グーニャ さん プロフィール

  •  
グーニャさん: 世界史見聞録
ハンドル名グーニャ さん
ブログタイトル世界史見聞録
ブログURLhttp://sekaikennbunnroku.blog.fc2.com/
サイト紹介文世界史に関する事件や事故、戦争や騒乱、事象といったものを掲載しているブログ。
自由文歴史に興味がある社会人が、自分なりの文章で掲載しています。毎日は難しいかもしれないが、継続的にブログを更新していく予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/18 19:28

グーニャ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スペイン・ハプスブルク家最後の王 カルロス二世
  • 近親相姦という言葉がある。親族間による性行為を指す言葉だ。常人には理解できないことであるが、中世ヨーロッパ社会において、近親相姦は自分たちの「神聖な血脈」を護るため、必要不可欠だと考えられていたことだと考えられていたようだ。もちろん、そんなはずはなく、同じ血族間での交配が繰り返されれば、遺伝子の欠落や劣化がおこり、正常な状態が保てなくなる。これは医学的にも立証されており、事実、動物実験では「奇形」 [続きを読む]
  • 世界一若い母親 リナ・メディナ
  • 1933年、リナ・マディナはペルーのティクラポでこの世に生を受ける。これといって特徴のない、どこにでもいるごく普通の少女である。しかし、彼女の人生は、ある日を境に一変してしまう。最初にその異変に気づいたのは彼女の両親だった。リナのお腹が異様に膨らんでいることに気づいたのだ。当時、リナはまだ5歳の少女であり、お腹が異様に膨れ上がるなど尋常ではない。両親はすぐに医師のもとへと駆け込み、診てもらった。リ [続きを読む]
  • ヒトラーが救ったユダヤ人 エドゥアルド・ブロッホ
  • ヒトラーがユダヤ人にしたことといえば何か? と問われた時、多くの人は次のように答えるだろう。虐殺、と。まさに事実その通りであり、ヒトラー政権下においてユダヤ人は何百万人と殺害されている。その殺害方法は凄惨を極め、銃殺、絞首刑、ガス室送り、人体実験の材料、餓死、さらには生きたまま炎の中へとくべられて殺されたという記録も残されており、その凄惨さは間違いなく長い人類の歴史のなかでもトップクラスであったと [続きを読む]
  • 人類を破滅に導く兵器 細菌兵器
  • 人類は様々なものを武器として戦ってきた。原始時代は石ころや棒きれであったりしたものが、時代を重ねるに連れ、研磨された黒曜石の武器となり、青銅製の剣や槍となり、鉄製の武具が登場し、そして火薬を使った鉄砲が発明され、戦車、戦闘機、戦艦が生み出され、さらには究極兵器とも呼ぶべき核兵器まで誕生させる。だが、人間は古来より、もっとも強力かつ有効的な兵器として、古く、そして新しい攻撃方法としての手段をもってい [続きを読む]
  • 世界の王を名乗った男 インカ皇帝パチャクティ
  • 中世ヨーロッパでペストが猛威を振るっていた頃、大西洋を隔てた新大陸では、ひとりの男が自らを「世界の王」と名乗り、巨大な帝国を建国するため侵略の戦いを仕掛けていた。彼の名はパチャクティ。後に新大陸で最大の版図を誇ることになるインカ帝国の若き国王である。彼が台頭するきっかけとなったのは、インカにとって最大の敵であるチャンカ族による侵略戦争であった。チャンカ族は勇猛なる戦士の一族である。血に餓え、人を殺 [続きを読む]
  • 通風だった歴史上の人物たち
  • 通風といえば尿酸値の高まりと同時に結晶ができ、足の親指の付け根や関節などに想像を絶するような激痛が走り、その痛みは「骨折が何倍もマシだ」といわれるほど凄まじい病であるが、この病気は昔から存在しており、多くの偉人たちを苦しめたといわれている。通風だと思われる人物は多く、アレキサンダー大王、フレデリック大王、フビライ・ハン、ゲーテ、ダンテ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ルイ14世、ルター、クロムウェル、ニ [続きを読む]
  • 躁鬱病だった歴史上の偉人たち
  • 双極性障害という言葉を聞いたことはあるだろうか。ストレス社会の現代、日本で蔓延し、時には人間を自殺にまで追い込む精神病の一種だ。WHOの統計では世界でおよそ6000万人が罹患しているとされ、年齢を問わず発症するが、20代半ばでの発症がより多いとされている。原因は遺伝、外的ストレス、生活習慣など様々要因があげられているが、現在もはっきりとわかっていない。薬物治療などで一度は治ったと思ってもまたすぐに [続きを読む]
  • 新選組局長近藤勇の純愛物語
  • 新選組といえば幕末の京の治安を守るべく結成された武装集団の名称であり、幕府を守るため、官軍(後の明治政府)と激しい戦いを演じている。そしてその非業の命運と相まってその人気はいまだ衰えることなく続いており、小説、漫画、演劇、さらには大河ドラマにいたるまで、数多くの題材として取り上げられ、いまだ人々に親しまれ続けている。その新選組の局長といえば、いわずと知れた近藤勇である。武蔵の国出身で、剣の道に入っ [続きを読む]
  • 勝海舟 野犬に睾丸を食われかけ・・・・・・
  • 勝海舟といえばいわずとしれた幕末時代の偉人である。江戸幕府の中心人物として活躍し、海軍の創設、咸臨丸の艦長として日本人として初めてとなる太平洋横断に成功しただけでなく、明治維新の際には西郷隆盛と話し合いの場を持ち、江戸城の無血開場に成功た功績でしられている。もし、彼の説得がなければ、江戸では壮絶な市街戦が予想され、江戸の町は戦火に包まれ、殺戮がおこなわれていたであろうといわれている。そんな彼には幼 [続きを読む]
  • 血の報復 ベナベンテ事件
  • 誰にも自分にとって大切な人はいるだろう。愛する恋人、親しい友人、妻、あるいは夫、両親、子ども、孫やひ孫、誰にでも大切な人が存在するはずだ。ではもし、その大切な人を痛ましく傷つけられたらどうするか。泣き寝入りをするか、それとも・・・・・・。 1992年、その事件はスペインで発生した。 最初の犠牲者は休暇にやって来た若い女教師だった。彼女は突然、男に車の中に引きずりこまれ、目隠しをされた状態で町はずれの農 [続きを読む]
  • 過去の記事 …