スロハユニフ さん プロフィール

  •  
スロハユニフさん: スロハユニフの工作日誌
ハンドル名スロハユニフ さん
ブログタイトルスロハユニフの工作日誌
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/surohayunihu
サイト紹介文Nゲージの軽工作や中古車両のレストアを行っています。
自由文休日及び深夜少々の作業です。
拘りも無ければ忠実さも有りません。
気儘に作って走らせて、それで満足です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/08/18 13:56

スロハユニフ さんのブログ記事

  • 津川洋行・加藤5tDL(HOナロー)
  • 昨年末のさいたま鉄道模型フェスタで津川洋行ブースで購入したものです。定価9800円+税ですが、終わり時間が近かったこともあり、客車3両とセットで4000円ちょうどで譲って頂きました。加藤5t、カーキ色の陸軍塗装?になります。(他にネイビーブルーもありました)要ギア交換とのことで交換パーツも付属していますギヤ割れについては過去記事(酒井5t機)にも書いています。http://surohayunihu.html.xdomain.jp/sa [続きを読む]
  • 関水金属のミニパワーパック
  • 中古で投げ売り状態だったので買ってきました。ユニトラック発売前、固定式線路なんかと合わせて売っていた記憶があります。当時のケイブン社の鉄道模型入門あたりで、トミックス道床レールののAセットとレールバス、そしてこのパワーパックの組み合わせが最安のプラン・・・と紹介されていました。(トミックスのパワーパックより安かったんでしょうね・・・)家に帰って裏返してみるとメイドインジャパンの刻印、「yaesu」の文字 [続きを読む]
  • ユニトラックポイントの焼損
  • ある日、走行ベース上、待避線にあるポイント(ユニトラック・6番)が動かなくなっていました。よく見ると熱でポイントマシン上の枕木が溶けています。恐らく、何らかの原因で瞬時に切り替わるはずのポイントが通電し続け、コイルが発熱してプラを溶かしたのだと思います。ともあれ、火災にならなくてよかったです。何度かポイントのトングを動かした結果、手動では動くようになりましたが、もうこれは使えません。(ポイントマシ [続きを読む]
  • 米国型客車編成(とりあえず完成)
  • 最後にこの編成を並べ、運転します。以前に比べ、統一感が出てきました。牽引機1号車(展望車)2号車(ドームカー)3号車(ダブルルーフ)4号車(ダブルデッカー)5号車(ダブルデッカー)6号車(密閉展望車)とりあえず今回はここまでとします。走行ベースでは半径が小さくギリギリ・・・です。ケースに収納します。(編成は逆順)今後の展開としては、他の車両にもアムトラックの帯を付けたいなぁと思っています。有り合わ [続きを読む]
  • 米国型客車のドーム枠塗装
  • リマ社のドーム客車はトリックス製に比べドーム窓と内装が良く出来ています。ただ、このドーム窓のサッシが無塗装ですので質感がイマイチです。この部分を塗装することにしました。まず枕木方向のサッシ以外をマスキングし、エアブラシで吹き付けます。乾いたら線路方向のサッシ以外をマスキングし、同様に吹き付けます。乾燥した状態でテープを剥がし、組み立てます。この通り・・・サッシが出来たので格子が目立ち、見栄えが良く [続きを読む]
  • 米国型旧型客車の再塗装
  • 米国型客車の整備、第2弾です。先日買ったダブルルーフのアムトラック車両、何分塗装がくすんでいて他と比べて一段暗くなっています。これを再塗装します。まず分解します。構造的にはTOMIXの旧オハ35系のようです。ただし、このアムトラックの赤青帯とロゴは残したいので、窓のシル/ヘッダー間をマスキングし、アムトラックの文字も周囲を囲むようにマスキングします。床下と室内もマスキングします。また、屋根も窓の部 [続きを読む]
  • 米国型密閉展望車の延長化(3)
  • 床板の工作です。トリックスのものは床板自体が鉄板なので、延長部分を金鋸で切って整形します。このままでは強度がありませんのでプラ板で同型のものを作り、それぞれを貼り付けます。補強でプラリペアも併用しています。組み立てます。窓ガラスは同様に切り継ぎ、台車受けはプラ板の厚さ分を削っています。いちおう完成です。長さ的には他の客車と揃い、グッと編成の見栄えが良くなりました。展望室上のライトは穴を開けレンズを [続きを読む]
  • 米国型密閉展望車の延長化(2)
  • 車体を分解せず、カッターで切り目を少しづつ入れてカットします。(分解すると車体が歪んでうまく切れないため)切り終わった状態です。切断面を丁寧に整形します。展望車の切り継ぎ側にある台車付近の切り欠き、ここが開いているとみっともないのでドームカーから切り取り、現物合わせで形を整え接着します。接着、成形後の状態です。接合痕が目立ちますがコルゲート自体が合わないので仕方ないですね・・・銀色で吹き付けます。 [続きを読む]
  • 米国型密閉展望車の延長化(1)
  • 以前購入したトリックスのコルゲート車体の客車ですが、17m級とかなりショーティーに設計されています。黎明期のNゲージですから線路も固定式であり、動力もモーターに合わせたサイズになっていた時代です。試行錯誤の中の選択肢でこのようなサイズになったのは仕方のないことでしょう。現在家にある他の会社のコルゲート客車群はいずれも新幹線と同じ長さであり、やはり短い客車は見劣りするものです。密閉展望車の魅力を生か [続きを読む]
  • 米国型客車の追加購入
  • リサイクルショップで大量の外国型客車(かなり古い)がありました。国も製造メーカーも様々ですが、年代も結構バラつきがあり、お値ごろなもの、高いもの・・・様々です。ただちょっと欧州型のはどこの国の物か分からず、気に入ったものもなかったので、米国型のシルバーの車体のものを3両、購入しました。1両目は以前も購入した西ドイツ・トリックスの17m級のショーティーなドームカー、ただこちらは赤と青帯の「アムトラッ [続きを読む]
  • きかんしゃトーマス
  • 子供のインフルエンザ看護のため少々お休みしておりました。機関車と客車(アニー・クララベル)がジャンクで売っていました。値札よりさらに割り引かれて総額2600円位だったかな?家にあるのは大井川鉄道のC11改装機が2両、ソドー鉄道客車を模した明橙色のオハ35系客車がおります。また、トミカトーマス改造の2軸貨車も在籍しています。小型のSLなので欲しかったのですが、なかなか高値なものが多い中、これは安かっ [続きを読む]
  • アンレール・E721系500番台の走行化(6・完)
  • 完成です。今回は動力化と軽いディティールアップに留め、子供が遊んでも大丈夫なように外れやすい床下機器等を固定しています。軟質プラの部分は塗装しようか悩んだのですが、塗装剥がれ対策等で面倒なので省略しました。車高は元より約2mm程度落としました。パンタは交換して正解でした。見栄えが良いです。古い動力なのでモーター音が響きますが、ダイキャストの重みもあり走行はかなり安定しています。細かいところがかなり [続きを読む]
  • アンレール・E721系500番台の走行化(5)
  • パンタ周辺機器は碍子だけ白色に塗装しました。付属のパンタグラフは昇降こそするものの貧弱な出来なので交換します。純正のパンタグラフは「PS109」なのですが、残念ながら該当するものが手に入らなかったので近似でKATOの「PS35C」を使います。比べてみると出来は雲泥の差です。パンタ穴は伸ばしランナーで塞ぎます。パンタ取り付け穴が違うので屋根板に新たに開口し、取り付けます。やはり鉄道模型メーカーのものは出来が違いま [続きを読む]
  • アンレール・E721系500番台の走行化(4)
  • T車の加工です。床板部分が若干高いので、2mm程度ローダウンします。やり方は簡単に・・・床板上部の出っ張り部分を削るだけです。(写真上)また、床板の間には板鉛を敷いておきました。また。運転台下、連結器とスカートの接続部分に隙間が目立つので、車端の床板をいったん切って1mm上側に接着し直しました。また、アーノルドカプラーは基部を5mm切ってショート化しています。にほんブログ村 に参加しています。お気 [続きを読む]
  • アンレール・E721系500番台の走行化(3)
  • 動力中央部が屋根板接続部分に接触するので切り取ります。車体自体も軟らかめの樹脂のようですね・・・また、この部分も不要なので切り取ります。窓ガラス下の余白も5mmほどの幅で切り取ります。運転台側のカプラーポケットを切り取り、ダミーカプラー・スカートをゴム系接着剤で接着します。車体との固定は両面テープを帯にしたものを貼り付け、高さを見計らって固定します。にほんブログ村 に参加しています。お気に召しまし [続きを読む]
  • アンレール・E721系500番台の走行化(2)
  • いきなり工作を始めてしまい、最初の写真をほぼ失念していました。動力は以前ジャンクで購入した、GMの分割ダイキャスト期の旧動力(500円)です。軸間も台車間もピッタリです。(おそらく東武鉄道系かと)何故これを選択したのかというと、余剰動力(そして子供が扱っても壊れないタフさ)は当然ながらの理由ですが、GM動力は集電が車輪内側からなので、台車枠を切り取れば交換できるというメリットがあります。ただ、逆にい [続きを読む]
  • アンレール・E721系500番台の走行化(1)
  • 中古屋でふと見かけない風体の2両編成を見つけました。2両セットで756円、動力はありませんが車輪は金属製に交換しています。シングルアームパンタは可動するようです。「程よい2両編成」好きな身としては格好の対象ですが、どこの路線のものか分かりません。いったん店を出て調べてみると・・・E721系500番台、仙台空港アクセス線・・・の車両のようです。これは鉄道コレクションかと思っていましたが、アンレール製 [続きを読む]
  • 0系新幹線のケース
  • マイクロエースの0系のケースが安く売っていたので購入しました。中のウレタンは別のもの?6両分なのでちょうど良いですが・・・家にあるTOMIXの6両編成を入れてみます。ピッタリです。中央の部分は部品(パンタグラフ)入れにちょうど良いですね。にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ(文字を )にほんブ [続きを読む]
  • 富井電鋨・猫屋線(第3弾)
  • HOナローの鉄コレシリーズも第3弾になりました。昨年末に出たときは「人気が出るかどうか・・・」と危惧していたのですが、意外や意外、順調にラインナップ展開されています。模型誌でも特集やコンテストを組み、力を入れているようです。今回のモデルは・・・DB1型機関車と客車または貨車のセット、これは事前から人気ぶりが伺えます。(こういうものはインダストリアル系にも転用できますしね)私も予約していたのですが、 [続きを読む]
  • 年始の御挨拶
  • 明けましておめでとう御座います。皆様におかれましても本年も良き工作ライフとなりますよう願っております。さて、私の年末年始はというと・・・クリスマスですか、上の子供と電車で地元の鉄道見本市に行きました。子供が気に入ったので、津川洋行のナロー車両を購入しました。酒井5tは家に2台あるのですがこれは加藤5t、カーキ色の陸軍仕様だったかな?例によってギア問題のあるもので対策パーツも同梱してもらいました。2 [続きを読む]
  • 年末の御挨拶
  • 少し早いですが・・・本年の投稿は本日が最後となります。今年を振り返ってみますと・・・年初のテープLED室内灯をはじめ、「電子工作(と云っても簡単な)」が多く施工できました。ムギ球のLED換装は行燈が白色になり大きく見栄えが向上し、暗い前照灯も高輝度LEDで明るくなりました。課題はチップLEDの確立ですね。まだまだ失敗も多いです。車種別ですと、今年は外国型も少し増えました。全く知識がない中で実機の素 [続きを読む]
  • 異種と格闘(Gゲージ編)其の拾五(完)
  • いよいよ走行です。今回は庭で走行させます。こういう遊びが出来るのはGゲージならではですよね。犬が訝しげに見ています。箱を開け、線路を組み立てます。一部をテーブルの下をくぐらせ、円形に組み上げました。自作のフィーダーを線路に差し込みます。パワーパックにつなぎます。電源はイルミネーション用のものを拝借・・・客車、そして機関車をセットします。煙突の蓋を開け、オイルライターのオイルを注油します。(とりあえ [続きを読む]
  • 異種と格闘(Gゲージ編)其の拾四
  • 塗装も乾いたので組立てに入ります。分解と逆の手順・・・.螢筌ラス設置、リヤライト配線・ネジ留め▲好圈璽ーをセットして屋根をネジ留めフロントガラスにキャブ灯をはめ、バックプレート裏の基盤にスピーカー配線をセットぅ椒ぅ蕁湿緝瑤亡霹廖淵ΕДぅ函砲鬟優故韻瓠煙突とフロントライトは仮止めゥ丱奪プレートの配線をセット、ボイラーとキャブを接続・・・DCC対応で分解が容易な設計となっているのでとても分かりやすいで [続きを読む]
  • 異種と格闘(Gゲージ編)其の拾参
  • 最後の吹付け、金色の部分の再塗装です。Mrカラーの「GXレッドゴールド」・・・この金色は若干赤寄りの金色ですが、粒子が細かくてオススメの色です。煙室扉ハンドル、バルブハンドル、ベル等の金色の部分は小規模なのでラッカー塗料で吹き付けます。もう少し塗り分けも考えたのですが・・・大きいサイズなのでゴテゴテしたのも格好悪くなりそうなので、現状通りとしました。これで組み立て作業に入れます。にほんブログ村 に参加 [続きを読む]
  • 異種と格闘(Gゲージ編)其の拾弐
  • 車体はまだ完成していませんが、走行環境が整ったので試運転です。線路を接続し、フィーダーからパワーパックにつなぎます。車体は下回りと基盤等の接続のみ、何やら坑道用機関車のようです。客車も屋根と窓のない状態です。連結して周回させてみます。スピーカーも接続していないので静かです。ライトは前とキャブ用のみ、ボンヤリ光ります。ワラワラと子供たちが集まってきました。我先にとコントローラーの取り合いです。「1分 [続きを読む]