うめこ さん プロフィール

  •  
うめこさん: アラフィフうめこ はじめての家計管理
ハンドル名うめこ さん
ブログタイトルアラフィフうめこ はじめての家計管理
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/umeko413/
サイト紹介文年収1億円超の夫がいきなりリタイア宣言!超富裕層の専業主婦がはじめて家計管理と向き合うブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/08/17 17:46

うめこ さんのブログ記事

  • 引渡し寸前と言うのに、問題発生???
  • 家の内覧に行ってきました。とても素敵に作ってくださり、感謝感激でした。…が、こんなギリギリになって非常に気になることが出てきてしまいました。家自体は何ら問題なく、思い通りと言うか思っていた以上に素敵だったのですが…それは、建てる前からわかっていたことでした。何かというと…家の南側の窓から見える景観です。我が家は北道路なので南側に庭(というよりは隙間??)があるのですが、その塀の向こう側に立つお宅が [続きを読む]
  • 銀行に何回通ったことか…
  • 全ての500円玉が手元からなくなり、夫の銀行口座へ入金完了いたしました。三つ目の貯金箱には651枚の500円玉が入っていました。全て合わせると1923枚の500円玉を貯めていたことになります。金額にすると961,500円。貯めたな〜せっかく貯めたこのお金。新居に引っ越した後、役に立ったり楽しめたりするものをこのお金で買いたいと思います。今欲しいなーと思っているのはロボット掃除機。各階に1台ずつ欲しい!ということは3台必要 [続きを読む]
  • 引っ越し後に楽しみなこと
  • 新しい家に引っ越すことで楽しみにしていることは多々ありますが、その中で私にとっては初めてのことで特に楽しみにしていることがあります。それは太陽光発電です。設計士さんのおススメで屋根の上に6.12kwのソーラーパネルをのせたのです。新居は全館空調にしたため消費電力を考慮して大きめのものにしてもらいました。これで消費電力のかなりの部分を賄えるはず…と言うことなのですが、果たしてどうなるでしょう。太陽光発電シ [続きを読む]
  • 数えるのがだんだん楽しくなってきた!
  • 貯めた500円玉は銀行まで一日二往復して入金しています。一つ目の貯金箱の中身は全て入金できたので、二つ目を開けてみました。数えたところ615枚入っていました。一つ目に比べるとかなり少ないです。同じ大きさの同じ貯金箱なのになぜ42枚も少ないの??それほど隙間だらけだったわけではなく、同じようにミチミチのギューギューに入っていました。すごく不思議…これも100ずつ袋に入れ、入金する準備ができました。銀行のCDで小 [続きを読む]
  • 思い切って開けてみた!
  • 昨日、500円玉貯金を1箱開けてみました。ペンチで無理矢理ケースを壊して開けるのですが、パキパキと派手な音は出るし、割った破片は飛び散るし、そもそもなかなか割れないし…苦労して割って開けて、中身を数えてみたところ657枚入っていました。あと一枚も入らない!というくらいギュウギュウに詰めたので、予定の600枚を大幅にオーバーして入っていました。笑ってしまったのが500円玉以外に10円玉が2枚、1円玉が1枚入っていたこ [続きを読む]
  • 貯めたのはいいけれど…
  • 夫は目的もなくダラダラと何かを続けることが大嫌いです。逆に私はただ何となくものごとを続けていくことが全く苦にならず、目的などなくても途中でやめるのが気持ち悪くてズルズルと続けてしまうことが多いです。ここ数年、夫が「これ、なんとかならないの?このままにしておく意味があるの?」と言い続けているものがあります。それは… ↓↓↓↓↓17年ほど前に今暮らしているマンションに引っ越してきて、初めて家の近くにある [続きを読む]
  • なかなか順調!
  • 先日甥っ子に家に来てもらい、本やグッズを販売するための手伝いをしてもらったのですが、その後順調に売れ続けています。もちろんすべて売れたわけではありません。4冊ほどの本が売れ残ったのですが、これは段ボールに詰めてまとめて売却する予定です。恐らくほとんど価値はないと思うのですが、捨てるのも忍びないし(状態は悪くありません)、もしかしたら必要とする人がいるかもしれないし、とりあえず買取業者に送ってみるこ [続きを読む]
  • 私の人生は風まかせ
  • 来月中旬に新居への引っ越しが予定されていますが、引っ越した後、今住んでいるマンションをどうするか、しばらく悩んでおりました。結局夫の知人のYさんの登場によりマンションはまず定期借家で賃貸に出すことに決まりました。割とあっけなくどうするか決まったのですが、それまでは二人で相当悩みました。最初はどちらが得かによって決めようと思っていたので、貸した場合と売った場合の査定を出してもらいました。貸す場合の賃 [続きを読む]
  • 足取りも軽くやってきた
  • 甥っ子に我が家の引っ越しに伴う諸作業を有償でお願いしてみたところ「いつ行けばいいの?」と即食いついてきました。( ´艸`)夏休みも残りわずかだったので、日程は甥っ子の都合に合わせると言ったらTシャツに短パン姿ですぐにやってきました。よほどお金が欲しいと見えます…お願いしたいことはいくつかあり、まずは空気清浄機のフィルターの掃除をお願いしました。引っ越す先は全館空調なので空気清浄機は不要です。その話を母 [続きを読む]
  • これで?Win-Win?なはず
  • 引っ越しに伴い、只今不用品を絶賛処分中です。今後絶対に使わないもののうち、古かったり利用価値がもうなくなってしまったものはゴミとして処分。私には不要になってしまったけれどまだ利用価値があるものは売却。ゴミとして出すのは分別のルールに従って出せばいいだけなのでとても楽です。まだ利用価値のあるもののうち、あまり価値がなさそうな書籍やCDはまとめて売却するためにいったん段ボールの中へ入れます。今の段階では [続きを読む]
  • 小銭がジャラジャラ
  • 夫は荷物を持って出かけるのが大嫌いなため、普段外出する時はいつも手ぶらです。お財布さえ持つのを嫌がり、iPhoneのケースにお札を二枚くらい挟んで、それだけを持って出かけることが多いです。そのお札で買い物をして受け取ったおつりはポケットの中にそのまま入れます。小銭入れくらい持てばいいのに…と思うのですが、それさえ嫌なようです。そしてポケットの中の小銭は家に帰るとすぐに棚の上に置いてあるアルミの箱の中に無 [続きを読む]
  • 甥っ子のアルバイト
  • 妹の下の子がやたら最近お小遣いを欲しがるのでなぜなのかと思っていたら、どうしても欲しいものがあるようなのです。パソコン関係のものらしいのですが、金額は一万二千円ほどだそうです。妹は「余分なお小遣いをもらえると思ったら大間違い。お金が欲しいなら働け!」と言って突き放しています。伯母としては「その程度なら…」とつい買ってあげたくなってしまいますが、親がそう言っている以上余計なことはできません。そこで甥 [続きを読む]
  • 病理検査の結果を聞きに行く
  • ここに書いている手術や入院は、ちょうど今から1年前のことです。今年ほどではないけれど、去年の今頃はまだまだ暑い盛りで、夫の入院している病院まで毎日通うのは手術直後の体では相当きつかったと思うのですが、そういうことを全く覚えていないのです。病気を治すことは全て病院にお任せなわけで、私や夫が努力することなど何一つないくらいだったけれど、それなりに大変な思いをしていたと思います。でも一年前にどういう気持 [続きを読む]
  • お願いだからそれだけはやめてー!
  • 先日、夫には二人愛弟子のような存在がいると書きましたが…そのうちの一人、Yさんから「今駅前にいます。ちょっとお渡ししたいものがあるのでお邪魔してもいいですか?」と連絡がありました。あいにく夫は留守でしたが、それでもいいというので家まで来てもらいました。来月には引っ越し予定のYさんは、お子さんの転校予定の小学校や通う予定の塾の見学などで我が家の近くまではたびたび来ているようなのです。このあたりの環境を [続きを読む]
  • 辛すぎる入院生活
  • これは昨年8月のことを書いています。夫は激しい腹痛と嘔吐で病院に飛び込んでいきましたが、痛み自体はすぐに治まったようです。痛みが治まると危機感が一気に減り「もうなんともない。早く家に帰りたい。」と騒ぎ出しました。膵炎の治療は投薬と絶食が基本で、痛みがなくなり食欲が出てくると絶食がとても耐えられなかったようです。すぐに退院できると思った夫は大部屋を希望しました。ところが思いのほか入院期間が長くなるこ [続きを読む]
  • 驚きの査定額
  • 買取業者に本とCDを送ったとこのブログに書いた次の日、早速査定額の連絡が来ました。もっと時間がかかると思っていたのでちょっとビックリ。荷物の到着の連絡が来てから二日後くらいだったと思います。その査定額はなんと9,800円!五千円くらいだったらラッキーと思っていたのでこれは嬉しい驚きです。「せいぜい千円くらいじゃない?」と言った友達に伝えたところ、友達もとても驚いていました。夫からまだまだ捨ててもいい本 [続きを読む]
  • 少しずつ少しずつ…
  • 新居への引っ越しに際し、できるだけ不要なものは処分しようと日々頑張っています。今心がけているのは一日一善じゃないけれど、一日一作業です。引っ越しに関しての何かしらの作業を一日に一つは必ずする…ということです。どんな些細なことでもOK。例えば、引き出し一段分だけでも整理するとか、粗大ごみの申し込みをするとか、普段使わない食器をすぐに運べるように段ボールに詰めるとか。忙しくて何もできない日は洋服一枚で [続きを読む]
  • 話が急展開!ついていけない!
  • 夫曰く、自分には心底信用できる愛弟子のような存在が二人いるそうです。一人はこのブログにもたびたび登場するZさん。もう一人はYさんと言って、もともと夫の同業者でしたが、今はお父様の会社を継いで立派な社長になられている人です。Yさんはとてもフットワークの軽い明るい方で、食事やら飲み会やらに頻繁に夫を誘い出してくれるので、私にとってはとてもありがたい存在です。Yさんは御用聞きのように夫に連絡してきたり、 [続きを読む]
  • 退院しても休む暇なし
  • これは昨年8月のことを書いています。退院の日、午前中に入院治療費の精算を終わらせ、荷物の整理をしているとIさんが病室に入ってきました。あらためてお礼を言うと「またお会いできると嬉しいな、と思いますが、ここは病院なので再びお会いできない方が本当はいいのですよね…」と言いつつ、段ボールに詰めた荷物を出すのを手伝ってくれようとしました。ただでさえ忙しいのに、こんな大きな荷物を下まで運ばせるなんてできませ [続きを読む]
  • 捨てられない私
  • 今現在、畳まれた段ボールだけでもかなりの場所を取っていますが、少しずつ箱に詰めていっているので中身の入った段ボールも相当数積み上げられてきています。おかげで大変見苦しい部屋になっています。誰も家に呼べない…引っ越しまで2か月あまり。このままの状態が2か月以上続くのかと思うと悲しくなります。箱に詰めるのは厳選したもののみにして、いらないものはジャンジャン捨てちゃおう!と思っていたのですが、私はやはり捨 [続きを読む]
  • 夫のうなぎ熱が止まらない
  • 7月の家計を締めました。ここのところずっと家計簿への記帳がかなり簡略化していますが、まぁなんとか問題なくまわっています。夫は平日の日中もほとんど家にいるため、週に二日くらいは二人でお昼を外に食べに行くのですが、ここのところの暑さで出かけるのもウンザリのため、ほぼ家で食べています。買い物もほとんど生協頼みで、あまり無駄な買い物をせずに済んでいます。そのせいもあってか、先月の生活費は9万4千円ほどでした [続きを読む]
  • 退院前の先生からの説明
  • これは昨年8月のことを書いています。退院の前日の夕方、担当のN先生が病室にいらして、退院後の注意点などを話してくださいました。基本的にはいつも通りの生活をすること。特に静養などする必要がなく、逆に寝てばかりいたり動かずにいたりすると癒着をおこし腸閉塞になってしまう可能性が出てくるので、できるだけ動いた方がいいと言われました。ただし、お風呂で湯船につかるのは1か月くらい経ってからにするように言われま [続きを読む]
  • 我が家にとっては大事件
  • 事件と言うのも変な表現かと思うのですが…いつも親しくお付き合いしている、ご近所のZさんの海外勤務が決まりました。Zさんはもともと自国以外の国で終身働く気持ちでいる人なので、仕事に対してもとてもグローバルな考えを持っているのです。海外勤務も希望していたようだし、これからのことを考えるととても喜ばしいことなのですが、やはり少し寂しい…日本は大好きなようだし、今お勤めしているのも日系の企業なので、あくまで [続きを読む]
  • 引っ越しっていくらかかる??
  • 引っ越し予定は10月の半ばですが、すでに業者さんとの契約を済ませました。これから引っ越し予定の方もいらっしゃると思いますので、ちょっとお金の話など…私が見積もりをお願いしたのは2社です。どこの会社ということは触れませんが、二社とも大手です。一社は今家を建ててくれているハウスメーカーの紹介で、引っ越しの基本代金の20%オフになるということでした。一社は知り合いの紹介で、代金の交渉がしやすい環境にありまし [続きを読む]
  • やっと退院。その前に大仕事が…
  • これは昨年8月のことを書いています。久しぶりに会うことができた看護師のIさんにここ数日に起きたことを話すことができて、気持ちが少しだけ軽くなりました。しかし冷静になってみると翌日に退院を控え、ボーっとしている暇がないことに気が付きました。病室の中には夫が置いて行った荷物が大量に残っていたのです。退院直前まで夫は泊まり込む予定だったので、下着や着替えの洋服、洗面道具、そして何より大量の本が残されてい [続きを読む]