫したのは6月18日です。同日に、葉の観察をしました。 [続きを読む]
  • ホワイト六片 適期に収穫?
  • ■ホワイト六片 適期に収穫? こんにちは、Senaです。紫々丸に続き、ホワイト六片も収穫しました! 収穫したのは6月18日です。葉はこんな感じに枯れています。 ホワイト六片 収穫前 6月18日 この日こそは収穫、と思い、まず試し掘りをしました。2株くらい掘り、ニンニクのお尻を観察しました。お尻が凹んでいるもの、平らなものを確認できたのでそのまま本収穫です。 紫々丸より少し大きいですが紫々丸同様に引っこ抜いて収穫し [続きを読む]
  • ホワイト六片 そろそろ収穫です
  • ■ホワイト六片 そろそろ収穫です こんにちは、Senaです。紫々丸はそろそろ収穫したいところ、ジャンボニンニクはトウ立ちをしてしまい、ホワイト六片は今のところ順調です。 3品種育てていますが、ホワイト六片が一番順調で、安定して育っています。 4月〜5月は生長が大きかったのですが、5月に入ってからはゆっくり生長した印象です。5月12日のホワイト六片はこんな感じです。 ホワイト六片 5月12日 4月に比べ、かなり大きくな [続きを読む]
  • 紫々丸 収穫しました!
  • ■紫々丸 収穫しました! こんにちは、Senaです。紫々丸、収穫しました! 前の記事は、こちらです。>>紫々丸 収穫目前? 収穫は6月12日に行いました。収穫前の紫々丸の様子はこんな感じです。 紫々丸 6月12日 葉が大分枯れてきています。もう少し早く動いてもよかったですね。 ニンニクがちゃんと出来ていますように、と祈りつつ、まずは3株程度、試し掘りしてみました。 紫々丸 試し掘り ニンニクのお尻が平ら〜で、やや凹んで [続きを読む]
  • ホワイト六片 生育順調です!
  • ■ホワイト六片 生育順調です! こんにちは、Senaです。>>ニンニク 越冬後の栽培記録 の続きです。紫々丸はそろそろ収穫したいところ、ジャンボニンニクはトウ立ちをしてしまい、ホワイト六片は今のところ順調です。 3品種育てていますが、六片が一番順調で、安定して育っています。 4月〜5月は生長が大きかったのですが、5月に入ってからはゆっくり生長した印象です。5月12日のホワイト六片はこんな感じです。 ホワイト六片 5月 [続きを読む]
  • ジャンボニンニク トウ立ち!!
  • ■ジャンボニンニク トウ立ち!! こんにちは、Senaです。 生育がゆるやかなジャンボニンニク、4月の段階では他のニンニクより小さかったです。>>ニンニク 越冬後の栽培記録 5月に入り、冷え込む日が続きましたが、その後の天気がよく、温度も上がり、順調に大きくなりました。 ジャンボニンニク 5月18日 5月に入ってから急激に生長。低温だと生育が抑制されやすい品種なのでは? と思います。約1週間後の5月19日、約1週間でここ [続きを読む]
  • 紫々丸 収穫目前?
  • ■紫々丸 収穫目前? こんにちは、Senaです。期待の紫々丸! そろそろ収穫が近いかもしれません。 本来、紫々丸は暖地栽培に向いている極早生種なんですね。 なので、収穫は4月下旬、らしいのですが、我が家は冷涼地。4月段階でまだ寒かったので生育しておらず、収穫は見送っていました。 5月12日でぐっと大きくなり、葉がやや枯れてきました。 紫々丸 5月12日 枯れてきたというより、葉の色が薄くなったかな? と思います。 本 [続きを読む]
  • ニンニク収穫 注意点
  • ニンニクは栽培期間が長いため、収獲の時期になるとワクワクします けれど、いざ収穫という時になると、本当にそのまま収穫して良いのか気になることがあります。 ニンニクを収穫する時には、どのような注意点があるのでしょうか。 [ニンニク収穫 注意点] ■ニンニク収穫 注意点は? そろそろニンニクの収穫時期だなと思ったら、もちろんそのまま収穫しても構いません。 けれど、いくつかの注意点を頭に入れておくと、より良い状 [続きを読む]
  • スペアリブのトマト煮込み|ニンニク風味
  • スペアリブのトマト煮込み、旨みの凝縮が凄く美味しい! ■スペアリブのトマト煮込み|ニンニク風味 スペアリブや手羽元など、骨つきのお肉はボリュームや食べ応えもあって、しかも見た目もかなり豪華です。 そんな骨付き肉をいざ料理するとなると、難しそうに思う方も少なくありませんが、実際はそれほど難しいものではありません。 むしろ、じっくりと煮込むことによって、お肉や野菜の旨みが凝縮し、想像以上の仕上がりになり [続きを読む]
  • ローストビーフのダイコン巻き ガーリック風味
  • ローストビーフのダイコン巻き ガーリック風味、簡単なのにとても美味で豪華に見えます ■ローストビーフのダイコン巻き ガーリック風味 最近はスーパーのお惣菜コーナーや精肉コーナーの一角に、ローストビーフが売られていることが多くなってきました。 デパ地下では以前から人気のメニューでもあります。そんなローストビーフですが、野菜の上にただローストビーフを並べるだけでは、ちょっと見映えもボリュームも物足りない感 [続きを読む]
  • ジャンボニンニク 保存方法
  • ジャンボニンニクは、通常のニンニクに比べて、かなり大きいのが特徴です たった1片で、普通サイズのニンニクの1玉と同じくらいの重量になることもあります。 1玉あれば、たっぷり楽しめそうなジャンボニンニクですが、一度に全部を食べ切るのは難しいものです。 ジャンボニンニクを最後までおいしく楽しむために、正しい保存方法を覚えておきましょう。 [ジャンボニンニク 保存方法] ■ジャンボニンニクの保存方法は? ジャン [続きを読む]
  • ニンニク いつから食べられる?
  • ニンニクは独特の香りが食欲を増進してくれる上に、スタミナ回復や美容効果もあり、常食している方も多いのではないでしょうか けれど、赤ちゃんは大人と同じというわけにはいきません。赤ちゃんにニンニクを食べさせられるのは、いつからなのでしょうか。 [ニンニク いつから食べられる?] ■ニンニクはいつから食べられるのでしょう? ニンニクには特有の香りや味があるため、大人でも好き嫌いが分かれる食材です。味や香り [続きを読む]
  • ブリあらのニンニク塩煮
  • ブリあらのニンニク塩煮、見た目以上に旨みたっぷり! ■ブリあらのニンニク塩煮 ブリあらといえば、たっぷりのショウガで臭みを消し、醤油で味付けをした煮つけを想像します。 けれど、塩でシンプルに味付けをした、塩煮もまたおいしいものです。ショウガの代わりにニンニクを入れることで、ブリの臭みを抑えることもでき、煮込まれて柔らかくなったニンニクにも塩味が入るため、具の1つとしても食べることができます。 ご飯にも [続きを読む]
  • 骨付き鶏もも肉 ニンニク風味オーブン焼き
  • 骨付き鶏もも肉 ニンニク風味オーブン焼き、テーブルに出した時に歓声が上がること間違いなしです ■骨付き鶏もも肉 ニンニク風味オーブン焼き クリスマスや特別なディナーの時、レストランなどに行くのも良いですが、家でゆっくりとした時間を楽しみたい時もあります。 けれど、そんなに凝った料理は難しい、という場合は、オーブン任せのオーブン焼きがお勧めです。 骨付きの鶏もも肉を使うことで、見た目がかなり派手になりま [続きを読む]
  • ハマチのトマトソース煮 ニンニク風味
  • ハマチのトマトソース煮 ニンニク風味、野菜もたっぷり食べられます ■ハマチのトマトソース煮 ニンニク風味 魚にはそれぞれ旬がありますが、どの季節にもおいしい魚というのはあるものです。 ハマチは、出世魚で有名なブリの少し小さい時期に呼ばれる名前です。地域によっては、ハマチと呼ばない場合もあります。 ハマチは、ブリよりも小さい分、脂が少なくさっぱりとした味わいなのが特徴です。全体的にはさっぱりとした淡泊な [続きを読む]
  • ニンニク香る キュウリの浅漬け
  • ニンニク香るキュウリの浅漬け、 めんつゆで簡単に作れます ■ニンニク香る キュウリの浅漬け 気温が高くなってくると、キュウリの値段が下がってきますし、サラダや冷やし中華で食べたくなります。 キュウリは、スーパーでも値段が安いため、ついついたくさん買ってしまいがちです。 たくさんのキュウリを一度に浅漬けにしておけば、常備菜として使えます。 めんつゆを使って調理するので、難しい調味料の配合はいっさいありませ [続きを読む]
  • ジャンボニンニク 収穫
  • 新ジャンボニンニク 1.5kg 3,990円 (税込) C)きりめのやおや ジャンボニンニクは、通常のニンニクよりも大きな玉が収穫でき、香りもきつくないので人気が上昇しています。 栽培期間はニンニクと同じで、少し長めですが、あの大きな玉を収穫できると思うと、楽しみになります。 そんなジャンボニンニクを収穫する時の時期、収穫のサイン、 収穫方法と収穫日の天気についてご説明します。 [ジャンボニンニク 収穫] ■ジャン [続きを読む]
  • 塩トマト ニンニク
  • 「塩トマト ニンニク」、 塩レモンに続く新しい調味料です♪ ■塩トマト ニンニク 塩トマトと聞くと、どのようなものを想像しますか?市販されているトマトの中で、塩を含んだ水分を与えて育てたものがあり、その名前が塩トマトです。 けれど、今回の塩トマトは、それとはまったく別の物です。 レモンと塩で作った調味料である塩レモンなら、聞いたことがあるという方も多いでしょう。塩トマトは、塩レモンのトマトバージョンです [続きを読む]
  • ガーリックサラダチキン
  • ガーリックサラダチキン、 ニンニクの香りで食欲アップ! ■ガーリックサラダチキン サラダチキンは、下味をつけて蒸した鶏肉で、スライスしたりほぐしたりして、いろいろな料理に使うことができます。 鶏むね肉を使っているので、モモ肉よりも脂が少なくヘルシーなため、 健康的にも最近注目されています。 今回は下味の時点ですりおろしたニンニクを加えているので、見た目は何の変哲もないサラダチキンですが、香りだけで食欲 [続きを読む]
  • マッシュルームのオーブン焼きニンニク風味
  • マッシュルームのオーブン焼きニンニク風味、 パーティーのオードブルやお酒のおつまみにぴったりです ■マッシュルームのオーブン焼きニンニク風味 一昔前までは、スーパーではマッシュルームの取り扱いは、ほとんどありませんでしたが、最近ではお店に並んでいるところをみかけるようになりました。 キノコ類はどれも風味が強いですが、シイタケやシメジといった日本ではお馴染みのキノコ類に比べ、マッシュルームはまた違った [続きを読む]
  • ニンニク入りカボチャサラダ
  • ニンニク入りカボチャサラダ、 まったりしているのにスパイシー! ■ニンニク入りカボチャサラダ ほくほくとしていて、甘みのあるカボチャは、女性や子供にとても好まれます。けれど、辛口を好む男性には、あの甘さが苦手という方もいます。 カボチャサラダは彩りも良いですし、カボチャに含まれるカロテンなどの豊富な栄養も、たっぷりとれる料理です。 いつものカボチャサラダに、ニンニクとベーコンを加えることで、 優しい甘 [続きを読む]
  • トマトと鰹のニンニクマリネ
  • トマトと鰹のマリネ、 トマト、ニンニクと鰹の相性は二重丸♪ ■トマトと鰹のニンニクマリネ 鰹は、生のままお刺身で食べたり、かつお節に加工してだし汁にもでき、 日本人にとってはとても馴染みの深い食べ物です。 中でも鰹のたたきは、スーパーでもよく売られていて、しかも他のお刺身類よりも安価なため、よく買って食べる方も多いのではないでしょうか。 そんな鰹のたたきですが、いつもショウガ醤油では少々飽きてきます。 [続きを読む]
  • ニンニク香るやみつきニンジン
  • ニンニク香るやみつきニンジン、 身体が喜ぶ美味しさで箸が止まりません! ■ニンニク香るやみつきニンジン 野菜をたっぷり食べたいけれど、一気にたくさん食べるのは難しいです。毎食たくさんの野菜料理を準備するのも大変です。 野菜不足の方にお勧めなのが、最近流行しているやみつきレシピです。味付けはシンプルなのに、洋食にも和食にも合う上に、 なぜか次から次へと箸が進んで止まらなくなる、魔法の料理です。 冷蔵庫保 [続きを読む]
  • しらすと厚揚げのニンニク炒め
  • しらすと厚揚げのニンニク炒め、 地味なのに美味、箸が進んで止まりません ■しらすと厚揚げのニンニク炒め 春といえば、色々な食材が旬を迎えます。春しか食べられないものもありますし、そういった物は旬の期間も短いので、見つけた時には思い切り楽しむのがお勧めです。 しらすも、春が旬の食材の1つです。釜揚げしらすは、ふんわりと柔らかく、ほんのりと塩味がついているので、そのままでもおいしく食べられます。 大根おろ [続きを読む]
  • 蕪のニンニクオーブン焼き
  • 蕪のニンニクオーブン焼き、 蕪の風味と食感がたまりません ■蕪のニンニクオーブン焼き 蕪は冬の間もスーパーに並びますが、春の蕪もとてもみずみずしく、甘みがあっておいしいです。 しかもこの時期の蕪は、葉付きで売られていることも多く、 栄養価の高い葉や茎も一緒に食べることができます。 けれど、蕪を使った料理は、煮物しか思いつかない、なんだか面倒くさそうと感じる方もいるようです。 そんな時は、切って和えて焼く [続きを読む]