スロハユニフ さん プロフィール

  •  
スロハユニフさん: スロハユニフの工作日誌
ハンドル名スロハユニフ さん
ブログタイトルスロハユニフの工作日誌
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/surohayunihu
サイト紹介文Nゲージの軽工作や中古車両のレストアを行っています。
自由文休日及び深夜少々の作業です。
拘りも無ければ忠実さも有りません。
気儘に作って走らせて、それで満足です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/08/18 13:56

スロハユニフ さんのブログ記事

  • 皆様へ(暫く休みます)
  • 小さな頃から楽しんできたこの趣味、飽きずに、また、のめり込み過ぎず程々に?楽しんでおります。独身の時のように大量に買い込むことは無くなりましたが、次々と新しい工作のタネが芽となって伸び、飽くことはありません。唐突に話は逸れますが、この趣味に関して言うなら、「辛いな」と悪く言うならウンザリする時が人生で2種類あります。ひとつは手放すとき・・・これは他の趣味へ移行する場合、他の人に譲る場合、そして残り [続きを読む]
  • KATO・キハ20の車体着せ替え
  • 中古屋で動力付きのキハ20が800円(+税)、側板をキハ16か17に換装した未塗装のT車が200円(+税)で売っていました。両方とも外装はボロそうな感じですが下回りを覗くと車輪もギアも綺麗で十分使えそうに見えました。思うところがあり2両購入しましたが、更に10%引きとなっており千円を切りました。我が家には以前ホビーセンターカトーで買った、ラウンドハウスブランド・島原鉄道カラーの2種の車体「のみ」が [続きを読む]
  • 配線の集約作業
  • 第2期の街区7棟を一斉に点灯させるため、ターミナルを設置します。今回は簡易式で試作・・・このソケットの樹脂がが意外に熱に強そうなので、基盤を間に挟まず直に加工してみました。間に基盤を挟まない分、確実に脚が隣に接触します。これでも十分そうですね。次回からはこれで行きましょう。商店とターミナルをつなげるために、丸ピンヘッダと各ピンヘッダのそれぞれの片方にポリウレタン線を巻いてハンダ付けします。各ピンヘ [続きを読む]
  • 角店(魚屋)の電飾
  • このジオコレの商店シリーズの中でも屈指の出来栄えと思うのがこの魚屋です。軒先に広げられた商品(トロ箱)、銀色の冷蔵庫、ガラスケース・・・かつての活気のある魚屋ってこんな感じだったと思います。建物的には角店の割にオープンな店内ですので光をうまく当てられるように場所の工夫が必要そうです。この建物は接着していなかったので全て分解します。中央の仕切りは配光のためにカットします。窓ガラスも外し、黒のサーフェ [続きを読む]
  • 理容室の電飾
  • この建物は薬局と同じ構造です。(なので薬局は向かいの酒屋と交換)電飾手順は同様です。店舗内側を塗料で遮光し、テープLEDでユニットを作成、配置します。発光状態です。第2期の電飾は残り1軒、地味な工作にも先が見えてきました・・・にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ(文字を )にほんブログ村 鉄道 [続きを読む]
  • 薬局の電飾加工
  • 薬局はホーム端裏の3軒並びのバランスを考慮した結果、真向いにある第1期造成の「酒屋」と交換する予定になっています。(なので完成後そのまま向い側へ移設)施工前正面からになります。店内や外面など色々看板を貼りましたが、これらは照明では見えないものです。ショーウィンドーの仕切りをカットします。(が効果は薄いかも・・・)内側を黒のサーフェイサーで塗り潰します。例によってテープLEDを細切りにして抵抗をハン [続きを読む]
  • 駅前派出所の電飾化
  • ジオコレで最少級の建物、派出所です。表に警察官が立っていて一目で「それ」と分かるのが良いですよね。建物は石積みで重厚な感じ、この手のは昔都内で見たことがあります。でもこれは実際に中に居たら狭いでしょうね・・・内部は入口の執務場所と、奥の休憩場所?になっています。間には仕切りがありますが配光のため上の部分は切り取ろうと思います。ここで悩むのが正面入り口上にある赤色灯、やっぱりこれを光らせたいです。チ [続きを読む]
  • 医院の電飾加工
  • こちらも中型の建物、個人医院になります。2階建てなのですが周囲より一段高く、また駐車場もあるためかなり大きく感じます。そこで周囲にあった垣根をベースごとカットし、敷地をやや縮小させました。床板を外して建物の中を見ますと・・・建物の中に仕切りがあります。ここの部分はカットして光が行き渡るようにします。接着剤で壁面は固定していたのですが、建物の構造が複雑で遮光塗装が困難です。また先述の仕切りのカットが [続きを読む]
  • 蕎麦屋の電飾加工
  • やや大きめの建物、蕎麦屋です。ベース裏側は3mm程切り詰めています。壁色は濃茶、結構遮光が出来てはいるのですが・・・裏側をブラックサーフェイサーを筆塗りします。例によってテープLEDをコマ切りにして抵抗を挟み、ライトユニットを作ります。今回は先日買った青い方の抵抗を使ってみました。屋根裏にテープLEDを配置します。ピンコネクタは後ろ側に設置しました。完成して通電したところです。看板は見えませんが木 [続きを読む]
  • 駅前(ホーム裏)街区の構成
  • 駅前の道路向かい側の街区の商店や倉庫など10棟の電飾施工には2週間ほど掛かりましたが、配置が完了して点灯させた時の喜びは格別のものでした。引き続き、ブロック毎に少しづつ施工していきたいと思います。今回の第2期、電飾加工の対象は・・・駅を出て右手側、対向ホーム裏の街区です。ひと言でいうと「後ろ側で目立たない街区」です。まず建物の仮置きをしていきます。こちらは正面側が見えませんので、あまり商店にこだわ [続きを読む]
  • KATO・カニ22(パンタなし)のライトユニット修理
  • 有り合わせの20系6両編成×2の完成と相成ったわけなのですが、1箇所だけ・・・どうしてもカニ22(パンタなし)のテールライトが点灯しません。また組立て時に接点がズレたかな?と分解・再組立てしましたがLEDが光る様子はありません。おかしいな?と基盤自体を外し、導電板にワニグチを挟んで通電させてみましたが、全く反応がありません。何かの拍子にLEDを焼いてしまったかな?とツマミを3V前後の値に絞ったうえ [続きを読む]
  • 20系客車の増備とケース購入
  • 中古屋で背表紙が「20系寝台客車」とあるケースを購入しました。これは最近の再生産のものなのでしょうか、製品番号は同じです。家にあるものは初期製品で「20 SERIES SLEEPING CAR」と英語表記です。後に発売されたセットものは「さくら編成」「初期あさかぜ編成」・・・と、日本語表記になっており、並べるとちょっと違和感があったので、これは好都合・・・と、ケースのみを交換することにしました。表面側も良く見比べると「基 [続きを読む]
  • 14系「サロンエクスプレス東京」客車の増車(2)
  • さっそく集電部品を取り付けます。ブリッジダイオードとテープLEDに銅版をハンダ付けします。ブリッジダイオードはサロンとトイレの仕切り側に配置します。ただそうしますと屋根の裏側にある突起(プリズム固定用?)が邪魔になりますのでこの部分をニッパーで切り取ります。話はやや逸れますが、先の4両に組み込んだテープLEDの室内灯ですが、やや問題がありまして、個室と廊下を仕切る「壁」がLEDの光を遮ってしまい、 [続きを読む]
  • 14系「サロンエクスプレス東京」客車の増車(1)
  • 「サロンエクスプレス東京」といえば登場後にカトー・トミックス両社から発売され、模型的にも非常に恵まれた製品だと思います。恐らく日本一売れたのでは・・・?我が家にあるものは「いろいろ・まとめて」で入っていた望外のものでTOMIXの初期のかなり古い製品、しかも4両編成でした。ライトも片側不灯、中間車はプラ車輪・・・でしたが、先日ライトのLED化とテープLED室内灯化を行ったら内装が明るく見えるようにな [続きを読む]
  • 電飾街区の設置工作(3)
  • いよいよ商店の設置です。ターミナルである倉庫から一番遠い角店から・・・両面テープを道路側に貼ります。角店は直角側もテープを貼ります。商店に設置したピンソケットにポリウレタン線をつないだ丸ピンヘッダを差し込みます。各ピンヘッダには各色ペイントして識別できるようにしています。両面テープを剥がして貼り付けます。商店から伸びたコードは隣の商店下に配線を這わせます。順次貼り付けた商店から伸びたコードは倉庫下 [続きを読む]
  • 電飾街区の設置工作(2)
  • 電飾作業に一定の目途が立ちましたので、それらを置くベースの再生です。じつはこのベース自体は複線プレートの時代のもので新走行ベースに置く際に無理やり線路配置に合わせ切り貼りしたものです。なので、ペーパーの路盤はヨレヨレで剥がれ、汚れや色焼けで表面も劣化しています。外してみた状態です。基本レイアウトはこのままに、表面のペーパーの路盤を張り替えます。既に配置等でサイズは決まっているので、路幅を測って同じ [続きを読む]
  • 電飾街区の設置工作(1)
  • テープLEDによって電飾工事を完了した10軒の店舗・倉庫を一斉に点灯させるため、ターミナルを設置します。秋葉原で買った2列×10のピンソケット、これがターミナルになります。素の基盤をピンソケットの脚に通してマーキング、切り取ります。この素材、なかなか固くて切れません。何が一番有効なんでしょう?基盤を通した状態です。基盤を通したままで、ピンソケットの脚をラジオペンチで挟み、90度回してひねります。こ [続きを読む]
  • 秋葉原でお買い物
  • ストラクチャーの電飾化工事が進んでおりますが、これら1件1件から集約させる為の接続コネクターがありません。またブリッジダイオードや砲弾型LED、カーボン抵抗なども在庫僅少となってきました。通販でも良いのですが、全て揃えるには複数店舗とのやり取りになり配送の受け取り等が面倒です。そこで、全ての商品をスクリーンショットに収め、直に買い付けに行くことにしました。今回大半のパーツはこのお店で仕入れます。ダ [続きを読む]
  • 隅地の検討
  • 街区の左端、引込線の関係で斜めになった変形地のために店舗を配置することは出来ません。奥行きの浅い、細長い何か構造物を設置したいのですが・・・目を付けたのはジオコレの木造の単線機関庫の・・・横にある付属整備工場です。置いてみると丁度いい大きさです。ただ・・・こちらは機関庫の付属構造物なので、裏側がありません。考えを変えてみると、このサイズでしたら今イメージしている「各店舗への配電分岐ターミナル」を内 [続きを読む]
  • ジオコレ・角店の電飾
  • 街区の右端、角店です。その名のとおり角地にあるため目立ちますが建物の構造は非常に複雑、しかも建物の歪みが相当なものであったので屋根と床も含めてガッチリと瞬間接着剤で固定されています。このままでは遮光も電飾も出来ませんので床板をバリバリと剥がしました。今後大型の店舗は同様に固定しているので、このような解体が必要となります。中を見ると2階からの住居区画と平屋の商業区画が中壁で仕切られています。これはLE [続きを読む]
  • ジオコレ・写真館の電飾
  • 今までの商業店舗に比べてひと回り大きな店舗です。こちらもステッカー等を貼っており、窓にもスタジオ撮影した写真が飾られています。この写真館はパーツの合いが良かったのか接着されていませんでした。バラバラにして遮光塗装します。例によってテープLEDユニットを作成します。今回は写真屋ですので蛍光灯、白色LEDを使っています。ユニットを屋根に貼り付けます。点灯してみたところです。独特のRのある窓からやや光透 [続きを読む]
  • ジオコレ・金物店(改造)の電飾
  • こちらはオープンパッケージの「町工場A」から主である建物を切り取ったものです。この木材加工場はこれまでのジオコレと並べて合わせづらく、敷地も大きいために分割して各パーツとして使っています。ジオコレの商業店舗は木造やモルタル、レンガ積み等がありますがこの建物は青色の波板トタン張り、しかもサビが流れ出ております。また建物側面に鉄製の階段が2階に伸びています。周囲の店舗に比べて「変化が付けられる」という [続きを読む]
  • TOMIX住宅改造店舗の電飾化
  • ストラクチャーの電飾工事が続きます。こちらはTOMIX初期からある「住宅」をベースにジオコレの「喫茶店をMIXした和風の喫茶店です。結構作り込んでいて内装も表現、人形も配置しています。こちらをテープLEDを使って電飾化したいと思います。さて工作をするにあたって気を付けたいのが、この喫茶店は内装を見せるように作ったので「余計な配線を見せない」ことです。結構1階部分は余裕がなく、写真右手の「洗面所」に [続きを読む]
  • ジオコレ・酒屋の電飾
  • 地味な電飾工作が続きます。今回は酒屋・・・こちらも頑張ってステッカーを細切れに貼って仕上げたものです。こちらも郵便局と同様、内装はありませんので黒色サーフェイサーの遮光と電飾化加工の単純作業です。遮光塗装です。この建物は濃い茶色なのでしっかり遮光できそうです。後方にピンプラグ、屋根に加工したテープLEDをセットします。発光させてみます。光漏れもなくあっさりと完了です。さすがに5軒連続で飽きてきました [続きを読む]
  • ジオコレ・郵便局の電飾
  • 今までに電飾を行った3件の商店とTOMIX住宅を改造した喫茶店のある並びの街区の建物を順次電飾加工していきます。まずは駅の真向かいにある郵便局です。この郵便局も含め駅前商店の一部は細かいパーツやステッカーを頑張って取り付けていたので電飾したいものです。ところが歪みが酷いものが多く、多くが瞬間接着剤で建物を固定しています。幸い、この郵便局は床板と屋根は接着されておらず、そこは外して遮光塗装する事が出来ま [続きを読む]